カードローンカタログ カードローン比較におすすめ

SMBCモビットが使えるATMはどこにある? 借入れ・返済方法も解説

SMBCモビットが使えるATMはどこにある? 借入れ・返済方法も解説

さまざまな借入れ・返済方法が用意されているSMBCモビット。利便性の高いATMの利用を考えているものの、身近な場所にあるのか、どのように利用するのかなど、さまざまな疑問を抱えている人も多いのではないでしょうか。
本記事では、SMBCモビットが提携しているATMの場所や利用方法、利用する際の注意点などを解説します。手続きを急いでいる人は、ぜひ参考にしてください。

CFP認定者・1級FP技能士/Paradise Wave代表

監修者飯田道子外部サイト

金融機関勤務を経てFP資格を取得。現在は独立系FPとして各種相談業務・セミナー講師・執筆活動を行っている。さらに、海外生活ジャーナリストとして移住支援も行っており、得意ジャンルは金融にとどまらず多岐に渡る。

元銀行員/mybest 金融サービス情報コンテンツ担当

制作者大島凱斗

元銀行員として、法人顧客の経営支援・融資商品の提案、個人顧客の資産運用相談業務を担当。現在は日本最大級の商品比較サービスmybestにて金融・サービス商材の情報提供コンテンツを統括している。

当サイト内の記事内容はユーザー視点で公正に作成されております。詳しくは掲載方針・ポリシーをご覧ください。

SMBCモビットは全国の提携ATMで利用できる

SMBCモビットの提携ATMは全国に設置されているため、気軽に利用できるのがメリット。ここでは、SMBCモビットの提携ATMがある場所や特徴を詳しく解説します。

提携ATMの数は約12万台! 銀行からコンビニまで幅広く展開

提携ATMの数は約12万台! 銀行からコンビニまで幅広く展開

出典元:Getty Images

SMBCモビットに自社のATMはありませんが、全国に約12万台の提携ATMを展開しています(2022年4月現在)。三井住友銀行や三菱UFJなどの銀行ATMはもちろん、セブン銀行といったコンビニATM、駅にあるVIEW ALTTEも提携ATMです。

提携ATMの営業時間は設置されている店舗によって異なるので、各社の公式サイトは一度確認しておきましょう。

<主な提携コンビニATM>

  • セブン銀行
  • ローソン銀行
  • E-net(イーネット)

<コンビニ・銀行以外の主な提携ATM>

  • プロミス

※その他日本全国の提携銀行ATMでも利用可能

三井住友銀行ATMなら手数料が無料

三井住友銀行ATMなら手数料が無料

出典元:Getty Images

三井住友銀行ATMであれば、手数料無料で利用できます。三井住友銀行ATM以外のATMを利用する場合は、取引金額1万円以下で110円、1万円超で220円の手数料がかかることは覚えておきましょう。

借入れや返済のコストをできるだけ抑えたい場合は、三井住友銀行ATMを利用するのがおすすめです。

CFP認定者・1級FP技能士/Paradise Wave代表

飯田道子

SMBCモビットは、三井住友カードが提供するカードローンブランドです。そのため、三井住友銀行のATMを利用した借入れ・返済は、何回利用しても手数料は無料です。ほかの金融機関やコンビニのATMでも取引は可能なものの、110円もしくは220円の手数料がかかってしまいます。できるだけ手数料を抑えたいなら、三井住友銀行のATMを利用するのがよいでしょう。

SMBCモビットの提携ATMで借入れする方法

SMBCモビットの提携ATMで借入れする方法

出典元:Getty Images

まず、ATMの画面から「その他のお取り引き」を選択し、「クレジットカード」を選択してからカードを挿入しましょう。次に「お借入れ」を選択し、暗証番号を入力します。最後に希望する借入金額を入力して、出てきた紙幣を受け取れば取引完了。

上記は、三井住友銀行ATMでの借入方法であり、ほかのATMとはボタンの名称などが異なる場合があります。とはいえ、基本的には同様の操作で借入れは可能でしょう。

SMBCモビットの提携ATMで返済する方法

SMBCモビットの提携ATMで返済する方法

出典元:Getty Images

まず、ATMの画面から「その他のお取り引き」を選択し、「クレジットカード」を選択してからカードを入れましょう。次に「ご返済」を選択し、暗証番号を入力します。入金金額を入力して確認ボタンを押下。最後に紙幣を投入し、金額を確認したあとに確認ボタンを押せば取引完了です。

三井住友銀行ATMを例に解説していますが、そのほかのATMでも同じような操作で返済できます。

提携ATMでは毎月決まっている支払日の前でも返済できるため、お金に余裕ができたタイミングがあれば積極的に利用するのがよいですよ。口座振替の契約をしている場合も、提携ATMで追加返済を行えます

提携ATMの利用時に注意すべきポイント

ここからは、提携ATMの利用時に注意するポイントを解説します。それぞれの対策も紹介しているので、参考にしてみてください。

提携ATMによっては明細書と領収書が後日郵送される

提携ATMによっては明細書と領収書が後日郵送される

出典元:Getty Images

ゆうちょ銀行や一部の地方銀行などの提携ATMを利用した場合、明細書と領収書が後日自宅に郵送されることがあります。SMBCモビットの利用を家族に知られたくない場合などは、明細書や領収書がその場で発行される提携ATMを利用しましょう。郵送で届くのか、その場で発行されるのかは、SMBCモビットの公式サイト(外部サイト)で確認できます。

なお、会員専用サービスMyモビで「領収書・ご利用明細書のお取り扱い」をネット受取に変更すれば、明細書と領収書が自宅に届くことはありません。後日郵送の提携ATMを使う場合でも、事前に設定を変更しておけば安心して利用できます。

1,000円単位で借入れ・返済できるかどうかは提携ATM次第

1,000円単位で借入れ・返済できるかどうかは提携ATM次第

出典元:Getty Images

提携ATMによって、1,000円単位や1万円単位など取り扱い単位が異なる点にも注意しておきましょう。1,000円未満の端数を返済したい場合は、硬貨の取り扱いがある提携ATMを探す必要があります。

少ない単位の返済をしたい場合は、後述するMyモビ内のインターネット返済サービスや銀行振込の利用がおすすめです。

提携ATMの対応時間外は別の方法で返済が必要

提携ATMの対応時間外は別の方法で返済が必要

出典元:Getty Images

提携ATMの対応時間外に返済を急ぐ場合などは、別の方法で手続きを行う必要があります。提携ATM以外では、銀行振込やMyモビ内のインターネット返済サービス、Tポイント返済サービスでの返済が可能です。

三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行いずれかの銀行口座を持っている人は、返済方法を口座振替にしておくのもおすすめ。口座振替の場合、返済日に自動でお金が引き落とされるため、提携ATMの営業時間を気にする必要がなくなります。返済方法の変更は、Myモビから手続き可能です。

メンテナンス中は利用できない

メンテナンス中は利用できない

出典元:Getty Images

ATMのシステムメンテナンスがあると、予期せぬタイミングで借入れ・返済を行えなくなってしまうので注意。SMBCモビットのメンテナンスなら事前の通知で把握できていることも多いですが、利用するATMのメンテナンスをしっかり把握するのは難しいでしょう。急いでいるときこそ、問題なく手続きを進められそうか、公式サイトをチェックするなどすると安心です。

また、年末年始や連休だと普段と営業時間が異なるケースもあるので、同様に注意してください。

SMBCモビット公式アプリならカードなしでも取引可能

SMBCモビットはカードをもっていなくても借入れや返済が可能です。ここではSMBCモビットの便利な取引方法について、詳しく解説していきます。

セブン銀行・ローソン銀行の「スマホATM取引」で借入れ・返済

セブン銀行・ローソン銀行の「スマホATM取引」で借入れ・返済

出典元:Getty Images

SMBCモビットの公式スマホアプリを利用すれば、セブン銀行やローソン銀行のATMからカードなしで借入れや返済が可能です。一度アプリをダウンロードしてしまえば、カードを持ち歩く必要がないので、カード管理が苦手な人にもおすすめ。

スマホATM取引は、ATMのメンテナンス時間以外であれば原則24時間利用できますが、曜日や時間帯によってはATMが使えない場合もあることも覚えておきましょう。

ATMなしで借入れできる振込キャッシング

ATMなしで借入れできる振込キャッシング

出典元:Getty Images

SMBCモビットの振込キャッシングを利用すれば、わざわざATMに行かなくても借入れができます。振込キャッシングとは、自分の口座にSMBCモビットが振込みをしてくれるサービスのこと。

Myモビやアプリなどで、24時間いつでも振込みを依頼できます。カードを使う必要がないうえ、手数料無料で利用できるのも振込キャッシングのメリットです。

振込キャッシングの利用には口座登録が必要なので、事前に手続きを済ませておきましょう。指定した金融機関によって、振込完了時間が異なる点にも注意が必要です。

SMBCモビットのカードローンをさらに知りたい人はチェック

以下のページでは、SMBCモビットのカードローンについて、金利や借入れまでの最短時間、利用者のクチコミなどさまざまな情報を掲載しています。

利用できるコンビニエンスストアのATMについても詳しく紹介しているので、借入れの際の参考にしてみてください。

カードローンを比較検討するならランキングを参考に

別のカードローンの利用を検討している人は、以下のページをチェックしましょう。各金融機関のカードローンをランキング形式で紹介しています。特徴ごとに絞り込む機能もあるので、借入先を比較検討する際にご参考ください。

自分にぴったりのカードローンを探す

提供元:mybest

※本記事に掲載されている情報は2022年12月07日時点のものです。お申込みの際は各社公式サイトに記載の最新の情報を必ずご確認ください。
※本記事の情報は、各ローン会社の提供する個別の商品の内容等を保証するものではありません。また、情報の正確性等についても、これを保証するものではありません。本記事の情報を基に被った一切の損害について、LINEヤフー株式会社は一切の責任を負いません。本記事の情報を営業等に利用すること、第三者への提供目的等で利用すること等を固く禁止します。
※2022年4月の改正民法の施行により、成年年齢が18歳に引き下げられており、記事中における成年・未成年の対象についても変更が生じております。利用条件など各社の求める申込み資格の変更については、事業者ごとに判断が分かれておりますので、お申込みの際は各社の申込みページに記載の最新の情報を必ずご確認ください。

記事一覧を見る
不安や疑問を解決します 初心者向けカードローンを解説 詳しくはこちら