ここから本文です

平成29年12月に発生した持分法による投資損失
53億6,700万円は「のれん」の償却じゃ。

持分法による投資損失は現金支出はせず、次期以降の財務表上「のれん償却」が大幅に圧縮される
増益効果がある。

赤字だからと売られたり抑えつけられていたであろうが、その理由はなくなったのじゃ。