広告ポリシー当サイトにはPRリンクが含まれます

PRリンクの利用状況

事業運営のため、商品紹介時のPRリンク(=「詳しく見る」ボタン)からお客様がお申込みされた場合、事業者様から成果報酬を頂いております。なお、PRリンク自体の有無や報酬の額が、当社が編集・制作したコンテンツの内容に影響を与えることはありません。

編集コンテンツの作成・運用状況

当サイトの編集コンテンツは、当社が独自に作成したものです(詳細は下記)。コンテンツ作成後にPRリンクを付与することもありますが、PRリンクによる報酬の有無がコンテンツの内容に影響を与えることはありません。

  • ランキング形式コンテンツ:取引手数料や取扱い銘柄数などの客観的指標をもとに順位を作成しているものであり、事業者様からの報酬の有無による順位変更は公開前・公開後問わず、一切行っておりません。
  • 商品のクチコミや評価、お金の先生のQ&A:すべて当社が独自に収集した情報をもとに編集したコンテンツであり、選び方や基礎情報に関する記事は自社独自に作成した編集記事になります。
  • 商品のクチコミやQ&Aの一部を掲載している場合:事業者様からの報酬の有無に関わらず社内の基準で選定を行っています。

「当サイトのおすすめ商品」の選定

当サイト内のおすすめ商品は、申込数・閲覧数などの上位から当社が選定して掲出しています。PRリンクの利用により成果報酬の対象となりますが、おすすめ商品の選定にあたり事業者様から報酬をいただくことはありません。

お金に関するお悩みなら 教えて! お金の先生 専門家に無料で相談
解決済み
ツイートするシェアする

現在、つみたてnisaを始めて1年ほど経ちました。 第四北越銀行でつみたてをしています。 ※ 株や投資の知識はあまり無いです。

現在、つみたてnisaを始めて1年ほど経ちました。 第四北越銀行でつみたてをしています。 ※ 株や投資の知識はあまり無いです。もうすぐ子供が産まれるので保険の見直しをしているなかで、つみたてnisaを銀行からSBI証券か楽天証券へ移行したいと思うようになりました。 いまの積立銘柄は米国株式なんですが信託報酬1.6%です。銀行なので選べる銘柄も少なく、人気の高いSBI証券や楽天証券が気になっています。 ①銀行から移行する手続きは難しいでしょうか? SBIや楽天は銀行のような窓口が無く、自分でもできるのか不安です…。 ②ジュニアNISAを来年度一括で80万払うメリットはありますか?

補足

購入している銘柄は フィデリティ・米国優良株・ファンド でした。

回答数:2

閲覧数:3,628

共感した:0

質問日:2022/08/30

違反報告する

ベストアンサーに選ばれた回答

確かに第四北越銀行には良い積立NISA銘柄がないですね。 でもここの野村インデックスファンド・外国株式(Funds-i外国株式)なら信託報酬は年率0.605%ですよ。 1.6%と書いていますが何か間違った銘柄を買っていませんか。 こちらに変更すればそれでもかなりお得ですよ。 同じ新潟県内に大光銀行がありますので、そこの下記の銘柄を買えば ネット証券の最安値最人気銘柄に遜色はない良い銘柄でないでしょうか。 窓口対応ですし、さらにここの銀行口座があれば(作れば)それで入手金も勝手にできるのでネット証券の比ではなく便利で都合がよく一番良いと思います。 大光銀行 ニッセイ外国株式インデックスファンド 信託報酬 0.10230%

プロフィール画像

hp2さん

回答日:2022/08/30

違反報告する

質問した人からのコメント

色々と教えてくださりありがとうございました。

回答日:2022/08/31

特典・キャンペーン中の証券会社

もっとみる

その他の回答

1

  • ①銀行から勘定廃止通知書を取得し、それを添付して証券会社に申し込んで下さい。 Webから申し込めば、必要書類を送ってもらえます。 SBI証券HP https://s.sbisec.co.jp/smweb/pr/gaccnt.do?page=nisa_kinyukikan ネット証券は慣れれば何でも自宅からネットで処理できるので楽ですよ。 窓口でボッタクリ金融商品を勧められることもありません。 証券マン、保険マン、銀行マンには近寄らない方が無難です。 ②ジュニアは来年終了ですが、駆け込み活用するメリットはあります。 下記動画を参照下さい。 ジュニアNISAについて https://youtu.be/jaoHrMgtWEE

    回答日:2022/08/30

    違反報告する

Yahoo!ファイナンスで証券会社を探そう!

初めての口座開設なら

証券会社口座開設数ランキング

150社以上の証券会社から比較

取引開始までの流れ

  1. 証券会社を選ぶ
    証券会社を選ぶ
    それぞれ特徴があるので、投資方針に合った会社を選びましょう。
  2. 口座開設の手続き
    口座開設の手続き
    最近はネットで申し込めるところがほとんどです。
  3. 必要書類の提出
    必要書類の提出

    本人確認書類を提出します。

    • 運転免許証
    • マイナンバーカード
    • 保険証など
  4. 本人確認
    本人確認
    自宅に送付される書類の受け取りが必要な証券会社も。スマホの操作だけで本人確認を完了できる、便利な会社もでてきています。
  5. 口座開設完了
    口座開設完了
    口座に入金したら取引ができるようになります。