IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

最安値を更新し続けるのは配当性向を30%にするための催促相場と位置付ける。もしも株主総会までに株価が回復しなければ、個人株主は会社の提案を全て拒否するというのはどうだろう。