ここから本文です

馬鹿門アサダヨさーん

まず、ヤフーに「こいつ、誹謗中傷の書き込みしたから、個人情報の開示しろ」と請求すると
ヤフー側は個人情報保護法を盾にとって、あくまでも『建前』として「出来ません」と回答するのでしょう
ここでは、アサダヨさんを「護りたい」と慮って拒絶しているのではなくて、あくまでも単なる建前の行使をしているだけです、OK?

そして、ヤフーを当事者とした、一度目の情報開示に関する裁判で、「ああ、なるほど、酷い書き込み内容ですね、開示妥当でしょう」と裁判所が判断すると、ヤフーに対して情報開示命令が出るのですよね?

次、そこで得られたアサダヨさんが利用している回線のIPアドレスからプロバイダを割り出し、そのプロバイダに対してまた初めと同じ作業「開示しろ」と続き、同じように「開示妥当」の判決を経て(ここでは当事者がプロバイダの裁判)、もっと核心に迫るアサダヨさんの生の個人情報にやっと辿り着けるのでしょう
もしも、飛ばしのケータイとか使っていなければ、の話ではありますが

とりあえず、ここまでの経過ではアサダヨさんが拒否しようがそれとは無関係に進められ、アサダヨさんが知らぬ間に粛々と情報開示が行なわれるのですよ?
そして、突如、お手紙が届くのですかね
ここまで来て、当事者がアサダヨさんになるわけですよね
ながーい、ながーい、そしてそれなりの費用をかけて、ようやく中傷相手に辿り着けるという辛い道のりを経なければ、相手と直接話すことすら叶わない、大変な作業ですね

アサダヨさんの優秀なお抱え弁護士の手腕が振るわれるのは、ここに至ってからのことでしょう
変な小細工してるから、アサダヨさんに辿り着けないのですよ、きっと

がんばれ、逃亡も、オペも