IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

 以下に挙げたのは、決算発表が「プラス・インパクト」となった可能性のある東証2部・新興市場の銘柄である。株価が決算発表前日の水準から19日大引け現在、水準を切り上げている銘柄を上昇率の大きい順にランキングした。

★No.2 マクビープラ <7095>
 20年4月期の経常利益(非連結)は前の期比86.7%増の3.6億円に拡大し、従来予想の3.1億円を上回って着地。

★No.4 HyAS&C <6192>
 20年4月期の連結経常利益は前の期比55.8%減の1億8300万円に落ち込んだが、21年4月期は前期比53.0%増の2億8000万円に回復する見通しとなった。

★No.5 スキヤキ <3995>
■決算プラス・インパクト銘柄
コード 銘柄名    市場  上昇率  発表日 決算期 経常変化率
<4880> セルソース   東M   +57.14   6/15  上期     -
<7095> マクビープラ  東M   +48.79   6/12 本決算     -
<6573> アジャイル   東M   +48.66
<6192> HyAS&C  東M   +42.38   6/12 本決算    53.01
<3995> スキヤキ    東M   +33.84   6/12   1Q   100.00
<3195> ジェネパ    東M   +22.62   6/12  上期   194.74
<7869> 日本フォーム  JQ   +16.00   6/16  上期    2.92
<7614> オーエムツー  JQ   +15.57   6/12   1Q    80.79
<6091> ウエスコHD  東2   +12.06   6/12   3Q    52.16
<6365> 電業社     東2   +11.96   6/17 本決算    11.78
<8927> 明豊エンタ   JQ   +7.28   6/12   3Q   572.58
<3804> システムディ  JQ   +1.77   6/15  上期    61.19
<3974> T・SCAT  JQ   +0.63   6/12  上期    22.06


※上昇率は「決算発表前日の終値を基準とした19日大引け株価の変化率」。