ここから本文です
現在位置:
宝ホールディングス(株) - 株価チャート

1,120

+17(+1.54%)
  • 前日終値
    1,103(09/18)
  • 始値
    1,113(09:00)
  • 高値
    1,134(09:31)
  • 安値
    1,109(09:00)
  • <<
  • 336 312
  • >>
  • 日経平均は10連騰し、約1,400円程戻したが、信用買い残の評価損率を見ると、個人投資家の多くは、未だかなりの評価損を抱えたまま、身動きがままならない状態にあるといえる?????。
    一方、直近では、信用買い残の増加は見られず、この反転相場に乗れた個人投資家はほとんどいない?????ように見受けられる。
    通常、信用買い残の評価損率が一桁、即ち、9%未満になってくると、出来高が増え、相場に活況感が生まれ出るものだ。今しばしの辛抱かな?????。

  • >>323

    昨日までの上昇で、日経平均は10連騰を記録した。過熱を示す指標が複数出てきたことから、警戒モードの解説が目立ってきた。そろそろガス抜きのタイミングなのかも知れない?????。
    過去、日経平均が10連騰以上記録した歴史を振り返ると、今後の相場を展望するうえで、参考になるだろう。息もつかず一気に10連騰するエネルギーは、相場反転の証とみてよさそう?????。前回の連騰記録後の動きから、5ヶ月、即ち、今年の年末まで上昇トレンドが継続しても不思議ではない?????かも・・・・・
    一方、売買単価が変わってきたことから、市場では、バリュウー株か、グロース株かの論議が出始めているが、トヨタ自等の自動車株、三菱銀等のメガバンクの動きを見ていると、バリュー>グロースに軍配が上がりそう?????かも・・・・・。

  • 宝酒造、「超特撰松竹梅<大吟醸>純金箔入」を期間限定発売
    2019/9/17 18:05

    発表日:2019年9月17日

    ~年末年始を彩る金箔が美しく舞う大吟醸酒が今年も登場~

    超特撰松竹梅<大吟醸>純金箔入 期間限定発売

    宝酒造株式会社は、昨年も発売しご好評いただきました"超特撰松竹梅<大吟醸>純金箔入"

    180mlを10月8日(火)から期間限定で発売します。

    "超特撰松竹梅<大吟醸>純金箔入"は、精米歩合50%まで磨いた米でじっくりと醸した、華やかでフルーティーな吟醸香とすっきりとした味わいが特徴の金箔入りの日本酒です。和風のデザインで良く用いられる、麻の葉模様の美しいカットを施した印象的なオリジナルボトルを使用し、金色を基調とした上質感あふれるデザインにより、金箔が美しく舞う様子を優雅に演出しています。

    当社では、年末年始に最需要期を迎える清酒市場に向け、"超特撰松竹梅<大吟醸>純金箔入"を発売することで、特別な日にはいつもより良いお酒を飲みたいというお客様のニーズにお応えするとともに、「松竹梅」ブランドのさらなる価値向上を目指してまいります。

  • 宝酒造、「大人の抹茶チューハイ 抹茶&黒みつ/抹茶&和三盆」を数量限定発売
    2019/9/17 18:05

    発表日:2019年9月17日

    ~新提案!抹茶スイーツのような微炭酸のチューハイ~

    寶「大人の抹茶チューハイ」

    <抹茶&黒みつ>・<抹茶&和三盆>数量限定新発売

    宝酒造株式会社は、"寶「大人の抹茶チューハイ」<抹茶&黒みつ>"と"同<抹茶&和三盆>"を、10月8日(火)に数量限定で新発売します。

    "寶「大人の抹茶チューハイ」"は、ほろ苦さと甘さが楽しめる、抹茶スイーツのような微炭酸のチューハイです。京都の宇治抹茶を使用し、独自技術により着色料を用いることなく抹茶本来の色調と風味の保持を可能にしました。また、ベースとなるアルコールに、甘い香りがする"樽貯蔵熟成焼酎"(※)を使用することで、抹茶本来の風味を引き立てました。

    今回新発売する<抹茶&黒みつ>は、抹茶のほろ苦さと黒みつの濃厚な甘さを、<抹茶&和三盆>は、抹茶のほろ苦さと和三盆糖の上品な甘さをお楽しみいただけます。いずれもアルコール分3%の微炭酸タイプで、スイーツのような味わいに仕上げました。

    近年、抹茶は世界的に人気が高まり、スイーツや飲料において抹茶を使用した商品が多数発売されています。当社では、デザート感覚で楽しめる"寶「大人の抹茶チューハイ」<抹茶&黒みつ>"と"同<抹茶&和三盆>"を新発売することで、話題を喚起するとともに、「抹茶アルコール飲料」という新市場を創造し、ソフトアルコール市場の更なる活性化に努めてまいります。

  • 宝酒造、「超特撰松竹梅<純米大吟醸>初しぼり新酒」などを期間数量限定発売
    2019/9/17 18:05
    発表日:2019年9月17日

    ~ 年末年始に最適。こだわりの特定名称酒2種を数量限定発売 ~

    超特撰松竹梅<純米大吟醸>初しぼり新酒、超特撰松竹梅<山田錦大吟醸>磨き三割五分 期間数量限定新発売

    宝酒造株式会社は"超特撰松竹梅<純米大吟醸>初しぼり新酒"・"超特撰松竹梅<山田錦大吟醸>磨き三割五分"720mlカートン入りを10月8日(火)から期間数量限定で新発売します。

    "超特撰松竹梅<純米大吟醸>初しぼり新酒"は、令和元年の酒造年度(※)において最初に搾った、限定感のある純米大吟醸酒で、精米歩合45%まで磨いた、上品な吟醸香とやわらかな味わいが特徴です。

    "超特撰松竹梅<山田錦大吟醸>磨き三割五分"は、酒米の王者"山田錦"の中でも、特に品質が高いとされる兵庫県産を全量使用し、贅沢に精米歩合35%まで磨きあげることで実現したフルーティーで華やかな吟醸香と、甘みと酸味が調和した上品な味わいが特徴の大吟醸酒です。

    パッケージは最大の特長である"初しぼり新酒"、"磨き三割五分"をわかりやすく表示するとともに、年末の華やかな売り場で映える上質なデザインに仕上げました。

    当社では、最大の清酒需要期である年末年始に向け、こだわりの造りと原料で差異化され、コストパフォーマンスに優れた、"超特撰松竹梅<純米大吟醸>初しぼり新酒"・"超特撰松竹梅<山田錦大吟醸>磨き三割五分"を期間数量限定で新発売することにより、「松竹梅」ブランドの育成に努めてまいります。

  • 宝酒造、「松竹梅『初しぼり新酒』」1.8L・900ml紙パックを期間数量限定発売
    2019/9/17 18:05

    発表日:2019年9月17日

    ~すっきり軽快で辛口な味わい、<令和>の「初しぼり新酒」が新登場~

    松竹梅「初しぼり新酒」1.8L、900ml紙パック 期間数量限定新発売

    宝酒造株式会社は、"松竹梅「初しぼり新酒」"1.8L、900ml紙パックを10月8日(火)から期間数量限定で新発売します。

    "松竹梅「初しぼり新酒」"は、本酒造年度(※)で最初に搾った、<令和>の初しぼり新酒で、すっきり軽快な辛口の味わいは、お燗をつけても冷やしてもおいしくお楽しみいただける日本酒です。

    パッケージは、杉玉をあしらい「初しぼり新酒」のイメージを演出するとともに、金を使用することにより令和の始まりを祝う華やかさを表現しています。

    当社では、"松竹梅「初しぼり新酒」"を期間数量限定で新発売することで、秋口からの清酒需要を喚起し、「松竹梅」ブランドの育成に努めてまいります。

  • 宝酒造、「松竹梅白壁蔵『澪』<GOLD>スパークリング清酒」を期間数量限定発売
    2019/9/17 18:05

    発表日:2019年9月17日

    ~お祝いごとや年末年始にぴったり!キラキラと金箔が舞うスパークリング清酒~

    松竹梅白壁蔵「澪」<GOLD>スパークリング清酒 期間数量限定新発売

    宝酒造株式会社は、昨年も発売しご好評いただきました"松竹梅白壁蔵「澪」<GOLD>スパークリング清酒"のデザインをリニューアルし、10月8日(火)から期間数量限定で新発売します。

    "松竹梅白壁蔵「澪」<GOLD>スパークリング清酒"は、お米うまれのほのかな甘みとほどよい酸味、爽やかな泡が心地よい、キラキラと金箔が舞う、ちょっと贅沢なスパークリング清酒です。

    パッケージは、「澪」<GOLD>ならではのキラキラした世界感を強調したラベル・カートンデザインにリニューアルすることで、売り場の店頭や食卓を華やかに演出します。

    当社では、お祝い需要が高まる10月からクリスマスや年末年始の時期に、"松竹梅白壁蔵「澪」<GOLD>スパークリング清酒"をリニューアル新発売することで、今まで以上に多くのお客様に「澪」をお楽しみいただき、「澪」ブランドの更なる育成に努めてまいります。

  • 宝酒造、「超特撰松竹梅『御神酒』<大吟醸>純金箔入」など御神酒3商品を期間限定発売
    2019/9/17 18:05

    発表日:2019年9月17日

    ~よろこびの清酒「松竹梅」が御神酒(おみき)のラインアップを強化~

    超特撰松竹梅「御神酒」<大吟醸>純金箔入180ml、特撰松竹梅「御神酒」<純米>純金箔入180ml、上撰松竹梅「御神酒」<純金箔入>300ml 期間限定新発売

    宝酒造株式会社は、"超特撰松竹梅「御神酒」<大吟醸>純金箔入"180ml、"特撰松竹梅「御神酒」<純米>純金箔入"180ml、"上撰松竹梅「御神酒」<純金箔入>"300mlを10月8日(火)より期間限定で新発売します。

    御神酒(おみき)とは、古来より神事・祭礼などの特別な日に神様へお供えするお酒で、お供え後には"お下がり"として飲まれる習慣があります。

    "特撰松竹梅「御神酒」<大吟醸>純金箔入"は、精米歩合50%まで磨いて仕込んだ大吟醸酒で、華やかでフルーティーな吟醸香と、すっきりとした味わいが特徴です。"特撰松竹梅「御神酒」<純米>純金箔入"は、精米歩合70%まで磨いた、飲みごたえのある辛口な味わいの純米酒です。"上撰松竹梅「御神酒」<純金箔入>"は、お供え後のお下がりに最適な新容量の300mlで新発売します。いずれも、上質感のあるきらびやかなデザインで、年末年始のハレの日を華やかに演出します。

    当社では、年末年始に最需要期を迎える清酒市場で、「御神酒」のラインアップを強化することで、「松竹梅」ブランドのさらなる価値向上を目指してまいります。

  • 一般投資家は
    一旦弱気になったら、強気になる?????。までには相当の時間を要するものだ。しかし相場は待ってくれず、どんどん先に進む。
    一方、多くの機関投資家はAI運用が主流だ。
    日本の株式配当利回りは歴史的高利回り。逆に、債券利回りは歴史に残るマイナス金利。償還まで保有すると100%損をする。株式を売って、その債券を買いまくっている。AI運用というのは、人間の思考可能な常識を逸脱して、あらぬ方向へマネーのフローをつくっている感さえする。
    AIがつくった歴史的巨額裁定売り残。スッカラカンのカラ状態の裁定買い残。AIはどのようなタイミングでこの異常状態を解消するのだろうか?????。
    先輩が残した「押し目待ちに押し目なし」をAIは知っているのだろうか?????。

  • ガスが充満してくると、腹部の膨満感で腹がパンパンに張ってくる。我慢せず、ガスを放出すると、スッキリするものだ。
    株価にも通じるものがある。適度にガス抜きをしながら前進するのは、極めて健全な動きを保つうえで必要な調整?????だろう。

  • >>313

    前週末(9月6日)現在
    裁定売り残(純額)及び裁定買い残(純額)は、それぞれ2兆666億円、3,720億円だった。
    裁定売り残が2兆円台に乗せ、歴史に残る高水準を記録している。マグマが溜まりに溜まった状況になっている。
    一方、裁定買い残は僅か3,000億円台まで減少、これまた歴史的低水準に達している。カラカラな枯れ野状況にあるといえる。
    日経平均が20,000円割れて大きく下押すことがないと、巨額に膨れ上がった裁定売り残は、想定外の強力な上昇エネルギー源になるやも知れぬ?????

  • 子会社タカラバイオが申請(3月末)の先駆け審査薬が、審査期間の6ヶ月を経過することから、10月に入ると、そろそろ結果の出るタイミングがやって来る。どのような結果が出るかによって、株価へのインパクトはあるだろうな?????

  • >>313

    昨日、トヨタ自が年初来高値を付けた。出来高も急増していた。巨額資金が日本を代表するトヨタ自の買いに向かったことになる。大引けには特に出来高が集中していた。一部のファンドの買いによるものではなく、多くの機関投資家が一斉に買いを入れたものと推測できる。
    加えて、東京市場は、通常取引外の市場外取引で8,500億円と、これまた異常と言える巨額に達していた。一方、売買単価だが、急速に低下している。物色銘柄内容に変化が出てきたことの証?????
    年初来の動向に比して、明らかに質的に、内容が変わってきていることが読み取れる。内外を問わず、新しい巨額?????資金が東京市場に流入してきたのか?????

  • >>308

    トランプ大統領が、対中国関税に関してツィターで発信したようだが、不思議なもので、材料というものは、悪しきにつけ、良きにつけ、続けて出て来るものだ。
    現在は、良き材料、明るい材料出現期にあるのかな?????
    次なる明るい材料は何だろうか?????

  • >>320

    酒田秘法に「三空叩き込み」という法則がある。
    タカラHDの株価が8月15日に、年初来安値928円を付けたが、その当日、「三空叩き込み」が示現した。
    その日を境にして、株価は反転し、同じく酒田秘法の「5陽連」どころか「8陽連」となる陽線を続けた。酒田秘法は「生きている証」となった。
    酒田の教えは、「三空叩き込みには向かえ」、「5陽連には付け」とあり、強気転換の指標とされている。
    一方信用の売買残株数の推移を見ると

    買い残株数           売り残株
    8月9日 450、600    217,800
    9月6日 387、700    354,100
         -62,900   +136,300
    信用残の動向から、個人投資家のタカラHDの判断基準が見て取れる?????
    酒田は強気示唆しているが、個人投資家は弱気傾向になっている。はたして?????

  • 昨日まで下降を続けていた25日移動平均値が、本日を境にして上昇に転じることになる。25日移動平均値のみから見ると、諸々の材料を織り込み、長~~い、長~~い下降相場に別れを告げ、新しく誕生するだろうトレンドの転換期に来たということになるのだが?????。
    目先的には、25日移動平均値(昨日:1,007.7円)との乖離率が、定石的な過熱指標10%に接近していることを考慮した対応が必要だろう。

  • 便秘ってやつは、先頭が固まって硬くなり、出そうで出なくなる。一旦先頭が出てしまえば、一気に後続が出て行くのだ。
    上に行くにしろ、下に行くにしろ、タカラHDは便秘気味のような動きだ。

  • 2日新甫は荒れるという。9月相場初日から久方ぶりの4連騰。
    来週はメジャーSQ。歴史に残る超々巨額裁定売り残の動向と行方に市場の注目が集まる?????。
    昨日、クレディスイスが先物を1,000億円買い戻したことで、市場の注目を集めていた。
    来週は台風一過なれど、株式市場は荒れそうな気配?????。
    「上昇相場は売りの買い戻しから始まる」が定説?????。

  • <<
  • 336 312
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順