IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
現在位置:

岡部理論

  • 478
  • 0
  • 2022/07/06 13:06
  • rss

掲示板のコメントはすべて投稿者の個人的な判断を表すものであり、
当社が投資の勧誘を目的としているものではありません。

  • 478(最新)

    okabe 7月6日 13:06

    米陸軍特殊部隊「デルタフォース」や、11年にアルカイダ指導者のウサマ・ビンラディンを射殺して注目を集めた米海軍特殊部隊「ネイビーシールズ」が潜入しているとみられる。

     さらには、世界最強の呼び声も高い英陸軍特殊空挺部隊「SAS」も現地に送り込まれているという。一説には、SAS隊員1人で1個中隊(200人)に相当する戦力を持つといわれる。まさに一騎当千の精鋭部隊だ

    水上、森脇、本田、宮川、 佐々木 健、ボー・タカハシ
    一騎当千 の 精鋭 リリーバー部隊 は、 辻 野球の 特徴 であり 象徴 と思う .

    試合中盤 に 投入され、 試合の主導権 を渡さず、平良・増田 へ 繋ぐ.
    点差に 余裕 あらば、 水上・平良・増田 を 休ませる仕事 も 受け持つ.
    ビハインド の 局面では、 流れを 呼び戻し 引き寄せ、攻撃陣の 反攻 を 待つ.
    延長戦 になれば なったで、今度は 平良・増田 の リリーフ に廻る.

  • ハラハラ ドキドキ ヒヤヒヤ・・・.
    粘る オリ を 最後 の 最後 に HR で 突き放した.

    SB に 負けて 小技 が どうたら、こうたら
    スポニチ に 訳知り顔に 書かれて、しゃくだった.

    中継ぎ陣 が 10回・11回・12回 と 続・勝利 の 方程式を 教示. 
    森脇君 本田君 宮川君 に 感謝.

  • これで6回まで無安打は5試合目。今季顕著な「投高打低」に拍車をかけている。破壊力はリーグ屈指ながら、快投を許す原因は何か。西武担当の神田佑記者(39)が分析した。

     怖さはあるが、いやらしさに欠ける。西武打線の2つの特徴が「もろ刃の剣」となっている。

     1つ目は「早打ち」。山川、森、中村ら強打者が居並び、チームでストライクゾーンに来た球を積極的に打つことを徹底。球に合わせることなく、強く振る意識が強い。この日の石川に対しては特にそうだった。辻監督は「きっちりコースに投げてくるようなピッチャーじゃない。アバウトに抑えるので、最初から甘い球を仕留める」と策を立て、追い込まれる前の勝負が指示されていた。ハマれば電光石火で得点が奪える。一方で、攻撃が淡泊になる傾向がある。無安打だった6回まで1イニング平均13球ペース。過去の無安打無得点も東浜には97球、オリックス・山本には102球で達成された。

     2つ目は「個々の勝負」に重きを置く点だ。「早めの勝負」と決めても、数人は粘り、小技を駆使する打者がいる。だが、西武の打者は個々の打力が持ち味。「打線」になりにくい。これが二面性となり、全打者が単調な打席になるもろさを持つ。この日は、昨年まで2年連続「スピードアップ賞」の石川のペースにハマった。2回には栗山が、構える前に投げ込まれ、審判に強い口調でアピール。辻監督らが間に入ってなだめる場面もあった。短い間合いで投げ込む投球間隔で、淡泊な攻撃が加速した。

     今季は2度のノーヒットノーランを含め、球団ワーストタイのシーズン3度目の1安打以下での敗戦。6回まで無安打は5度目となった。そう苦笑いした辻監督の現役時代は、バットを短く持って粘り強い打撃でチームに貢献した。役割分担がはっきりしていた黄金時代。3位からの浮上、優勝争いには「いやらしさ」が必要になる。

     ≪今季のゲーム1安打以下は球団ワーストタイ3度目≫西武は6回まで無安打に抑えられ1安打の零敗。チームが6回以上を無安打に抑えられるのは今季5度目になった。また、今季のゲーム1安打以下は、ノーヒットノーランを喫した5月11日ソフトバンク戦、6月18日オリックス戦に次ぎ3度目。西武で1安打以下の試合がシーズン3度は67年、7年に次ぐ3度目の球団ワーストタイで、1安打以下の零敗が3度は西鉄時代の67年以来55年ぶり。

  • 相手 に 準 ノー・ノー 投球 されたら、
    悔しい が、正直 勝ち目 は、 無かった.

    あまり 早く、首位 に立っても 必ず 集中攻撃 に 晒される.

    競馬 レース に 例えれば 、 今は、向こう正面 通過中 、
    優勝争い 佳境 は 4コーナー 回る頃 が 8月.
    直線コース 中ほど が 9月 .この頃 逃げ馬 、バテる.
    デッドヒート となる ゴール前 の 叩き合い が 10月 .

    リーグ戦 方式 だし 8月までは 試合毎に 、一喜一憂 しない.

  • ・相撲的 には、格上力士 を 土俵際まで よく追い込んだが、
     捨て身の技(中村 の)で 最後 うっちゃられた.

    ・Jリーグ的 には、 ロスタイムに 痛い 連続失点で 逆転負けを食らった.

    試合 の 進め方(戦術・戦法)は、 六分・四分 で 優っていた.
    リーグ戦方式 なのだから 一試合毎に 勝敗に、一喜一憂 しない.

  • 辻さん も ヤクルト時代 人差し指 骨折の経験者 .

    1996年 (38歳)キャンプから若手と同じメニューをこなすも、疲労などから 4月 試合前の練習で 右手人差し指 を骨折。復帰戦に 戦猛打賞を記録すると 以後は 安打量産。6月上旬には4割近い打率で、オールスターゲームにも出場。徐々に打率を下げたが 自己最高の.333を記録。
    (7厘差で アロンゾ・パウエルに及ばず、セ・パ両リーグでの首位打者を 逃した.)

  • 1986年入団3年目

    二塁手として全試合に出場し、初めてゴールデングラブ賞とベストナインに選出された。日本シリーズでは第1戦の7回に二盗と三盗を成功させ、シリーズ史上6人目となる1イニング2盗塁を達成

    1987年。読売ジャイアンツと戦った日本シリーズ第6戦では8回裏二死から安打で出塁し、続く秋山がセンター前ヒットを放つと捕球したウォーレン・クロマティの緩慢な返球と、中継に入った川相昌弘が打者秋山・走者辻の二塁進塁を警戒して三塁側が死角になったことに乗じて、辻は一気に一塁から生還して駄目押しのホームを踏んだ。優勝目前の9回表二死の場面ではタイムをかけ、泣いていた一塁手の清原和博を慰めている。

    1988年は、前任の石毛に代わって西武の選手会長に任命され、同年から7年連続して二塁手でゴールデングラブ賞を受賞し、1990年まで3年間連続で全試合出場を果たした。

    1990年の日本シリーズでは、第1戦から3試合連続で一番打者としての第1打席に安打で出塁し、いずれも得点に結びついて、4連勝での日本一に大きく貢献、優秀選手賞を獲得。

    1992年の日本シリーズ最終戦では、7回裏一死満塁の一打出ればヤクルトスワローズが勝ち越す場面で杉浦享の放った強烈なゴロを捕り本塁で広沢克己を補殺し、大ピンチを救うプレーで日本一に貢献した。

    若返りを図るチーム事情から戦力外通告を受けた。本人の意思を全く確認せずに二軍守備走塁コーチ就任を打診された経緯もあり、現役続行を希望して自由契約となった。


    ヤクルト時代
    1996年はキャンプから若手と同じメニューをこなし、オープン戦にも2月25日の初戦から出場した。が、疲労などから 更に4月7日には対横浜戦の試合前の練習で右手人差し指を骨折してしまった。復帰した5月10日 猛打賞を記録すると以後は安打を量産する。6月上旬には4割近い打率で、オールスターゲームにも出場した。後半戦の規定打席到達後は徐々に打率を下げてしまったが自己最高の.333を記録した。しかし、7厘差でアロンゾ・パウエルに及ばず、セ・パ両リーグでの首位打者にはならなかった。

    1997年を連ねていたものの、体力の衰えもあり下降線をたどり、スタメンでの出場機会が減った夏場以降は代打なども経験しつつ稲葉篤紀に打撃理論、宮本慎也に守備を助言するなど若手選手をサポートする役割も担った。

  • 西武は2点を追う3回表、川越の適時二塁打で同点とする。その後は4回に山川のソロで勝ち越しに成功すると、6回には川越のソロが飛び出し、貴重な追加点を挙げた。投げては、先発・高橋光成が5回2失点で今季6勝目。敗れた楽天は、最終回に一打逆転の好機をつくるも、あと1本が出なかった。

    西武 4 安6
    楽天 3 安10


    西武 髙橋光成、本田、水上、平良、増田 - 森
    楽天 田中将、宋家豪、西口、酒居 - 太田、田中貴

  • 試合運び
    体調管理
    FOR THE TEAM の 精神
    若手の切磋琢磨
    ベテランの貢献
    外人選手のやる気度

    選手の成長や心境の変化
    親心じゃないけど、監督なんか見ていればいい」と特に言葉をかけず。気持ちを入れ直してプレーする姿は認めており「今までの森友哉じゃない」と評価する。

  • 打撃力 で 相手を 圧倒した シンプル な 野球 スタイル から 、
    いつのまにか、気が 付いたら 堅守速攻 型 の チーム に 変身 してる.

    先発 投手力 と 守備力 で 試合 の 主導権 を 引き寄せて置いて、
    好機は 少ない ながら 集中打 で 得点 、 中継ぎ陣 は 流れ 渡さず 、
    難攻不落 の 7回・8回・9回 へと 順 に 繋いで 行く 野球

    日本シリーズ を 目指す 辻さんの戦略 が ようやく 形を 見せ始めた.
    シリーズ に 勝つ には、やはり  理詰め の 野球 が 必要.
    広岡 野村 落合 3傑 監督 の 野球を 学んだ 辻さん型 の
    野球 に期待したい.

  • 辻さんの 現役時代、かつての チームメート だった 東尾、 伊東、
    渡辺、秋山、工藤、高津 の 諸氏 は 皆、監督としても 日本シリーズ を
    制覇した.

    広岡 、野村、 落合 、 理論派 3傑 監督 の 元で 理詰め の 野球 を
    学んだ 辻さん 、 手塩にかけた 今のチーム で ようやく、手応え を
    感じ始めた様子.

  • 個人記録も さることながら 、プロ野球人 とっては、
    リーグ優勝 と 日本シリーズ 進出 が 最大の栄誉.

    広岡 、野村、 落合 、理論派 3傑 監督 の 元で 理詰め の野球 を
    学んだ 辻さん.
    手塩にかけた 今のチームに ようやく、手応え を 感じ始めた様子.

    辻さんの 現役時代、かつての チームメート だった 東尾、 伊東、 渡辺、
    秋山、工藤、高津 の 諸氏 は 皆、日本シリーズ を制覇した.

  • 7回 の1イニング を 任せられる
    水上君 成長 の姿 に 感心 .
    中継ぎ → 先発 へと 順に 前への 心理的相乗 効果 大きい .

  • 辻さんは 、攻撃力 で 相手を 圧倒する 戦法 から 3年 かけ 、
    相手に 試合の主導権 を 渡さずに 、試合 を 進め、 試合を 
    支配 して 行く 戦い方 へ 転換 を 進めて来た.

    日本シリーズ を 目指す 辻さんの戦略 が ようやく 形を 見せ始めた.
    シリーズ に 勝つ には、やはり  理詰め の 野球 が 必要.
    広岡 野村 落合 3傑 監督 の 野球を 学んだ 辻さん型 の
    野球 に期待したい.

  • パ・リーグ 西武4―3楽天 ( 2022年6月24日 楽天生命パーク )

    スポニチ
     西武は24日の楽天戦に4―3で勝利し、再び勝率5割に復帰。辻監督は試合後、攻守に躍動した川越誠司外野手について「今日はあいつの活躍に助けられた」と称えた。
    【辻監督と一問一答】

     ――最後は逃げ切った?
     「勝ちは勝ちよ」

     ――今年は6回までリードしていたら逃げ切れる?

     「いや、何があるか分からんよ本当に。一番最後、苦しいところだけどね、増田もね。本当にあそこで辰己に投げたインコースの1球、そこに投げきれるかどうかが問題だからね。あれが一番大きかったと思うよ」

     ――川越は?

     「川越はずっといいからあそこで使っているわけだから、あいつは自分の中でこうやって行こうと言うことでね、去年はブンブン振っていたのが、やっぱり追い込まれたらコンパクトに打つということに、心掛けて、選球眼も非常に良くなってきたしね。その中で結果が出ているからね。本当に今日はあいつの活躍は3打点は大きかったね。(送球も良かった?)もう本当にチームを助けたよね」

     ――山川は勝ち越しの本塁打?

     「確かに、大きなホームランですよ。その後のもう1点取れればね、あそこね取れれば良かったけど、向こうも必死だから。何よりも熊代があそこでゲッツーを取ったのが、あのプレーは素晴らしかったですね。迷いながら山川をどうしようかと思ったけども、こっちはもう、平良と増田を使うと腹をくくったからね。この2人で負けたらしょうがない。そう考えたから、あれこれ、同点に追いつかれたらとか考えたくない。勝負に出た。熊代は素晴らしかった」

     ――高橋は苦しんだ?

     「あの大ピンチであれだけの球が投げられるんんだから。(3回は)点をとった後に先頭に四球だった。もうちょっと試合の流れを読んで、ギアを入れる時は、入れられるんだから。そこはきっちりと。ここまで投げているんだから。光成にはそこはしっかりしてもらわないと。野手も必死でとりにいっているわけだから。とった後抑えれば、流れはこっちに置いておける。そこは試合の流れをしっかり考えて、次からも投球してほしい」

     ――昨年苦手の仙台で。

     「チーム変わってるもん。必死だから。こういう試合をやったらね。3連戦の初戦だし、初戦に勝てたことは大きい。あしたが大事になってくる」

  • 今の 戦い方 の 方が、 数年前 の 山賊戦法より、 往年の 辻さん の
    プレースタイル や 中日2軍 監督時代の 采配傾向 と 合致してる.

    先日も 好投 が続く理由を 尋ねられて、

    「何だろうね。何だろう? 分からん」と 記者を 煙 に 巻いたね.
    辻さんの 談話には 一種の ミスティ さ (韜晦 とうかい)の 趣味が
    しばしば 現れる.

    簡単に云えば 自己の 戦略・戦術(自分の正体)を 知られたくないのだし
    煙幕を 張って 、 ぼかしてしまって 痕跡を消してしまい、 “謎として残す
    やり方 だね.

    同年齢 の G監督が ペラペラ のたまうのと 比較すれば 分かる.

  • 百戦錬磨 の 辻 さん からすれば、この先、夏場 ~ 秋口 の 延長戦 さえも
    含む 激しい 戦いを 見通すと、終盤 7回・8回・9回 に ついては、水上・
    平良・増田 の 三傑火消し に 替わる 勝利 の 予備方程式 も そろそろ
    準備に かかりたかったはず.

    きのう~ 今日 と 先発 が 7回まで 投げてくれた 恩恵も 有り、リリーフ陣 に
    少し 余裕が 生まれ、8回 本田君 ・9回 森脇君 と 思い切って 投入 した 辻 さん の 期待に 見事に 応えてくれた.二人 の 自信にもなるし いい ムード.

  • かつては、各球団ともに先発投手の力に頼っていた。先発完投がすべてであり、救援投手はクローザーをのぞいて、ほぼ先発投手の勝敗が決した後の、代わりに投げる投手という位置づけだった。それがセットアッパー(主に八回に投げる投手)、七回に投げる投手と、「勝利の方程式」と呼ばれる救援陣が形成され、今では、高津監督は救援投手もローテーション制を敷き、守護神マクガフが休んだときの「第2、第3の勝利の方程式」まで計算している。

     こうなると、先発投手は思い切って飛ばせる。長いイニングを投げることを託されると、どうしてもペース配分を考えるが、最初から飛ばしていける。さらに、今の野球は打者が初球から打っていくのが当たり前になった。こうなると、ヤクルト・石川雅規のようなストライクゾーンを広く使うベテラン、しかも技巧派が生きる状況が整う。チーム作りは生き物だし、就任当初から狙ってできるものではないが、高津監督のマネジメントはいい方向に回っている。

    東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

    ※週刊朝日  2022年7月1日号

  • 解離性障害は、自分が自分であるという感覚が失われている状態です。そんな中で、自分の中にいくつもの人格が現れるのが、解離性同一性障害(多重人格障害)です。

    解離とはどういう状態か
    私たちは、自分の思考や記憶や感覚が自分のものであるという確信を抱いて暮らしています(自己同一性)。解離性障害の「解離」というのは、この感覚が崩れた状態です。

    たとえば、過去の記憶や自分自身の考え、あるいは感情、行動の一部が、自分の意識から勝手に切り離された状態です。その結果、日常生活に支障がでてくるようになると、解離性障害ということになります。

    正常な解離というのもある
    公園の砂場で夢中になって遊んでいる子どもがいます。お母さんが「さあ、帰りましょう」と声をかけても子どもは振り向きもしません。

    このとき、この子どもは解離状態にある、といっていいでしょう。スマホでゲームに熱中しているうちに、電車を乗り過ごした、というのも解離状態です。

    このように、解離というのは、日常生活のなかでしばしば発生します。

    解離することで防御する
    日常生活で時折発生する解離状態は別段問題ではありませんが、強いストレスが引き金になって発生する解離は、危機に陥った時に苦痛を最小限に抑えるために体に備わった防御機能(能力)の一つだとされています。

    ただし、この能力が過剰に働き、日常生活に支障をきたしてしまうようになると、解離性障害という病名で呼ばれることになります。

  • 基本的人格と主人格
    複数の人格は、基本的人格と主人格に分類することができます。

    基本的人格というのは、生まれつきもっているオリジナル人格です。これに対して、主人格はある時期において身体を支配している人格です。オリジナルの人格ではなく、成長後に分離した人格ということで二次的人格と表現されることもあります。

    患者によっては、基本人格が長期間休眠状態で、あらわれても短時間で、多くの時間は二次的人格が支配しています。この場合、二次的人格が主人格ということになります。

    ですから、最初の受診の際にあらわれた人格が、実は基本人格ではなく二次的人格だったというケースも珍しくありません。

    ストレスが引き金になって人格交代
    人格交代は、何らかの情緒的ストレスが引き金になって発生します。それは意識的に、時には自然発生的に別の人格へスイッチがはいります。

    たとえば、人格交代のスイッチがはいると、一瞬、うつろな状態になり、一種のトランス状態になり、時には演技かと思えるように意識消失発作があらわれます。意識消失と言うのは、首の後屈や失立(立つことができない状態)、強直けいれん発作、叫びなどの症状です。

    中には、数分間に10人近くの人格交代がおこることもあります。これは、人格間のバランスが崩れて、それぞれの人格が我先に支配権を握ろうとする状態で、「ポップアップ」と呼ばれる状態です。

読み込みエラーが発生しました

再読み込み
JASRAC許諾番号:9008249113Y38200 写真:アフロ

(C)Yahoo Japan