IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
現在位置:

掲示板のコメントはすべて投稿者の個人的な判断を表すものであり、
当社が投資の勧誘を目的としているものではありません。

  • 11233(最新)

    kosumosu.qpmr 9月20日 09:54

    水陸両用ヘリコプターは2015年ころにロシアに登場映像(開発はそれ以前)

    水陸両用ヘリコプター中華人民共和国では失敗の映像 やはり前のめりになり水中でプロペラは大破しました。

  • >>11219

    9月17日キースクラック米国務次官と代表団が台湾を訪問し元李登輝総統の追悼式に参加し、蔡英文総統の自宅で非公開の夕食会に出席した。すると中国は即座に反応しました。9月18日中国国旗中国国防省報道官の任国強が、台湾海峡で『組織的実践戦闘演習』を開始したと発表しました。

  • >>11208

    タイ バンコクで反政府デモ続く 憲法改正や王制改革など訴え

    2020年9月20日 7時57分

    反政府デモが続いているタイで、プラユット政権が発足して以来、最大規模の抗議デモが19日から、首都バンコクで行われています。若者たちは警察の防護を突破して王宮前の広場を占拠し、憲法改正や王制改革などを訴えました。

    タイでは、軍事クーデターを主導したプラユット首相が、去年の総選挙の後も引き続き政権を率いて、軍の影響力を背景に強権的な姿勢をとっているとして、若者たちが反政府デモを続けていて、国王が現政権を追認しているなどと批判して王制改革まで訴えています。

    若者たちは19日、首都バンコクのタマサート大学の敷地内に突入したあと、警察の防護を突破して、隣接する王宮前の広場も占拠し、集会を開きました。

    主催者は少なくとも5万人以上が参加しているとし、プラユット政権の発足以来、最大規模のデモとなっています。

    集会では、国王に対する批判を禁じた憲法の条項を撤廃するなど、王制を改革する10の要求項目が読み上げられました。

    また、抗議活動を主導するメンバーの人権派弁護士は「王制改革を訴えることで、私の自由が奪われるとしても全くかまわない」と述べ改革の必要性を強く訴えました。

    デモに参加した女性は「今の時代、王室も人々に寄り添うべきです。もし、王室の透明性が高ければ、人々は受け入れるでしょうし、不敬罪は廃止すべきです」と話していました。

    若者たちは20日、政府の施設などに向かって行進し、要望書を手渡すとしています。

    これに対し、プラユット政権は、およそ1万人の警察官を配置して政府の施設の警備に当たらせるほか、軍にも出動の準備を命じるなど、デモ隊の行動に警戒を強めています。

    NHK

  • >>11229

    トランプ大統領宛ての郵便物から猛毒リシン検出か 米メディア
    2020年9月20日 6時45分

    アメリカの複数のメディアは、トランプ大統領宛ての郵便物から猛毒のリシンが検出されたと伝えました。報道を受けてFBI=連邦捜査局は「アメリカ政府の施設に届いた不審な手紙について、捜査を進めている」と声明をだしています。

    CNNテレビなど、アメリカの複数のメディアは19日、司法当局者の話として、トランプ大統領宛ての郵便物から猛毒のリシンが検出されたと伝えました。

    ホワイトハウスに届けられるすべての郵便物は、ホワイトハウスから離れた施設で検査を受けることになっており、CNNによりますと、リシンは今週前半に行われた検査で検出されたということです。

    報道を受け、FBIは声明を発表し、「アメリカ政府の施設に届いた不審な手紙について、FBIとシークレットサービスが捜査を進めている」としています。

    猛毒のリシンをめぐっては、2013年に当時のオバマ大統領宛てにリシンが入った封筒を送りつけたとして、南部テキサス州に住む女が禁錮18年の判決を受けたほか、おととしには、リシンが抽出される植物の種が国防総省などに送りつけられる事件がありました。

    NHK
    11225は削除されていましたよ

  • Package containing ricin and addressed to Trump intercepted by law enforcement
    Federal officials intercepted an envelope addressed to the White House that contained the poison ricin.

    【トランプ大統領への猛毒郵便を発見】AFP
    連邦捜査局は猛毒リシンを含むホワイトハウス宛ての封筒を確認したと、9月19日にAP通信に伝えた。封筒は、ホワイトハウスと大統領宛の郵便物を監視する政府施設で発見された。調査でヒマ豆に含まれる猛毒リシンであったことが判明した。

  • 参考映像情報

    中国雲南省麗江市瀘沽湖(標高2600m)の観光道路脇の崖が崩壊。中国で豪雨災害後、各地で土砂崩れが発生

  • >>11226

    トランプ氏、TikTokとオラクルの提携案「原則承認」

    アプリ配信禁止、27日に延期

    2020/9/20 6:51 (2020/9/20 8:35更新) 日本経済新聞

    【ワシントン=鳳山太成】トランプ米大統領は19日、中国発の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」と米IT(情報技術)大手オラクルなどが提携する案について「原則承認」したと明らかにした。商務省は20日に予定していたアプリの配信禁止を27日に延期すると発表した。

    財務省報道官は19日の声明で「トランプ氏がオラクルとウォルマートの提携案を再検討した」と説明した。米政府としての最終承認は、オラクルと米ウォルマートの交渉完了と、政府機関の対米外国投資委員会(CFIUS)による承認が条件になると指摘した。

    米政府はティックトックの運営会社である北京字節跳動科技(バイトダンス)が提携案に同意したかは明らかにしていない。提携が最終的に成立するためには、中国政府の承認も必要になる。

  • トランプ氏はホワイトハウスで記者団に「どうなるか様子を見るつもりだがコンセプトとしては米国にとって素晴らしい合意だ」と述べた。「承認を与えた。完了するなら素晴らしいし、しなければそれでもよい」と話した。

    提携案については、ティックトック事業を担う新会社を「オラクルと米ウォルマートが完全に支配する」という。出資比率には触れなかった。提携案の全容は「(オラクルなどが)まもなく発表する」と説明した。

    焦点となっている米国内の利用者データを巡っては「中国とは関係がなくなる。安全性は完璧になるだろう」と強調した。情報の保管先として「切り離されたクラウド(サーバー)を使う」と説明している。

    米商務省は19日、「直近の前向きな動き」を受けて、ティックトックの米国内での提供と更新を禁じる措置を27日午後11時59分に延期すると発表した。同省は18日、20日夜から配信と更新を禁じると発表していた。交渉期限を事実上延期して、中国側に譲歩を迫る狙いとみられる。

    トランプ氏は提携案に関して「多くの雇用やお金を米国にもたらす。みんなハッピーだ」と税収増ももたらすと主張した。提携案によると、新会社は南部テキサス州に置き、2万5千人の雇用を生むという。米国の若者教育への基金に50億ドルを拠出することも盛り込まれているという。

    トランプ氏は中国政府に米国人の個人情報が流出すると問題視し、バイトダンスに米国事業への売却か閉鎖を迫ってきた。

  • >>11223

    ロシア毒殺未遂疑惑 野党勢力指導者ナワリヌイ氏 回復アピール
    2020年9月20日 6時33分NHK

    証券会社の注目記事はどうか ロシア毒殺未遂疑惑 野党勢力指導者ナワリヌイ氏 回復アピール 2020年9月20日 6時33分NHK

  • >>10970

    ロシア毒殺未遂疑惑 野党勢力指導者ナワリヌイ氏 回復アピール
    2020年9月20日 6時33分

    旧ソビエトで開発された神経剤で襲われたとみられるロシアの野党勢力の指導者、ナワリヌイ氏が、入院先のドイツの病院で階段を歩いて下りる姿をSNSに投稿し、回復をアピールしました。

    ロシアでプーチン政権を批判してきた野党勢力の指導者ナワリヌイ氏は先月、ロシア国内を旅客機で移動中に突然、体調の異変を訴え、現在はドイツの大学病院で治療を受けています。

    ナワリヌイ氏は、一時、意識不明になったものの、その後の治療で回復しつつあると伝えられ、19日には、助けを借りずに一人で階段を下りている姿を、初めて自身のSNSに投稿しました。

    ナワリヌイ氏は「つい最近まで人の見分けがつかず、話し方が分からなかった。ことばが出てこないため、絶望的な気持ちになった」とコメントし、こん睡状態が2週間余り続いた結果、意識が回復したあとも、うまく話せない状態だったとしています。

    そのうえで「ベルリンのすばらしい医師たちのおかげで、今ではSNSにもさっと目を通せるようになった」と順調な回復をアピールしました。

    ナワリヌイ氏が意識不明になった原因をめぐって、日本を含むG7=主要7か国は、旧ソビエトで開発された神経剤の「ノビチョク」と同じ種類の物質が使われたとしてロシアに真相を究明するよう求めています。

    一方、ロシア政府は関与を全面的に否定し、対立が一層深まっています。

    NHK

  • >>11195

    李元総統告別式 米高官訪問に反発の中国 軍用機を台湾周辺に

    2020年9月19日 19時35分

    台湾の民主化に尽力し、ことし7月に亡くなった李登輝元総統の告別式が行われ、蔡英文総統らに加えて、アメリカ政府の高官も参列して李元総統の功績をしのびました。

    一方、アメリカ政府の高官の台湾訪問に反発する中国は、軍用機を2日連続で台湾海峡の中間線を越えて飛行させるなど、けん制を強めています。

    李登輝元総統の告別式は、19日、台湾北部にある大学の礼拝堂で行われ、蔡英文総統や政権の幹部らに加えて、海外からはアメリカのクラック国務次官や森元総理大臣が参列しました。

    このなかで蔡総統は「民主化のための基礎を築いた」などと李元総統の功績をしのんだうえで「成果を継承し、台湾の主体性を引き続き確立して、台湾の民主主義と自由を深めていく責任がある」と述べました。

    また、安倍前総理大臣が寄せたメッセージも代読され、「日本と台湾の友好親善、台湾の民主主義と発展に多大なご貢献をなされた」などとして感謝と敬意が示されました。

    一方、台湾の国防部は、19日午前、中国軍の戦闘機など19機が、台湾が設定する「防空識別圏」を飛行し、その一部が、台湾海峡の中間線を越えて台湾側に入ったと発表しました。

    中国軍機が台湾海峡の中間線を越えて飛行するのは、18日に続いて2日連続だということで、台湾の国防部は「挑発行為だ」と強く非難しています。

    中国は、李元総統の告別式にアメリカが国務省としては41年前の台湾との断交以来、最も高いレベルの高官を派遣し、台湾との連携を深めていることに強く反発していて、けん制を強めています。

    NHK

    証券会社の注目記事はどうか 李元総統告別式 米高官訪問に反発の中国 軍用機を台湾周辺に  2020年9月19日 19時35分

  • >>11217

    現実です、2021年2月ころは 想像を絶することになりかねません。

  • >>11136

    WHO、新型コロナ死者1週間に5万人は「容認できない数字」

    AFPBB News 2020/09/19 15:10

    【AFP=時事】世界保健機関(WHO)は18日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による1週間当たりの世界の死者数は約5万人に達し、受け入れられない高水準であることを発表した。世界の累計死者数は100万人に近づいている。

    WHOで緊急事態対応を統括するマイケル・ライアン(Michael Ryan)氏はリモート環境で行われた記者会見で、新型コロナウイルス感染症による世界の死者数と感染拡大ペースは指数関数的に激増しているわけではなく横ばい傾向にあるが、比較的小さい数値で見ると地方や地域単位では急増していると説明した。

    ライアン氏は、新型ウイルスのパンデミック(世界的な大流行)が「下火になるのは

    当分先」だとし、治療法の改善により死亡率は減少したものの、「1週間当たりの死

    者数5万人は容認できない数字だ」と述べた。

     AFPが各国当局の発表に基づいて日本時間18日午後8時にまとめた統計によると、昨年12月に新型ウイルスが中国で発生して以降の同感染症による世界の死者数は、94万6727人に達し、感染者数は3021万8930人に上っている。

    【翻訳編集】AFPBB News

読み込みエラーが発生しました

再読み込み
JASRAC許諾番号:9008249113Y38200 写真:アフロ

(C)Yahoo Japan