IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

ドル円の今後、チャートを俯瞰していたらイメージがわいてきたので勝手に妄想してみた。
2016年9月27日に付けた上昇の起点となった安値100.056円から、2016年12月15日、最高値の118.675円までの大きな上昇波は、のちの相場を支配する、支配波となっていて、その後はこの幅の中でのレンジとなっている。
この天井から投げ縄のように投げられている波は、安値が更新されて波打ちながら下落してきている。そして下落幅は毎回拡大しており、今後2回ほど山を経験すれば100円近辺に到達するかもしれない。
現在(縄の先端にあたる)は、この度の高値更新失敗により頭が重くなっていて重力で落ちてきそうな雰囲気をもっている。そして、いずれ将来は、この支配波の中では経験したことのない104.553円以下に到達することになるだろう。それは近い将来に起こるかどうかは今のところはわからない。以上です。