IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
現在位置:

自分用ジョー

  • 762
  • 1
  • 2022/07/26 08:00
  • rss

掲示板のコメントはすべて投稿者の個人的な判断を表すものであり、
当社が投資の勧誘を目的としているものではありません。

  • 一応 節目の八芳園劇場に参加したのだが・・・

    株主とパーの質疑応答
    要約・・
    1 ACHは既存薬との併用は考えているか?(この質問かなり違和感w)
    答え 作用機序は違うが将来的に考えている。

    2 6号議案について監査を変える理由
    答え 安くなる 違った監査の方法に期待(ただ近場の業者にしただけ)

    3 加齢黄斑の今後とラプトゲン等の成果は?
    答え 現実的の未治療の治験には資金がいるため提携
    または共同開発 治験者はアメリカから東ヨーロッパ 中国にシフト
    AIテクノロジーは特許はとらない

    4 ライセンスアウトはどうなったのか?進捗は?
    経営状況は赤字なのにリストラなどの改革をしないのか?
    総会ではなく学会に感じるなど
    答え 今後地域で切りうるのも視野
    治験結果は仕方ない、次は資金提供うけるため
    サンディエゴでバイオ会議に出席や中国にあたっている

    株価急落は自分もがっかりした。つらい経験をした(笑いながら言ってたw)
    2025まで5本のパイプラインで自信はある・・・お金はないを強調
    リストラ等はしないとのこと・・・

    だいたいこんな感じ・・・
    まあ質問も弱いが株主に対する誠意は微塵も感じなかったw
    大塚製薬のことなど一言も触れなかった・・・
    もしかしたらUSAはなくなるかもな
    聡明なご令嬢が社長になったら考えてやるかw

  • 情勢落ち着くにはもう少しだが・・・

    ベンチャーバイオが元気いいw
    モダ メディ ヘリ キャン

    少し前から自分は真逆の海運に高値承知で入ってる・・・

    あそこはだめだねw

  • しかし
    ここにきて年安更新
    多すぎw

    ロング意味なし
    業績関係なし下げモード
    ポジション軽くして
    動きあるので遊ぶのが
    懸命って感じか

    そろそろ起きるか、

  • 桜の咲くいい季節になってきたなあ
    世界情勢的にはまだまだ静観が王道か・・・・

    くらった傷はだいぶ戻したがw

  • Pipeline Report: New entries continue to exceed exits
    Exits for discontinued programs (three over two years) exceed exits for approvals (two).
    By Richard Mark Kirkner, Editor
    FEBRUARY 10, 2022

    New entries
    One new entry on the main list is IBIf302 (Innovent Biologics), which has been reclassified from a gene therapy. The main list includes five other candidates that weren’t listed last year: AR-13503 (Aerie Pharmaceuticals); ISTH0036 (Isarna Therapeutics); OCS-01 (Oculis); RBM-007 (Ribomic); and UBX1325 (Unity Biotechnology).


    The trials have yielded mixed early results. Topline TOFU data showed RBM-007 in combination with aflibercept didn’t demonstrate any vision improvement over aflibercept alone. However, preliminary interim results of TEMPURA have shown improvement in vision and retinal anatomy.

  • ほぼ投了か・・・・
    筆頭株主の大塚HDが大幅下方修正で
    21年12月期の連結最終利益を従来予想の
    1610億円→1250億円(前の期は1481億円)に22.4%下方修正し、
    一転して15.6%減益見通し となれば仕方あるまい
    持分法外れた時点でいつ売却しても良かったが・・・
    よくここまで持ってくれた方だと思う。

    ワンチャン会社を売却しやすくはなるが・・・
    結構キツイが記念に総会出たいので持っとくかw

    まあ どれでもこんだけ下げれば一緒。。。
    冬眠zzzz

  • 今さらホルダーのよりどころが8月に出た特許とは
    なんとも・・・・その時点が今回の初動なんだが・・

    様々な賢者が去っていき、情報共有の場としてスレ板見なくて
    よくなった感がある・・

    ひと相場も終わり自分も前のように他銘柄などに触れたりするか。。。

    今まだ相当のロットをホールドしているがw
    如何する?って話

    前回の増資
    「今回の調達により、RBM-007 の開発について、TOFU Study
    (wet-AMD の Phase2)及び ACH 対象の Phase1も独力で遂行することができ
    るだけでなく、第二の柱となる RBM-003(心不全対象)と RBM-010(変形性膝関節症)について、前臨床試験まで遂行できる資金を確保し、さらに新規技術の開
    発費用や運転資金の一部まで充当することまで企図している

    調達された資金は、「選択と集中」に沿って、まずは優先的に①RBM-007 に
    充当され、その後、②RBM-003、③RBM-010、④新規技術開発費用、⑤運転資
    金の順に充当される計画になっている。」
    ほぼ・・・

    で、これからの計画を見たら開示の度に
    毎回違うんでよくわからんが
    2022 ACH 2相予定はほぼ確実で
    その資金は確保できてないのは確か・・・

    ましてやAMD3相単独では無理だろう

    自分は次の決算時の取締役会あたりで、wet amdライセンスアウトか
    増資か決まると思っている・・・・

    まさに天国か地獄w

    ただ高望みしなきゃ、市場規模が違うが、既存薬が少ない点で
    現時点でACHの方で契約での資金調達の可能性もあるとも思う。
    もしくはスペインあたりの財団に協力仰ぐくらいしかない・・・

    契約とれなきゃさすがに投げるか
    滝行はもう勘弁
    その前になんかあることを期待しとくわw

  • 全くザラ場見れんけど、変わらずって感じか・・・
    モルガンの空売り増し増しなのは気になるがw

    先生の頭ん中と市場の乖離は
    はてしないが、

    色々言われてるけど案外想定内のような気もする。

    昨年、2月に出願8月に公開した
    「網膜下高反射病巣または網膜下高反射病巣を伴う網膜疾患の治療剤」

    本発明によれば、これまで治療薬が存在しなかったSHRMに対して有効な治療剤を提供することができる。SHRMは放置すると線維化し、網膜周辺においては線維性網膜疾患の原因となり得る。すなわち本発明の治療剤によれば、網膜下高反射病巣や、網膜下高反射病巣を伴う様々な網膜疾患を治療することができ、また網膜下高反射病巣を伴う様々な網膜疾患の予後の改善を期待できる。

    このフルテキストの中に視力改善については全く触れてないが
    それ以外は興味深いものばかり・・・

    薬液の量や溶媒は水が最適などなど

    本発明の治療剤には、本発明のアプタマーの活性や安定性に悪影響を及ぼさない限り、他の活性成分を配合してもよい。そのような活性成分としては、血管新生を伴う疾患等の治療薬としてのマクジェン(登録商標)、ルセンティス(登録商標)、アイリーア(登録商標)、アバスチン(登録商標)などのVGEF阻害剤、ステロイドなどの抗炎症剤、モルヒネなどの鎮痛剤、鎮静剤が含まれていても良い。

    とも触れている。

    これを見る限り これで十分事足りるとみての
    自信だと思う・・・・

    あとは先生の見立てとメガファーマや製薬会社の
    乖離がないことをいのるばかりw

  • まさかのカンファレンス前に買値を下回るとは・・・

    でカンファレンス当日は夜の現場なため当方はライブでは臨めないが
    どうなることやら。。。

    年明け「アプタマー製剤」の国際出願ステータスレポートが
    2022.1.8に生成されてるようなので会社としては機能はしているのか・・・

    年末、DRY wetだが、Lineage Cell Therapeutics、Incがロシュと
    独占的な世界規模のコラボレーションおよびライセンス契約を締結した。
    これは11月30日のOpRegenフェーズ1 / 2a中間臨床試験結果を経ての
    ことだった。

    内容は 「本日、同社のリードのフェーズ1 / 2a臨床試験に登録された4人目の患者で網膜組織の回復が観察されたと発表しました。製品候補、OpRegen。コホート4で治療された4人の視力の良い患者すべてで、網膜組織の回復と視力の改善が観察されました。」というもの・・

    https://investor.lineagecell.com/news-releases/news-release-details/lineage-reports-fourth-case-retinal-tissue-restoration-opregenr

    24人中4人のフェーズ1 / 2a途中結果だけで5,000万ドル 前払いと
    6億2000万ドル 2桁の段階的なロイヤルティに加えて、追加の開発、承認、販売のマイルストーン支払い。

    世界一の既存薬を超えなくても・・・
    人数なんて関係ない・・・

    ほぼバイオテクの記事と同じスタンスだが
    下駄を預けたので・・・どこでも行ってやるw

  • 今日で本業仕事納め。。。
    ここ数日で含み益がすげー減ったw

    主要項目の評価点の
    目標が高すぎるんだよな
    とはいえ、ここまでの反応とは・・

    年末年始省みるとしよう・・・・

    おつかれした。。。

  • 言い切るのは。。。。

    2021年12月31日(一次アウトカム指標の最終データ収集日)の前に
    なくはない・・・・

    phase1の時はこんなの出してる

    ポジティブなトップラインデータについてのお知らせ
    本 SUSHI 試験に参加した被験者は、wetAMD に罹患し、既存薬である抗 VEGF 薬の硝子体内投与がほとんど効かない患者さんです。本 SUSHI 試験において、最終コホートの最後の患者さんの投与後 56 日目の最終来院日が到来しておりませんが、これを除いた全てのケースで、投与後 56 日目に至るまで、投与量の制限につながる毒性、全身性の有害事象、眼での重篤な有害事象のいずれも認められませんでした。

    どっちでもいいが出たらどーする?
    様々な反応が見たいw

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • こりゃこりゃ先生やりおるわw
    年内もう一発IRあるかもよ・・・

    ここ見てる奇特な方いたら
    肺高血圧関連の国際特許ね♪
    今日公開しとる
    抗IL-21アプタマ

    開示するか知らんがふつーにすげー。。。

    クリスマスプレゼントなんやろか。。

  • 相変わらず
    日替わりスターや色々沸いてくるなw

    JPモルガンは招待された時点で決まっていた話
    そこでトップラインデータが間に合えば発表するし
    間に合わなければ後日となるだけの話。
    おそらく途中解析でもポジティブな内容であろうし

    社長の自信度からみても、じきに
    「主要評価項目の達成と薬効を示唆する結果の確認」のお知らせがでるのを
    期待したい。

    そう思っても2019年の年末に
    「ライセンス契約に関する基本合意のお知らせ」発表した
    怪実績もあるので予断を許さないw

    クリスマス
    去年とは景色が違うな♫。。。。

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • 結局会議は登録を何度か試みたんだが
    よくわからんで断念、なんともわかりずらかった・・・
    金曜日の下げで10000ドル以上損してるんだから
    399ドルくらい・・・表情だけでも拝みたかったw

    まあ不可解な開示のような気もしたが、ここ最近で誰かIRに積極的に
    IR出してくださいと訴えた前向きな結果として捉えよう。

    ウィズパートナーも現取締役の森氏がいた会社であり、まだ保有減らすかも
    だけど極端なことはしないんでは・・・・

    AJU側の昨年の開示も見ると
    「RBM-007は、米国での2b臨床が完了した後、国内で湿性黄斑変性適応症に対してリボミック社と共同開発を進める予定であり、
    成功した遂行を通じて眼科領域の新薬確保を目指し、これを通じて国内での営業力を強化するとともに、東南アジア市場へ
    本格的な進出を楽しみにしています。」とある・・・

    韓国国内での共同開発予定ありとなっている・・・・
    やる気ありです。。。。
    しかしホワイトナイト役のAJUもなんだかんだいって
    大塚の影がちらつきますね・
    社長、社員 ファンドと共に
    まとめて恩返しきっと狙ってますね

    モルガンIRも今週中だろな
    ここんとこ人気あるし
    楽しみ。。

  • さすがに会議をみるのは無理か・・・
    この時期に先生自らライブで登壇するなんて
    すげー見たかったw

    JPモルガンもハードル上がりまくりだけど
    ちょっとした説明会・・・
    これ2相結果良くて大騒ぎになってほしいし
    そうなるとは思うけど・・
    提携先となる相手の評価次第なんだよね・・・・
    メガファーマが揃って手を挙げるような結果なら
    いうことないけど・・

    それなりにハードルも高い
    どちらかというと夢物語
    ・wet amd 難病の治療薬
    ・核酸医薬しかもアプタマー
    ・さらに抗FGF2

    やっぱ緊張してきたw。。。。

  • ここんとこ機関にコントロールされてる感じか
    大きな思惑で、日が進むにつれて買い圧は強まっていくのは
    当然で まだまだこれから・・

    QAは、さしあたって大きな変化なしなのだが・・・

    明日の会議 少し気にはなるところ
    なぜ直前に開示したのか不可解ではある。

    この会議 日本化学会が窓口で 規模は大きいが
     「講演者」は10月11日までに参加登録手続きが必須である。
    極端な話それまでお金払えば 誰でも講演可能ということ。
    学生だろうがかまわない、しかも5万円程度である・・・
    いわゆる本でいうところの自費出版に近い。

    パー先生が中間データ持って
    日本化学会関連の会議に出て話そうというのは
    不思議じゃないが・・・

    より起業側面の強い
    日本分子学会とかEXPOとか開示しなかったのに
    この会議直前に開示したのは
    すごく気になるw

    ガチホルダへのメッセージでは・・・新情報はないと言っているが
    先生、データ出揃って嬉しくて得意のリップサービス
    してしまうのでは・・・
    期待しないで期待しておくw

    内容見れるとか不明だが、N氏やたまさん達賢者さん達が
    おさえてくれるだろう・・・

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。

読み込みエラーが発生しました

再読み込み
JASRAC許諾番号:9008249113Y38200 写真:アフロ

(C)Yahoo Japan