IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
現在位置:

掲示板のコメントはすべて投稿者の個人的な判断を表すものであり、
当社が投資の勧誘を目的としているものではありません。

  • >>886

    木村氏

    バラク・オバマ氏の出生証明書。
    ケニアの病院で生まれていますから
    オバマはアメリカ大統領になる資格は無かった
    ことになりますね。
    オバマはケニア人でした。

    また、ミシェルオバマ氏はもともとは男
    だった事は今や周知の事実です。
    つまりオバマのインチキ政権のファーストレディ
    はファーストレディではなくファースト変態
    だったことになりますね。

    家族構成まで嘘。
    全てが嘘。
    オバマは俳優養成所のようなところで演説や
    スピーチのテクニックだけを訓練されただけの
    中身のない単なる変態だっただけです。
    嘘と偽りに満ちた人生を過ごすのは虚しいと
    思いますよ。

    オバマとは一体何者だったのか?
    はい、ケニアで生まれてしばらくインドネシア
    で暮らしディープステイト要員にされ偽大統領
    という役割を演じた変態であり犯罪者です。
    これ以上の説明や解釈は不要ですね。

    福井県小浜市はオバマを真に受けて「オバマ市」
    として観光PRをしていましたが、後悔している
    でしょうね。

    オバマ政権で締結した全ての事は無効ですね。
    オバマとは変態であり犯罪者だ、という事です。

    くるみぱんnewsᕱ⑅ᕱ♥ 木村氏  バラク・オバマ氏の出生証明書。 ケニアの病院で生まれていますから オバマはアメリカ大統領に

  • ・政府は5日、首都圏1都3県で発令している緊急事態宣言について、7日までの期限を2週間程度延長を決定する。
    全面解除を実現するため、今後2週間で感染防止対策を徹底するよう呼びかける考え。

    ・中国今日から全国人民代表大会(全人代、国会に相当)。
    香港について「『愛国者による香港統治』の原則を全面的に実行することを断固支持する」と述べた。
    10日までの会期中に、政協でも中央政府による香港への関与強化に関わる方策が議論される見通し。

  • ・ホンダ <7267> [終値3052.0円]4日、自動運転機能を搭載した新型車を5日から発売。
    高速道路の渋滞で自足30キロ以下で走行しているときに、人に代わりシステムが運転を担う。
    より高度な無人運転で、米中のIT勢も開発を急いでおり、異業種間で提携が加速している。
    自動運転昨日は高級車「レジェンド」に搭載、価格は税込みで1100万円で、リース専用車両として100台限定で生産・販売する。

    ・新型コロナウイルスの感染拡大の抑制に向けて、変異型の対応が焦点に。
    変異により現在接種が始まったワクチンの効果が弱まる可能性があるから。
    緊急事態宣言を延長する日本も変異型への警戒を強める。

    ・「無印良品」の良品計画 <7453> [終値2593円]が野菜や果物など生鮮食品を販売する。
    今年夏以降の国内の新規店舗では、生鮮のほか、自社で開発した冷凍食品や飲料も充実させる。
    食品の売上高に占める割合を、2030年にも現行の約1割から3割にする。

    ・英国がおよそ半世紀ぶりに法人税率を引き上げる。
    現行税率の19%を23年4月に25%にする方針。
    新型コロナウイルスによる経済危機からの脱却後、財政再建に着手する姿勢示した。

    ・国土交通省は2025年度にも、新築住宅について省エネルギー基準の適合を義務付ける方針。
    21年度からは中規模のオフィスビルなどの義務化が始まるが、個人の住宅は省エネ性能に関する説明義務にとどまる。

    ・第一生命保険 <8750> [終値1889.0円]2025ン円までに投資先による二酸化炭素(CO2)排出量を20年比でや約3割減らす中期計画を実行に移す。
    23年度までに7000億円規模の株式売却などでCO2排出が多い企業の株式の保有を減らす。

    ・4日の東京株式市場で日経平均株価は大幅反落、前日比628円(2.1%)安、2万8930円と2/5以来1カ月ぶりの安値に。
    米国の金利上昇に対する投資家の警戒感が根強い。

    ・ドイツのメルケル首相3日、新型コロナウイルスを封じ込めるための制限措置の緩和を段階的に進めていく方針発表。
    8日から書店などの営業を認め、さらに人口10万人当たり7日間の感染者数が50人を下回れば、ほかの商店の営業も地域ごとに認めていく。

  • ・米政府と議会はインド太平洋地域で中国への抑止力を強化するため、
    2022年会計年度(21年10月~22年9月)から6年間で273億ドル(約2.9兆円)の予算投じる案を検討する。
    沖縄からフィリピンを結ぶ第1列島線に沿って米軍の対中ミサイル網を築く。

    ・第4の改革 カーボンゼロ 大電化時代(5)サウジアラビアからアンモニア 再生可能エネルギー輸入に熱視線。
    国土の狭い日本で再生可能エネルギーをかき集めても限界がある。ならば国境を越え、世界の力を借りる。
    輸入がカーボンゼロのカギを握る。
    「既存の火力発電所を使えて大きな追加投資もいらない。アンモニアは脱炭素の切り札になる」三菱商事 <8058> [終値3035.0円]松宮統括部長。
    アンモニアは燃やしても二酸化炭素(CO2)を出さない。石炭や液化天然ガス(LNG)に混ぜた分だけCO2を減らせる。
    政府は430年に年300万トンのアンモニア燃料を導入することになっている。
    輸入は再生エネ不足を生める最後のピースになる。

    ・軍のクーデターに揺れるミャンマーでは4日も各地で市民らの抗議デモが起こり、警察を主体とする治安当局は強制排除を続けた。
    国連のデモの制圧で市民側に50人以上の死者が出たと明かした。

    ・総務省谷脇康彦総務審議官は4日、NTT <9432> [終値2722.0円]澤田純社長らの接待を受けたとの週刊文春報道の内容認めた。
    「三回の会食があった。国民にさらなる疑念を抱かせ、深く反省する」と話した。
    総務省は国家公務員倫理規程に違反するか調査を始めた。

    ・米巨大テクノロジー企業への市場独占批判が世界規模で強まるのをしり目に、米マイクロソフトが成長謳歌。
    グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン・ドット・コムの「GAFA」の敵を味方につける戦略奏功。
    マイクロソフトは「勝つことを求める会社から、共生を目指す経営方針に変わった」という。
    マイクロソフトと提携した既存大手企業はいずれも、GAFAが強力なライバルになり得るという点で共通する。
    世界のクラウド市場では首位がアマゾンと2位マイクロソフトを合算したシェアが過半で、マイクロソフトによる新たな市場寡占の懸念もある。
    GAFAにとってマイクロソフトは最大の脅威であると同時に、最高の御手本とも呼べる存在になりつつある。

  • ・欧州連合(EU)財政ルールの見直しに乗り出す。
    新型コロナウイルスの影響で凍結している現行ルールが硬直的との批判を踏まえ、平時復帰時に新しい制度を導入する構え。
    財政規律が緩むとの反発から議論は難航する可能性がある。

    ・オーストラリア統計局3日、2020年10‐12月期実質国内総生産(GDP)は前期から3.1%増。
    3.4%増だった7-9月期に続きプラス成長を維持。
    新型コロナウイルス対策のための外出規制が解除され、個人消費が成長けん引。

    ・ブラジル地理統計院(IBGE)3日、2020年国内総生産(GDP)前期比で4.1%縮小と発表。
    16年以来のマイナス成長となった。

    ・ZOZO <3092> [終値3345円]創業者前沢友作氏3日、
    米宇宙企業スペースXが開発中の次世代宇宙船「スターシップ」で2023年に飛行計画しyている月周回旅行について、同行者8人を募集始めた。
    14日午後11時59分(日本時間)まで受け付ける。

    ・日医工 <4541> [終値927円]製品の自主回収を繰り返した問題で、
    富山県は3日、同社の製造や品質管理体制に問題があったとして、製造業務を32日間停止するよう命令。

  • ・アウトソーシング <2427> [終値1687円]飲食や小売業など約3000人を採用し、デジタル人材に教育してIT(情報技術)企業などに派遣する。
    新型コロナウイルス下で接客業中心に雇用環境が悪化する一方、
    デジタル・トランスフォーメーション(DX)に取り組む企業が増え、デジタル人材は不足。
    スキル転換を促し、需給のミスマッチを解消する。

    ・英金融サービス会社、グリーンシル・キャピタルが事業譲渡や資産売却に向けて破産申請の準備を始めた。
    3日、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)などが報じた。
    企業間金融の効率を高めるフィンテックとしてソフトバンクグループ(SBG)<9984> [終値10600円]も出資するが、
    関連した証券化商品のファンド凍結によって経営危機に陥った。
    株主や投資家への影響が見えず、波紋が広がっている。

    ・新型コロナウイルスの封じ込めに向け、海外ではワクチン接種に政府が強な権限を行使。
    米国バイデン大統領が国防生産法を使ってメーカーの生産協力を実現し供給の前倒しに動く。
    インドはワクチンで世界最大の生産能力を使って新型コロナ向けも量産、アラブ首長国連邦(UAE)は中国製ワクチンを大量調達する。

    ・今夏の東京五輪・パラリンピック巡り、海外からの観客受け入れ見送る可能性が出ている。
    丸川珠代五輪相は3日夜、大会組織委員長の橋本聖子会長や国際オリンピック委員会(IOC)バッハ会長らを交えた5者協議後に記者団取材に応じ、
    「慎重な判断が必要」と述べた。

    ・政府がデジタル・トランスフォーメーション(DX)に精通した人材獲得を急ぐ。
    年収1千万円や柔軟な働き方など、これまでにない厚待遇打ち出す。

    ・米証券取引委員会(SEC)委員長候補ゲーリー・ゲンスラー元米商品先物取引委員会(CFTC)委員長2日、米議会で「ロビンフッド」を念頭に調査。
    ゲンスラー氏が左派の意向に沿った政策を進めるようになれば4,米金融・投資関係者にとって頭痛の種となる。

    ・三井住友FG <8316> [終値3803円]新設の石炭火力発電所への投融資を止める検討に入った、」
    すでに石炭火力発電所向けの融資残高を40年度をめどにゼロとする方針を掲げ、
    新設向けは2020年び改定した融資方針で「原則実施しない」との方針示しているが、「原則」の文言を落とす方向で調整する。

  • ・米グーグルがインターネット利用者の閲覧履歴を追跡する技術の使用制限を強化。
    広告会社などが一人ひとりの情報を使って広告を配信する技術を排除。
    米アップルもプライバシー保護を強化しており、配信対象を絞り込むターゲティング技術を高度にすることで成長してきたネット広告の転機に。

    ・第4の革命 カーボンゼロ 大電化時代(4)「緑の発電」で経営革新 銀座の大家、電力会社に
    リクルート <6098> [終値5363円]から「リクルートGINZA8ビル」を購入するなど「銀座の大家」と呼ばれるヒューリック <3003> [終値1172円]。
    派手な取り引きの裏側で「緑の不動産会社」へ転身が進んでいる。
    2020年10月、埼玉県加須市にある利根川の堤防近くの田園地帯で太陽光発電所がひっそりと稼働。これもヒューリックの「自社物件」。
    50年までに840億円投じ、国内総生産(GDP)300カ所超でこうした太陽光発電所を設ける。
    さらに150億円かけ、十数カ所に小水力発電所も設置。50年に保有物件の消費電力をすべて再生エネで賄う。余剰電力の販売も検討していく。
    同社は、自社事業の全電力を再生エネ由来に変える世界的な企業連合「RE100」に参加。
    RE100に参加する富士フイルムHD <4901> [終値6272円]環境部門担う中井康史氏
    「このままだと日本の製造業の国際競争力が低下するかもしれない」と焦燥感募らす。
    同社はオランダやベルギー工場では、風力発電設備を導入するなどの対策で再生エネ100%達成。
    ところが仁保mンの拠点を含むと、グループ全体での再エネ利用率はたった9%に。

    ・アウトソーシング <2427> [終値1687円]飲食や小売業など約3000人を採用し、デジタル人材に教育してIT(情報技術)企業などに派遣する。
    新型コロナウイルス下で接客業中心に雇用環境が悪化する一方、
    デジタル・トランスフォーメーション(DX)に取り組む企業が増え、デジタル人材は不足。
    スキル転換を促し、需給のミスマッチを解消する。

  • >>886

    木村氏

    凄いですね、嘘と偽りの書。
    基本的に自叙伝は嘘八百のてんこ盛りです。

    オバマ氏の「約束の地」・・・・?
    はて、それはエプスタイン島でしょう。

    オバマ氏自体が何人いるのか分かりません。
    また、オバマ氏はアメリカ生まれではない事
    も判明していますからアメリカ大統領の資格
    がなかったわけです。
    バイデンと同じくインチキでした。

    オバマ氏は昨年晩秋に、
    「トランプ大統領を辞任させるよう説得する。」
    と周囲に告げてホワイトハウスに向かったものの
    門前払いを食らい、オバマ氏は奇声を挙げて
    泣き叫びながらホワイトハウス周辺を徘徊していた
    ところを身柄拘束されました。
    真相はオバマ氏はトランプ大統領に命乞いに
    出向いたところを門前払いを食らい泣き叫び
    ながら徘徊した、という事です。

    ディープステイト傀儡のオバマ氏はアメリカ歴代
    最多の爆撃を行った戦争犯罪者です。
    加えて小児性愛や悪魔崇拝の蛮行の数々など
    でアライアンスに粛正される事はオバマ氏本人
    が感じ取っていた筈です。
    それだからこその命乞い。
    しかしトランプ大統領に門前払いを食らい
    ホワイトハウスに入ることすらできず徘徊しました。

    オバマ氏が泣き叫びながらホワイトハウス周辺
    を徘徊していた姿を是非とも映像公開して頂き
    たいものです。

    もし、かねてより言われてきた緊急放送が実行
    されたなら、オバマ氏の数々の蛮行も世界中に
    晒されることになりますね。

    ちなみにオバマ氏自叙伝の右隣にある
    ミシェルオバマ氏の「マイストーリー」。
    昔の頃の随分と逞しいミシェルオバマ氏の写真
    は今や皆が知っています。
    マイストーリー、さて、どのようなストーリー
    なのでしょうか。
    私は実は・・・・、なんて話は絶対に書いて
    いないでしょう。
    もう皆が知っていますけれど。

    くるみぱんnewsᕱ⑅ᕱ♥ 木村氏  凄いですね、嘘と偽りの書。 基本的に自叙伝は嘘八百のてんこ盛りです。  オバマ氏の「約束の

  • ・政府は2日、地球温暖化対策推進法(温対法)改正案を閣議決定。
    風力や太陽光など再生可能エネルギーを活用する発電所設置に必要な
    環境影響評価(アセスメント)の期間を数カ月~1年程度短縮する仕組みを新設する。
    「国民一丸となってカーボンニュートラル(温暖化ガス排出量実質ゼロ)への道を歩んでゆく」。
    小泉進次郎環境相は閣議後の記者会見で強調した。
    再エネによる発電比率は19年度の18%から30年に22~24%、50年に50%超を目指す。

    ・資産運用会社の間で投資先の温暖化ガス排出量を2050年までに実質ゼロにする目標掲げる動きが広がっている。
    世界最大の運用会社ブラックロックも目標設定を検討。
    「排出ゼロ」を目指すマネーは約2000兆円と世界の投資マネーの2割に達する見通し。
    排出削減に消極的な企業は投資対象から外されるリスクが一段と高まってきた。

    ・中国アリババ集団のスタートアップ投資が急減速。
    傘下の金融会社アント・グループが上場延期に追い込まれた2020年11月以降、投資額は前年同期比で半減。
    習近平指導部が警戒を値読めたことが響く。
    有望な新興企業をいち早く自社ニトロ込み、市場の支配力を高める「アリババ経済圏」は曲がり角にある。

    ・韓国SKグループ2日、次世代エネルギーである水素燃料のインフラ整備に今後5年間で18兆ウォン(約1兆7000億円)投資する。
    駅か水素の生成プラントを建設し、年間28万トンの生産能力を確保。
    燃料電池車(FCV)に「水素ステーションを欠く国内に100カ所設置する計画。

    ・ブラジルで新型コロナウイルスの感染が止まらない。
    感染力が強い変異ウイルスの流行が影響し、2020年12月に始まった「第2波」のピークに近付く。
    ワクチンの接種も遅れている。

    ・中国共産党機関紙、人民日報系環球時報(英語版)2日、中国政府が香港の選挙制度見直しに関する会議を開き、
    本政府トップ行政長官を選ぶ選挙で民主派の排除につながる変更を求める意見が多数出たと報じた。

    ・財務省2日、2020年10‐12月期法人企業統計、金融・保険業除く全産業の経常利益が前年同期比0.7%減の18兆4505億円となり、7四半期連続のマイナス。
    減少幅は7-9月期の28.4%減から大幅に改善。

  • ・武田薬品 <4502> [終値3676.0円]2日、
    米バイオ製薬モデルナの新型コロナウイルスワクチンについて厚生労働省に製造販売承認を週内にも申請する方針を固めた。
    国内での申請は米ファイザー、英アストラゼネカに次いで3例目となる。武田は6月までの国内供給開始を目指す。

    ・1/29、総務省有識者会議、「マイナンバーカードで使いやすいサービスを実現するには官民連携が必要だ」と。
    弁護士ドットコム <6027> [終値9700円]署名が本人であることを証明するのにマイナンバーカードを使えないか3年ほど前から検討。
    GMOインターネット <9449> [終値3200円]はまもなく対応アプリを提供する予定、電子署名の本人証明サービスでしのぎを削る。

    ・日本企業の利益が回復に向かう一方で、投資の戻りが鈍い。
    自動車や機械がけん引し、2020年10‐12月期に全体の利益水準はほぼ新型コロナウイルスの感染拡大前まで戻る。
    ただ企業に先行き警戒感は強く設備投資にお金が回らず、現預金残高は過去最高に膨らんでいる。
    積みあがった資金がデジタル化や脱炭素などの成長投資に向かうかが今後の経済回復のカギになる。

    ・女性の非正規雇用が厳しくなる「女性不況」が鮮明になっている。
    民間調査によると、統計上は失業者や休業者に入らない女性の実質的失業者が2月時点で100万人超えた。
    政府による2度目の緊急事態宣言の前である2020年12月時点から14%増。政府は支援策の拡充へ検討始める。

    ・データで探る コロナと消費(上)高額品堅調、格差拡大映す
    新型コロナウイルス禍が個人の消費行動を大きく変えている。
    外食や旅行などのサービス消費を中心に落ち込みが続くが、
    高級ブランド品やインターネット上での動画配信の需要増といった新たなトレンドも見えてきた。
    富裕層が高額消費を支えている。
    国内総生産(GDP)の過半を占める個人消費は20年に全円を5.9%下回る過去最大の落ち込みとなった。
    中低所得層を含めた消費の力強い回復はまだ見えない。

  • ・料理宅配のウーバーイーツジャパン(東京・港)2021年中にもサービス地域を全国に広げる。
    約10万人いる配達員も最大で20万人に倍増する見通し。
    新型コロナウイルス下で利用が急増する宅配ビジネスは、外食の業態を変え雇用の受け皿になる可能性がある。
    一方、ギグワーカーと呼ばれる配達員は雇用圃k連夜労災保険が適用されないなど、労働環境の改善が課題に。

    ・銀行間でお金をやり取りする際の手数料が下がる。
    政府のよう瀬尾を受け現在117~162円の手数料を一律62円にする方向。
    これに伴い利用者が実際に支払っている200~300円以上の銀行の振込手数料は最低でも60円程度安くなる。

    ・2021年度予算案が2日の衆院本会議で与党などの賛成多数で可決し、衆院通過。
    憲法の規定により20年度内の成立が確実に。
    政府・与党は3日に始まる参院での審議を経て月内の成立を目指す。

    ・新型コロナウイルスの新規感染者の減少ペースが鈍っていることを受け、東京都が緊急事態宣言を延長するよう政府に要請する方向で調整。
    延長幅は2週間程度を軸に検討。

    ・第4の革命 カーボンゼロ 大電化時代(3)新車全て二酸化炭素(CO2)ゼロ 「灰色のEV」克服総力戦
    国際エネルギー機関(IEA)、世界の乗用車やトラックが出すCO2は18年に60億トン全体の18%。
    カーボンゼロに車の電化は欠かせない。世界の車メーカーも動き始めた。
    「EV=地球にやさしい」という時代は終わった。水素で走るFCVも含め全体のCO2排出をどう減らすか。
    「灰色のEV」を「緑」に変える競争は始まったばかり。
    日本で生産する半分は海外に輸出される。世界の潮流は国内産業の屋台骨を揺らす。

    ・国際エネルギー機関(IEA)2日、2020年の二酸化炭素(CO2、エネルギー起源)の排出量が前年から2.8%減ったと発表。
    第2次大戦後で最大の減少幅となった。
    ただ削減努力を加速しなければ21年は一転して「著しく増えるリスク」があるとIEAは警鐘を鳴らす。
    20年の世界の排出量は19年から20億トン減り315億トンに。コロナ禍で人やモノの移動が鈍り、運輸部門の排出が大きく減ったのが主因。
    エネルギー起源CO2は燃料の燃焼や熱の使用によって排出されるCO2で、温暖化ガス全体の7割前後を占める。

  • >>886

    2/2

    確実に人類解放の動きは進んでいます。
    もしこの没収した金塊を人類に再分配したら
    いかなる日常になるでしょうか。
    特に日本人は勤勉で賢明ですから堕落はしない
    と私は思います。
    つまり生活の不安が無くなりますから、生活に
    追われて働くことが無くなります。
    そうなれば日本人ならどうするでしょうか?
    生活不安が無くなれば多くの日本人は地方各地
    に定住するでしょう。
    限界集落への移住、過疎地への移住、耕作放棄地
    での耕作、森林の手入れ、空き家対策、利益とは
    無関係の本当に必要な事をするようになる、
    などになると思います。

    物を作る人々は大量消費経済のために大量に製造
    するのを止め、誇りをもって本当に良い質の製品
    を作るようになるでしょう。
    食料も利益確保のための大量消費のために添加物
    を使ったりする事を止め、本当に有機的な無農薬
    の作物を皆が作るようになると思います。

    トランプ大統領とアライアンスが今、このような
    世の中を実現するまであと一歩のところまで
    漕ぎ着けています。
    アライアンスが完全に勝利すれば金本位制度に
    戻った上でディープステイトから没収した莫大な
    金塊が人類に還元される良き地球時代になります。

    メディアはディープステイトの支配下にあります
    から決して伝えませんが、今、地球的な時間が
    流れています。
    アライアンスが勝つか、ディープステイトが
    勝つか、私達人類の運命はそれ次第で決まります。

    アライアンスに感謝しながら信じていたいですね。

  • >>886

    木村氏

    これまでの時代、通貨や紙幣
    の事実つまり信用創造について
    の事実を述べる教授は追放され
    てきました。
    講義で信用創造について事実を
    述べたある経済学教授は、教授会で
    「学生に偏った内容を教えている。」
    という理由で排除されました。

    それは何故でしょうか?
    ディープステイトが絶対に知られ
    たくない人類支配の本丸だったからです。
    裏付けのない紙幣が現在の紙幣です。

    この裏付けのない通貨制度から金本位制度
    に戻して金(ゴールド)や各国の資源などに
    裏付けされた金融制度にしようてしているのが
    トランプ大統領とアライアンスです。

    金に裏付けされた金本位制度に戻す・・・。
    その金はどこで、と思いますが昨年からの動きを
    振り返れば、
    ・昨年夏にアライアンスがアメリカ軍を使って
    バッキンガム宮殿の地下に保管されていた膨大な
    金塊を没収。
    →運び出すのにアメリカ軍が8日間かかった。
    ・昨年8月14日からアライアンスがアメリカ軍
    特殊部隊を使って日本のディープステイトの
    地下基地を破壊してきた。
    →皇居の地下から金塊が没収された。
    ・今年の1月10日にアライアンスがアメリカ軍を
    使ってバチカンの地下から莫大な金塊を没収。
    →全地球のGDPの4万年分に相当する。
    →これについては昨日投稿しました。

    という事実があります。
    つまり金本位制度の復活に向けての財源は
    押さえているという事ですね。

    バチカンの地下から没収された金塊だけでも
    全人類が生活に困らない日常になる財源が確保
    されたことになりますね。
    分かりやすく言えば、地球上の全ての人々が
    全く何もしなくても4万年は暮らせる以上の
    財源が確保された事を意味します。

  • >>789

    記事

    野村HDが運用・投資部門の再編を発表、4月から新組織に集約
    谷口崇子、中道敬
    2021年3月2日 13:49 JST
    更新日時 2021年3月2日 16:12 JST
    2010年のホールセール部門発足以来の大規模な組織再編を実施へ
    奥田グループCEOが注力するプライベート市場拡大戦略の一環
    野村ホールディングスは2日、運用・投資関連の組織を再編すると発表した。運用事業を手掛けるアセット・マネジメント部門と自己投資などを担うマーチャント・バンキング部門を廃止し、4月1日付で「インベストメント・マネジメント」部門を新設する。大規模な組織再編は、2010年に市場部門と投資銀行部門を統合してホールセール部門を発足させて以来となる。

    General Images of Nomura Holdings Inc.
    野村ホールディングスのロゴPhotographer: Yuriko Nakao/Bloomberg
      発表によると、新組織は奥田健太郎グループCEO(最高経営責任者)が注力分野に挙げるプライベート市場拡大戦略の一環。顧客向けの運用業務、自己投資業務など同社の投資運用事業の知見を集約することで、例えば株式や債券に加えてプライベート・エクイティ(PE)などのオルタナティブ(代替投資)商品の開発を加速させる狙い。新組織は、野村アセットマネジメントや野村キャピタル・パートナーズなど運用・投資関連の主要子会社を管轄する。

      また、航空機リース関連商品などを手掛ける野村バブコックアンドブラウンなど代替投資ビジネスも統括し、金融商品の品ぞろえを強化する。組織再編に伴い、野村アセットの社長には4月1日付で同社の小池広靖副社長が昇格し、中川順子社長は会長に就任する。

      モーニングスターのアナリスト、マイケル・マクダッド氏は組織再編に関して、野村HDのアセット・マネジメント部門は安定的な収益を生み出していたが、マーチャント・バンキング部門と再編することで、収益力が高まるなど変動性がより大きくなる可能性があるとの見方を示した。

読み込みエラーが発生しました

再読み込み