ここから本文です
  • 1011(最新)

    yoko 2月25日 18:46

    >>1009

    コアラ円は、72・8あたりから

    少し買いを入れてみたい感じだけど

    今週には72・5は、割りますか?🍅

  • >>1009

    肝心のユロル・・

    夕方から、どうなるのでしょうか?!

    あまり、下がらないで欲しいかなぁー(笑)

    1・0893まで、一気に上がれ!

    と、いう期待だけの感想かなぁー🍅❤️

  • >>1008

    >>こういうのは本当にうれしいかなぁー

    嬉しさのあまり、73・12辺りから

    買おうかなぁー! と、思ったけど

    思いとどまるの巻きぃー(笑)🍅

    下がると予想したけど、当たらないかなぁ(笑)

  • >>1006

    >1・0813の買いは、1・0513でリカクできてたぁー
    >コアラ円は、完全に間違えましたよぅー(^o^;)

    また間違いですぅー 1・0853でリカクかなぁ

    間違えた、コアラ円は73・438でリカクして

    助かるの巻きぃー(笑)(σ≧▽≦)σ

    わずか、10pほどだけどね・・

    こういうのは本当にうれしいかなぁー🍅❤️

    昔風では、「棚からぼた餅」

    今風では、「自販機の下から、500円玉」(爆)

  • >>1006

    ユロルは、先週の金曜日の動きと似てるかなぁー!?

    70pぐらいのボラですか・・

    買いのポジションですが・・

    上の方では、安心して売れるから不思議かなぁー(笑)🍅

  • >>1005

    > コアラ円は、73・333で
    > ユロルは、1・0813の買いは!メカニカルトレードで(笑)

    1・0813の買いは、1・0513でリカクできてたぁー(*≧∀≦*)

    コアラ円は、完全に間違えましたよぅー(^o^;)🍅

  • コアラ円は、73・333で

    ユロルは、1・0813の買いは!メカニカルトレードで(笑)

    ユロルは、1・084辺りまでしか伸びなかったかなぁー(^o^;)🍅

  • >>1003

    朝の6時には、だいぶん明るくなってきましたねぇー(#^.^#)

    週末に新幹線で、関西に行く予定だったけど・・

    中止にしましたよ・・(^o^;)

    早く!コロナウィルスは終息して欲しいわぁー🍅

  • >>1002


    > ユロルが・・もっと反発してほしいかなぁ

    ユロルが、1・08633辺りまで反発してくれましたよ(*≧∀≦*)

    0813から0853までは、リカクできたけど・・(^o^;)

    上がったところで、細かく売り買いしましたよ・・

    マイナスは変わらずかなぁー(笑)🍅

  • >>1001

    そんなこんなで・・

    ユロルが・・もっと反発してほしいかなぁ🍅

  • >>999


    >コアラ円を73・456から買ってみますよぅー

    反発が強く・・とりあえず・・

    73・656でリカクできましたよ・・

    20分ほどの・・出来事ですぅー(σ≧▽≦)σ

  • >>999

    さる板の・・さるお方・・

    マウ◯さん・・(笑)

    元気で居られると良いかなぁー(=^ェ^=)

    1000番みたいかなぁー🍅❤️

  • >>998


    >yoko ちゃんは、コアラ円の買い玉
    >すべて・・なくなったですぅー

    コアラ円を73・456から買ってみますよぅー

    73・156と72・856と買い下がってみますよ🍅

    少しだけど、反発してるから⭕かなぁー(笑)

  • >>996

    東出君が・・・「すべて失った」

    yoko ちゃんは、コアラ円の買い玉

    すべて・・なくなったですぅー(笑)🍅

    ドル円・・月足で雲を抜けるの・・?たいへん!

  • >>996

    ユロルは、反発もあるかもだけどね?

    1・088ぐらいまでかなぁー(^o^;)🍅

  • >>986


    >> コアラ円・・
    >> 久しぶりに、73・80から買ってみますか 
    >73・78の間違いですねぇー ( ;∀;)

    買い下がって・・

    73・38から73・78のリカクが

    久しぶりにできましたよぅー(^o^;)

    不調かなぁー(笑)🍅❤️

  • 以下が、韓国の中央日報さんからの記事ですが
    反日の、慰安婦問題や!いわゆる徴用工の記事の低レベルと比べて
    すごく・・格調が高く感じるかなぁー(笑)

    中国のGDP が九州と同じくらいの水準だったのは、いつ頃かな?
    漢江(ハンガン)の奇跡を否定して、長江の奇跡とは・・
    とても笑えるかなぁー(*≧∀≦*)

    いちばん気になったのは、ジニ係数
    日本もジニ係数が高いと思ったけど・・
    中国は、それ以上かなぁー!?
    いつ革命が起きても不思議でないレベルかなぁー🍅

  • ◆「ブラックスワン」武漢事態で揺らぐ

    しかしこうした見方が最近ブラックスワン(予想できない突発事件)のように登場した事件で支持を得ている。この事件は先月武漢で本格化した新型コロナウイルス感染症だ。国家資本主義が21世紀の中国の富国強兵にプラスに作用したが、隠れた限界を天下に表した。

    海外メディアはここに注目し、潜伏していた中国の全体主義体制の弱点が一挙に表れていると指摘している。「その間、中国人は安定と繁栄に対する代価として個人の権利を譲歩してきたが、新型コロナ事態をきっかけに共産党の指導方針に根本的な懐疑を抱き始めた」(NYT)ということだ。NYTは中国版ツイッターのウェイボを引用し、「武漢肺炎事態は政治的な無関心が我々をどこに連れていくかを見せている」という中国人の怒りを紹介した。このコメントは中国当局が強制的に削除する前に7000件の共有と2万7000件の「いいね」を記録した。

    「木強ければ則ち折る」という言葉そのものだ。皇帝を凌駕する習近平国家主席1人体制で中国の夢に向かって走っていた中国としては、国家資本主義にも限界が見え始めた。ピーターソン国際経済研究所(PIIE)報告書によると、中国民間部門の流動性危機が悪化している。中国の国営銀行の貸出は2013年には国営企業35%、民間企業57%だったが、2016年にはそれぞれ83%と11%に変わった。このようにすべての資源を国営企業に集中し、民間企業の不渡りや倒産が増加する悪循環が生じている。

    サウスチャイナモーニングポスト(SMP)は中国求職専門サイトの招聘ドットコムが事務職8900人を対象にアンケート調査をした結果、昨年、相当な負債を抱えることになったと答えた比率が34.6%と、前年比で12.7ポイント増えたと報じた。米国家科学院(PNAS)によると、中国のジニ係数は世界最高水準だ。中国の所得格差の本質は、PNASの指摘のように中国政治体制の構造的問題のためである可能性が高まった。国家資本主義は中国経済の規模を拡大するには効果的だったかもしれないが、資源配分の非効率性によって生産性の限界を表したということだ。疾走していた中国の国家資本主義が諸刃の剣であることが表れたということだ。武漢事態に今後も注目しなければいけない理由だ。

  • ◆第4次産業革命が追い風に

    中国はちょうどこの時期に第4次産業革命を迎え、国家資本主義の威力が増した。韓国とは違い、規制既得権層の妨害なく企業を設立して市場を育てた。電子商取引とビッグデータがゲームチェンジャーとなり、アリババ、テンセント、バイトダンスなど技術企業は短期間で巨大企業に成長した。

    米国は一歩遅れて中国を牽制し始めたが、適切なカードを見いだせず戦々恐々としている。貿易戦争をしてきた米中両国が先月15日、第1段階の貿易合意に署名したが、中国政府の自国企業に対する莫大な補助金慣行と外国企業に対する技術奪取のような核心の問題には手もつけられなかった。韓国バッテリー企業と現代自動車が中国で苦戦するのも、中国政府が一方的に自国企業ばかりを支援してきたからだ。また、中国に進出する外国企業の20%は市場進出許容を代償に技術提供の圧力を受けたと、NYTは報道した。崔炳鎰(チェ・ビョンイル)梨花女子大国際大学院教授は「こうした行為は厳格にWTO規定違反」とし「米国は決して座視しない」と述べた。

    こうした不平等な競争では米国企業でも苦戦する。「GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)」などの米国先端企業も例外でない。これら企業がいくら威力的だとしても、中国のAlipayやWeChatにはかなわない側面がある。中国巨大プラットホームでは金融・ショッピング・医療はもちろん、官公庁の行政業務と住宅取引までも可能だ。中国は偽造が不可能なブロックチェーン基盤「デジタル人民元」の開発にも拍車を加えている。金融の流れを監視するうえ、米ドル貨幣の覇権から抜け出せる絶好の機会をつかんだのだ。こうした変化はすべてビッグデータ基盤の第4次産業革命を迎えて威力を発揮する国家資本主義体制で弾みがついている。

    反論も少なくない。国際紛争専門家のジョセフ・ナイ・ハーバード大客員教授はFTに「中国の経済規模が米国を上回っても、貿易と金融システム、同盟を通じた軍事力では米国を越えるのは難しい」と予想した。多くの面で米国とは競争にならないという指摘だ。しかしこうした声はそれほど響かなかった。弱まっていく米国の覇権に対する慰めとして見なされた。

  • ◆米国が停滞する時、中国は疾走

    市場を統制しながらも資本主義を最大限に活用する中国式資本主義は大成功した。1978年にトウ小平が改革・開放を宣言した後、経済は高度成長した。「世界の工場」を自負しながら国富を築き、昨年1人あたりGDP1万ドルを達成した。世界貿易機関(WTO)加盟直前の2000年に1000ドルにも達していなかった1人あたりGDPがわずか20年間で10倍に増えた。世界銀行(WB)は1人あたりGDPが1万2375ドル以上の国を「高所得国家」に分類する。人口が14億人にのぼり世界で貧しい人が最も多かった中国としては「長江の奇跡」といえるほどの成果だ。

    中国は米国を越えるという意欲を隠していない。鋭い分析でピューリッツァー賞を受賞したNYTのコラムニスト、デイビッド・レオンハート氏は最近、目を引く見方を提示した。中国の次の目標は米国を越えることだが、皮肉にも最も大きな戦略的テコは「米国の停滞」と分析した。レオンハート氏は歴代の中国指導者が「10年周期(decade)」を重視するという点に注目した。「10年経てば山河も変わる」という東洋のことわざそのものだが、中国は経済開発5カ年計画を通じて20年間、飛躍的に発展してきた。特に2010年代に入ってから10年間に急浮上したという点に注目している。

    偶然にもこの期間は米国が相対的に停滞した時期だった。何よりも米国は国家レベルの経済発展ビジョンを見せることができなかった。特に教育・科学・インフラ投資が十分でなかった。この期間、米国は個人所得・国富・期待寿命ですべて停滞した。

読み込みエラーが発生しました

再読み込み

ログイン

IDでもっと便利に新規取得

JASRAC許諾番号:9008249113Y38200 写真:アフロ

(C)Yahoo Japan