日経平均253円高、アジア株価指数の堅調が追い風=27日後場

5/27 15:23 配信

ウエルスアドバイザー

現在値
古河電工4,339+142
第一生命H3,909-35
東京海上H5,444-28
郵船4,777+138
商船三井4,964+202

 27日後場は日経平均株価が、前週末比253円91銭高の3万8900円02銭、TOPIX(東証株価指数)が同23.82ポイント高の2766.36ポイントと反発。両指数ともに高値引けで取引を終えた。現地24日の米国株式市場で、NYダウ、ナスダック総合指数が3日ぶりに反発し、ナスダックが終値ベースで史上最高値を更新したこともあり、朝方から買いが先行。買い一巡後は、戻り待ちの売りや、現地27日の米国株式市場がメモリアルデーで休場となることもあり、上値が重い時間帯もあった。ただ、中国・上海総合指数や台湾・加権指数、香港・ハンセン指数など、アジアの株価指数が堅調に推移したことを追い風に、引き締まる格好となった。東証プライム市場の出来高は13億7756万株、売買代金は3兆3847億円。騰落銘柄数は値上がりが1072銘柄、値下がりは521銘柄、変わらずは56銘柄だった。

 業種別では、全33業種のうち31業種が上昇、2業種が下落した。第一生命HD <8750> 、東京海上 <8766> などの保険株や、郵船 <9101> 、商船三井 <9104> などの海運株が上昇。古河電工 <5801> 、住友電工 <5802> などの非鉄金属株や、中部電 <9502> 、関西電 <9503> などの電気・ガス株も高い。ENEOS <5020> 、コスモエネH <5021> などの石油石炭製品株や、大和証G <8601> 、野村 <8604> などの証券商品先物株も堅調。日本製鉄 <5401> 、JFEHD <5411> などの鉄鋼株や、日産自 <7201> 、トヨタ <7203> などの輸送用機器株もしっかり。一方、ニッスイ <1332> 、サカタのタネ <1377> などの水産農林株や、日新 <9066> 、上組 <9364> などの倉庫運輸株が安い。

 個別では、ミガロHD <5535> 、Vテク <7717> 、インフォコム <4348> 、大阪チタ <5726> 、Vコマース <2491> などが上昇。半面、コーエテクモ <3635> 、ストライク <6196> 、グッドコムA <3475> 、オークネット <3964> 、オイラ大地 <3182> などが下落した。

提供:ウエルスアドバイザー社

ウエルスアドバイザー

関連ニュース

最終更新:5/27(月) 15:23

ウエルスアドバイザー

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング