IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
現在位置:

掲示板のコメントはすべて投稿者の個人的な判断を表すものであり、
当社が投資の勧誘を目的としているものではありません。

  • 373(最新)

    せり 12月6日 07:53

    >>372

    <ネガティブイベント>
    ・値幅制限下方拡大 適用日[-6.42]
    3936 グロバルウェ 556 -21.24%

    ・公募・売出(新株) 発表日[-2.51]
    6030 アドベンチャ 9,580 +10.75%

    ・信用規制解除 解除日[-1.30]
    3121 マーチャント 530 -15.87%
    3185 夢展望 304 -5.00%
    6522 アスタリスク 3,190 -9.37%
    7078 INC 2,313 +20.90%

    ・委託保証金解除 解除日[-1.30]
    3121 マーチャント 530 -15.87%
    3185 夢展望 304 -5.00%
    6522 アスタリスク 3,190 -9.37%
    7078 INC 2,313 +20.90%

    ・売出・処分 受渡日[-0.98]
    9274 国際紙パ 304 +2.70%

    ・公募・売出(新株) 受渡日[-0.75]
    7342 ウェルスナビ 2,748 +6.34%

    ・公募・売出(新株) 価格決定開始日[-0.50]
    3283 プロロジス 370,500 +0.67%
    4251 恵 和 6,020 +1.68%

    ・売出・処分 価格決定開始日[-0.50]
    4053 サンアスタリスク 2,691 +5.52%
    4386 SIG G 587 +3.71%

    ・日々公表解除 解除日[-0.13]
    2479 ジェイテック 208 -1.42%
    3691 リアルワールド 670 -2.18%
    4169 エネチェンジ 7,220 -3.98%
    4582 シンバイオ 1,236 +5.10%

  • 【注目アクション】Gunosyが値幅制限上方拡大 ウチダエスコはTOB(買付対象)発表など(Quick)

     6日の株式市場で、株価にインパクトを及ぼしそうなコーポレートアクション情報をまとめた。過去の傾向から株価にポジティブな影響を及ぼしそうなのは、6日が異動日となるGunosy(6047)の値幅制限上方拡大や3日にウチダエスコ(4699)が発表したTOB(買付対象)など。一方、ネガティブなのは、グロバルウェ(3936)の値幅制限下方拡大やアドベンチャ(6030)が発表した公募・売出(新株)など。

    <ポジティブイベント>
    ・値幅制限上方拡大 適用日[+22.09]
    6047 Gunosy 751 +15.36%

    ・TOB(買付対象) 発表日[+17.18]
    ・TOB(買付対象) 買付開始日[+16.30]
    ・監理銘柄指定 指定発表日[+5.11]
    4699 ウチダエスコ 2,160 +0.79%

    ・自社株買い(枠設定) 発表日[+1.38]
    3657 ポールHD 957 +1.05%
    4689 ZHD 762.2 +3.41%
    6135 牧野フ 3,665 +3.09%
    9072 ニッコンHD 2,064 +1.62%
    9959 アシードHD 511 -0.38%

    ・現引き停止 開始日[+0.92]
    ・新規売り停止 開始日[+0.76]
    4310 D I 1,130 +6.10%

    ・TOB(買付側) 発表日[+0.60]
    ・TOB(買付側) 買付開始日[+0.09]
    8057 内田洋 4,630 -0.21%

    ・第三者増資(単独) 発表日[+0.20]
    1711 SDSHD 362 +1.40%
    2931 ユーグレナ 748 +3.17%

    ・自社株消却(単独) 発表日[+0.18]
    1663 K&Oエナジー 1,465 -1.94%

  • 増担保規制解除(11/15 ~ 12/6)

    規制解除日   コード    銘柄名
    2021/12/06 7078 INCLUSIVE(株)
    2021/12/06 6522 (株)アスタリスク
    2021/12/06 3185 夢展望(株)
    2021/12/06 3121 マーチャント・バンカーズ(株)
    2021/12/02 8226 (株)理経
    2021/11/30 7373 (株)アイドマ・ホールディングス
    2021/11/30 3083 (株)シーズメン
    2021/11/18 3936 (株)グローバルウェイ
    2021/11/17 3996 サインポスト(株)
    2021/11/16 7808 (株)シー・エス・ランバー
    2021/11/16 7072 (株)インティメート・マージャー
    2021/11/15 4169 ENECHANGE(株)

  • PSA & ONE LAUNCH ENVIRONMENTALLY FRIENDLY BARGE SERVICE AT JURONG ISLAND TERMINAL
    Dec. 2, 2021

    PSA Corporation Ltd(PSA)とOcean Network Express Pte. Ltd.(ONE)は、2021年11月24日に、PSAシンガポールからPSAジュロンターミナルへのバージセーリングを開始。

    専業トレーダーの雑談部屋 PSA & ONE LAUNCH ENVIRONMENTALLY FRIENDLY BARG

  • Largest shipping lines hit “a whooping” $80 billion profit so far this year
    December 3, 21

    Sea Intelligence公表レポートによると、
    世界の大手海運会社は今年これまでに約800億ドルの
    営業利益を上げている。
    全世界の海運会社は収益が大幅に増加。

    https://www.offshore-energy.biz/largest-shipping-lines-hit-a-whooping-80-billion-profit-so-far-this-year/

  • 〔株式・今日の見通し〕反落=米引き締め加速懸念消えず、コロナで心理悪化(6日)(時事通信)

     週明け6日の東京株式市場は、金融引き締め加速への警戒感などから下落した米国株式市場の地合いを引き継いで売りが先行し、日経平均株価は反落しそうだ。6日の日経平均の予想レンジは2万7600~2万8000円。新型コロナウイルスのオミクロン株拡大が投資家心理を悪化させており、今週前半は不安定な値動きになりそうだ。

     前週末の米国市場では主要株価指数がそろって下落した。11月の雇用統計は就業者数の増加幅が予想を大きく下回ったが、失業率は低下しており、米連邦準備制度理事会(FRB)によるテーパリング加速を止める材料とは見なされなかった。オミクロン株の感染が世界的に広がる中、米国債が買われるなど前週末の「米国市場は全体にリスク回避ムード」(投資助言会社)となっており、6日の東京市場も売り優勢で始まりやすい。

     週初のため海外投資家の取引は低調で、投機筋と個人投資家による売買が目立つ展開が予想される。買い物薄の中で先物に仕掛け的な売りが出ると、下げ幅は広がりやすい。半面、底堅さが見られれば買いが入る可能性もある。

     シカゴ市場のボラティリティ指数(VIX)は高止まりしており、今週前半は荒い値動きになりやすい。10日の特別清算指数(SQ)に絡んだ売買も波乱要因になり得る。オミクロン株については感染力や既存ワクチンの効果、重症化リスクなど分かっていないことが多く、「今のところ悪影響は心理的な部分にとどまっている」(大手証券)との指摘もある。ただ、特徴がはっきりしないため「買いを見送る口実になりやすい」(銀行系証券)とされる。

     米国の金融引き締めへの警戒感が続く中、中国の不動産企業の巨額債務問題や中国政府による米国での上場規制といった「中国リスク」や、ロシアによるウクライナ侵攻観測など、不安材料が増えている。週後半は押し目買いや買い戻しが入って戻り歩調になる可能性もあるが、直近のレンジを大きく上回る展開は考えにくい。

  • 台湾(台北)に住んでいた時、TASに通っていて、
    1年間だけ米国に住んでた。
    家族と一緒じゃなくて、短期留学なので単身で渡航。

    13年前で、米国の中西部。
    一般家庭に1年間ステイして、
    滞在中は家族同然で、母と兄と姉、そして、私。
    もう一人の兄は既に独立して、別な場所に住んでた。

    お休みの度にいろんな所に連れて行ってもらった。

    独立した兄が所有していたポルシェに
    初めて乗せてもらった。
    スピードが遅い時は乗り心地が悪かったけど、
    スピードが速い時は滑るような感覚。

    その家族の多くの親戚にも紹介してもらって、
    年が近いのにみんな…えっ?っていうくらい見た目が大人。

    毎週日曜日に教会で礼拝があって、クリスチャンじゃない
    からって言ったら、気にしない気にしないって。
    実際、改宗を求められたことも宗教の話をされたことも
    一度も無かった。むしろ、日本にいる日本人のクリスチャン
    のほうが信仰心が強いと思う。

    礼拝の後に日曜学校っていうのがあって、
    クラスは同じくらいの年齢の人たち。
    勉強よりほとんど遊び。

    夏はプール、時間外でも仲のいい人たちと
    映画を観に行ったり、各自の家でディナーパーティー、
    それから、日本祭りというのがあって、
    なぜか、みんな浴衣を持ってた。
    ディナーパーティーも映画のような格式ばった
    感じじゃなくて、プールで泳いだり、バスケットコートで
    遊んだりしてた。

    もちろん、平日は授業があって、日曜学校のメンバーとは
    違うけど、楽しみながら勉強してた。
    さすがに、家で宿題する時は頭を抱えてたけど。

    会話する時に、最初のうちは頭の中で日本語に置き換える
    ことが多かったけど、渡航して1ヶ月後くらいからかな…
    英語を聞いて、そのまま英語で理解して英語で会話できる
    ようになった。いつの間にか、あれっ…っていう感じだった。

    ホント、楽しかったなあ。
    確かに、社会的責任がほぼ無かったというのもあるけど。
    でも、日本とはどこかが違う。
    良し悪しじゃなくて、どこかが違う。

    大学になってから、ニューヨークとか行ったけど、
    東部はまた違う。金融街だし、夜はそこらじゅうNYPD。
    確かに治安は良くないけど、結構、深夜に歩いていた。

    グーグルストリートで見つけた米国で1年間住んでた家。
    ○印が私のお部屋で、当時はバルコニーがあった。

    専業トレーダーの雑談部屋 台湾(台北)に住んでいた時、TASに通っていて、 1年間だけ米国に住んでた。 家族と一緒じゃなくて、

  • 今日は午後からお出かけ。
    株のことは忘れてプライベートなことを
    書こうかな…適度に。

  • 今日は久しぶりのトレード

    下調べに時間かけ過ぎ…寝不足
    眠い💤思考力ゼロ…ちょっと仮眠しよ

  • ◇今日の株価材料(新聞など・3日)OPECプラス、原油増産ペース維持(Quick)

    ▽FTC、英アームの買収阻止へ 米エヌビディアなど提訴(日経電子版)
    ▽ソフトバンクG(9984)出資のグラブ、SPAC上場で最大 株価は振るわず(日経電子版)

    ▽発給済み「特例ビザ」停止 水際対策、米加州など追加(日経)
    ▽産油国、増産ペース維持 OPECプラス、NY原油一時5%安(各紙)
    ▽トヨタ(7203)の欧州販売車、2035年に排出ゼロ EU環境規制に対応(日経)
    ▽航空燃料、税軽減延長へ 政府・与党 苦境の業界支援(各紙)
    ▽日本取引所(8697)、災害時に証券各社の株取引継続支援 関西データ拠点開放、一極集中リスク軽減(日経)
    ▽愛知銀(8527)・中京銀(8530)、来年にも統合へ 総資産6.4兆円、公的支援が背中押す(各紙)
    ▽ソニーG(6758)のソニー生命、管理体制不備 170億円不正送金 金融庁が報告命令(日経)
    ▽山口FG(8418)、第三者の再調査「不要」 吉村元CEO解任巡り(日経)
    ▽半導体装置、7~9月販売38%増(日経)
    ▽東電HD(9501)と中部電(9502)が出資するJERA、米国で陸上風力開発権(日経)
    ▽サイバー(4751)、オンラインイベント支援新会社を設立(日経)
    ▽電池進化、2倍走るEV 米新興、来年に量産 ソフトバンク(9434)は無人機から(日経)
    ▽コーテクHD(3635)、プライム申請 自社株TOB・CB発行(日経)
    ▽ニップン(2001)、家庭用冷凍食品5~12%値上げ 61品目対象(日経)
    ▽ファストリ(9983)、11月の国内ユニクロ既存店売上高 4.6%減 防寒衣料の販売苦戦(NQN)
    ▽貼るだけで部品高耐久 住友電(5802)がフッ素テープ(日刊工)
    ▽アドテスト(6857)、米新工場 検査装置 消耗部品 先端半導体向け増産(日刊工)

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕

  • 〔株式・今日の見通し〕反発スタート=雇用統計前に上値重く(3日)(時事通信)

     3日の東京株式市場は前日の米株価上昇を受けて反発して始まるものの、上値の重い展開となりそうだ。新型コロナウイルスのオミクロン株への警戒感が根強いことに加え、11月の米雇用統計発表を控えて積極的な買いが手控えられるとみられる。日経平均株価の予想レンジは2万7500~2万8000円。

     米ダウ工業株30種平均は前日比1.81%高とやや大きく反発したが、ハイテク銘柄が多いナスダック総合指数は0.83%高にとどまった。225先物12月きりの大阪夜間取引終値は2万7890円と、日中終値(2万7750円)から小幅の上昇だった。米株高については「日本時間2日の取引時間中に先物が上昇したことである程度織り込まれている」(銀行系証券)との見方があり、日本株を押し上げる力は弱そうだ。

     主要産油国で構成する「OPECプラス」閣僚級会合は小幅増産の継続で合意。これを受けてニューヨーク原油先物価格は一時急落したものの、まもなく元の67ドル台に戻った。足元の円相場は1ドル=113円10銭台と、前日大引け時点とほぼ同水準。

     2日の日経平均は「値頃感による買いとオミクロン株への警戒ががっぷり四つに組んだ」(大手証券)状態で、方向感の乏しい動きが続き、反落して引けた。

  • 〔ロンドン海運市況〕バルチック・ドライは+68の3115で終了(2日)(時事通信)
     ロンドン海運市況は以下の通り。
       銘 柄                   指 数       前営業日比
    バルチック・ドライ指数(BDI)        3115         +68
    パナマックス指数(BPI)           3030        +133
    スープラマックス指数(BSI)         2402         +28
    ケープサイズ指数(BCI)           4534         +70
                                    (ロイター時事)

  • ワクチン早期承認へ法整備=国産開発に5000億円―岸田首相の所信表明原案(時事通信)

     岸田文雄首相が6日召集の臨時国会で行う所信表明演説の原案が2日、分かった。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」を念頭に、ワクチンや治療薬の薬事承認を迅速に行えるよう法整備を行うと表明。次の感染症危機に備え、国産ワクチンや治療薬の開発・製造に5000億円を投資することも明記する。
     法整備は、緊急時に国内で未承認のワクチンや治療薬の早期使用を認める医薬品医療機器法の改正が念頭にある。政府は来年1月召集の通常国会に改正案を提出する方針だ。
     原案は、コロナ対応に「細心かつ慎重」に当たるとし、「慎重過ぎるという批判は私が全て負う。国民からの負託は、そうした覚悟で仕事を進めるためにいただいた」と強調。経済社会活動の正常化に関しては「楽観的にならず慎重に状況を見極めなければならない。もう少し時間がかかる」と理解を求める。
     首相が掲げる「新しい資本主義」については「数世代に一度の歴史的挑戦」と表現。分配政策は「未来への投資」と位置付け、若者や子育て家庭を対象にした所得の大幅増を目指すと提唱する。
     具体策として、経済的に厳しい状況にある世帯や学生、子育て世代に総額7兆円を投入すると約束。企業の人材投資を「見える化」するため、非財務情報開示を推進すると訴える。
     経済安全保障では、サプライチェーン強靱(きょうじん)化と基幹インフラの信頼性確保が「喫緊の課題」だとし、経済安保関連法案を通常国会に提出する考えを表明。外交・安全保障の基本方針となる国家安全保障戦略を来年末をめどに改定する方針も示す。

  • >>359

    投稿359はモルガン・スタンレーMUFJ証券の目標株価
    三菱UFJモルガン・スタンレー証券の目標株価は、
    モルガン・スタンレー証券の目標株価より低い。

    同じMUFGとモルガン・スタンレーとの
    合弁会社だけど、MUFGの出資比率が多い
    三菱UFJモルガン・スタンレー証券のほうの
    目標株価がシビア。

    日本郵船 従来の9,000円から1万300円
    商船三井 9,200円から1万1000円
    川崎汽船 5,100円から5,600円

    この大手3社は外国人個人投資家も多いし、
    株価はよく美人投票に例えられるけど、
    株式を売買する人次第…それから、機関の介入。

    理論的には、企業業績に…もう、いいや。
    長くなりそう。


    もう3時半…今日金曜日も9時前から夕方までお仕事
    といってもトレードするかどうかは、地合い次第。

    明日土曜日は、お友だちに連絡済みで、
    外出後に自宅でおしゃべり&細やかな飲み会。

  • 日本郵船・商船三井・川崎汽船
    目標株価引上げ

    Quote
    モルガンスタンレーMUFG証券が11月30日付のレポートで、
    海運大手3社の目標株価を引き上げた。
    日本郵船は従来の1万400円から1万7600円、
    商船三井(9104)は1万1300円から1万7000円、
    川崎汽船(9107)は7700円から1万6900円に引き上げた。
    Unquote

    このニュースで12月2日は3社とも大幅高。


    只、気になるのは、モルガンスタンレーMUFG証券が公表した
    11月30日当日に、商船三井と川崎汽船の空売りを再INしている。
    空売り残高は出来高に比べると少ないけど、
    当然、買い戻す時は11月30日の株価より低い株価で買い戻す。

    商船三井 0.58% / 700,299株
    川崎汽船 0.5% / 471,315株

    現在の空売り機関件数
    日本郵船 5件
    商船三井 9件
    川崎汽船 13件

    想定されるシナリオとしては、更に株価が上昇した時に
    空売りを仕掛けて、下落させた時点で買い戻す。

    知っている限りこの大手3社を含めた中堅海運会社を
    複数の投信がETFに組み入れてるから、
    ある株価に達したら、一斉に組み入れから外す。

    下落する時は機関の買い戻しと投信の外し、
    それから、個人投資家の狼狽売りを巻き込んで
    大きく下落すると思う。

    機関の買い戻しで株価の踏み上げがあるからと
    安心するのは危険。狼狽売りを巻き込むから。

    現に、過去のチャートを見れば想像つく。
    可能な限り、大幅な上昇と下落を繰り返す。

    空売り機関は絶対利益を常に追求するから
    甘く見ちゃダメ!

    どの程度の株価で下落させるか…機関は想定済み。
    途中で、見せかけもあるし、潤沢な資金を
    保有していしるし、大衆心理を操作するのは朝飯前。
    機関には個人投資家は敵わない

    前記レポートの目標株価を鵜呑みにして、
    引き上げた目標株価まで保有するのは???

  • ザラ場で、このニュース(2件)が出ても下げる?

    横河電気
    業績も良く、貸借倍率は0.03、機関の空売り残高なし。
    IRも見たけど、否が見当たらない…
    売買しているのは人で、その人たちがどう思うか…って。
    それにしても…

    細胞内自動サンプリングシステム「SS2000」を開発=横河電機〔BW〕(時事通信)
     【ビジネスワイヤ】横河電機〈6841〉は、細胞内サンプリングシステム「シングル・セローム・システムSS2000」を開発したと発表した。このシステムは、共焦点顕微鏡技術により、培養中の細胞を生きた状態で高速・高精細に撮像し、精密な位置決めを行う。特定の細胞や1細胞内成分を選択的に自動で正確にサンプリングする。採取した細胞や1細胞内成分は、遺伝子解析・質量分析・培養などに使用できる。来年2月から日本・米国・中国で発売し、欧州などでも順次発売する予定。

    電力系統・再生エネ高速制御ソフトの米パイスを買収=横河電機〔BW〕(時事通信)
     【ビジネスワイヤ】横河電機〈6841〉は、電力系統・再生可能エネルギー電源向け高速制御ソフトウエアの米パイス・エナジー・ソリューションズを買収したと発表した。パイスは種々の発電設備と接続した電力系統を自動制御する能動制御技術(ACT)に基づくソフトウエアプラットフォームを持つ。ACTは従来設備と分散型エネルギー設備を統合し、システム全体を最適化する。高速での計測と制御が可能で、従来の制御システムより信頼性が高い。両社の技術を統合することで、エネルギー供給網の管理を高度化し、安価な持続可能エネルギーの供給を支えていく。

  • 国際線予約停止要請を撤回=岸田首相「帰国需要に配慮を」(時事通信)

     国土交通省は2日、航空会社に対する日本着の国際線の新規予約停止の要請について、一律の要請は取りやめると航空会社に通知した。日本人の帰国も難しくなりかねないと批判が強まり、岸田文雄首相が見直しを指示したことを受けた対応。松野博一官房長官が記者会見で明らかにした。

     首相は2日、首相官邸で記者団に対し、国交省による要請について「一部の方に混乱を招いてしまった。こうした事態を受け、私から国交省に邦人の帰国需要に十分に配慮するよう指示した」と語った。

     首相は、1日当たりの入国者数の上限を3500人に引き下げたことを受け、取り急ぎの措置として要請が行われたと説明。「(帰国)需要は平日だったり週末だったり、さまざまだ。状況をしっかり勘案した上で、国交省にしっかり対応してもらいたい」と強調した。

     新型コロナウイルスワクチンの2回目と3回目の接種間隔の短縮に関しては「クラスター(感染者集団)等の発生を条件に前倒しの可能性を検討していくと申し上げていた。検討を続けていくことになる」と述べた。

  • IPO:フレクト(4414)の公開価格は2,550円に決定(Quick)

    フレクト(4414)の公開価格が、2,550円に決定した。

    ▽公開価格ベースの投資指標など
    公開価格 2,550円
    仮条件 2,210円-2,550円
    上場時株式総数 2,841,900株
    公募株式数 250,000株
    売り出し株式数 330,700株
    公開価格ベースの時価総額 72億4684万円
    申込株数単位 100株
    最低投資金額 255,000円

    ※時価総額=公開価格×上場株式数
    ※株式数は仮条件決定時のもの(オーバーアロットメントがある場合は上限を採用)

    ▽上場までの日程
    募集期間 2021年12月3日-2021年12月8日
    払込期日 2021年12月9日
    受渡期日 2021年12月10日
    上場日 2021年12月10日

  • オムロン(6645)、自社株買いを実施 126万6200株(Quick)

    開示会社:オムロン(6645)
    開示書類:自己株式の取得状況(途中経過)に関するお知らせ
    開示日時:2021/12/01 15:05

    <引用>
    当社は、2021年10月28日開催の当社取締役会において決議した会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される同法第156条の規定に基づく自己株式の取得状況について、お知らせします。

    決議日 2021年10月28日

    自社株買いをした期間 2021年11月1日~2021年11月30日
    期間中に取得した株式の種類・株数 普通株式|126万6200株
    期間中に取得した株式の総額 142億8552万4500円
    取得方法 ?証券会社による投資一任方式
    累計の自社株買い株数 133万2300株
    累計の自社株買い総額 149億9961万4000円

  • 株式大量保有<8202>ラオックス(33.80%)グレニッチ・インベストメント・(時事通信)

    提出者 グレニッチ・インベストメント・ホールディングズ・ピーティーイー・リミテッド
    提出日時 2021/12/01 15:11
    提出書類 大量保有報告書

    報告義務発生日 2021/11/24

    発行者 <8202>ラオックス株式会社

    【提出者/1】 グレニッチ・インベストメント・ホールディングズ・ピーティーイー・リミテッド(Greenwich Investment Holdings Pte. Ltd.)
    保有割合(%) 33.80
    保有株数 31,547,800
    発行済株式等総数 93,335,103

    <取得資金>
    <保有目的> 質権実行に伴う保有
    <重要提案行為等> 該当なし
    <担保契約等重要な契約>該当なし

読み込みエラーが発生しました

再読み込み
JASRAC許諾番号:9008249113Y38200 写真:アフロ

(C)Yahoo Japan