ここから本文です

色々、海外筋の見解を見ると私のメインシナリオはG20でトランプ大統領と周主席は形だけの通商交渉を実施。習近平主席もアメリカの強引で不利な合意をして母国で「脅しに屈した腰抜け」と後ろ指さされたくないし、権力の弱体化は避けたい。それよりはトランプ大統領の任期の終わりを待ちたい。G20での合意決裂を受けてアメリカは第4弾の制裁発動。中国はレアアースの切り札を温存。いずれにしろ両国は体力勝負の持久戦に突入。周辺諸国、特にオージーはさらなる金融緩和を余儀なくされ、日本も中国にかかわる輸出企業は苦しくなる。新たな貿易戦争問題で世界的に景気減速。イラン問題も寸前に戦争は避けられてよかったが、トランプ氏の気まぐれに付き合わされる事になる。
来週はG20を控えて様子見。G20後は景色が変わるだろう。