ここから本文です


公益財団法人がん研究会は、明治41年に設立された日本最初のがん専門機関です。 昭和9年、研究所と附属病院を設置し、本格的な研究を開始。以来、基礎研究、臨床研究とが一体となった活動により、日本のがん研究と診療をリードしてきました。当がん研究会紹介の記事の随所に日本で最初の・・・という記述や、日本で最も多くの・・・といった記述を目にされることかと思いますが、これは当がん研究会のこれまでの実績を物語る ものであります。
特に、近年の研究所の研究活動はめざましいものがあり、先に米国の科学専門誌「サイエンス」が行った"日本の科学"と題する特集の中で、がん研究所は生物科学の分野で世界的にトップのレベルにあるとの評価を得ました。
有明病院では、優れた医療スタッフや先進の医療機器をそろえ、がん及び関連疾患の診断や治療に優秀な 成績を挙げると共に、研究所と連携した臨床研究によって、新しい治療法の開発などに意欲的に取り組んでおります。

<基本理念>

この基本理念達成のために、がん研究会は 研究所、病院およびがん化学療法センター等を擁しがんの本態と個性を明らかにし、がんの診断・治療・予防に貢献すると共に、生命科学の先端を開拓する。

優れたがんの診断・治療を実践し、がんを治す。
がんの新薬と新しい診断・治療法を開発する。
がんの予防研究と一次・二次予防の実践により、がんの発生と死亡を抑える。
がんの研究・診療・予防の、国内および国際交流を促進する。