ここから本文です

JOCとJAXAと東京大学が強力コラボ。
去る5月に、東京オリンピックの開会式でガンダムショーが宇宙空間からライブ中継するという発表があった。

しかし、オリンピックスタジアム内で中継映像をただの大型ビジョンで映し出しても芸がない。(それが空中映像なら面白いがさすがに無いだろう)

これについては随分以前から落合陽一氏も「オリンピック開会式では未来型のゴーグルが観客に配られる!」と発言しているため、自身の透過型落合グラスで『宇宙中継のガンダムショー』の映像が観客の網膜に投影され、目の前のスクリーンに大映しされることを想像してしまう。

スタジアムの大型ビジョンに映し出されるぐらいなら宇宙中継の価値は伝わらない。それではリビングのテレビを観るのと何ら変わらないでなないか?一般では得られない現場ならではの興奮と感動を仕掛けないなんてフツーに考えて無いと思う。

オリンピックの開会式に宇宙中継の選択に負けない表示装置が中継のコンテンツ同様に、驚きを持って迎えられるような攻めたチャレンジであることを期待しているがさてどうか?

…あくまで個人的意見です。