IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
現在位置:
投資全般

投資全般

  • 551
  • 0
  • 2020/07/05 22:51
  • rss

掲示板のコメントはすべて投稿者の個人的な判断を表すものであり、
当社が投資の勧誘を目的としているものではありません。

  • 551(最新)

    鳳凰 7月5日 22:51

    ニューヨーク 独立記念日祝う花火 密集避け5分間限定で

    2020年7月5日 16時33分

    アメリカのニューヨークで4日、独立記念日を祝う花火が夜空を彩りました。

    ニューヨークでは独立記念日を祝う花火大会が毎年盛大に行われてきました。

    しかしことしは、新型コロナウイルスの感染者の増加を受けて、大勢の人が同じ場所に集まるのを避けるため、事前に場所を告知せずに、先月29日以降、毎晩、ニューヨーク市内の別々の場所で花火が打ち上げられました。

    最終日となった4日はニューヨークの市内の多くの場所から花火を見れるようにと、高さ300m以上あるエンパイア・ステート・ビルの展望台から打ち上げられました。

    花火は、人が集まりすぎないように午後9時45分ごろから5分間に限定して打ち上げられ、自宅の前の路上から眺めていた女性は「ことしは、いつもとは違う独立記念日となりましたが、マスクをして安全に花火が楽しめました。新型コロナウイルスの感染が広がり続けている今だからこそ、皆で団結することが大切だと思います」と話していました。

    NHK

    投資全般 ニューヨーク 独立記念日祝う花火 密集避け5分間限定で   2020年7月5日 16時33分   ア

  • >>549

    300年余前の富士山噴火で埋もれた家屋 発掘調査で初確認 静岡
    2020年7月5日 19時35分
    300年余り前に富士山で起きた宝永噴火について新たな発見です。噴火による火山灰で集落全体が埋まったとされている静岡県小山町の須走地区で、当時の家屋の一部が初めて見つかりました。黒く焼け焦げていたことなどから高温の軽石によって燃えた可能性が高く、専門家は「富士山の噴火対策を考えるうえで重要な発見だ」としています。

    富士山のふもと、静岡県小山町の須走地区には江戸時代に須走村の集落がありましたが、1707年に発生した宝永噴火で火山灰が3mほど降り積もって埋没したとされています

    さらに現在はその上に街が作られているため、須走村の集落が埋まった記録は古文書などに残されるだけで、実際に家屋が見つかったことはありませんでした

    火口近くにあった須走村の集落がどのような被害を受けたのか明らかにしようと、去年6月、小山町と、考古学や火山の専門家で作る研究チームが初めての発掘調査を行いました

    調査は初めは重機で行われ、20センチ余り掘ると、宝永噴火で噴出した火山灰や軽石などの層が出てきました

    さらに人の手も使って掘り進めると、2mほどの深さの場所に
    ▽家屋の「柱」とみられる2本の四角い木材のほか
    ▽家屋の「壁」や「わらぶき屋根」の一部が、次々と見つかりました。

    宝永噴火で埋もれた須走村の家屋が見つかるのは今回が初めてです。

    さらに、こうした木材は黒く焼け焦げていたうえ、内部が赤くなった軽石も見つかったことから、研究チームは、噴火で飛んできた高温の軽石によって家屋が燃えた可能性が高いとみています。

    今後、研究チームは、家屋が噴火のどの段階で、どのように燃えたのかなど、検証を進めていくことにしています。

    調査に参加した小山町教育委員会の金子節郎さんは「燃えた柱が出てきた時には震えるほどの興奮があり、これまで古文書しかなかった村の歴史について実際に裏付けがとれたのは大きな成果だ。発掘で分かったことを今後の防災に生かしていくとともに、今後もこまめな調査を行って遺跡を大事に保存していきたい」と話していました。

    研究チームのリーダー、東京大学の杉山浩平特任研究員は「富士山の噴火で住宅が燃えたことが実証され、噴火対策を考えるうえで重要な手がかりになる」と話していました。NHK

  • >>548

    分厚い火山灰に覆われた須走地区

    宝永噴火は300年余り前の江戸時代中期、1707年12月16日から富士山の南東の中腹で始まった大噴火で、翌年の1月1日まで続きました。

    古文書などで最も被害が大きかったとされるのが宝永火口から10キロほど離れたふもとの須走村で、現在の静岡県小山町須走地区にあたります。

    須走村は、富士山への登山道の入り口にある「冨士浅間神社」とその門前に広がる村でした。

    古文書の記録では、死者はいなかったものの高温の噴出物による火災で37棟の家屋が焼失し、3m以上積もった噴出物の重みやたび重なる地震で、焼失を免れた残りの39棟もすべて倒壊したとされています。

    村全体が分厚い火山灰に覆われたことからほとんど除去されず、その上に新たな町を復興したため、埋没した家屋は見つけられることなく言い伝えとなっていました。

    富士山では過去の発生周期などから将来的に噴火する可能性は高いとみられ、最後に起きた宝永噴火による被害の様相を明らかにすることは今後の防災を考えるうえでも重要で、今回の家屋の発見は注目されます。

    小山町須走地区にある「冨士浅間神社」の石橋良弘神主は「昔から言い伝えで、地面の下には噴火で埋まった町があると聞いていて、本当なのかとずっと思っていましたが、今回の調査で科学的に実証されて、うれしく思う。集落を埋めた火山灰の上に新たな町をつくることで富士山噴火の脅威に立ち向かったことも昔の人たちの知恵なので、教訓として大切にしたい」と話していました。

    NHK

  • レーダー探査で地中に複雑な凹凸 家屋か 発掘開始

    発掘調査を行ったのは、静岡県小山町と、考古学が専門の東京大学 杉山浩平特任研究員、火山学が専門の東京大学 藤井敏嗣名誉教授らの研究チームです。

    研究チームは3年前から、古文書などで埋没した集落があるとされる須走地区で、電波を使って地中を探るレーダー探査を行ってきました。

    その結果、数か所の空き地の地中に複雑な凹凸があることを確認し、研究チームはここに家屋のような構造物があると推定しました。

    そして、この空き地で重機や手作業による発掘調査を開始。縦12m、幅3mほどの穴を掘りました。

    地表面から20センチほど掘ると、その下には火山灰やマグマが発泡しながら冷えて固まったスコリアなど、噴火による噴出物が厚さ2mほどにわたって堆積していました。

    いちばん下の層には、噴火直後に降ってきたとみられる白っぽい軽石が15センチほど堆積していて、その中から黒く焼け焦げた直径10センチほどの大きさの「柱」とみられる木材が2本、直立した状態で出てきました。

    周辺からは、家屋の「壁」や「わらぶき屋根」の一部が燃えたような破片も見つかりました。

    さらにその南側からは縦50センチ、横1メートル10センチほどの大きさの畑の畝が見つかり、採取した土を調べたところ、大麦が含まれていたということです。

    過去にも、静岡県御殿場市の長坂遺跡では、宝永噴火で埋まった家屋の一部が発掘されたことはありましたが、集落全体が埋まった須走地区でこうした家屋が確認されるのは初めてです。

    東京大学の杉山特任研究員は「これまでは須走が噴火で埋まったことは言い伝えでしかなかったが、初めて、存在を証明できたのは考古学上も大きな成果だ」と話していました。

    NHK

  • >>545

    ローマ帝国の興隆、アラスカの火山噴火が一因? 氷の中の火山灰を解析

    6/26(金) 13:30配 CNN

    (CNN) 古代ローマのユリウス・カエサルの暗殺から数年間、地中海地域の歴史記述には、まれに見る寒冷な気候や食糧不足、疫病の蔓延(まんえん)、飢饉(ききん)といった出来事が描かれている。このような状況でローマの政治体制は共和政から帝政へと移行。西洋史における重大な転換がなされるに至った。

    歴史家たちは長年にわたり、この時の極端な気候が火山の噴火に関連するものなのではないかと考えてきた。しかしそれがいつ、どこの火山で発生し、どれほどの被害をもたらしたのかは明らかにできていなかった。過去にはニカラグア、シチリア島、ロシア極東カムチャツカにある火山などがその候補に挙がっている。

    今回、科学者と歴史学者の国際的なグループが氷の中に閉じ込められた火山灰などの記録を分析。2000年以上前に起きた米アラスカ州のオクモック火山の噴火が異常気象の原因だったとする結論を下した。この時の噴火でできた直径10キロの巨大なクレーターは、現在にまでその姿をとどめている。

    元老院でのカエサルの殺害を契機に、古代ローマでは権力闘争が起き、結果的に共和政は終焉(しゅうえん)を迎えた。代わってローマ帝国という独裁的な政治体制が確立され、古代エジプトはその支配に服することになった。

  • 研究によれば噴火で生じた異常気象がもたらす穀物の不作、飢饉、疫病は当時の社会不安を増大させ、政治勢力の再編に道を開いた公算が大きい。

    研究論文を執筆した米ネバダ州デザート・リサーチ・インスティテュートのジョー・マコンネル氏は、実際に証明することこそできないものの、異常気象などの一連の事象が2000年前の共和政の崩壊に重要な役割を果たしたと考えるのは論理的に思えるとの見解を示した。

    研究チームは北極の氷に閉じ込められた「テフラ」と呼ばれる火山灰をグリーンランドとロシアから採取。地中海地域が異常気象に見舞われた年代の火山灰について化学的な特徴を調べたところ、アリューシャン列島に位置するオクモック火山に起源を持つことが明らかになった。

    上記の噴火は紀元前43年に発生。論文によれば火山灰の影響は2年にわたって続き、北半球の気温は最大で通常より7度低下したという。

    論文は22日発行の米科学アカデミー紀要(PNAS)に掲載された。

    最終更新:6/26(金) 13:30 CNN.co.jp

  • [空飛ぶ車?]
    ・ハイテク小型機シミュレーター(VSKYLABS Test-Pilot:ICON-A5)

    投資全般 [空飛ぶ車?] ・ハイテク小型機シミュレーター(VSKYLABS Test-Pilot:ICON-A

  • 中国の偽造職人。映像は電車の乗車券を手書きで書く映像は、美でした。

    使えば犯罪だな (^^;)全く 間違えない集中力はずば抜けている。映像観ながら思い出したのは下記の画家でした。 

    伊藤若冲(1716年)も何もなしで、間違えなく画を仕上げた(どのような手段で書き上げたか今だ不明で研究中)

    投資全般 中国の偽造職人。映像は電車の乗車券を手書きで書く映像は、美でした。  使えば犯罪だな (^^;)全く

  • 2011年に南極で見つかり、チリの博物館に展示されていたフットボール大の謎の化石について、これまで発見された中で最大の軟殻卵であることを明らかにしたとする最新の分析結果が17日、発表された。

  • >>537

    ホンダ「手口の公表控える」
    これについてホンダは「サイバー攻撃の原因の究明などを進めているが詳しい攻撃の手口についてはセキュリティー上の観点から公表を控える」とコメントしています。
    NHK



    ホンダによりますと、外部からのサイバー攻撃の影響で今月8日の午前9時ごろか

    ら社内のネットワークを通じたメールのやり取りなどができなくなり、ウイルスに

    感染したとみられるパソコンの画面が真っ暗になるといった異常が出たということ

    です。



    会社は、原因を調べるために社内のネットワークへのアクセスを制限することを決め、災害の際に利用する緊急連絡網を通じて、業務用や私用のスマホなどにメールや自動音声で一斉に連絡しました。

    新型コロナウイルス対策として、多くの社員が在宅勤務をする中でパソコンが利用できなくなったことから、今月9日は従業員に有給休暇の取得を呼びかける異例の対応を取りました。

    また、国内の工場では出荷前の車を検査した際の情報を登録するシステムにも影響が出て、車を生産する3工場の一部で出荷が一時停止しました。

    さらに、海外の工場でも、システムの安全確認やシステムの不具合の復旧のため9つの工場で生産を一時停止し、このうちアメリカのオハイオ州にある主力工場では、今月10日まで、3日間、生産を停止しました。

    ホンダの社内調査によりますと、サーバーが外部から攻撃を受けたことで、社内のネットワークにウイルスが拡散したとみられ、特定の時間にサーバーにアクセスした社員のパソコンでウイルスへの大規模な感染が確認されているということです。

    一方、これまでのところ、従業員や顧客の個人情報や開発情報などの漏えいは確認されていないとしています。NHK

  • >>537

    かなりヤバイのか? 初期 あまり問題はないと判断していたが 甘いな。

  • 2020年6月15日 18時43分IT・ネット

    自動車メーカーのホンダがサイバー攻撃を受けた問題で、攻撃に使われた可能性のあるマルウェア=悪意を持ったプログラムを専門家が解析したところ、ホンダの社内ネットワークの中枢をピンポイントで狙ってデータを一気に使えなくしてしまう、新手のサイバー攻撃とみられることが分かりました。

    ホンダは、外部からのサイバー攻撃によって今月8日、社内のネットワークに障害が起き国内や海外の工場で一時、出荷や生産に影響が出ました。

    この攻撃に関係したとみられるマルウェアを、情報セキュリティー会社の「三井物産セキュアディレクション」が解析しました。

    その結果、このマルウェアはデータを勝手に暗号化して、元に戻すために金銭を要求する「ランサムウェア」と呼ばれるもので、ホンダの社内ネットワークにあるコンピューターだけで動く特殊なものだったことが分かりました。

    従来のランサムウェアと違って、社内ネットワークを管理する中枢のサーバーをピンポイントで狙って、セキュリティーの設定を変更することで外部との通信を遮断して一気にデータを暗号化する新しい手口が使われていたということです。

    金銭を要求する脅迫文も中枢のサーバーだけにしか表示されないようになっていたということです。

    解析を行った三井物産セキュアディレクションの吉川孝志さんは、「通常は、中枢のサーバーほどセキュリティーが厳しいため侵入するのが難しいが、今回はホンダを狙って偵察を繰り返したのではないか。新しい手口が出てきたことでほかの組織も警戒が必要だ」と話しています。NHK

  • >>531

    古墳の埴輪持ち出し…たけのこ掘りの小中学生らと判明 奈良

    2020年6月12日 21時27分

    奈良県河合町にある古墳でことし4月に持ち出された埴輪は、地元の小中学生たちが一時自宅に持ち帰っていたことが分かりました。保護者の1人は「貴重なものとは思わなかった」と話しているということです。

    河合町にある国の史跡大塚山古墳でことし4月、埴輪2体が持ち出され、その後、1体がバラバラの状態で、もう1体が接着剤でつなぎ合わされた状態で戻されているのが見つかりました。

    町は国や県などに報告し、警察も文化財保護法違反の疑いで捜査していました。

    町の教育委員会によりますと、今月になって近くに住む女性が「子どもが関わった」と名乗り出たということで、調査の結果、地元の小中学生たちがたけのこを掘るため古墳を訪れ、壊れたりひびが入ったりしていた埴輪2体を見つけ、一時自宅に持ち帰り、1体を組み立てたうえで現場に戻していたことが分かったということです。

    女性は「貴重なものとは思わなかった。騒ぎになり驚いたし、非常に反省している」と話しているということです。

    町の教育委員会は今後、地元の小学校などで文化財教育を進めるなどして再発防止を図りたいとしています。

    NHK

  • >>534

    2つの解釈で 

    1防犯カメラのある場所を全部把握している

    2周りに全く防犯カメラがない

    1ととらえていますが (ーー゛)

  • >>533

    大塚山古墳は、ふだんから近所の人などが頻繁に訪れているということですが、警察によりますと、防犯カメラや目撃の情報などはないということです。
    警察は、何者かが古墳を荒らしたものとみて、文化財保護法違反の疑いで捜査しています。NHK

  • >>531

    ひどいことをするな 掘り出しは慎重に そして後世の人の研究として残さなければならない 人類の永遠の守る VS 盗掘者の戦い 監視カメラをかいくぐる悪質ぶり(NHKのニュースから)

    爪の垢を煎じて飲むといいぞ 犯人 ↓
    ======================
    「大日本史」を編さんするなど歴史に親しんでいた光圀は、石碑に書かれた人物を解明するため、日本で初めてといわれる学術的な発掘調査を行った。 発掘の対象となったのが、笠石神社の南にある上侍塚古墳と下侍塚古墳

    これは、かなり本格的な調査で、また後世の人に(研究)残す様にまた埋められたとありますが  これくらい慎重にしなければならない

  • >>530

    Yahoo!ニュース - Yahoo! JAPAN 共同通信

    上空からのレーザー測量で判明した「アグアダ・フェニックス遺跡」の大基壇の3Dイメージ(猪俣健・米アリゾナ大教授作成・提供)

    投資全般 Yahoo!ニュース - Yahoo! JAPAN   共同通信   上空からのレーザー測量で判明し

読み込みエラーが発生しました

再読み込み
JASRAC許諾番号:9008249113Y38200 写真:アフロ

(C)Yahoo Japan