ここから本文です
現在位置:
  • 330(最新)

    yae***** 10月16日 01:01

    2019/10/15(火)

    ◎C 株(当面 対 9/19終値 比 %)
    - 2.21(前日より △1.07)
    ◎さわかみ投信
    24,633( +383)
    ◎ザ・2020ビジョン(コモンズ投信)
    15,270( + 54)
    ◎B投資信託
    10,898( +193)


    *『ヤンマガ』に連載中の「新・信長公記」。現在発売中の最新刊に「人生意気に感ず」とはどういうことか、その一例が出ています。

  • 2019/10/11(金)

    ◎C 株(当面 対 9/19終値 比 %)
    - 3.28(前日より △0.30)
    ◎さわかみ投信
    24,250( +200)
    ◎ザ・2020ビジョン(コモンズ投信)
    15,216( + 91)
    ◎B投資信託
    10,705( +124)

    *ノーベル経済学賞

    https://www.bloomberg.com/news/articles/2019-10-14/duflo-banerjee-and-kremer-win-2019-nobel-economics-prize


    ……The academy said the three laureates helped shape a new approach to fighting poverty by splitting the issue into smaller and more manageable questions, bringing field experiments into the mix and studying productivity levels within developing countries.



    生産性のレベルのことをもっと勉強してもらいたい人物もいるようで、、、

  • 現在放送中の「サザエさん」の「秋深し隣は何を」

    「秋深き」でしょう?

  • >>326

    このたび、久しぶりに『孟子』を読み返し、というか完全な斜め読みでしたが、一番印象に残ったのは「離婁章句下」の中の次のような話でした。

    [孟子がいわれた。]「斉の国の男で、妻と妾(めかけ)を一人ずつ持っていて、同じ家でいっしょに暮らしているものがあった。この男は外出すると、いつも酒や肉のご馳走を鱈腹たべて帰るので、その妻が『誰といっしょに食事をなさったのですか』とたずねると、きまってみな金持ちや身分の高い人々ばかりである。あるとき妻は[変に思って]妾に向かっていった。『うちの旦那さまは外出なさると、いつでもご馳走を腹いっぱい食べてお帰りになる。ごいっしょに食事をなさった方をおたずねすると、相手はきまってみな富貴の方々ばかり。ところが、そんなご立派なお方は家へは一度もいらしたことはありません。どうもおかしいから、私が一つ旦那さまのあとをつけていって見ようとおもいます。』その翌(あ)くる朝はや起きして、妻は見え隠れにこの旦那のあとをつけて行ったが、町中歩きまわっても立ち話さえする者もいない。とうとうしまいに東の郊外の墓場で墓祭りをしている人の所へ行って、お供物の残りをねだって食べ、まだ足りないとあたりを見廻しては、またほかの所へ行ってねだるのだった。これが旦那の鱈腹食う方法なのであった。
    この様子を見届けた妻は家に帰るなり妾にこの話をして『夫は私どもが一生涯、尊敬して仕える大切な方なのに、それがこんな有様では』といって、二人で散々夫を扱き下ろし怨みののしって中庭でいっしょに泣いていた。ところが、この旦那はそんなこととはつゆ知らず、意気揚々と帰ってきて、いつものように自慢げに妻や妾に話し(ママ)をしたということだ。君子の目から見れば、およそ世間の人が富貴や利達(りえきやしゅっせ)をもとめるやり方というものは、この斉人と似たり寄ったりで、[その浅ましく汚ないこと]もし妻や妾が知ったなら、恥じて泣かないものは殆どまずあるまい。」(『孟子(下)』113-4頁。)



    2年前の大河ドラマ「おんな城主直虎」の中で、恋仇といえる貫地谷しほりさんと柴咲コウさんとが一緒になって三浦春馬さんのことを「このスケコマシーッ!」と罵っていた場面を思い出してしまいました。

  • >>317

    小林勝人訳注『孟子(上・下)』岩波書店、1968・1972年 をひっくり返して読み直してみましたが、結局「私の記憶」の中にあったような話は存在しませんでした。

    ただ、似たような話として、「離婁章句下」に次のような記述があります。

    孟子が言われた。「[人からの贈り物を]取ってもよく、取らなくてもよいという時には、取らない方がよい。取ると清廉の徳にきずがつく。[また人に物を与えるのに]与えてもよく、与えなくてもよいという時には、与えない方がよい。与えるとかえって恩恵の徳にきずがつく。[死を惜しまないのを勇というが]死んでもよく、死ななくともよい時には、死なない方がよい。死ぬと徒死(むだじに)でかえって真の勇気にきずがつく。(『下』88頁)


    また、「万章章句下」には

    [孟子が道ならぬ諸侯からの贈り物を平然と受けて交際しているので、かねてから不審に思っていた]万章がたずねた。「ぜひお聞かせいただきたいのですが、人と[贈り物をやりとりして]交際するには、どういう心がけが大切でしょうか。」孟子はこたえられた。「それは恭敬(つつしみ)の心だ。」万章がいった。「もし、人からの贈り物を辞退したら、どんなものでしょう。」孟子はこたえられた。「それは不恭(ふきんしん)というものだ。」万章がいった。「[では、今の諸侯の贈り物などは辞退した方がよいはずなのに]、(ママ)辞退しては不恭だというのは、どういうわけですか。」孟子はこたえられた。……(同 195頁)

    とあります。(つづきに興味があればご自身で。)

    まあ、言ってみれば、今回の関電の事件で私が直観したことと反対のことが書かれていたというオチです。関電関係者を擁護するつもりはなかったのですが。

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • 2019/10/10(木)

    ◎C 株(当面 対 9/19終値 比 %)
    - 3.58(前日より ▼0.54)
    ◎さわかみ投信
    24,050( +101)
    ◎ザ・2020ビジョン(コモンズ投信)
    15,125( -174)
    ◎B投資信託
    10,581( + 13)


    *旭化成さんも東レも上昇、めでたし、めでたしでした。


    さて本日より東レに替えて新たに「C 株」の値動きを記録していくことにしました。

    この銘柄が気になり始めたのは今年3月発売の『会社四季報』を眺めていた時ですが、ネット証券の「登録銘柄」に放り込んだままになってました。

    約半年後になる「9/19」に、何がキッカケとなったか忘れてしまいましたが、改めて確認したとき、「やっぱりいい銘柄だね〜」との印象。

    それから手入力による株価の記録を始めました。

    まだ購入しておりませんので「対 購入比」とはなりません。当面 記録を始めた9/19の終値を基点とした数値を記録していきます。

  • >>322

    旭化成さんといえば・・・

    10/8付けで大量保有報告書が出ていたんですよね。イマイチそれが意味する内容がよく理解できなかったのですが、一応目を通しておきました。

    それは旭化成さんに興味があったわけではなくその提出者が気になっていたから。また、ヤマトホールディングスさんの最近の「事件」でもその提出者が「主役」だったことが判明しています。

    ある銘柄スレで、その機関の動向に注意を促す投稿者がいて私も気をつけていたのが最近のことでした。

  • >>3

    2019/10/9(水)

    ◎東レ(対 購入額 比 %)
    + 5.74(前日より △2.01)
    ◎さわかみ投信
    23,949( - 77)
    ◎ザ・2020ビジョン(コモンズ投信)
    15,299( - 90)
    ◎B投資信託
    10,568( - 46)

    *吉野彰氏 並びに 旭化成関係者の皆さま、ノーベル賞受賞 おめでとうございます。

    東レのライバル企業ということですが、東レにもおこぼれがありますように。

    配当利回りは旭化成さんの方がかなりいいようです・・

    と、A株とは東レでした。

    これからも保有し続けますが、ライバル企業の関係者がノーベル賞を受賞したということで一区切り。

  • 2019/10/8(火)

    ◎A株(対 購入額 比 %)
    + 3.73(前日より △0.70)
    ◎さわかみ投信
    24,026( +270)
    ◎ザ・2020ビジョン(コモンズ投信)
    15,389( +193)
    ◎B投資信託
    10,614( + 98)

    *某件に関して「予定稿」ができており、投稿するタイミングを見計らっておりますが、そのことでいろいろサイトを見ておりましたら 相田みつを の言葉に出くわしました。



    そのままでええがな

    みつを

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • 2019/10/4(金)

    ◎A株(対 購入額 比 %)
    + 2.48(前日より △0.07)
    ◎さわかみ投信
    23,804( + 45)
    ◎ザ・2020ビジョン(コモンズ投信)
    15,112( +107)
    ◎B投資信託
    10,525( + 23)

    *今夜の いだてん・・・

    飲み会のため見ることができませんでした。

    その代わり、飲み会の最中にスマホで明豊FWのスレを眺めておりまして思わぬ展開にゾクゾクして参りました。

    両名とも自らの投稿を書いては消す常習犯。 私にとってはまさしく同じ穴の貉。二人一緒に相手をすることができるとは望外、想定外の展開。

    ただ片方は半分白旗を揚げているようなものだし、もう片方は恥を恥とも思わない輩だから叩きのめしたとしてもつまらないかな。

  • 弐億某が売っ払った銘柄をレオスが買う。(当該掲示板ではまだ気づいていないみたい)


    この時期に買ったのは、プロとして金魚のフンと見られるのはイヤだったからかな。

  • 2019/10/3(木)

    ◎A株(対 購入額 比 %)
    + 2.41(前日より ▼2.40)
    ◎さわかみ投信
    23,759( -432)
    ◎ザ・2020ビジョン(コモンズ投信)
    15,005( -233)
    ◎B投資信託
    10,502( -223)

    *関西電力関連の報道を耳にするたびに、『孟子』の章句を思い出します・・・ とここまで書いて確認したら「利を見ては義を思い、」とは『論語』憲問の一節でした。


    でも、『孟子』にこれ以上にピッタリな一節があったはずなんですけどね。

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • 10/2(水)

    ◎A株(対 購入額 比 %)
    + 4.81(前日より ▼1.74)
    ◎さわかみ投信
    24,191( -227)
    ◎ザ・2020ビジョン(コモンズ投信)
    15,238( - 93)
    ◎B投資信託
    10,725( - 67)


    10/1(火)

    ◎A株(対 購入額 比 %)
    + 6.55(前日より △1.84)
    ◎さわかみ投信
    24,418( +260)
    ◎ザ・2020ビジョン(コモンズ投信)
    15,331( +126)
    ◎B投資信託
    10,792( +142)


    *火曜夜、投稿制限なんだか、受信障害なんだかで投稿できませんでした。

    さて、米国市場では続暴落。昨日の東京はそれほどの値下がりではありませんでしたが、さて本日はどうなりますやら。

  • >>192

    9/30(月)

    ◎A株(対 購入額 比 %)
    + 4.71(前日より ▼0.96)
    ◎さわかみ投信
    24,158( -201)
    ◎ザ・2020ビジョン(コモンズ投信)
    15,205( - 4)
    ◎B投資信託
    10,650(- 97)

    *3月末→6月末→9月末

    さわかみ投信 1.024→1.014→1.026
    ザ・2020ビジョン
    1.059→1.042→1.064
    B 投資信託 1.018→0.996→1.019
    yaetsu farm 0.997→0.956→0.976


    依然として私の独り負け状態が続いております。

    パフォーマンスがすぐれない原因を色々と考えておりまして、最近気づいたのが「出光興産」。

    このダービーを始めてしばらく経った3月末にそれまで持っておりました「昭和シェル」に代えて「出光興産」の株が割り当てられました。それ以来、パッとしませんね。

    でも、「だから合併なんかしなきゃよかったのに」などとは申しません。

  • 9/27(金)

    ◎A株(対 購入額 比 %)
    + 5.67(前日より ▼1.81)

    ◎さわかみ投信
    24,359( + 2)
    ◎ザ・2020ビジョン(コモンズ投信)
    15,209( - 36)
    ◎B投資信託
    10,747( - 40)


    *さて、9月末日。まだ、yf は他ファンドには追いついていない見込みです。

  • >>71

    今夜の いだてん


    小松勝選手のゼッケンも 51 でした。


    精力善用 自他共栄

読み込みエラーが発生しました

再読み込み