ここから本文です

民間企業に勤める人がリーマンショック時2009年の1年間に得た平均給与は405万9千円で、前年から23万7千円(5.5%)減少したことが28日、国税庁の民間給与実態統計調査で分かった。1949年に統計を取り始めて以来、減少率と下落額は最大を記録。

08年秋のリーマン・ショックを受け、製造業を中心に業績悪化に陥った企業が、正社員の雇用を守るために翌年の給料や賞与を大きく減らしたことが影響した」と分析している。


今回はこれ以上に給料が減りそうだな

そして終身雇用は無くなりつつある大きな大義名分が出来た。

時代はスキルが持ってるフリーランスが生き残る時代だ

米中貿易戦争は長引くだろう

さぁ、生き残るは誰だ

フッフッフッ