広告ポリシー当サイトにはPRリンクが含まれます

PRリンクの利用状況

事業運営のため、商品紹介時のPRリンク(=「詳しく見る」ボタン)からお客様がお申込みされた場合、事業者様から成果報酬を頂いております。なお、PRリンク自体の有無や報酬の額が、当社が編集・制作したコンテンツの内容に影響を与えることはありません。

編集コンテンツの作成・運用状況

当サイトの編集コンテンツは、当社が独自に作成したものです(詳細は下記)。コンテンツ作成後にPRリンクを付与することもありますが、PRリンクによる報酬の有無がコンテンツの内容に影響を与えることはありません。

  • ランキング形式コンテンツ:取引手数料や取扱い銘柄数などの客観的指標をもとに順位を作成しているものであり、事業者様からの報酬の有無による順位変更は公開前・公開後問わず、一切行っておりません。
  • 商品のクチコミや評価、お金の先生のQ&A:すべて当社が独自に収集した情報をもとに編集したコンテンツであり、選び方や基礎情報に関する記事は自社独自に作成した編集記事になります。
  • 商品のクチコミやQ&Aの一部を掲載している場合:事業者様からの報酬の有無に関わらず社内の基準で選定を行っています。

「当サイトのおすすめ商品」の選定

当サイト内のおすすめ商品は、申込数・閲覧数などの上位から当社が選定して掲出しています。PRリンクの利用により成果報酬の対象となりますが、おすすめ商品の選定にあたり事業者様から報酬をいただくことはありません。

お金に関するお悩みなら 教えて! お金の先生 専門家に無料で相談

解決済み

ツイートするシェアする

開始時期について 〜旧NISA、新NISA〜

開始時期について 〜旧NISA、新NISA〜課税枠の積み立てで約1300万円あります。勤務先の諸事情による口座の廃止(?)を受け現金化か新規口座開設の2択でとりあえず◯◯証券に口座を開いた状況になります。 この資産をNISAで運用しようかと思っており、そこで質問なのですが… ①12月中に旧NISA申し込み→来年に新NISAへ移管 ②来年を待ち、新NISAからスタート では税制面・その他の事でどちらにアドバンテージがありますでしょうか? 当方、早くからDC年金を導入した企業勤めだったため今まで結果オーライの得をしてきましたが投資のド素人です。

回答数:3

閲覧数:96

共感した:0

プロフィール画像

ID非公開さん

質問日:2023/12/03

違反報告する

ベストアンサーに選ばれた回答

間に合うなら①です。 今年の旧NISAは分離されるので、来年からの生涯枠1800万円とは別枠だからね。 今年の一般NISAなら残り4年1ヶ月(1月1日基準で5年なので12月末なら実質4年と数日)なのでそこまで気にするレベルではないのですが、来年の枠(360万円)を使い切れるくらい持っているなら検討の余地ありです。 つみたてNISAなら20年分あるのでそれこそ持っておいた方が40万円多く使えますよ。 ただ、今から申し込んでも間に合わない気がしますが...。 うまくいけば一般NISAなら2〜3週間後に間に合うとおもいますが、積立の場合はそこからつみたて設定すると現金でも+1週間(クレカの場合は+1ヶ月)見越す必要があります。 ただ、来年1月分からスタートダッシュするには今から申し込んでもおいてくださいね。1月に申し込んでも、使えるのは2月からってオチになるので。

回答日:2023/12/03

違反報告する

質問した人からのコメント

皆さまをBAとさせて頂きたいところではございますが時経列でtsuさんを BAとさせて頂きました。皆さまもありがとうございます。

回答日:2023/12/03

特典・キャンペーン中の証券会社

もっとみる

その他の回答

2

  • 他の方が言われるように、間に合うようなら 12月中に旧NISA申し込みし120万円一括投資 旧NISAは新NISAに移管できませんが5年間非課税枠が使えるのでそのまま運用 来年から新NISAで積立開始 でいいのではないでしょうか。

    回答日:2023/12/03

    違反報告する
  • 現行nisaから始めるのがベターですが、今からだと間に合わないので(申し込みから開設までに1ヵ月弱かかるので)、新nisaからでいいでしょう

    回答日:2023/12/03

    違反報告する

Yahoo!ファイナンスで証券会社を探そう!

初めての口座開設なら

証券会社口座開設数ランキング

150社以上の証券会社から比較

取引開始までの流れ

  1. 証券会社を選ぶ
    証券会社を選ぶ
    それぞれ特徴があるので、投資方針に合った会社を選びましょう。
  2. 口座開設の手続き
    口座開設の手続き
    最近はネットで申し込めるところがほとんどです。
  3. 必要書類の提出
    必要書類の提出

    本人確認書類を提出します。

    • 運転免許証
    • マイナンバーカード
    • 保険証など
  4. 本人確認
    本人確認
    自宅に送付される書類の受け取りが必要な証券会社も。スマホの操作だけで本人確認を完了できる、便利な会社もでてきています。
  5. 口座開設完了
    口座開設完了
    口座に入金したら取引ができるようになります。