ここから本文です
現在位置:
  • 気まぐれな女上皇が心にうつりくるよしなし事をそこはかとなく独り言します。あやしふこそものぐるをしけれな感じなので、そっとしておいてください。それでも軽くからかってやろうかと思われましたらお気軽にお声をお掛けくださいませ笑。

    かくてもあられけるよとあはれに見るほどに、かなたの庭に、大きなる柑子の木の枝のたわゝになりたるが、まはりをきびしく囲ひたりしこそ、少しことさめて、この木なからましかばと覚えしか。そんな気分です笑。よくわかりませんね笑。だからそっとしておいてください、気まぐれな女上皇の独り言ですから笑。

読み込みエラーが発生しました

再読み込み