IDでもっと便利に新規取得

ログイン

テイ・エス テック(株)

1,544
  • リアルタイム株価
前日比
+16(+1.05%)

基本情報

権利確定月3月末日
単元株数100株
優待のポイント保有株式数や継続保有年数に応じてポイントを進呈し、自社事業所所在地ゆかりのオリジナルグルメギフトに交換していただきます。(交通遺児支援団体への寄付も選択可能)なお、100株以上200株未満の株主さまには、継続保有年数に応じたQUOカードを進呈いたします。
優待の種類飲食料品、買い物券・プリペイドカード、その他

株主優待の内容

①QUOカード ②選べる食品ギフトと交換可能なポイント(1ポイント≒1円)

100株以上継続保有年数 1年未満:①500円 1年以上:①1,000円 3年以上:①1,500円
200株以上継続保有年数 1年未満:②3,000ポイント  1年以上:②4,000ポイント
3年以上:②5,000ポイント
600株以上継続保有年数 1年未満:②6,000ポイント  1年以上:②8,000ポイント
3年以上:②10,000ポイント
1,000株以上継続保有年数 1年未満:②12,000ポイント 1年以上:②15,000ポイント
3年以上:②18,000ポイント

※継続保有年数は、9月末日および3月末日の自社株主名簿に記録された同一株主番号に基づき決定。
※2021年4月1日を効力発生日として株式分割(1株→2株)を実施。2021年3月31日の株主名簿に記録された株主の皆さまには、分割後の株式数に置き換えた上で、株主優待ポイントを付与。

①QUOカード ②選べる食品ギフトと交換可能なポイント(1ポイント≒1円)

投資金額

株価購入枚数投資金額
1,544100株154,400円
200株308,800円
600株926,400円
1000株1,544,000円

※投資金額には、株式購入時に必要となる証券会社の売買手数料などは含んでおりません。

優待と配当金

100株200株600株1,000株
優待(3月末1年未満:QUOカード500円
1年以上:QUOカード1,000円
3年以上:QUOカード1,500円
1年未満:3,000ポイント
1年以上:4,000ポイント
3年以上:5,000ポイント
1年未満:6,000ポイント
1年以上:8,000ポイント
3年以上:10,000ポイント
1年未満:12,000ポイント
1年以上:15,000ポイント
3年以上:18,000ポイント
配当金(年間)4,500円9,000円27,000円45,000円

※1株当たり配当金:45円
※2021年3月期の配当実績をもとにしています。

企業からのコメント

代表取締役社長 保田 真成

今を超える価値を創造し、世界中の皆さまに提供することで「喜ばれる企業」となる

代表取締役社長
保田 真成

 テイ・エス テックグループは、先進的かつ独創的な「安全」「環境」「魅力商品」技術とグローバルでの高品質な供給力で、着実な成長を遂げてまいりました。
 現在、自動車業界はこれまでにないスピードで技術革新が進む大きな転換期を迎えております。そのような中、当グループは、長年培った研究開発の成果をもとに、自動車用内装品の新しい魅力と未来の可能性を探求し続けています。
 14次中期経営計画(2021年3月期~2023年3月期)では「ESG経営による企業進化」を経営方針に掲げ、事業活動の中で持続可能な社会の実現に貢献し、すべてのステークホルダーの皆さまから存在を期待され「喜ばれる企業」となることを目指して、グループ一丸となって邁進しています。

主要な事業内容

 テイ・エス テックグループは、四輪、二輪車用シート(座席)を中心に、開発から生産まで一貫して手掛ける自動車内装品メーカーです。60年超にわたって四輪車用シート・内装品、二輪車用シート・樹脂部品などの開発・生産に取り組んできました。長年培った技術やノウハウ、世界14カ国に及ぶグローバルネットワーク、各地域特性を活かした高効率生産などを強みとして「座る」に関するさまざまな製品を提供しています。
 当グループの主要顧客は本田技研工業株式会社(以下「ホンダ」)です。創業以来、ホンダの四輪、二輪車に製品供給を続けてきた当グループは、開発力・品質・コストなど各領域において高い信頼を獲得し、全世界のホンダ車の約6割(当社調べ)に当グループ製のシートが搭載されています。また、新規顧客・新商権獲得にも注力しており、ドイツ大手四輪車メーカーや米国大手二輪車メーカーからの受注も拡大を続けています。

主要な事業内容

配当金の推移

 当社は、株主の皆さまに対する利益還元を経営の重要課題の一つとして位置づけ、長期的かつグローバルな視点に立った事業展開を通じて企業価値の向上に努めるとともに、連結業績及び配当性向などを総合的に勘案した上で、安定的に配当を継続していくことを基本方針としています。

配当金の推移

次の10年に向けた戦略

 当グループは、2030年ビジョンにおいて「Innovative quality company-新たな価値を創造し続ける-」をステートメントとして、さらなる成長を目指した企業進化に取り組んでいます。
その第一歩となる第14次中期経営計画(2021年3月期~2023年3月期)では「ESG経営による企業進化」を経営方針に掲げ、“攻め”の施策となる「事業成長に向けた進化」、“守り”の施策となる「進化を支える事業体質強化」の2本柱を企業重点施策として推進しています。
 “攻め”の領域で特に注力する戦略は「戦略的商権の拡大」です。主要顧客の受注シェア向上に加え、新規顧客・商権獲得を目指してまいります。また、商権を拡大していくためには、顧客ニーズを引き出せる唯一無二の「オリジナル技術の商品化」が必要不可欠です。センシング技術をはじめ魅力商品につながる技術開発を進めるとともに、異業種パートナーとのオープンイノベーション等によって次世代技術開発を加速させてまいります。一方で、徹底した事業体制の最適化により資本効率を高め、生産現場でのIT活用や新しい働き方の導入による人や組織の生産性向上に努めるなどの施策を強力に推進してまいります。
 当社グループは、ESG経営を軸に、常に今を超える新たな価値を創造し続け、より一層ステークホルダーの皆さまから存在を期待され「喜ばれる企業」となることを目指してまいります。

次の10年に向けた戦略
【LIVE】マーケットの「今」を生解説!
オンラインセミナー
キャンペーン特典がわかる! 証券会社カタログ

企業説明(外部サイト)

テイ・エス テック(株)

テイ・エス テックグループは、四輪・二輪車用シート(座席)を中心に、開発から生産まで一貫して手掛ける自動車内装品メーカーです。先進的かつ独創的な「安全」「環境」「魅力商品」技術と、世界14か国、グローバルでの高品質な製品供給力で、着実な成長を遂げています。次世代の車室空間に求められる新商品の開発等、新たな価値創造を図り、さらなる企業価値向上に努めます。

テイ・エス テック(株)ホームページ
大和インベスター・リレーションズ
株主優待の情報は大和インベスター・リレーションズから提供されています。