IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
現在位置:

掲示板のコメントはすべて投稿者の個人的な判断を表すものであり、
当社が投資の勧誘を目的としているものではありません。

  • 【過去記事:BBC】
    https://www.bbc.com/japanese/55042328

    英オックスフォード大の新型コロナ・ワクチン、有効率70% 安価で保管しやすい利点
    2020年11月23日

    ファイザーとモデルナの両者が共に有効率95%というワクチンを開発しているのに対して、オックスフォードとアストラゼネカのワクチンが有効率70%というのは、期待はずれだと受け止める人もいるだろう。

    ただし、わずか1カ月前には有効率50%なら大成功だと思われていたし、70%というのは通常のインフルエンザ・ワクチンよりはるかに高い数字だ。

    オックスフォードとアストラゼネカのこのワクチンは、COVID-19から人の命を救ってくれるものだ。それに変わりはない。

    加えて、実際の運用において決定的とも言える利点がある。マイナス70度やマイナス20度など超低温保管を必要とするファイザーとビオンテック、あるいはモデルナのワクチンと異なり、これは一般的な冷蔵庫の温度で保管できる。

    アストラゼネカは世界各地に30億回分を供給する予定(編集部注:日本政府はアストラゼネカと1億2000万回分の供給で合意済み)。

    保管管理しやすいことに加え、薬価は1回分が約3ポンド(約420円)で、ファイザーの約2000円やモデルナの3500~4000円より、はるかに安い。

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。

  • 遺伝子ワクチンについては、専門家の本をKindle版で読んで理解した。
    ものすごくわかりやすかった。
    http://blog.livedoor.jp/lab_ipo/archives/8591670.html

  • >>3


    保健省によると、多くの国で緊急利用が認められている米ファイザーと独ビオンテックのワクチンの単価は1431ルピー、米モデルナは2348~2715ルピー、中国の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)は1027ルピーという。モディ首相は「我々のワクチンは両方とも(ほかのワクチンより)費用対効果が高い」とし、「インドの状況を考慮して開発された」と力を込めた。

    保健省はデジタルプラットフォームを利用して、ワクチン在庫や貯蔵温度、接種者の個別追跡などリアルタイム情報を管理している。ハルシュ・バルダン保健相によると、接種後に微熱や痛みなどの副作用が出る可能性もあるという。「少し時間がたてば副作用は自然となくなると考えられる」とバルダン氏は14日、ツイッターに書き込んだ。バルダン氏は以前、3億人への接種は「7~8月までに完了する計画である」ことも明らかにしていた。

    インドに先立ち、シンガポールやインドネシア、アラブ首長国連邦(UAE)、イスラエル、米国、英国など多くの国がワクチン接種を始めている。ただ、規模が桁違いのインドでの接種計画は世界から関心が高い。「インドでのワクチン接種の行方を多くの国が見守ることになる。大きな責任がある」とモディ首相は語った。

  • インド、世界最大のコロナワクチン接種計画 16日開始
    新型コロナ
    2021/1/15 17:00 (2021/1/16 5:17更新)1341文字[有料会員限定]

    ニューデリー=キラン・シャルマ】新型コロナウイルスの感染者数で米国に次ぎ世界2位のインドが16日、野心的なワクチン接種計画を開始する。数カ月以内に全国民13億人のうち約3億人に接種する予定だ。

    インド政府は年初、2つのワクチンの緊急利用の承認を与えた。1つは英オックスフォード大と英製薬大手アストラゼネカが共同開発し、印セラム・インスティチュート・オブ・インディアが製造した「コビシールド」。もう1つは印バーラト・バイオテックが政府系研究機関と共同開発した国産第1号のワクチン「コバクシン」だ。両方とも初回接種から28日空けて再び接種する必要があり、セ氏2~8度の冷蔵保存が必須となる。

    モディ首相は、ワクチン接種会場約3000カ所をつないだビデオ会議を開き、ワクチン接種計画の開始を宣言する予定だ。14日の発表によると、各会場ではそれぞれ100人が初日に接種を受ける。つまり初日に計30万人がワクチン接種を受けることになる。接種計画はその後、段階的に拡大する。まず1000万人の医療従事者、そして警察や軍隊などの2000万人が接種を受け、接種費用は政府が負担する。続いて、50歳以上の2億7000万人や糖尿病・高血圧など既往症を抱える患者が接種を受ける計画だ。

    ワクチン接種開始は、1050万人の感染者と15万人以上の死者を出したインドが新型コロナを抑え込む上で重要な段階となる。「いま、我が国は新型コロナ感染拡大との戦いを左右する決定的な段階に入った。我々は世界最大規模のワクチン接種計画を始める」。全国の地方自治体の首長らとのオンライン会議でモディ首相は強調した。「今後数カ月で3億人にワクチン接種する」

    政府はすでに税抜きの単価200ルピー(2.73ドル)でコビシールドを1100万回分調達した。550万回分を調達したコバクシンについては、一部が無償譲渡されたため「調達単価は206ルピーになる」と保健省が今週明らかにした。

  • 7238 曙ブレーキ

    ポイント
    ●1/20に日刊自動車新聞に、「米国メーカーからEPBキャリバーを受注、2021年度に量産開始」という記事が出て株価は大きく上げました

    ●しかしこの製品の内容は、11/10の2Q決算説明会の質疑にも出ている既知の材料で、株価は過剰反応と思われます。また会社側も「ニッチなエリアで・・」とのべているように、売り上げ規模もちいさそうです。
    ●一方、2Q決算をみると、1年間で、現金が364億円から240億円へ123億円も減少しています。
    ボッシュから買収した米国の残り2工場、赤字のフランスなど欧州の工場、国内工場の再編を控え、240円の現金などというのは、まさに薄氷を踏んでいる状態。
    2/10予定の3Q決算もかなりひどい数字になると予想。

    ●そういう背景から見ると、株価がじり安で120円の安値を付けたので、会社筋が業界紙に記事を書かせて、株価のテコいれを図ったんではないか、とも思えます。

    ●発行済株数1.35億株、浮動株12.4%の大型株で浮動玉はジャブジャブあります。メリル経由で外国ファンドの空売りも残っていますので、再度出動してくると予想。
    この水準から上昇していくのは、極めて難しいと思います。

読み込みエラーが発生しました

再読み込み
JASRAC許諾番号:9008249113Y38200 写真:アフロ

(C)Yahoo Japan