IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
上場インデックス日経レバレッジ指数 - 株価チャート

32,250

+1,150(+3.70%)
  • 前日終値
    31,100(02/24)
  • 始値
    32,250(09:03)
  • 高値
    32,250(09:03)
  • 安値
    32,050(09:21)
  • 強く買いたい

掲示板のコメントはすべて投稿者の個人的な判断を表すものであり、
当社が投資の勧誘を目的としているものではありません。

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • 数日前
    29240位でもってたけど
    売って、東電にしたが
    正解だったのか?
    失敗だったのか?
    わからない?

  • 人類史上記録に残る文献よりも遥か以前から存在していた鋳造、製鉄技術

    世界の様々な地域で大昔の地層から浮き出てきた表土物や遺跡などの
    中に今の人類が記録上のもと主張する製鉄技術の発端よりも遥か以前の
    年代から人工的に製鉄されたとしか思えないような証拠品が
    そこらじゅうで出土していてしょーもないんだとか

    製鉄技術とはある程度の高度な文明技術が発達しないとなかなか
    どうして簡単にはできないことであり

    今の人類が主張する人類発端の起源は古代シュメール、インダス
    バビロニア、メソポタミア文明、ヨーロッパではイエスキリストの
    生誕にさかのぼるが

    それらあり得ないはずの出土品は今の文明が主張する人類や製鉄の
    起源よりも遥か以前に高度な製鉄技術を持つ文明があったという
    証拠になってしまうじゃないかという


    更にはどうやらその頃の年代には文明同士の大きな衝突がおこった
    痕跡のような遺跡や文献、つまり宗教的古文書、とある地域からは
    放射線のなごりが今もなを確認できるとか

    こんな出来事の真相を考えもしながら過ごしてみると、もしかして
    何かどこかに以前の文明の技術力や痕跡に先にコンタクトを試みた
    先駆者が存在し今の文明を上手にコントロールすることに
    比重かけている可能性がある事が考えられた 

    ノアの箱船では以前の人類が異常気象により絶滅寸前の危機に
    ひんした事件がおきていたり、他にも各種様々な飢餓や貧困の困難を
    乗り越えた記録などが一般的にも公開されている、古代インド
    の叙事詩では史上最強の兵器との因果関係つまりジレンマに
    ついて語られているようだ

    どうやら、これまでいくつかの文明がそれぞれの抱える危機や
    ジレンマにつまずいたりしていつて少しずつ乗り越えたりしなががら
    これまでに繋がってきたようで

    つまり先の先駆者達は以前の文明とのコンタクトで
    得た知識や痕跡から文明自体がもつジレンマやアーキテクトを
    深く鑑み、コンタクトで得た技術力をコントロールや
    自身に有利なレベルで応用してできるだけ長く良い方向に向かわ
    せていることが考えられるが


    懸念されるのは先のコンタクトで得た技術力や知識の応用が
    文明の当事者達にとって悪い形で明かされている感じもある
    ようで

    つまり真相に耐えらるほどのキャパシティやイノセンスが
    存在しているか、結果としてまた同じような事象に瀕して
    しまうことが想定できる可能性が少しでも残ってしまうようなら
    けして良い形で明かされる事はないだろうというところである

    この様な内容における信憑性がかなりの微妙なラインに推移している事も
    大事なセクションで
    例えばイデアの存在からSFファンタジーにいたるように
    それは時にエンターテイメントや今現在の人類が目指している方向性
    とのシナジーエフェクトをかもしながら、もしかして来たるべき
    その時に向かって人類が無理なく受け入れられるようにラインアップ
    されてあるのではないか、と思えるのである

    私は思う人類よありがとうと

    1358 - 上場インデックス日経レバレッジ指数 人類史上記録に残る文献よりも遥か以前から存在していた鋳造、製鉄技術  世界の様々な地域で大昔の地層か

  • これ迄のところ、ウイルスに対して明確な定義、規則性や起源はあまり設けられてないように、一連の食物連鎖の一角に位置しているかどうかの議論が生態系全般の理解に一役を得そうなんですよね

    アメーバの変化系でもあると思えるウイルスの正体って一体何なんだ
    って根本的な疑問、人やそれ以外の動植物でも元々はアメーバから進化していったと考えられていて、その一連の自然のサイクルの中にに色々な種に進化していったアメーバの変化系のでもあると言えるウイルスが存在しているのだとすれば

    自然のサイクルとは互いの存在を補うためにも循環しているもので
    お互いにとって永遠の天敵であるのかも知れないし、その頂点に立つと
    考えられている人が結局は一番といっても過言とは言い切れないくらいの
    微小な生物の被食者になってしまうという必然的に完全なサイクル
    運動、つまり高等思想哲学でも有るとされる因果リズムが現実の
    自然界の中において形成されることになる


    どうやら各種様々な事情やバランスを形成する事もあり得るとも
    おもえる自然のサイクルは頂点だと思われていた人間に対しても牙を
    向くことが有るという理論だ

    基本がアメーバのウイルス達は過去幾度となく変形を繰り返しこちら側の対抗策に順応するし、その目的は人やその他の動植物、食物連鎖に明確に入り込んで相手を弱らせるような存在感をしめしていて、まるで何らかの意志の疎通や連携をはかっているようでもあり、もしもこの循環が滞ればバランスの均衡は崩れ生態系全体に悪影響及ぼすリスクが生じ、もしかしてそうゆう事態になってはいけないような生命のエナジーがウイルス含めた生態系全体にあるのかも知れない

    Virusは多分土壌が発生源かとも思う、動物等の虚弱が原因との説が語られているけど結局は因果応報、廃棄物、薬品等への順応や熾烈な競争によって微生物も巨大生物もお互いに強化していくし厳しい環境で生きる動物は土や植物を保証的に食料としながら生きていて住処を追われた動物は切なくけなげに仕方がなく自然に栄養としてそれを摂取していて、それを見ている人は涙がちょちょぎれそうで

    この際「土壌を洗浄しましょう」という過激な意見の懸念が予想されるとか

    私達、生命体は一体何のために存在しているのかっていう疑問がぼんやり
    ほのぼのと目に浮かんでは消えてゆくそうな

    ウイルスなどの微小な生物が
    過去に他の惑星から隕石などに乗って地球にやって来たという一説もある
    もしもこれが本当の事だとすると色々な種へのメタモルフォーゼや
    特殊な伝達能力も不思議ではないように思う
    どこか遠くの惑星から惑星へ侵食して漂う漂着物のように、近年、火星などに太古に存在した微生物の痕跡が写真で確認された事が話題に上がった
    り木星の衛星の氷の下の水の中から発見されそうで人類の起源に関わる情報が期待されているようだぞ

    もしも将来人類が滅亡しても地球の岩石に多少の微生物が残ってさえいればまた他の惑星や星系にて復活の兆しが目覚めているのかもしれない。

  • 将来的な食料危機に対応する開拓意欲

     人類や文明が生きていく為には大量な食料の確保に努め開拓を必要としてきた歴史があるようなんです、結局はそれまで有り難くも食料になって
    くれてきた動物や植物でも食べ尽くされたり病気や自然淘汰によって
    絶滅しちゃうともう食べさせてもらうことも出来なくなっちゃいますから
    過去にもそうゆう事例はいくつかあったらしくてマンモスを始め
    野生のバッファローやオーストラリアの大きい鳥とかジャイアントモア

    例えば野生のキノコ🍄などでも新種が確認されると一応食べて確認して
    いて嬉しい事に結構美味いのが見つかる事もあるらしいですけど。それなりの知識とか技術力が豊富でないとリスキーなマネジメントを必要ともしていて

     将来安全保障に繋がる本能的な開拓意欲が刺激をうけるようなんですよ
    実際に色々な食べ方を試みて毒性の有無の確認を必要としていて
    今までも歴史的にそんな風にしながら食べられる食料の拡大や確保
    に注力してきたその結果として色々な食べ物が少しずつ今の世の中に
    出回るようになったプロセスに近いセクター的な考え方もあるらしく
    伝統的にもなっているようなんです。

    そのためか当事者にとっての生計に関わる事情にこと頼ってきた
    観点もあるようで壮大なスケールの合意形成によってはかられてきた
    ようだ

      ためになる話として

     実は調理の際に焼く(ベイク)する事って結構大事な作業である
    ようで滅菌の作用になっている要素があるんですよね、たぶん結局は
    ウイルスも雑菌ですからたいていのどんな生物でも熱には弱く100℃
    くらいまで熱処理する事で死滅できます、調理ってそうゆうというか
    安心して安全に食べられるという根拠が語源的にありそうな感じも
    するにですが。
    いちおう野生的、物理的には生でもなんでもどんな物体でも口に入れば食べられるようなんですけど、美学的に色合いに血の気があったり知識的な
    技術性が料理のレアリティを高めたりしていたり毒性のある部位を取り除くとか新鮮な物なら生でも食べられるお肉は結構あります刺し身とかフグ鳥の巣とかさ、そういう訳で毒性に耐えられない場合は一大事になりますが胃袋に流しこんで消化ができれば栄養にはなりますから

     生き物には食物連鎖の生存競争を生き抜く為に毒性を保有した性質をもつ事もしばしばあって微生物の感染もその類稀なのかも知れません、なぜなら海中の生物などは相手(捕食者)の天敵になるような生物を体にくっつけて非食者になるような事態を防ぐ習性があったりするからです調理の際に焼いての行為は正に人間的にを知恵を絞って身につけた調理法
    食べ方と言っても過言ではないのでしょうか

     結局はどんな食べ物にも特有の毒性はあるようなんですよね
    例えば食物アレルギーなどはその傾向が顕著になった事例に思えて
    食べる側にもそれに伴う耐性や免疫機能を強化したり
    必要としてきたりと人類などが自然に少しずつ色々な物が食べれる
    ようになっていく事にも進化の課程における生物学的に歴史的なプロセスの事情が感じられているとか同じ生き物の中でも雑食性は結構食べれるほうで食べ物が限定的な生き物も結構いますからね面白いですよね

     近年このプロセスに対する耐性の弱体化なのかプロセスの先鋭化
    なのか、ただの嗜好かよく解ってない事も多いけど食べ物にたいして好き嫌いがはげしくご飯をちゃんと食べない人が多くなってきている感もあるようなんですよね
     近年このような事例に着目して色々な調理法が注目をあびていて
    技術力も発展してきて例えば人参が食べられない子供には素材を
    ムースやペースト状などの別の素材に見えるように工夫をしたり
    まさかこんな物に入っているとは思えなかったようなケーキなどの
    材料に使用していたりとまずは味から少しずつ慣らしたりするん
    ですけど、だから素材の味を残しといたり段々強めたりするのかな
    なかなかの努力が注がれているらしいし
    それがまた食材を元々食べられる人にとっても結構美味しいみたいなんですよ

     ちまたではそうゆう人のことを食いしん坊っていうらしいんですけど
    耐性については諸説あり、大人になるまでに好き嫌いが慢性化すると
    体質的にも受け付けなくなってそれが遺伝的に受け継がれた結果として食べられなくなる物が増えていくのではないかって考え方もあるらしいけど
    普段からちょくちょく口にしておく事にも大事っぽい必要があるようで
     特定的な食物繊維とかずっと食べてない時に急に食べると結構活発になったりする事もあるでしょうな
    お菓子などにしてテレビとか見ながら食べれるように加工する事で非常事態の時などにもなるべく多くの人が自然に食べられる食材を確保しておく事におもむきがあるように見えるところがあるようなんですよ

  • マスクって意外となんか良く出来…

    マスクって意外となんか良く出来ているようで
    ウイルスとかPM2.5などの有害物質の侵入を遮断するフィルターとして
    人間のからだでも感染しやすいのが粘膜の露出している部分にあたり
    酸素を血液に取り込む機能をもつ呼吸器系統の出入り口が丁度顔の真ん中
    にありそこをを技術的に進化した専用の紡績繊維質やガーゼーで
    できたフィルターを両耳に引っ掛ける紐を繋いで塞ぐ事によって結構な効果を発揮するようだし薄手の物や抗菌作用をもつ高機能の製品もあるみたい

    次いでに体内に潜在する有害物質が肺や呼吸器系統から霧状になって
    飛散した唾液に乗って外部に放出する事も防ぐことも出来て一石二鳥
    の優れ物で実はこっちが大事ってことなんだって

    更に粘膜が露出している部分には神経細胞が密集したりその表面を
    外皮がカバーをしていない感じやすい部分にもなっている感じで
    どうやら我々人類を含め哺乳類など生命体は対象となる像との
    密接な関係性を保つ時にある意味で無防備に粘膜が露出された
    部分を活用して音を発っしたり愛撫コミュニケーションを
    とったり見せたりしながら親密ぶりを発揮させているようでもあり

    綿密な意志の疎通や連携をはかる際、無意識的に相手の粘膜に向かって
    何らかのサインを出し入れしようとアピールする習慣があるとかないとか

    粘膜という優れた性質を持つ感覚器官の持つジレンマ

    自然環境のなかにおいてもそこを開放的にアピールをしたり
    その感覚をおく深く味わったり栄養を摂取したりなど、嗅覚になって
    その毒性を見分けたりもする大事もあって、その存在を確かめるにあたり
    そんな風な感覚器官の開放が類稀なく気持ちがいい事だと思ったりしている性質も元来あるようなんですよ

    だから、そこをカバーする事は精神的にキツイと思える事では
    あるのかもしれない予防策には自粛というような広義に繋がる
    相関性が鑑みえる感じでも

    反面硬い皮膚には結構な抗菌作用があり
    直接皮膚で触ってもそれを粘膜が露出している部分と接触させなければ
    大丈夫、でも汗にも有害物質は微量に含まれているらしい

    開拓期のジレンマでもあるんですよ
    未知の領域とか生物などとの交流はそれ迄に経験した事がないような
    状況に遭遇する事がしばしば懸念されて来た感もあって
    例えば氷河に眠る過去の微生物バクテリアとかさピラミッドの呪い
    なんかにもそんな風なニュアンスがありそうな

    文字通り啓蒙にも大事な要素を秘めてきた感もあって
    環境を深く理解を必要とする事にリスクパリイがありそうで

    その一方では宗教的古文書などの文献資料によると粘膜と皮膚との
    丁度中間程度の質感をもつ部位を戒律的に捉えたように絞った考えかたを
    しめしていて環境保全活動とそのニーズ、そして活動的な要素とその根拠
    を思想上とも物理的ともいえるプラスとマイナスの効果により電気が走り
    許容を満たす事でお互いの行き過ぎた行動の自制心やそのコンセプトの理解そのバランスの必要性をお互いに確かめてきあってた感じもあるよう
    なんですけど

    例えば長老などが食事をする際に生のミートを伝統的に養食する文化が
    あったりする事に自然を崇拝しようとする試みが感じられるとか
    結局はそれもまた宗教的な思想上のジレンマにあたるところも
    ありリスク要因になったりしていて

    そんな訳でその均衡のバランスも大事で傾きが著しく発生すると精神的な成長の阻害から各種様々な要因に発展するリスクが強い面でもありそうな
    んですよね、大体の要因がこのやり合いよって形成している要素も
    ある感じで合意の阻害が強まるのはあまり良くないんだそうな

    どうもそれが恣意的、悪意的にに存在しうるんではないかって
    事なんだけどまあ政治的というか偏らせたくなるくらい偏見的な
    自己主張も大事になっちゃうくらい熱を帯びてもいるようなんです

  • トピックスとかのETF爆買いでしょう。個別銘柄は下がっているものが多いのに、指標だけが爆上げって異常過ぎる。

  • 今ねえ、日銀の買い残は年金の買い残より多いって事は、誰でも知ってる事実。日銀が異常に仕手化しているから、危ないので~す。

  • 日銀きたないなあ。ETF爆買いで日経平均を吊り上げている。日経平均株価に影響を与える三菱フィナンシャルGやソフトバンクGはあまり値上がりしていないのに、指標だけが卑怯な値上がり方をしている。1357(Wインバ)買っていた方は大損だな。きょうは、大方の株は下降トレンド。指標だけが異様に値上がりしている。きょうもダーティ日銀でした。

読み込みエラーが発生しました

再読み込み
JASRAC許諾番号:9008249113Y38200 写真:アフロ

(C)Yahoo Japan