ここから本文です

日本史の面白いところは敗者に本来は義に厚く聡明な男が非常に多いところにある。

光秀然り、三成、楠正成然り。

ここに現代にも通じる闘争の帰結と要因の一定法則があるように思えてならない。