IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
現在位置:
mon句

mon句

  • 11,905
  • 3
  • 2020/11/30 01:53
  • rss

掲示板のコメントはすべて投稿者の個人的な判断を表すものであり、
当社が投資の勧誘を目的としているものではありません。

  • わたしが主婦的であること・・・。
    女を保留にしている存在であること(女であることに自覚がないという意味)かな。

  • >>11902

    まあ、でも、わたしにぴんとくるものがたりのようなものがもしかすると発見できるかもしれない。

  • ここ数年で一番おもしろかったのは、習字。
    筆のこと。毛筆の太さは力を入れて出すのではなく
    腕のスナップというのか、、、毛の特性を利用して出す。
    筆がうごくというその連続性が好きでしたね。
    ただ黙々と筆を使う。この1年、お休みしてますがw
    そういう断片と、若冲でスゴイナーとおもったことがつながる。
    そこで実験のアイデアが浮かぶ。そして実験してみる。

    うーん・・・料理と同じですね。

  • >>11898

    もやっとかんがえていたことを、明確に考えて形にしていくこと。
    それは、わたしの思っている映画をかたちにしていくということ。

  • 私のやりたいことは、美の追及ではなくて、動くということの追及。
    変化ということの追及。音楽みたいな感じ。ざっくりいうとそんな感じ。

    ビジネスとターゲットを絞ることなどは”知っている”
    モノを作って売る場合に必要な視点だし、
    仕事をしていたときに、また本かいなと笑われるだろうけど、
    コトラーの本も、独学ではあるが一応熟読してるw
    これでも基本はしっているつもりw

    河瀨直美はあざとい。

    カンヌで評価する審査員をターゲットにした作品であること。
    あからさまなぐらいターゲットは明確。
    ヨーロッパ人がアジア人を評価”してあげましょう”という上から目線ゆえの
    甘さもあるんですが、そのポイントをあからさまに狙って作られた作品です。

    彼女の生き方の本音の吐露をモチーフにしたことのあざとさではなく、
    それを使うことで評価されるという明確なターゲットを絞り込んだ戦略が
    こそをあざといと、私は形容しています。

    ヨーロッパの制度では映画祭で受賞するとポイントがもらえて、
    資金調達が容易になるとか作家として”国に保護される”とかそういうものがある。

    日本には明確な制度はないけれど、カンヌで評価された映画であるという
    宣伝効果のひとつにはなる。作家が芥川賞をとるみたいなかんじでしかない。

    少しずれますがEUが壊れると、通貨の問題だけでなく、
    EU内で調達しあってきた文化のやりとりの制度も壊れてしまうという
    大変な事態だと思う。

    映画はだれでもカメラを回せば撮れてしまうわけですが、
    映画にはセオリーがある。が、そのセオリーは明確に伝授されていない。
    で、暗黙の振るいわけがなされる。


    アジア人の出自を赤裸々に半ドキュメンタリー的に撮影しているだけの
    河瀨のそれは、本来ならばそのふるい分けから落とされる作品なのであるが、
    彼らの好みの範疇だから、他の作品で突出したものがなければ、
    賞がとれてしまうのである。

    私のターゲットも河瀨と同じである。
    が、アジア人の出自で甘く評価されたくないというところがある。
    逆ですね、ヨーロッパ人にはつくれないだろドヤドヤというところを狙いたい。
    西欧人と対等なラインに立ち、評価を願いたいと(表現テクニックにおけるハードル)。

    ただし、それを実現することを、計算すると、私個人の今の能力だけでは無理。
    しかし、だからといって投げることはなく、形にするためのアプローチは
    毎日できるし、そのあざといターゲットもとりあえずは考えない。

    もっともっと分解してパーツからかたちにすることからはじめてもよいと・・・。
    また、結果として形にならなくても、小さなチャレンジでもよいのではないかと。
    もっと根本的に自分がチャレンジしたいことを分解してツブツブしたもので
    かたちにすることそのトライアンドエラーを行っていく。
    まずは、自己実験をする・・・でよいのではないか思い始めたということです。
    感じたことを形にするのではなく、考えたことを形にすること。

  • >>11895

    トレードもおんなじやねん。

    教祖になってツィッターで信者集めたい?
    自分の予感の正しさを立証したい?

    そういう人は、目的が違うんでなんともよう言わんけど、、、

    お金を得るためのトレードなら、ビジネスとしてトレードするべきやろ。
    得たい結果に対する方法は、そうやんか。

    だから、私はビジネスのやり方でトレードしてるねん。

    ターゲットを決め、リサーチし、プロモーション(入る)。
    利確(売上)。

    ターゲットを決めるとき、自己都合では決めない。
    自分の感情、思い込みで決めないってこと。
    自分の顧客層となる銘柄か客観視。

    ビジネスの基本のキ。

    ビジネスセンスがある人って、自分の顧客を読み間違えない人やねん。
    トレードでもおんなじ。

    そこができてれば、あとはシステムで儲ける。
    それが楽ちん。

    これも、ビジネスの基本のキ。

    monさんが気がつくの待ってたけど、、、

    しびれ切らしてこっちから言ってみた(笑)。

  • >>11894

    自分で気がつくまで、、ばっかりしてても、と思うから、直球で書いてしまうが、、

    monさんは、石にかじりついてもこういう映像が作りたい、ってある?
    まず、そこを決めて、、

    人がどう思うとか、他人が評価してくれるのはどんなものか、じゃない。
    自分の中に、自分が作りたいものの像がはっきりとあるか。

    それがはっきりとあれば、それがウケるのはどういう層か。
    アート系トンガリチームと、リュクスなチームでは好むものがまったく違う。
    アングラが好きな人、メジャーでわかりやすいものが好きな人。

    自分の感覚を受け入れてくれるのはどこか。
    全員、それぞれ違ったものを好む。
    全部に受け入れられることは不可能。

    自分のターゲットが決まったら、初めてそこにどうカネを乗せていくか。

    そういう順番やと思うで。

    ビジネスが得意な人は、そういう方法や順番を間違えない人。
    ビジネスができない人は、自分の感覚だけで何とかしようとする人。
    筋道がないのに、感覚だけに頼るねん。

    考える必要のないこと考えて、考えないとあかんとこは感覚頼み。
    それは、ちょっと違うと思うよ。

    キツくてゴメン。

  • monさんはまだ、そこまで気持ちの向くもの、真剣勝負をしようと思うものがない、って言うかも?


    私の最初彼は会社経営者やった。
    ズッコケタイプの(笑)。

    会社が赤字の時、社長である自分が工事のアルバイトして、そのお金で会社を回してた。
    彼にとっては、そこまでのやりたいことやったんやな。

    やりたいことがあると、自然にこうなると私は思う。

    カネがついてくる、こないじゃなくて、単にやりたいねん。
    夜中に工事現場で働いてでも、やりたいねん。

    monさんは、自分のつくりたい映像はエンタメでお金を生み出すってことと合致しないと分かってる。
    私が見てても、monさんはターゲットを絞ったり、ビジネスとして展開するには何が必要かってことはまったく考えられていないように見えるし、カネを求めるのは難しいという気がする。

    美しいもの、豊かなもの。それだけで、の心を動かすには、自分が美に対してどれだけ研ぎ澄まされた鋭敏な感覚を持っているか。
    美に対する感覚、豊かなものに対する感覚は、日常生活にめっちゃ影響されるよ。
    どの層をターゲットにして、美しいと思わせるか。

    エンタメとしてお金を落とさせる方がはるかに簡単。

    私の好きなのは、端正で整った美しさ。
    monさんが美しいと感じるものとは違うかも知れん。

    monさんが美しく、豊かと感じるものはどの層にアピールする美しさや豊かさやろ?

    そういうことは、ぬくぬくでなんちゃら、、じゃなくて、自己分析から考えて把握すること。
    自分を知るのは自己分析やし、己がわかってると強いって、自分のターゲット層がわかってたら、失敗はしづらいやろ。

    私は、萌の朱雀の監督さんは嫌いや。絵面も別にフツーやし、話も面白くないし。
    でも、あの監督さんは私らみたいな層にはわかってもらおうとも思ってないと思う。だから、パルムドールも取れるし強い。
    ターゲティングがちゃんとできてるねん。

    大衆ウケしないことをするのに、ターゲティングは絶対に必要やで。

    monさん、筋道立てて物事を考えるの苦手やろ、っていつも言うのは、monさんの考えてることっていつもちょっとずれてて、大事なことは見落としがちやから。

  • 私は、昔っから例えば徹底して雑巾は使わない。
    使い捨ての布。
    雑巾で、洗ってまた使うって汚い。
    そんなもので拭きたくない。

    私にとっては雑巾は感性が汚れるもの。

    家庭的って嫌いやし。

    家事はやりたい時にやりたいことしかしない。
    料理も掃除も好きやが、これは欠点でもあると思ってて、少しでも気が向かなければやめとく。
    メリーメイドさんに来てもらう(笑)。
    家事をするという癖を自分につけたくない。

    ピー様が、料理作ってって言ったことあったけど、私はそういうことしないので、って断った。
    ピー様は、ケロッとそれを受け入れた。
    女に、尽くしてくれと言わないっていい男やろ。ピー様はそういういい男。

    へなには嫌悪感しかなくて、ピー様は違う、その理由はこういうとこ。

    自分が、今思ってるようなことを会社としてやろうと思うとは考えたことなかった時から、私はこうやった。
    潜在意識が、私のやりたいことをずっと覚えててくれたからかも。
    だから、それができる自分でいるように守ってくれたんやと。

    生活がその人に与える影響はめちゃくちゃに大きい。
    見えてるものが違ってくる。

    だから、私は日常生活をとても大事に思ってる。
    何をやらないか、含めて。

    やりたいことのために自分を作り上げる。
    育てる。
    そうやって、仕事する。新会社をつくる。

    だって、真剣勝負やん。
    負けてもいいけど、勝負は真剣にやる。

    私はそういうタイプやから、、、

  • ちなみに、仕事を辞めた時は

    自由にやりたいことをする生活、が目標やった。

    ただ、遊び暮らすのも退屈やしな(笑)。

  • トレードを、自営業感覚で、、ってmonさん書いてたやん。
    ああ!!!ってすごい思った。
    monさんのトレード、確かに自営業の飲食店っぽい。

    私は、トレード、、
    表層意識ではする気なかった。
    潜在意識がトレードせえって言った。

    私は、芸術家肌で生きてきてん。
    トレード?
    株を売り買いしてお金儲け?
    そんなこと汚らしい、と私の表層意識は言った。

    でも、私が仕事辞めた理由はこんなことしてたら生きてる価値がないと思ったから。
    私は、ステイタスには興味ない。
    役所という場所に縛られ、勤務時間という時間に縛られ、このポジションに来る人なら誰でもできる程度の仕事をしてる。
    こんなことしてたら、生きてる価値ない、そう思った。

    潜在意識は私に、仕事辞めた理由を全部クリアにするのがトレードだよ、って言った。
    そうかも知れん。人は、何かしてお金を得ないと生きていけん。
    生活費を得るバイト。
    表層意識は、そう妥協した。

    という経緯でのトレード。

    だから、私はトレーダーとしての自分には情熱傾けられない。
    グローバルリッチリストのランキングに頼ろうと思っても、サイトがなくなったし(笑)。

    monさんは、なぜに自営業者としてお店をするんじゃなくトレードを?
    私と違って、勤めるの好きやのになぜにトレード?

    書きたくない気持ちなら書かなくていい。
    そういうところから自己分析してみたら?

    ぬくぬく→強さをより、自己分析で己を知る強さの方がいいと思うよ。

  • ちなみに、私がへなを蹴り落として
    弁護士さんのボランティアもやめたのは、

    感性が汚れるからや。

    私は自分のやりたいことをやっていたい。
    それをすごく大事に思ってる。

    だから、目が汚れるようなものは自分の周辺から排除する。

    言ってみれば、自分のやりたいことのため。


    ストイックなのが私の方法論やな。

    だから、ここもmonさんと真逆。

  • 主婦は、言ってみればフンニョウタンで生きてる人やな。

    もともとのmonさんがどんな人かは、合ってないから知らん。
    今のmonさんと違うのか違わないのか。

    フンニョウタンで売る作品じゃなくて、そことは全然違う、、を目指してて、
    本人がフンニョウタン化してていいん?
    もともとやし、変わってないとmonさんは言うかも知れんけど、、、

    カネは、言ってみればフンニョウタンワールド。
    私が主婦化した=フンニョウタン化したってことは、カネベースに乗せられるようになってきたってことかしら?と思ってる?

    カネベースに乗せられる人は、フンニョウタンの錬金術を知ってる人。
    フンニョウタン化するってことちゃうで。

  • >>11883

    これは、もしかすると作品の試行ポイントかな、と思う。
    monさんがこだわってる、カネをどうあげるのか、っていうポイントじゃなさそう。

    もしも両立したいんなら、まずはきちんと分ける。
    良い作品を作ったからって、カネのベースには乗らない。
    monさんも、それがわかってるからグジグジウーマンになってるんやと思う。

    自分が作りたい作品さえ、まだ明確じゃないんかな、という感じ。
    例えば、妥協できる範囲なら、カネをあげる方向に寄せてもいいし、、とか思ってる?自分の感性を大事にしながら、あくまでも妥協できる範囲で、、、

    二兎を追う者は一兎をも得ず、っていう諺知ってる?

  • >>11877

    やりたいこと、に常にカネを絡めるっていうのが、私にはない発想なんで、、、

    もしも、カネがあがってこないならやりたくない。

    そういう気持ちがあるなら、それって本当にやりたいことではない。
    そう思う。

    っていうか、どうして今まで小さな試行に気がつかない?みたいな。

    常にカネ絡みで見てしまうんなら、目的は映像ではなくカネ。
    それが根っこにあるように見えちゃうよ。

    なんでそう、自分の本音を見ろとうるさくいうかというと、
    本音を見ずに上手く行くことはあんまりないから。

    本音のままでええやん、と思うし。

    自分の納得いくものをつくるのか、
    ビジネスベースに乗ることがしたいのか。

    両立☆を狙うんなら、もっと別にすることがあると思うし。

  • >>11876

    その方法論が普通すぎるねん。

    男性にとってのいい女になればモテます。
    普通の方法論やな。

    でも、結果はついてこない。
    そんな感じ。
    見落としてることが多いんちゃうかな。

  • >>11875

    本能のままに生きてる人は強いよ。

    ただ、それはへな的な強さやが、、、

    だからよーわからん。

読み込みエラーが発生しました

再読み込み
JASRAC許諾番号:9008249113Y38200 写真:アフロ

(C)Yahoo Japan