IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東証PRM

(株)チノー

1,655
  • リアルタイム株価

基本情報

権利確定月3月末日
単元株数100株
優待のポイント毎年3月末に200株以上保有の株主様に、保有株式数に応じてポイントを贈呈、Webサイト「チノー・プレミアム優待倶楽部」において4,000種類以上の商品からポイントに応じて交換していただけます。
優待の種類飲食料品、日用品・家電、その他

株主優待の内容

株主優待ポイント

「チノー・プレミアム優待倶楽部」において、株主様の保有株式数に応じて優待ポイントを贈呈(1ポイント≒1円)。ポイントは食品、電化製品、および公益法人等への寄付などに交換可能。
また、他のプレミアム優待倶楽部導入企業の優待ポイントと合算可能な共通株主優待コイン『WILLsCoin』にも交換可能。

300株以上4,000ポイント
400株以上8,000ポイント
500株以上15,000ポイント
600株以上20,000ポイント
700株以上25,000ポイント
1,000株以上30,000ポイント
2,000株以上35,000ポイント
5,000株以上40,000ポイント

※株主優待ポイントは次年度へ繰越可(1回のみ)。
※ポイントを繰越す場合、翌年3月末現在の株主名簿に同一の株主番号で連続2回記載されていること及び300株以上の保有が条件となる。

株主優待ポイント

投資金額

株価購入枚数投資金額
1,655300株496,500円
500株827,500円
700株1,158,500円
5000株8,275,000円

※投資金額には、株式購入時に必要となる証券会社の売買手数料などは含んでおりません。

優待と配当金

300株500株700株5,000株
優待(3月末株主優待ポイント
4,000ポイント
株主優待ポイント
15,000ポイント
株主優待ポイント
25,000ポイント
株主優待ポイント
40,000ポイント
配当金(年間)13,800円23,000円32,200円230,000円

※1株当たり配当金:46円
※2022年3月期の配当実績をもとにしています。

企業からのコメント

代表取締役 社長執行役員 豊田 三喜男

計測・制御・監視技術の限界に挑戦し、産業の発展に貢献

代表取締役 社長執行役員
豊田 三喜男

 1936年創立のチノーは、温度を中心とした「計測・制御・監視」の技術を通して、様々な産業分野の発展に貢献しています。産業界において、温度は、絶対的な正確性が求められる重要な指標です。当社は、「温度のチノー」と評され、世界標準の温度センサや国内トップの放射温度計をはじめとして、計測制御機器の開発・製造・販売からソリューションの提供まで展開しています。当社が誇る温度ループソリューションは、「計測・制御・監視」の3つのプロセスをシームレスに連携させ、お客様に最適な温度管理システムを提供しています。さらにアメリカや中国、韓国、インド、タイにグループ会社を設置してグローバルに事業を展開し、世界各国のお客様から厚い信頼をいただいています。
 売上の上位を占める領域は、電子部品や半導体、自動車・航空機関連分野ですが、その他にも鉄鋼・金属、エネルギー、医療・医薬、食品、農業など様々な現場で温度の管理が求められ、当社の温度管理ソリューションは高い存在感を発揮しています。

中期経営計画2026を遂行

 当社は、「計測・制御・監視技術の限界に挑戦し、産業の発展とより良い明日の社会の実現に貢献する」ことを企業理念としています。現在当社は、2021年度を初年度とする中期経営計画(2021~2026年度)のもと、脱炭素社会実現への貢献をはじめとした「サステナビリティ経営」を推進するとともに、基本戦略として①成長分野のさらなる開拓・拡大、②コア事業の高度化と価値創造、③海外事業の基盤強化と拡大、④経営基盤の強靱化に取り組んでいます。企業理念に基づきながら、社会・企業における大きな変化の先を見据え、持続的な成長軌道の構築と中長期的な企業価値の向上を目指してまいります。

中期経営計画2026を遂行

脱炭素社会づくりの貢献に向けた取り組み

 より良い明日の社会の実現に向けて、当社は、脱炭素社会づくりへの貢献に力を入れています。当社は以前から水素社会の到来を想定し、水素サプライチェーンの構築において、各種評価試験装置、センシング技術を提供していますが、昨今の脱炭素に向けたエネルギー分野における投資の活発化を背景に、水素関連分野の需要増加を積極的に取り込むべく、水素の生成、輸送・保管およびエネルギー利用における温度管理等に関係する事業をさらに強化してまいります。

脱炭素社会づくりの貢献に向けた取り組み

新たに株主優待制度を導入し株主還元を拡充

 当社は、剰余金の配当について、将来の事業展開に必要な内部留保を確保しつつ、株主の皆様への利益還元を最も重要な経営課題のひとつと考え、安定的かつ継続的に適正配当を行うことを基本方針としています。内部留保資金は、将来の企業価値を高める投資資金として有効活用することにより、1株当たり利益とROEの向上に努めてまいります。また、機動的な資本政策の遂行を可能とするため自己株式の取得も検討します。
 さらに、株主の皆様の日頃からのご支援に感謝するとともに、当社株式への投資魅力を一層向上させ、中長期的にご保有いただける株主様の増加を目指して株主優待制度を導入しました。毎年3月末に300株以上保有の株主様を対象とさせていただきます。

お金の無料診断・セミナー開催中

企業説明(外部サイト)

(株)チノー

株式会社チノーは、「計測・制御・監視」の領域において様々な産業分野の発展に貢献しています。「温度のチノー」として高い技術力を有し、各種機器・センサから収録監視パッケージソフトウェアに至るまで、多種多様な計測・制御・監視機器と装置・計装システム、ならびに卓越した温度ソリューションの提供により、顧客の生産性向上を実現しています。

(株)チノーホームページ
大和インベスター・リレーションズ
株主優待の情報は大和インベスター・リレーションズから提供されています。