IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
現在位置:
(株)キトー - 株価チャート

1,229

+31(+2.59%)
  • 前日終値
    1,198(06/01)
  • 始値
    1,210(09:00)
  • 高値
    1,232(12:48)
  • 安値
    1,209(09:05)

掲示板のコメントはすべて投稿者の個人的な判断を表すものであり、
当社が投資の勧誘を目的としているものではありません。

  • 669(最新)

    uyt***** 6月2日 22:49


    日本企業、今期6社に1社が減配 リーマン以来水準
    企業決算
    2020/6/2 22:02
    1232文字
    [有料会員限定]

    日本の上場企業で株主還元を抑制する動きが広がっている。2021年3月期通期で減配や無配転落する企業が全体の18%と、リーマン・ショック後の10年3月期以来の高い水準となる。新型コロナウイルスの影響で事業活動の不透明感が広がるなか、業績悪化を見込む企業が多く、増益などで配当余力のある企業でも手元資金を手厚くする動きが増えている。
    21年3月期の配当予想を開示した企業のうち、12年間継続比較できる約990社を対象に日本経済新聞が集計した。1日までに前期決算を発表した企業約2350社のうち、今期の配当予想を開示したのは半数の約1200社。配当を未定とした企業も今後、減配に踏み切る可能性もある。
    業種別では機械や建設、鉄鋼など業績が悪化する業種での減配が目立つ。
    機械は、自動車向けなどの不振で業績が低迷する。三菱重工業は航空機の開発や運転資金が増えたほか、新型コロナの影響でフォークリフトや自動車向け部品の生産にも影響が出る。「フリーキャッシュフロー(純現金収支)が4000億円の赤字を見込む」(小沢寿人最高財務責任者)として、今期の年間配当を前期から半分の75円に減らす。アマダは金属加工機械の低迷で工場稼働率が低下し、純利益が87%減の30億円を見込み、11期ぶりに減配する。
    大和ハウス工業は住宅展示場の閉鎖など営業自粛が響き、純利益は55%減の1050億円になる見通し。減益幅が大きいことから年間配当を25円減の90円とする。奥村組は工事の延期や見送りなどを理由に純利益は3割減を見込み、年配当は47円減の96円とする。


  • 手元資金を手厚くするため、増益予想でも減配に踏み切る企業も多い。丸紅は21年3月期の純利益は1000億円(前の期は1974億円の赤字)を見込むが、「財務改善を優先するため」(柿木真澄社長)とし、年配当を20円減の15円とする。純利益1%増を見込むあおぞら銀行は、不透明な経済環境を勘案して目安とする配当性向50%にとどめ、年配当を34円減の122円とする。
    一方、通信は増配する企業も多い。ソフトバンクグループの国内通信会社ソフトバンクは携帯電話の契約数増や電子商取引(EC)が伸び、純利益は3%増の4850億円を見込む。「成長と増配を両立させる」(宮内謙社長)とし、増配する。KDDIは新型コロナの影響を織り込んでも前期と同水準の利益を確保できるとして、年配当を5円増の120円と19期連続の増配を目指す。
    21年3月期は企業の存続と経営の安定を優先し減配する企業が多いが、「業績回復や事業継続にメドがつけば、リーマン以降の増配トレンドは今後も続く」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券の原口右京ストラテジスト)との指摘もある。
    一方で1日時点で決算発表した2年間継続比較できる3月決算企業約2300社を対象に、20年3月期の配当総額を集計したところ、11兆9000億円と前の期から微増だった。業績悪化で期末配当を前の期から減らす企業が多かった

  • 【米国株動向】いま注目すべきインフラ銘柄3選
    モトリーフール編集部 | 2020/04/26 | 銘柄: NEE BIP NUE BIPC

    出典:Getty Images
    モトリーフール米国本社、2020年4月16日投稿記事より
    現在米議会で審議が進んでいる、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた「第4弾」経済対策では、連邦政府によるインフラへの投資計画も焦点の一つです。
    また、現時点で財政支出を行うかどうかはともかく、いずれ将来的にインフラセクターへの投資は必要となるでしょう。


  • ブルックフィールド・インフラストラクチャー(NYSE:BIPC)、ニューコア(NYSE:NUE)、ネクステラ・エナジー(NYSE:NEE)の3社は、このような連邦政府の投資計画がなくとも、収益を上げる成長基調の事業を手掛けています。
    配当支払い、そして将来性の面でもこれらの3銘柄は注目に値します。
    インフラ資産への再投資
    ブルックフィールド・インフラストラクチャーは、リミテッド・パートナーシップ(有限責任組合)形態を取るブルックフィールド・インフラストラクチャー・パートナーズ(NYSE:BIP)によって設立された新会社です。
    投資家は新会社を通して、有限責任組合に伴う複雑な課税形態を回避しながら、ブルックフィールドの事業に参加することができるようになりました。
    新会社の株価と配当支払いは、パートナーズの株価と配当を反映します。
    同社は、通信インフラ、電力やエネルギーの伝送、輸送(有料道路、港湾、鉄道を含む)関連のインフラ資産に世界中で投資しています。
    これらの資産は安定的なキャッシュフローを創出し、同社はそれをリターンがより高い、新たな資産に再投資しています。
    こうした資本投下はこれまでのところ成功しており、2019年に同社が売却した資産の内部収益率は17%でした。
    2019年の内部成長率は9%となり、株主への配当支払いは7%増加と、11年連続の増配となりました。
    2019年6月末時点では、キャッシュフロー創出分の95%が規制の枠組みや契約済みのもので構成されていることから、キャッシュフローは安定的に推移するはずです。
    世界のインフラ成長が継続するなか、同銘柄は注目に値します。
    再生エネルギー
    ネクステラ・エナジーは時価総額と再生可能エネルギー事業で世界最大の電力サービス会社です。
    子会社のフロリダ・パワー・アンド・ライトとガルフ・パワーが米国内に従来型の電力サービスを提供する一方で、別の子会社のネクステラ・エナジー・リソーシズは風力発電、太陽光発電へのインフラ投資を拡大しています。


  • 2020年1月時点で、同社の発電容量のおよそ半分は再生可能エネルギーが占めています。
    国際再生可能エネルギー機関によれば、2019年のグローバルな発電容量拡大のうち72%は再生可能エネルギーによるもので、同社は重要な役割を果たしています


  • 過去の実績からは、同社が力強い成長を誇り、株主への増配を継続していることが分かります。
    【米国株動向】ネクステラ・エナジー、2022年まで年間10%の増配を目指すことを発表

    風力は再生可能エネルギーのひとつとして注目され、世界的に風力発電の普及が進んでいます。風力発電機はブレード(風車の羽根)とナセル(機械室*1)、それらを支えるタワーで構成され、大型の風力発電機ではタワーの高さが100メートル程度になるものもあります。こうした風力発電機の建設とメンテナンスに、ホイスト機器(電気チェーンブロック)が使用されています。
    • *1ナセル内に発電機、増速機、伝達軸を格納。
    キトー製品の導入例
    メンテナンス用のホイスト機器は、ナセル内にあるヨーデッキ部に設置され、メンテナンス時にナセル内へ工具や部品を引き上げるために使用されます。
    風力発電機の寿命は一般に約20年と言われ、ホイスト機器も同等以上の条件となります。また、設置される場所は海上や山頂などが多く、厳しい作業環境に耐え、作業効率の維持が求められます。キトーではこれらの厳しい要求に応えるため、荷鎖、ブレーキ、バケットなどに専用品に採用した風力専用モデルを設定し、ご提供しています。
    このようにナセルを取りつけるキトーのチェンブロックが使用される

    ネくステラ。エナジーは 216兆円社会インフラ予算と無関係


    途方もない利益が舞い込む

  • >>661


    上記のほか



    勝者総取り NY 地下鉄 カルフォルニア 新幹線


    高速道路網 みな マッテハンは キトー

  • 中国は 施工できない どこの国でもよい

    米国のマテハンは キトー

    「6G」攻防、韓中が先行 焦点は基地局・特許
    ネット・IT 中国・台湾 朝鮮半島 ヨーロッパ 北米 モバイル・5G
    2020/6/2 11:00
    2268文字
    [有料会員限定]

    6G時代には基地局が爆発的に増加する(ビルの上にあるアンテナ)
    高速通信規格「5G」の商用サービスが各地で本格化するなか、次世代の「6G」に向けた攻防が早くも始まった。2027年ごろとされる商用化を前に始まる規格づくりをにらみ、韓国サムスン電子、中国・華為技術(ファーウェイ)などが研究を始め、日本も総務省やNTTドコモが動き出した。6Gでは世界人口を超える基地局が必要とされ、基地局などの設備や特許を巡る競争が焦点だ。5Gまでは劣勢だった日本勢の戦略も問われる。
    ▼6G 第6世代の通信規格を指す。5Gは速度が従来の100倍なのに対し、6Gは電波に乗せる新方式を採用し使える帯域も増え、5Gの10倍以上の毎秒1テラ(テラは1兆)ビット以上の通信が想定される。基地局や携帯端末、関連する技術や特許が新しくなる。自動運転では特定地域でシステムが操作を主導する「レベル4」が導入しやすくなる。
     業界の工程表では、世界の各社がまず現状の5Gをベースに要素技術を発展させ、23年ごろから技術仕様の標準化の作業が始まる。どの周波数帯の電波を使うかの議論と並行し、特許や関連の装置・部品の開発が始まる。
    ■存在感薄い日本、巻き返し急ぐ


  • 総務省が4月に公表した6G時代をにらんだ総合的な戦略「ビヨンド5G」の基本計画で、野心的な目標が盛り込まれた。日本勢の基地局などインフラの世界シェアを現状の2%から30%、単独・企業連合などを含む関連特許のシェアは5.5%から10%を目指し、巻き返しを狙う。
    韓国と中国は素早く動き出している。韓国ではサムスンとLG電子が研究センターを設立。政府も9760億ウォン(約850億円)規模の開発事業を検討し、官民一体で世界初の商用化を目指す。中国政府は19年11月に関連の研究開発を発表し、ファーウェイも研究チームを立ち上げた。
    両国は自国に携帯端末や基地局、電子部品の世界大手の企業を抱える。これらの分野の強みを生かし、官民で6G標準化の主導権を握る構えだ。
    ■基地局、人口を上回る数に
    企業が熱い視線を送るのが基地局だ。6G時代に基地局は量、質とも激変し、設備の数と関連のサービスで優位に立てるかが重要となる。
    6Gは電波の届く距離が100~200メートルと限られる。早稲田大学の川西哲也教授は「人口の10倍の基地局が必要になる」と試算する。川西氏によると、国内で現在約60万とされ、6Gでは10億局、世界で最大1000億局になるという。
    従来の基地局は冷蔵庫ほどの大きさだが、波長が短い6Gではアンテナが小さくなり携帯電話の大きさで済む。照明、看板、乗用車なども基地局の機能を持ちそうだ。川西氏は「電力自由化のように、ローカル基地局の所有者が地域限定で独自の料金や速度で通信サービスを提供できるかもしれない」と話す。
    機能も増える。基地局がサーバーの機能を持ちデータを高速処理できる。人がいない場所でも高速通信が実現し、ビッグデータの収集も容易だ。企業は「賢い基地局」を押さえれば優位に立てる。
    基地局はエリクソン、ノキアの欧州勢が経営資源を絞り、その後躍進したファーウェイとあわせた3社で現状は約8割のシェアを握る。5Gでもこの構図が続く見込みだ。欧州はこの強みを生かし、標準化団体「3GPP」などと規格づくりを進める構えだ。
    米国もトランプ大統領が6Gに向けた意欲を示している。基地局の高度化をにらみ、高速データ処理に使う半導体に強いインテルなどを通じ、半導体分野で存在感を高める戦略とみられる。


  • ■「賢い基地局」から新サービス
    米IT(情報技術)大手も基地局を軸にした新サービスをにらむ。アマゾン・ドット・コムはクラウドサービス「アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)」でKDDIと協業した。ネットワーク上にAWSのサーバーや記憶装置を置き、基地局を通じより利用者に近い場所でデータ処理する「エッジコンピューティング」に備える。
    日本勢は通信会社が基地局などの整備構想を打ち出した。ドコモは衛星通信のほか、海中や山間部にまで基地局を設置し、あらゆる場所を通信エリアにする基本構想を掲げる。ドローンやロボットなどが通信する時代のサービス創出をにらむ。ソフトバンクグループは成層圏から無人飛行機で電波を飛ばす「HAPS」の構想を進める。
    ただ基地局インフラ自体は厳しい立場にある。旧電電ファミリーの富士通やNECはNTTの丸抱えで事業は国内中心で、「ガラパゴス」の象徴だ。「5Gで実績がない日本の機器メーカーが6Gで主導権を取れるかは疑問」(大手通信会社幹部)との指摘もある。
    ■日本勢、提携戦略に活路
    基地局に次ぐ焦点が特許だ。各社は通信が速くつながりやすくするための様々な特許を出願している。韓国、米国で先行し商用サービスが始まった5Gでは、サムスンが関連特許の約9%を握り海外勢が優位だ。

    6Gの関連技術を巡る攻防も始まっている。NTTは回線から端末までの通信を電気信号でなく光だけで行う「アイオン」の計画を掲げ、消費電力を100分の1にする目標を掲げる。半導体や通信技術の特許で存在感を示す狙いだ。
    日本は過去、通信規格でもガラパゴス化した。2G時代は「PDC」と呼ばれる独自技術を発展させたが、欧州の「GSM」中心の技術に敗れた。巻き返しを狙った3Gでは「iモード」などモバイルインターネットで先駆けたものの、スマートフォン移行で遅れた。
    企業は国連専門機関の国際電気通信連合(ITU)や「3GPP」など欧州中心の規格化の動きと合わせることも必要だ。日本勢には苦い経験を踏まえた提携戦略が問われる。
    (渡辺直樹

    社会インフラ:216兆円+6G 合計10年で 350兆円

  • SBGがようやく あめりか社会インフラ 10年間で350兆円に気が付いた

    ソフトバンク、IoTで道路補修支援の米企業に出資
    IoT 科学&新技術 BP速報
    2020/5/27 12:45
    539文字


    アイプローブの事業イメージ(出所:ソフトバンク)


    ソフトバンクは26日、道路インフラのメンテナンスを支援する米アイプローブに出資したと発表した。アイプローブは、コネクテッドカー(つながる車)に搭載した(あらゆるモノがネットにつながる)IoTセンサーで路面の損傷度合いなどの情報と位置情報を同時に取得し、メンテナンスの必要性を色で示すマップを作成するサービスを提供する。今後フィールドテストを実施し、2023年をめどに米国での実用化を目指す。

    アイプローブはパシフィックコンサルタンツ(東京・千代田)の子会社として19年に設立され、20年3月31日付でソフトバンクが24%、オリエンタルコンサルタンツグローバル(東京・新宿)が25%を出資し合弁会社となった。ソフトバンクがIoTに関するノウハウを、建設コンサルティングのパシフィックコンサルタンツとオリエンタルコンサルタンツグローバルが公共インフラに関するノウハウを提供してサービスを実現するとしている。

    米国では道路インフラの老朽化が進んでおり、コストを抑えながら点検・補修することが急務となっている。ソフトバンクは、「今後ニーズがあれば日本でも実用化を検討する予定」(同社広報)としている。

  • >>656

    3章:チェーンに使用される素材
     チェーンには様々な素材が使用されています。古くから使われてきたのは金や銀などの貴金属、そして鋼、ステンレス鋼などの鉄や真鍮、アルミなどの金属素材です。
     さらに、インテリア目的では、木材やプラスチックなども使われています。チェーンで使用されている主な素材の特徴は以下のようになります。

    原材料が鋼 日本では 高炉 呉 君津 室蘭 北九州市が廃炉、または

    休止 大幅な 原材料が低下、暖冬で車チェーンで減益だったが
    今期は 大幅な増益になる

  • ダイフク 世界 NO1マテハンといっても アメリカ市場 キトーNO1

    アメリカで NO1でなければ 内弁慶

    キトーも随分 IT化進んでいる BLACK BOX化

  • >>654

    ダイフク、強さの3本柱 デジタル化・多様な顧客・低い減価償却費 今期営業益1%増
    1090文字
    [有料会員限定]
    物流機器大手のダイフクが、「コロナ相場」の主役になろうとしている。3月中旬の直近安値からの株価上昇率は9割に迫り、時価総額は初めて1兆円の大台に乗った。5月27日には上場来高値を更新。2021年3月期の連結営業利益は前期比1%増を見込んでいる。強みは「3つのD」で読み解くことができる。

    増益見通しを出せたのは、豊富な受注残を抱えているからだ。今年3月末の受注残高は過去最大の3979億円。工場内などでモノを運ぶ搬送装置「マテリアルハンドリング」で売上高世界首位とされるダイフクには注文が続いている。
    受注獲得を支えるのが「デジタル化の波(Digital Shift)」と「多様な顧客基盤(Diversity)」の2つのDだ。企業の間で「新型コロナウイルスの感染を予防しながら事業を続けるには、人と人の接触を極力減らさなければならない」との考えも広がった。顧客にはインターネット通販業者のほか、半導体装置メーカーや自動車産業などを抱える。医療用品向けのニーズも高まっているという。
    ダイフクの収益力が高まったのはこの10年のことだ。損益分岐点比率が10年間で100%から76%へ24ポイント改善。売り上げ規模が3倍に増えるなかでも固定費の伸びを抑えてきた。とりわけ「減価償却費(Depreciation)」は売上高に対する比率が長く1%台にとどまる。これが3つ目のDだ。


  • ダイフクは減価償却負担につながる工場などの固定資産が少ない。売上高を有形固定資産で割った20年3月期の有形固定資産回転率は10回を超え、機械大手のファナック(約1回)や三菱電機(約6回)を大きく上回る。物流機器の主要部品は自社工場でつくるが、顧客の工場や物流施設にダイフクの技術者が出向いて装置を据え付ける。さらに、海外などでM&A(合併・買収)を繰り返すなかでも固定資産を大幅に増やさないようにしてきた。10年間で実施した14件は事業の一部譲り受けや、適時開示基準に満たない金額の小さな案件が大半だ。死角は、こうした小さなM&Aで広がった現場の管理だ。19年には中国子会社が手掛けた大型案件でスケジュールが遅れ、国内から派遣した技術者のコストが想定以上にかさんだ。幹部の交代も注視すべきだ。ダイフクの構造改革をけん引してきた田中章夫会長や、財務強化を支えた猪原幹夫最高財務責任者(CFO)が6月末に退任する。
    株式市場では「株価の上昇はまだ期待できる」(コモンズ投信の伊井哲朗社長)と強気の見方が出ている。期待に応えることができるか。引き続きトップを担う下代博社長による急成長のきしみのコントロールが焦点だ。
    バフェット コード で調べると 窓に6409入れ TURNすると POP UPする 売り上げは
    100分の1 営利は 10の1 アメリカの社会インフラ 216億円 6G高速通信を入れと
    施工予算 350兆円になる。 中国もコロナの影響受けず 今後の発展を考慮すると
    マテハンでの世界1も夢想でない 競業他社で ダイフクがNO1 で出ている

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • 迷える子羊へ

    野村リアルグロース・オープン

    【投資信託説明書(請求目論見書)】 (2020年1月25日

    野村リアルグロース・オープン 請求目論見書で検索

    30ページの26 1661円で投信組み入れ 1.1%

    チャンと株式知ってる投資家 北海原油の暴落時のノルウェイ―政府の
    換金投げ売りで狼狽しない

    キトーの場合は あまりにも お馬鹿さん

読み込みエラーが発生しました

再読み込み
JASRAC許諾番号:9008249113Y38200 写真:アフロ

(C)Yahoo Japan