ここから本文です
現在位置:

独り言のMEMO

  • 1,389
  • 0
  • 2019/09/20 14:40
  • rss
  • <<
  • 1292 1272
  • >>
  • 【対談】幻冬舎・箕輪厚介 × 中田敦彦(前編)〜エクストリームイノベーター#03〜
    108,576 回視聴

    中田敦彦のYouTube大学

    2019/08/10 に公開

    ものすご~~く面白い♪

  • 勝間和代の、お金の貯まる上手な家計管理法を教えます。

    勝間和代が徹底的にマニアックな話をするYouTube

    2019/08/12 に公開

    さすが~です♪勝間さんの情報にハズレは少ない。
    ほぼほぼ当たり~です。

    それにひきかえ
    他のサイトのおすすめ方法って!
    アタマ悪そうな***という資格を持っている方が執筆していて
    より頭の悪い方々を誘導してる感があって・・・
    ダイエットサプリとかRIZAPとかの宣伝に近くて・・・
    経済活性化という面では、他サイトの方法もあり!とは思いますけどね~
    地域情報のフリーペーパーみたいなもんでアタシには読めば読むほどバカがうつるとしか思えませんが。
    占いとかのたぐいに近い。

  • 中南米金融市場ではアルゼンチン株が30%急落し、ペソも一時過去最安値を付けた。大統領選挙の予備選で野党候補のフェルナンデス元首相が躍進し、介入政策への回帰不安が広がった。
    アルゼンチンペソ<ARS=>は1ドル=61.99ペソまで下げる場面があった。中銀がペソ防衛に動いたことを受け、その後同52.15ペソまで持ち直した。
    アルゼンチン株<.MERV>が過去最大の下げを記録。同国債の保証コストは1000ベーシスポイント(bp)近く上昇した。
    11日の大統領選挙予備選は、フェルナンデス元首相が現職マクリ大統領を抑えて首位となり、マクリ氏の再選が危ぶまれる状況となった。[nL4N2582E9]
    フェルナンデス元首相は過去に、国際通貨基金(IMF)との多額の支援協定について、大統領に当選したら「改定」を目指すと述べた。[nL4N23Z0TQ]中銀短期証券の金利引き下げが望ましいとの立場も示している。[nL4N24U4LT]
    UBSグローバル・ウェルス・マネジメントの新興国市場ストラテジストは、経済政策の構築、実行を担うチーム構成のほか、新政権とIMFの関係など疑問点が存在し、懸念は根強いと指摘した。

    域内他国は通貨が0.5─2%安、大半の株式は1%前後値下がりした。ブラジル株<.BVSP>は2%安。

  • 米国株式市場は主要株価指数が1%超下落して取引を終えた。
    長引く米中貿易摩擦を背景に景気後退懸念が高まる中、
    地政学的な緊張感が投資家の動揺を誘った。
    主要3指数は薄商いの中、そろって大幅安。
    香港の抗議デモ、アルゼンチン大統領予備選での現職マクリ氏敗北、
    長期化する米中貿易摩擦を巡って市場の不安が続いた。
    債券は大幅高。 金価格も1%上昇し、6年超ぶりの高値を更新した。

    ゴールドマン・サックス<GS.N>のエコノミストらは11日、米中貿易戦争がリセッション(景気後退)につながるリスクが高まっていると指摘。
    両国は2020年の米大統領選までには通商協議で合意しないとの見方も示した。
    キングスビュー・アセット・マネジメントのポートフォリオマネジャー、ポール・ノルテ氏は、海外要因が米経済成長だけでなく世界的に影響をもたらしていると市場が認識し始めたとし、「金利がどの水準にあろうと貿易問題は緩和しないという事実に投資家は同調しつつある」と述べた。
    S&P500の主要11セクターがすべて下落。
    金融、素材、エネルギー、一般消費財の下げがきつかった。

    動画ストリーミング用機器メーカーのロク(Roku)<ROKU.O>が7.2%高。ニーダムが中型株の「トップピック」として推奨。競合大手ネットフリックス<NFLX.O>より選好するとした。
    コーチを傘下に持つタペストリー<TPR.N>とベルサーチの親会社カプリ<CPRI.N>は、それぞれ3.9%と4.4%下落。商品に中国の主権を侵害するデザインがあったとして、相次いで謝罪を表明した。
    メディア大手CBS<CBS.N>は1.9%、バイアコム<VIAB.O>は4.9%それぞれ下落。複数の関係筋によると、両社は株式による合併に向け詰めの協議を行っている。
    ニューヨーク証券取引所
    値下がり銘柄数:値上がり銘柄数=2.33:1
    ナスダックも2.10対1で値下がり銘柄数が多かった。
    米取引所の合算出来高は60億9000万株。
    直近20営業日の平均は72億4000万株。

  • >>1287

    イスラム教最大級のお祭り「ハリラヤ・ハジ」。
    シンガポールやマレーシア、インドネシアなど、イスラム教の文化が根付く
    東南アジアの国々ではこの日が国民の祝日に定められ、
    各地で祭典やバザーが開催される

  • ★国内市場休場 (振替休日)

    ・インド、シンガポール、タイ、トルコ、マレーシア、市場休場

  • ワシントン 9日 ロイター] - トランプ米大統領は9日、米国は引き続き中国との貿易交渉を継続しているが、当面の合意はないとの考えを明らかにした。
    トランプ大統領は記者団に対し「中国との関係は良好に進んでおり、対話は継続している。しかし、われわれには合意する用意はできていない。どうなるか見守ろう」と語った。
    中国側は合意にこぎ着けたいようだとしつつも、「25年間にわたり米国は利用されており、私は今すぐ動く用意はない」と述べた。
    また、9月初旬に予定される米中通商協議が実際に開催されるかどうかについては、懐疑的な見方を示した。トランプ大統領は、3000億ドル相当の中国製品に対する追加関税を9月1日に発動する構え。[nL4N24X6CP]

    また、米国は当面、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)と取引は行わない方針としたものの、通商合意によって状況は変化する可能性があると話した。
    貿易戦争への懸念が再燃する中、トランプ大統領の発言を受けて米株価は下げ幅を拡大した。

  • デリバティブ取引には「損失回避のロスカット」が付きもので、相場が動くと損失回避の注文により相場をさらに加速させる習性がある。お正月休みの最中に為替が104円台に急騰したのはその一例だが、いまはカネ余りでデリバティブ市場に相当のマネーが流れているので、どのマーケットも上げるにしろ下げるにしろ大きく振れやすいことは覚悟しておきたい。

  • 今週の日経平均は陰の極を脱してもみあいに転じることが期待される。日経平均は9日にかけて続伸したものの、7日までの4日続落の下げ幅1024.43円の20%も戻っていない。通商問題を巡る米中の応酬によって、世界経済減速への懸念と懸念後退が交錯している。今後もこの流れは継続しよう。そこに米財務省による中国の為替操作国認定に伴う中国人民元動向が新たなネガティブ要因に加わった。目先は一巡したものの各国中央銀行の相次ぐ利下げも懸念材料だ。14日には中国の7月小売売上高、15日に米7月の小売売上高と主要経済指標の発表が予定されており、薄商いの中を先物取引で相場が大きく揺さぶられる懸念もある。このように懸念材料が多いなか、日米貿易交渉についてはノイズが聞こえてこないことはプラス要素だ。事務レベルの協議が13日、14日とワシントンで開かれることが9日に決まった。閣僚協議は8月中が予定されているが、24日からはG7サミット(先進7カ国首脳会議)が控えていることもあり、協議の進展は安心材料の一つではある。

  • 今週も、引き続き夏季休暇シーズンで閑散取引が予想される。今週は重要イベントなどが無く相場動意材料に乏しいが、米中貿易摩擦を巡って両国の応酬が続けば、市場参加者が少ないこともあり、相場の変動が大きくなりそうだ。

    企業決算では、衣料品のタペストリー(13日)、百貨店のメーシーズ(14日)やJCペニー(15日)、小売最大手のウォルマート(15日)など小売各社の決算に加えて、ネットワーク機器メーカーのシスコ・システムズ(14日)や、半導体製造装置のアプライド・マテリアルズ(15日)、半導体のエヌビディア(15日)、農業機械のディア(16日)などの決算発表が予定されている。エヌビディアの決算では、米中貿易摩擦の長期化による業績への影響について、経営陣がどのように考えているのか注目が集まりそうだ。

    9日時点のファクトセット社の集計によるとS&P500構成銘柄の90%が決算発表を終了し、75%が利益、57%が売上高のアナリスト予想平均を上回った。全体では、ヘルスケアや金融セクターが成長したものの、素材や資本財セクターで不振となり、0.7%の減益見通しとなった。下半期の企業決算について、アナリストは7-9月期は減益となる一方で、10-12月期は1桁の利益成長を予想している。

    経済指標では、7月消費者物価指数(13日)、7月輸入物価指数(14日)、8月NY連銀製造業景気指数(15日)、7月小売売上高(15日)、8月NAHB住宅市場指数(15日)、7月住宅着工・建設許可件数(16日)などが予定されている。消費者物価指数は今後の金融政策を占う重要な指標となるインフレ率に影響を与えるため、注目したい。

  • 今、今度買う米をどれにするか、楽しく考え中♪

    九州産の新米?またはS30年産の気に入った米?

  • う~~ん、世界的に株は「売り」がファンダメンタルズから言ったら
    正解だけど、トランプ政権になってから
    ずっと「正解」は負けることになってるからねッ!

    日本の日経225先物の「売り方」木曜夜間からずっと熱心に売っている。
    (ちなみに、彼等、凄~~く上手い♪
    やたら資金があるからといって、ただ売ればいいんじゃない。
    プロ、セミプロに売るのがここでは正しいと思わせないと・・・)

    米国は経済の現状は強いし世界で一番買うべきは米国株だ~
    そして米国人の多くは内陸部に住んでいるから海外のことなんかに無関心だ。
    海外に関心あるのは極一部のエリートだけ。

    昨夜の米国株、売り方、懸命に売ってるけど
    すぐに買い方のチカラの強さが現出してかな~~り苦戦。
    止むを得ず、最後の最後の4:40(日本時間)ごろから必死に売って
    なんとか、上げ!上げ!の雰囲気を消した???でした~

    はぁ~なんだかなぁ~

  •  9日のNY株式相場は反落。中国ファーウェイとの取引制限の解除見送りなどで米中貿易摩擦激化・長期化懸念が強まったほか、米10年債利回りが一時1.67%まで低下し、景気減速が意識されたことも株価の重しとなった。ただ、ファーウェイとの取引制限は米政府機関にとどまるとの報道を受けて下げ幅を縮小した。ダウ平均は280ドル安まで下落したが、一時プラス圏に浮上し、90.75ドル安(-0.34%)で終了。マクドナルド、メルクなどが上昇した一方、IBM、インテル、キャタピラー、エクソン・モービルが2%超下落した。S&P500も1.29%安まで下落し、0.66%安で終了。IT、エネルギー、一般消費財、資本財などの景気敏感株が総じて軟調だった。ハイテク株主体のナスダック総合は1.00%安と、ダウ平均、S&P500をアンダーパフォーム。フィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)は1.81%安と4日ぶりに反落した。

     週間ではダウ平均が0.75%安、S&P500が0.46%安、ナスダック総合が0.56%安とそろって2週続落。月初からの下落率は、ダウ平均が2.15%、S&P500が2.07%、ナスダック総合が2.65%安となった。

     寄り前に発表された米7月生産者物価指数(PPI)は前月比+0.2%と市場予想と一致したが、食品とエネルギーを除くコアPPIは市場予想の前月比+0.2%に対し、-0.1%と予想外の下振れとなった。イタリアの政局不安で独国債が買われ、米10年債利回りが一時大きく低下したことも景気減速懸念を強めた。米中関係の悪化によるサプライチェーン崩壊懸念から半導体株は軒並み安。ザイリンクス、コルボ、スカイワークス・ソリューションズなどが3-5%下落した。

    指標 寄値 高値 安値 終値 前日比 騰落率
    NYダウ 26337.09 26413.36 26097.64 26287.44 -90.75 -0.34
    S&P500 2930.51 2935.75 2900.15 2918.65 -19.44 -0.66
    ナスダック総合 7997.19 8020.56 7910.35 7959.14 -80.02 -1.00

  • 4911資生堂、適時開示情報
    19/8/8、15:50資生堂、追加訂正
    2019年 上期実績(1月-6月)および通期見通し

    このカラーの資料、個人向け???
    アダストリア (2685)を思い出したアタシ。

    はいはい、株がどこまで上がるのか待って空売りします!

  • 【自分のためのMEMO】☆★8月28日(水)までに!★
    イオン (8267)
    8月29日が配当落ち日&権利落ち日
    8月28日(水)までに配当や権利が欲しかったら現物で買う必要あり。

  • 2019/08/08 23:43
    トランプ米大統領
    「FRBの政策でドルが非常に強くなることはうれしくない」

  • SP500株価指数現物

    Aug 02, 2019の安値2,914.11と翌営業日の
    Aug 05, 2019の高値2,884.40の間のGAP(日本語では窓)
    を埋めた~

    Day's Range2,894.47 - ☆2,918.31☆
    52 Week Range2,346.58 - 3,027.98⇔すぐそこよ~!

  • >>1273


    の広告を見えないようにする工夫をした~

    女の醜い顔の写真や絵は気持ち悪い。
    肥満男女の顔と腹の写真と絵は、大嫌い!

    それにしても225先物の売り方
    せいぜい、米ドル/円を下げることしかできてない~

    あ~あ!米国株始まっても
    昨日の米国株の下げてからの上げはスクイ~~ズ!の予感。

    本日米国株の売り方は、頑張れるんだろうか?

    でもトランプ氏の思惑は株↓↓だと思うから
    また何か↓の材料、わざと提供するかも・・・

    ここから本気で米国株上げたら2020年は
    下げ余地しか、ないでしょ!!!

    まあ、彼のTWITいつ出すか、ですよね~

  • →クソ画像!絵ですが気持ち悪い~

    これが表示されるのは夕方~夜中のよう。

    よって夕方からはYAHOO!に来ないようにすべきなアタシだ。

  • 高温注意報発令の9:00~10:30の買い物は
    咳する子供またはその親、咳するおじさんやおばさんが非常に少ない♪

    夕方からは彼らの買い物タイムらしく、かな~~り飛沫感染の危険時間帯と判明!

  • <<
  • 1292 1272
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順