IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
現在位置:

掲示板のコメントはすべて投稿者の個人的な判断を表すものであり、
当社が投資の勧誘を目的としているものではありません。

  • 1215(最新)

    bri***** 5月24日 21:55

     「阪神1-0楽天」(24日、甲子園球場)
     阪神がパ・リーグ首位・楽天に競り勝ち、交流戦で白星発進。今季2度目の3連勝を飾った。

     1点を守り切っての勝利。西勇、渡辺、アルカンタラ、湯浅、岩崎が無失点リレーでしのぎ、勝利を呼び込んだ。

     六回、田中将から殊勲打の大山は直前の左翼守備ではフェンス激突の好プレー。失点を阻止し、西勇を救っていた。

     矢野監督は「悠輔(大山)も外野が主になって、違和感なくというかね。やってくれましたし、あのプレーで流れがこっちにきましたし、タイムリーっていう形になったんで、今日は守備陣がよく頑張ってくれました」と、称賛した。

  • アメリカで魔女学を修め、当時の全米魔女協会より魔女名「Darkmoon」を受けた日本人初の魔女、カメリア・マキが毎日を占星術で占います。

    明日5月24日にラッキーなのは、かに座、さそり座、うお座。

    おひつじ座考え事によい日。結論を急がなければならない段階ではまだない。納得できるまで時間をかけることから、よりよい方向が見えてくる。

    おうし座環境が運勢にも影響を与えるとき。住まいや仕事場の整理整頓に注目。

    ふたご座本能と直感を信頼したい日。気の進まないことは避けて通った方が無難。  

    かに座環境の変化が気分と運勢の好転につながることも。準備には十分時間をかけることが成功のポイント。

    しし座

    あなたの手柄や業績をねらう人が出てくる。横取りされないよう、安全管理を。

    おとめ座

    今日始めたことは長く続けて行ける。長期計画の着手と検討に最適。

    てんびん座

    復活と再開のとき。なくしものは、もう一度心当たりを探してみては。

    さそり座今までの努力が報われ、正当に評価してもらえるとき。成果に自信を持ち、これからもこのペースの持続を。

    いて座使うより蓄えを目標にしたい日。資金も体力も無駄を省き、次の活動に向けて蓄積を。

    やぎ座金銭管理が課題。まとまった資金作りや貯蓄を始めたい人によい機会。

    みずがめ座直感はさえているが、持続力にはやや欠ける。情勢に応じて軌道修正を。   

    うお座幸運は戸外にあり。花粉や日焼け対策に気をつけて、外出を。

  • 指揮を執った中日時代はすべてAクラスという名将で、現在は野球評論家として活躍する落合博満氏が、10月9日放送の『戦え!スポーツ内閣』(毎日放送)に登場。その収録で、阪神の監督就任について「受ける可能性はある」と語った。

    阪神ファンのゲスト・千秋が「ずっと聞きたいことがあった」と切り出したのが、「去年、矢野燿大監督が就任する前に、落合さんが阪神の監督に就任するっていう噂がファンの間であったんですが、本当ですか?」という質問。しかし落合氏は、「ありません」と即答。

    それでも「もし将来、阪神から監督就任の打診があったら?」と食い下がる千秋に、落合氏は「『野球で優勝させてくれればそれでいい』って言うのであれば(オファーを)受ける可能性はある」と発言。これまでもあらゆる場面で「監督のオファーがあれば考えます」と言ってきた落合氏だったが、千秋は「すごい! 聞きました? 阪神球団!?」と大興奮する。

    この日の落合氏は、今シーズン限りでの阪神退団を発表している鳥谷敬選手についても言及。放送は10月9日・夜11時56分から。

  • 阪神の先発は西勇。4月27日・中日戦、以来3試合ぶりの3勝目を狙う。打線はマルテが「3番・一塁」でスタメン復帰した。

     楽天の先発は田中将が務める。浅村は「3番・二塁」に入った。

     【楽天】

     1番・左翼・西川

     2番・遊撃・小深田

     3番・二塁・浅村

     4番・右翼・島内

     5番・一塁・マルモレホス

     6番・中堅・辰己

     7番・三塁・渡辺佳

     8番・捕手・炭谷

     9番・投手・田中将

     【阪神】

     1番・中堅・近本

     2番・遊撃・中野

     3番・一塁・マルテ

     4番・三塁・佐藤輝

     5番・左翼・大山

     6番・右翼・糸井

     7番・二塁・糸原

     8番・捕手・坂本

     9番・投手・西勇

  • 日本生命セ・パ交流戦が開幕。

    セ・リーグ最下位の阪神が、パ・リーグ首位の楽天を甲子園に迎え撃つ。予告先発は阪神が西勇輝、楽天は田中将大。
    楽天田中将大投手(33)が、24日交流戦開幕の阪神戦(甲子園)で先発。聖地での登板は13年5月28日の同戦以来、9年ぶり。「世界の中でも熱狂的なファンの方々が多いチームの1つ。雰囲気も感じながら自分のパフォーマンスをしっ

  • 金メダルを獲得した東京五輪代表の2人は、ファンも認める仲の良さ。山本のライブ配信に森下が登場し、心温まる雰囲気にファンが“お付き合い”を疑ったほど。さすがに交際宣言は出なかったが、交流戦での対戦にはお互いに胸をふくらませる。

    21日中日戦で勝利投手になった森下が、先に「楽しみ」と明かせば、山本も「(報道を)見ました。そうですね」と呼応。山本は交流戦では通算5打数で、無安打。「今年はガッツで1本打ちたいです!」と、投げては無双の右腕が初安打に目の色を変える。

    昨年のオリックス、そして山本自身の快進撃は、交流戦から始まった。チームは11連勝を飾り、優勝。山本は3戦3勝、防御率1・23、33奪三振でMVPを受賞し、5月28日ヤクルト戦からの15連勝でシーズンを終えた。「交流戦から乗っていった感じがあるので、またそれができたらいいなと思います」と、上位浮上への大事な期間にする。【堀まどか】

  • 森下くんから交流戦初ヒット、狙うぞ~。

    24日の交流戦開幕を前に、昨年MVPのオリックス山本由伸投手(23)が広島森下からの安打を熱望した。交流戦への楽しみを聞かれ「森下投手でしょ、そりゃ」と即答。今季の広島戦はマツダスタジアムで3日から始まり、2人の登板間隔が変わらなければ6月4日に投げ合うことになる。セ本拠地で打席に立つことになる山本は「打ちたい、打ちたいです」と、森下のボールをしっかり捉える。

  • 日興証券(現・SMBC日興証券)を脱サラした櫻田慧(1937年1月19日 - 1997年5月24日、60歳没。岩手県大船渡市出身。東京都立大森高等学校、日本大学経済学部を経て商学部卒)と吉野祥が、1972年3月12日、東京都板橋区の東武東上線成増駅南口に1号店をオープンさせる(当初は丸井成増店等が入居し、後にダイエー成増店として建て替えられたショッピングセンター『成増名店街』地下で実験店を営業)。店舗は同駅近隣から増えていった経緯があり、東上線沿線に老舗店が多い。この際、アメリカのハンバーガーショップ「トミーズ(Tommy's)」を経営の参考とした。

    マクドナルドとの差別化を考えていたモスバーガーは、高価格、高品質という高級路線を今日まで歩んできた。高いコストをかけてでも商品の味の向上を徹底させるという経営戦略は、「日本人は味覚にうるさいので、食べ物はうまくなければいけない」という創業者たちの理念に基づいている。創業当時は資金不足のために他のファストフード店より宣伝力が弱く、一等地への進出も難しかったため、顧客に口コミで評判を広めてもらうことでしか事業拡大が見込めなかったことも高級化を行った理由の一つである[3]。

    商品開発の際、櫻田前社長は試作品の新開発メニューを必ず満腹の状態で試食するというポリシーがあった。「満腹の状態で食べても美味しいと感じられる商品こそが本当に美味しい食べ物である」というこだわりからであったという。

    1990年代初期まではマクドナルドに似た赤地に黄色いMのロゴマークを使用していたが、白いMマークに改めている。

    赤モスから緑モスへ
    編集
    鳥インフルエンザの発生や外国産野菜の残留農薬の問題等が頻発して「安いだけではダメ、安心して食べられる安全で安いものがいい」という消費者の意識が高まった2004年、モスでは1996年ごろから減農薬や有機栽培の野菜を使い始めていた[広報 3]が、そのことをより広く知らせアピールするために従来赤色であった看板を「安心、安全、環境」を象徴するとして緑色へ転換し始め、従来の店舗を看板の色より赤モス、新型の店舗を緑モスとした。

    同時に「ただのファストフード」からの脱却とファストカジュアルへの業態転換を目的に、一般的なファストフード店の内装からレストランに近いイメージの木目調を基調としたゆったりした内装への改装も進め、高級ハンバーガー「匠味」を始めとする緑モス限定の高級感のあるメニューの提供を始めるが、これらは「モスは高い」とのイメージを与えることになった。

    緑モスの見直し
    編集
    当初計画では2008年度中に緑モス化を完了する予定であったが、原料価格高騰もあり不可能となった、さらに、ファストフードの領域を逸脱したメニューの提供による店舗側の混乱や、一部店舗の禁煙化により客足が遠のいた店もあり、緑モスへの改装費用負担も相まって本社の方針に反発するフランチャイズオーナーもいた。

    業績が低下したこともあり、櫻田社長は「緑モスの路線は間違っていない」としながらも、今後は「ルールを見直しながら緑モスへの転換を進める」としている[4]。この軌道修正を受け、赤モス・緑モスという呼称は公式には使用されなくなり、緑モス限定メニュー「モスのごはん」は「一部店舗限定」と公式サイトでは表記されるようになった。また、緑モスの代表格メニューであった匠味も、2008年に販売を終了した。

    現在では看板の色でのメニューの違いは無いが、新規出店や改装により順次緑モスの店舗に転換されている。一方でCMやCIマーク、海外出店(台湾、シンガポールなど)では赤モスのロゴも使用されている。この他、従来の「モスバーガー」とは異なる業態の展開や海外事業も進めている。

    2018年3月には2020年3月までに国内全店舗を全席禁煙化することを発表[5]。この年、後述の食中毒事件の影響により11年ぶりの最終赤字へ転落した[6]。

    海外展開
    編集
    2018年現在、モスバーガーはアジアを中心に8カ国・地域に展開している。もっとも早い海外進出は1989年のハワイ店であったが、その後撤退、現在では台湾・タイ・香港・中国・シンガポール・オーストラリア・インドネシア・大韓民国に展開している[広報 4]。

    中でも台湾での拡大はめざましく、2012年現在で首都である台北や、中国に近くマクドナルドさえ展開していない金門島を含め246店舗を展開[広報 5]、マクドナルド370店舗[7]には劣るものの、ケンタッキー128店舗[広報 6]には大きく差をつけ健闘している。

  •  「豆撒きした?」「みんなはどの鬼さんがタイプー?」と、黒いレースのインナーがセットになった黄色と黒の虎模様の超ミニワンピに虎の耳のカチューシャをつけたコスプレ、ビキニタイプの虎コスプレなどを披露した。

     フォロワー数250万を超える明日花。ファンからは「可愛い過ぎますうる星やつらのラムちゃんみたいです」「ラムちゃん!!」「ラムちゃん可愛い」と人気アニメ「うる星やつら」のラムちゃんを連想したコメントや、「めっちゃ可愛い~っ!!」「キララ鬼さん可愛い」「全部タイプ」「本当に女神」「キララが鬼なら鬼も内です」などの声、海外のファンからも「kawaii」「beautiful lovely angel」などのコメントが寄せられる熱狂ぶりとなっている。

  •  伝統の一戦の第3ラウンド。甲子園での試合前に両軍のスタメンと審判員が発表された際、「球審・白井」のアナウンスにスタンドからは大きな拍手とどよめきや笑い声が起こった。

     白井審判員は、ロッテ・佐々木朗が先発した4月24日・オリックス戦(京セラ)で球審を務め、ボールの判定に不服そうなリアクションを見せた佐々木朗に詰め寄ったことが物議を醸していた。

     また、今月15日の同戦では、ロッテのレアードが見逃し三振となったストライク判定について、白井球審に暴言を吐いたとして退場処分となっていた。

     18年4月12日には、阪神・メッセンジャーが広島戦でボール判定を巡り白井球審への暴言で退場処分に。今回もそのジャッジに注目が集まりそうだ。



  • 「球審・白井」のコールに甲子園の観衆がざわついた。


    ロッテ佐々木朗希投手(20)に対し、試合中に詰め寄り話題になった白井一行審判員(44)が、この日の阪神-巨人で球審を務める。

    同審判員は4月24日のオリックス-ロッテ(京セラドーム大阪)で球審を務めた。同10日に完全試合を達成するなど佐々木朗への注目が全国的に高まっていた中、白井氏はストライク、ボール判定に対して不服そうな態度をとった同投手のもとに詰め寄った。

    3連戦の初戦だった20日は二塁塁審、前日21日は一塁塁審を務めていた。

  • 見た目に大仕事ってことではないけど、拳弥(長坂)もなかなかスタメンで出るっていうチャンスがない中で、俺も球場早く来るけどアイツたぶん一番早く、選手で(来ていて)。必死に何か変えたいとか、何かしたいっていうのがアイツの中でも変わってきているところがある中で。チャンスってそんなに多くないんで。少ない中で良い形でつかみとった2試合だと思う」。

     連日、早出で球場を訪れ汗を流す背番号57の努力が報われた2試合を評価した。かつては指揮官が現役時代に付けていた背番号39を継承した過去もあるだけに「数字に大きく表れるようなことじゃないけど、貢献度は高い」と称えた

  • 楽天田中将大投手(33)が、24日交流戦初戦、阪神戦(甲子園)で先発する。聖地での登板は13年5月28日以来9年ぶり。「久しぶり。タイガースファンの方々はたくさんいらっしゃるでしょうし、プロ野球、世界の中でも熱狂的なファンの方々が多いチームの1つではあると思う。雰囲気も感じながら自分のパフォーマンスをしっかり出すことができればなと思います」と意気込んだ。駒大苫小牧時代に甲子園を沸かせたスターが、帰ってくる。

    【写真】甲子園の土を集める駒大苫小牧時代の田中将大

    ◆田中将と甲子園 駒大苫小牧時代は2年春夏、3年夏の3大会に出場し、2年夏に優勝、3年夏に準優勝。2年夏決勝の京都外大西戦では2年生として甲子園初の球速150キロを出した。3年夏の決勝では早実・斎藤佑樹(前日本ハム)と投げ合い、引き分け再試合にもつれ込んだ。高校では通算12試合に登板し8勝0敗、防御率2・07。プロ入り後は13年5月28日阪神戦以来9年ぶり5度目となる。これまでは阪神との交流戦3試合と、11年の震災直後に楽天主催で行ったオリックス戦の計4試合に投げ2勝1敗。10年の阪神戦では石川俊介投手から適時安打を放っている。

  • その矢野監督は今季限りでの退任が決まっており、球団は目下、次期監督選びを水面下で進めている。

    「平田勝男二軍監督や落合博満氏の名前も浮上したが、最有力候補は05年優勝監督の岡田彰布氏です。テレビ解説ではすでに監督目線でチームを分析。選手やスタッフからも『次は岡田さんで決まりやろ』との声が出ています」(阪神OB)

     この岡田氏と鳥谷との関係は今でも良好だという。

    「早大の後輩でもある鳥谷を可愛がり、新人時代から『トリが定着すれば10年は安泰』と周囲の反対を押し切って遊撃手で使い続けた。64歳の岡田氏の監督就任は2年ほどの“つなぎ”と言われているが、その間、鳥谷をコーチとして入閣させる可能性もある」(同前)

     阪神のフロントも今回の始球式を機に、鳥谷と“手打ち”したいのが本音だ。

    「キャンプで朝5時から練習するストイックさは“鳥谷伝説”として残り、『トリさんとまた一緒にやりたい』と熱望する選手、裏方も多い。加えてファン人気も抜群なので、球団としては将来的に監督に据えたいが、退団後はなかなか接点を持てなかった。球団内では『次は甲子園で凱旋始球式をやってもらおう!』を合言葉に、今後、鳥谷サイドと交渉したがっています」(在阪テレビ局関係者)

読み込みエラーが発生しました

再読み込み
JASRAC許諾番号:9008249113Y38200 写真:アフロ

(C)Yahoo Japan