IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>6005

ピンクフロイド、聴かないのは損だと思うね。
聴く場合は必ず英語の歌詞を聴きとるか読みながらやるべきだ。
彼らの特徴は1枚のアルバム全てがコンセプトになっていて、一つのストーリーを成している。
80年代半ばまでバンドを主導したベースのロジャー・ウォーターズは音よりも社会批判や風刺による歌詞を重要と考えていて他のメンバーと軋轢があり、彼が抜けた後には若干の音楽的方向性の変化がみられる。
まあ、どちらの時代も素晴らしいが、確かにウォーターズの頃の代表作である「狂気」は1973年にリリースされたが今だにビルボードのトップ100から落ちたことがないというとんでもないお化けアルバムだ。
演奏技術もこなれている1990年以降のライブ映像は素晴らしいのでぜひ観てもらいたい。
ギルモアのギターを聞くと馬鹿みたいに速弾きをやっていることが恥ずかしくなることがある。
https://www.youtube.com/watch?v=Ofr7MWVAReo