IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日清食品ホールディングス(株)

---
  • リアルタイム株価

基本情報

権利確定月3月末日・9月末日
単元株数100株
優待のポイント100株~300株未満の株主様へ年1回、300株以上の株主様へ年2回、ご所有株式数や保有期間に応じて、日清食品グループの製品詰合せ、または寄付のいずれかを選択いただきます。お申し込みは、株主優待お申込み専用WEBサイトからでも簡単にできるようになりました。
優待の種類飲食料品、その他、オリジナル・限定

株主優待の内容

優待Aまたは優待Bのいずれかを選択

(1)優待A
  ①日清食品グループ「製品詰合せセット」
  ②ひよこちゃんオリジナルグッズ(1,500円相当)
(2)優待B 「国連WFP」への寄付
<3月末>

100株以上300株未満優待A:①3,000円相当      優待B:3,000円
300株以上1,000株未満優待A:①3,500円相当+②    優待B:3,500円
1,000株以上3,000株未満優待A:①4,500円相当+②    優待B:4,500円
3,000株以上優待A:①5,500円相当+②    優待B:5,500円

<9月末>

300株以上1,000株未満優待A:①3,500円相当+②    優待B:3,500円
1,000株以上3,000株未満優待A:①4,500円相当+②    優待B:4,500円
3,000株以上優待A:①5,500円相当+②    優待B:5,500円

【長期保有優遇制度】
300株以上1,000株未満、または1,000株以上3,000株未満を3年以上継続して保有し、7回連続して同一株主番号で株主名簿に記載された株主様が、長期保有優遇制度の適用対象となり、ワンランク上の株主優待品にグレードアップします。
<3月末・9月末>

300株以上1,000株未満優待A:①4,500円相当+②    優待B:4,500円
1,000株以上3,000株未満優待A:①5,500円相当+②    優待B:5,500円

※贈呈時期(原則)・3月末日現在の株主様:7月に送付・9月末日現在の株主様:12月に送付

投資金額

株価購入枚数投資金額
8,360100株836,000円
300株2,508,000円
1000株8,360,000円
3000株25,080,000円

※投資金額には、株式購入時に必要となる証券会社の売買手数料などは含んでおりません。

優待と配当金

100株300株1,000株3,000株
優待(3月末優待A:①3,000円相当
または
優待B:3,000円
優待A:①3,500円相当+②
または
優待B:3,500円
【3年以上継続】
優待A:①4,500円相当+②
または
優待B:4,500円
優待A:①4,500円相当+②
または
優待B:4,500円
【3年以上継続】
優待A:①5,500円相当+②
または
優待B:5,500円
優待A:①5,500円相当+②
または
優待B:5,500円
優待(9月末優待A:①3,500円相当+②
または
優待B:3,500円
【3年以上継続】
優待A:①4,500円相当+②
または
優待B:4,500円
優待A:①4,500円相当+②
または
優待B:4,500円
【3年以上継続】
優待A:①5,500円相当+②
または
優待B:5,500円
優待A:①5,500円相当+②
または
優待B:5,500円
配当金(年間)12,000円36,000円120,000円360,000円

※1株当たり配当金:120円
※2021年3月期の配当実績をもとにしています。

企業からのコメント

代表取締役社長・CEO  安藤 宏基

「10 Billion-Dollar Company」として社会的価値と経済価値の双方を追求

代表取締役社長・CEO 
安藤 宏基

 日清食品グループは、グループ理念である「EARTH FOOD CREATOR(さまざまな食の可能性を追求し、夢のあるおいしさを創造し、人類を食の楽しみや喜びで満たすことを通じて、社会や地球に貢献する)」の体現に向け、グローバルカンパニーとしての企業価値の向上に取り組んできました。
 「中期経営計画2020」の最終年度となる本年度は、新型コロナウィルス感染症の拡大に伴う需要拡大や海外市場での高付加価値商品の伸張などで、売上、利益とも過去最高を更新することができています。
 2020年6月には「時価総額1兆円」目標を達成し、さらに同年8月には「10 Billion-Dollar Company(時価総額100億米ドル)」の仲間入りを果たすことができました(1ドル=107円)。
 しかし、これはゴールではなく、あくまでも「EARTH FOOD CREATOR」の体現に向けた一つの通過点と捉えています。今後も、人々に安全でおいしい食を提供することはもちろん、CSV(Creating Shared Value/共通価値の創造)の考え方に基づく経営を通じて、社会的価値と経済価値の双方を追求し続け、業績および企業価値向上に努めてまいります。

環境戦略「EARTH FOOD CHALLENGE 2030」

 日清食品グループは、世界中の人々の食を支えるグローバルカンパニーとして、より高いレベルでの環境対策推進を重要経営課題と位置付け、環境戦略「EARTH FOOD CHALLENGE 2030」を2020年4月策定しました。「気候変動」と「資源」の2つを活動テーマとして、さまざまな取り組みをスタートさせています。
 「気候変動問題」については、温室効果ガスの削減目標(2018年度総量比で30%削減)をかかげ、事業で使う電力を再生可能エネルギーでまかなう「グリーンな電力」の調達、食材や包材に使う原料を環境負荷の少ないものへ切り替える「グリーンな食材」「グリーンな包材」の活用に挑戦していきます。日清食品グループが掲げる温室効果ガスの削減目標は、国連機関や非政府組織(NGO)などによるSBT(Science Based Targets、科学と整合する温暖化ガス削減目標)イニシアチブの認定を受けています。
 「資源をめぐる問題」については、環境や人権に配慮したパーム油の調達に取り組む「地球にやさしい調達」、工場で使う水の節約等に取り組む「地球資源の節約」、食品廃棄物のリサイクルや削減を行う「ごみの無い地球」の実現を目指し、限りある資源の有効活用に挑戦していきます。

サステナビリティに関わる主な社外からの評価

 日清食品グループは、環境や社会課題等への先進的な取り組みが評価され、持続可能性に優れた企業を選定する世界的なESG投資指標「Dow Jones Sustainability Indices」において、「World Index(DJSI World)」の構成銘柄に選出されています。先進国・新興国双方の主要企業約2,500社が対象となり、2020年は323社(うち日本企業は39社)が構成銘柄として選定されています。
 さらに、第3回エコプロアワード「農林水産大臣賞」、令和2年度気候変動アクション環境大臣表彰「気候変動アクション環境大臣表彰」、令和2年度消費者志向経営優良事例表彰「消費者庁長官表彰 (総合枠)」など、多数の環境関連賞を受賞しています。

VUCA時代に選べるゴールド・カード!
VIP倶楽部

企業説明(外部サイト)

日清食品ホールディングス(株)

日清食品ホールディングス株式会社は、世界で年間1,000億食以上が消費されている即席麺のパイオニア企業として、世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」や世界初のカップ麺「カップヌードル」を世に送り出してきました。日清食品グループは、国内・海外における即席麺を主とするインスタント食品の製造及び販売を中核として、チルド・冷凍食品、菓子・飲料の4セグメントで事業を展開しております。日清食品グループの「技術イノベーション力」と「マーケティング力」を駆使して、カテゴリーNo.1ブランドの集合体である「ブランディング・コーポレーション」の実現を目指しています。

日清食品ホールディングス(株)ホームページ
大和インベスター・リレーションズ
株主優待の情報は大和インベスター・リレーションズから提供されています。