IDでもっと便利に新規取得

ログイン

(株)淀川製鋼所

2,468
5451鉄鋼
  • リアルタイム株価

基本情報

権利確定月3月末日・9月末日
単元株数100株
優待のポイント日頃からのご支援に対する感謝の気持ちとして株主優待制度を実施しています。カタログギフトの増額など、優待内容の拡充を図っています。
優待の種類飲食料品、日用品・家電、その他

株主優待の内容

<3月末日>

カタログギフト(食品、防災グッズ、社会貢献活動への寄付等)

100株以上継続保有 3年未満:2,000円相当   3年以上:4,000円相当
300株以上継続保有 3年未満:3,000円相当   3年以上:6,000円相当
500株以上継続保有 3年未満:4,000円相当   3年以上:8,000円相当

※3年以上継続保有: 毎年3月31日現在の自社株主名簿に記載または記録され、3月31日および9月30日現在の自社株主名簿に、同一株主番号で、7回以上連続で記載または記録された株主様。
※社会貢献活動の一環として申込期限までにお申込みされなかった株主様の上記優待相当金額については、カタログに記載の社会貢献活動へ寄付する。

カタログギフト(食品、防災グッズ、社会貢献活動への寄付等)

<3月末日・9月末日>
ヨドコウ迎賓館株主様入館券

100株以上1枚

※1枚につき最大4名まで利用可。

投資金額

株価購入枚数投資金額
2,468100株246,800円
300株740,400円
500株1,234,000円
------

※投資金額には、株式購入時に必要となる証券会社の売買手数料などは含んでおりません。

優待と配当金

100株300株500株
優待(3月末ヨドコウ迎賓館入館券

【継続保有3年未満】
カタログギフト
2,000円相当
【継続保有3年以上】
カタログギフト
4,000円相当
ヨドコウ迎賓館入館券

【継続保有3年未満】
カタログギフト
3,000円相当
【継続保有3年以上】
カタログギフト
6,000円相当
ヨドコウ迎賓館入館券

【継続保有3年未満】
カタログギフト
4,000円相当
【継続保有3年以上】
カタログギフト
8,000円相当
優待(9月末ヨドコウ迎賓館入館券ヨドコウ迎賓館入館券ヨドコウ迎賓館入館券
配当金(年間)7,500円22,500円37,500円

※1株あたり配当金:75円
※2021年3月期の配当実績をもとにしています。

企業からのコメント

代表取締役社長 二田 哲
代表取締役社長
二田 哲

 淀川製鋼所は1935年に創業し、以来、鉄鋼メーカーとして各種製品を社会に供給し、人々の生活向上に貢献してまいりました。コアビジネスである鋼板関連事業では、高炉メーカーから購入した熱延コイルを原材料として、冷延鋼板をはじめ、めっき鋼板、カラー鋼板、ガルバリウム鋼板などを提供し、建築分野や家電製品・住宅設備機器など幅広い産業分野で使用されています。また、建材・エクステリア部門では、鋼板から一貫生産される成型加工技術と全国を網羅する販売・サービス網によって、暮らしや社会に息づく、さまざまな商品を提供しています。
 CMでもおなじみの「ヨド物置」は、この分野において国内で高シェアを維持し、おかげさまで2020年には販売以来50周年を迎えることができました。今後も当社グループは、「安全・安心・環境・景観」を事業キーワードに掲げ、大手高炉系に属さない独立系の強みを活かしつつ、地域密着、顧客密着で独自性を発揮して、それぞれの分野で特徴ある商品を提供してまいります。

「淀川製鋼グループ中期経営計画2022」を遂行

 当社グループは、2025 年の創立90 周年に向けて、さらには100 年企業への発展を見据えて、長期ビジョン「桜(SAKURA)100」を推進しています。当社のシンボルマークである桜のように、新たな領域に挑戦する心と変化に順応する機動力を持って、持続的な成長を目指しています。
 長期ビジョン達成に向けた助走期間として、現在当社グループは、「淀川製鋼グループ中期経営計画2022」(2020年度~2022年度)に取り組んでいます。当社の強みである機動力を活かし、収益構造の強靭化を図るとともに、強固な財務体質を維持しながら、既存事業における競争力強化と新しい事業領域開拓の双方に注力し、新たな分野への挑戦を進めてまいります。加えて、基幹生産設備・情報システムといった事業インフラへの積極的投資や、次世代を担う人材の育成と組織力の強化、持続可能な開発目標(SDGs)への貢献を推進し、強固な経営基盤を構築してまいります。これらの施策によって、最終年度にあたる2022年度の連結経常利益90億円以上の計上を目指してまいります。また本計画において、配当方針として、年間1株当たり配当金50円以上を維持したうえで、連結配当性向30~50%を目途に実施することとして、積極的な利益還元に努めてまいります。

「淀川製鋼グループ中期経営計画2022」を遂行

長居球技場が「ヨドコウ桜スタジアム」に!

 当社は、2021年4月から5年契約でセレッソ大阪と「長居球技場ネーミングライツを含む包括的パートナーシップ」を契約し、大阪市立長居球技場(大阪市東住吉区)の名を「ヨドコウ桜スタジアム」と命名しました。長居球技場改修において屋根工事を担当したことを契機に実現したもので、セレッソ大阪も当社も同じ「桜」をシンボルにしているというご縁もありました。2021年シーズンよりセレッソ大阪の「トップパートナー」となり、コロナ禍でスポーツやレジャーを楽しみにくい時期ではありますが、セレッソ大阪と連携して、地域活性・地域貢献につながるさまざまな活動を展開するとともに、ヨドコウの認知度・ブランド力を高めてまいります。

長居球技場が「ヨドコウ桜スタジアム」に!
 あなたにオススメの1枚は?アメックスタイプ診断
VIP倶楽部

企業説明(外部サイト)

(株)淀川製鋼所

株式会社淀川製鋼所は、独立系の鉄鋼メーカーであり、表面処理鋼板事業を主体として業界をリードしています。「安全・安心・環境・景観」を事業キーワードに、業界トップクラスの実績を誇るカラー鋼板などの工業製品から「ヨド物置」などの一般消費財まで、幅広い分野で特徴ある商品を開発提供し、安全で快適な暮らしに貢献しています。

(株)淀川製鋼所ホームページ
大和インベスター・リレーションズ
株主優待の情報は大和インベスター・リレーションズから提供されています。