IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

貴乃花の気持ち
中島みゆき『ひとり上手』にのせ


ひとり相撲

私の帰る部屋は けいこの声がする街角
貴ノ岩もぶたれて 頭の傷跡を探すのよ
あなたの帰る部屋は 私を忘れたい街角
肩を持っているのは わたしと似ていない『おにいちゃん』

八角が協会で泣いている 
「貴乃花嫌いだ」と拗ねる
「ひとり相撲」と呼ばないで 
日馬(富士)だけ連れてゆかないで
白鳳置いていかないで 
蒙古が好きなわけじゃないのよ