IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (71コメント)

  • こんな時ですので、マイナス思考で試算しました。

    100万円を基準価格14000円で購入、先月500円で分配金が入りました。
    それから2年間でのトータルリターンです。

    ただ、景気が悪く、基準価格が2年間で10000円台まで劇落ち続けました。
    分配金は400円から100円と段階的に下げていきます。
    敢えて分配金に対し所得税は特別分配金であっても、控除して計算しました。
    購入時の手数料などの諸費用も考慮してます。
    もちろん、このグローバルAIは、償還時などに元本が削られるような怪しいファンドではないことが前提です。

    結果、何とか5万円のプラスでした。
    当然、高い時に買った方は、その分の資産価値が減っていますから、考慮してください。
    この結果、皆さんはどう思いますか?

  • この掲示板で、特別分配金論議をしてまいりました。
    ネットで日興アセットメントからの差情報提供として掲載されていました。
    確かな情報として、掲示板の皆さんには共通認識をしてください。
    money-bu-jpx.comの中で探してください。
    元本払戻金(特別分配金)を受け取ったら、個別元本が低下。これって「損」なこと?
    この表題であります。

    特別分配金ってファンドの資産を切り出して支払っているわけです。
    特別分配金って個々で違います。それを個人に求償するような仕組みになっているかどうかです。
    実は、その特別分配金は基準価格を下げることで調整する仕組みのようです。ですから、後から個人ごとに元本から削ることにはならない。
    ここは押さえるべきです。

    この商品は、分配金提示型ですので、100円を割るまでは、約束されています。
    100円を割るようなら、敢えて個々の元本を削られるか否かの話になるのかなと思います。

  • >>No. 366

    分配金健全率という指標が、何年か前に取り沙汰されました。
    普通分配金を安定して出している投資信託は100%です。
    毎月特別分配金を平然と出し続ける投資信託はマイナスの数値になっています。
    特別分配金を出し続けた結果、償還時、元本が削られたとトラブル事例があり、特別分配金イコール元本の切り崩しなどと、投資専門家の注意喚起が、まともに理解してしまっている方、多いです。

    基本、特別分配金になっても、自己元本は変わりません。利益です。しかし、
    意外と危うい商品が多いのは事実でしょうが。
    もし、グローバルAIが、今後特別分配金が続き、自己元本が減るなどと考えるなら、今のうちに解約すべきでしょうね。
    ただ、500円もの分配金を出しても今の基準価格で持ち堪えています。
    また、分配金を運営状況により、事前に示しているわけですから、基準価格が最悪どこまで下がるかで、トータルリターンの試算は容易になります。

  • エクセルでトータルリターンの試算表作りました。
    手数料を差し引き、税金も考慮しました。
    もちろん、資産運営がうまくいっていることが条件です。

    トータルリターンは、投資額に応じて、掛けてみてください。
    手数料も含め今月9月に100万円の投資額とした場合
    ○その後も基準価格14000円を維持した場合
    配分金は、月額27500円✖️12ヶ月=330000円
    年利33%になります。ですから、約3年で2倍近くになります。
    ○基準価格が13500円辺りをウロウロしている場合、つまり400円計算です。
    配分金は月額22000円✖️12=264000円
    なお、特別分配金でも、敢えて非課税計算はしていません。
    年利26.4%ですが、資産評価減を加味し、22%辺りでみていいかと思います。
    4〜5年で2倍になる計算になりますね。

    試算依頼があれば、できる範囲内で…

  • >>No. 347

    口数は減りませんよ!
    減るのは個別元本という、数値が下がります。
    元本が減ったら損になりますからね。

  • No.1340の考え方が大正解かと思います!
    長く保有すればするほどプラスになります。
    500円の間は、年利30%、300円に下がっても、年利20%、評価損は投資額の1割
    こんな試算になるかと思います。

  • こんな視点から

    半年前、基準価格17000円という時あったなあ。
    それで今は14000円だって!
    高値買いのあほんだら!
    待てよ?半年かけて3000円下がったんだよな。
    分配金500円が6ヶ月で3000円か!
    分配金払わにゃ、トントン、基準価格に動きはなかったということだよね?
    じゃ損なんかしてないってこと?
    じゃ、特別分配金ってやつは、いったい何者?
    分配金なければプラスマイナス0のところ、資産評価が減っているんだから、特別分配金って、自分のものやないけ!あとで資産から減らされるなんてあり得ないぞ!

    基準価格が変わらないということは、毎月分配金500円相当の利益が出ているのも分かる!
    基準価格が先月から500円上がったということは、1000円も上がったってことになる…

    この投資信託って、1年前、あっという間に、17000円まで駆け上がったよな。すごい商品だ!の一言。

    すごい成績を残したグローバルAI、特別分配金を堂々と受け取ろう!

  • >>No. 297

    続き が消えてしまう場合があるようですね。
    面倒なので再投稿はやめときます…

  • この商品を試算します。
    2月に高値17000円で100万円購入、現在、基準価格は14000円。2月から8月までの7ヶ月、すべて特別分配金500円。

    こう判断します。
    ○資産評価
    17000円から3000円、約2割の損失が発生、今後、この2割の評価損には動きはないと思います。昨年からのコロナからの急回復による高騰だからです。

    ○分配金
    現在、100万円に対して、月額27000円前後の分配金が出ています。
    この事例では、すべて特別分配金で、非課税で約30000円前後かと思います。
    投資額の約3%(月)、36%(年)になります。
    今後、分配金が400円、300円もありうる前提で、投資額の2割が年間の分配金と見るべきかと思います。

    資産評価減と分配金を差引き、1年間でプラスマイナス0、2年で2割のトータルリターンになります。
    保有継続こそがベストかと。

    問題は、特別分配金は、果たして「元本払い戻し」とか「損でも得でもない」のかということです。
    履歴参照ください。

  • >>No. 289

    tanさんへ
    どうも特別分配金の勘違いがかなり見受けられます。
    ネットでの質問の回答がもっともらしく説明しているので、それが正解と思い違いをしています。気をつけて!

    では、どんな勘違いをしているかです。

    「特別分配金は元本払い戻し」の部分です。
    毎月分配金投信において、償還や解約時に、思いに反して元本が減っていたとの苦情からきている。
    毎月分配金な投資信託のおおよそが、成績が悪く、特別分配金部分を皆さんから集めた元本から払わざるを得なくなった。
    投資のプロは、そんな商品に注意、特別分配金は元本の払い戻しなどと、注意喚起をしていた。
    成績のよい投資信託もすべてそのように理解した方が、ネットであたかもそのように答えている。以外と多いです。

    証券会社の説明は確かです。
    それで、自分の去年解約した他の投資信託の年末のトータルリターン報告書を確認。
    特別分配金の金額は、リターンの計算から除外されていました。

  • この商品の案内をYouTubeなんかで見ていると、基準価格が高いとき購入した人も、低いときの人も、差がないようにしているようです。
    高値で買った人は、下落し、評価額が下がったほかに、特別分配金になり、それは自己資産の切り落とし!
    なんて酷い話はありませんよ。

    それと、非課税に関しての平等
    特別分配金は、利益である前提ですが、税金のかからない特別分配金が長く続くのが理想になります。
    そんな上手い話はあってはならないわけで、特別分配金分の、今は500円ですが、その金額を個別元本から落として、解約時の税金を増やす方法をとっています。

    特別であっても普通であっても、分配金に変わりないんです。もちろん、全てではありません。ではない場合がありますから。
    特別分配金は、この投資信託全体で調整してます。高いときに買った人もそうでない人も、一心同体のようです。
    実際、個別に計算するなど煩わしいし、不可能と思います。

  • >>No. 262

    特別分配金って、税金を算出するために、普通と特別に分けているに過ぎないようです。
    運用上は、普通も特別も関係ないから、誰それからはいくら元本を削るとかはないはずです。
    あるとすれば、特別分配金総額は利益から出すものでないとし、純資産総額全体から特別分配金相当額を引き出し、普通分配金と合わせて、普通、特別の区分で分配金を出していると思います。

    ですので、純資産総額から出ているのであれば、相当額を基準価格のなかで下げているか、分配金提示型は、段階的な分配金としていますので、すべて利益の中から出ているかのどちらかと思われます。

    2月に確定申告しましたが、特別分配金がどのようにトータルリターンで減されているか確認しましたが、特別分配金欄には数値があるだけで、計算には入っていませんでした。
    あくまでも税金算出のためだけに、個別元本があるようです。

  • >>No. 260

    2400万円、相当なマイナスでしたね?

    分配金が出ていた商品かどうかは分かりませんが、長く特別分配金を払い続け、元本払い戻しについて事前に説明がなかったため、解約の際、元本が食い込んでいることに気づく場合があり、問題が起こり、分配金提示型が出てきた経過がありますから。
    もちろん、下り続けた商品もあるでしょうね。

    マイナスの確定申告をしたわけですね?所得税やその金額に基づいた保険税の還付金があったわけですね。

    私も、コロナで大きく下がった投資信託を、伸びがないと感じ、この商品も含め、解約し他に移しました。
    損失額と分配金の額が同額に近かったため、源泉徴収された税金が全て戻りました。
    さらに、来年度から国民健康保険に加入しますが、だいぶ安くなりそうです。

  • >>No. 258

    やはり、そうだと思いました。

    目論見書では「元本払戻金」とも表現していますのでその方がしっくりいきます。
    ●以下目論見書転記
    投資者のファンドの購入価額によっては、分配金の一部または全部が、実質的には元本の一部払戻し
    に相当する場合があります

    との記載の解釈になりますね。
    「相当する場合があります」と言ってますよね。
    これって、大抵は特別分配金は元本の払い戻しにはならないけど、場合によりと言ってますが、成績が上がらず、皆さんから預かっている元本から払い戻しされる場合もありますよ!
    と、後から契約違反ですよと言われないような表現をしていることになります。

    事前にリスクを説明するのは当然ですし、この部分に限ったことではないと思います。

  • ありがとうございます。
    この掲示板って、あちらこちらとリンクしているようですね。
    少しでも、この商品の良さを知って頂いて、少しでも純資産総額が増えてもらえばと、情報共有するため、いろんな商品との比較、投資信託の仕組み、税金との関係、さらにはトータルリターンの計算方法など、信頼できる証券会社のホームページなどを調べてみました。

    毎月分配型を改良した商品だけあって、うまくできているようです。
    このAIに対する商品だからできるとは思いますが…

    これからも、この掲示板、盛り上げていきたいです。

  • >>No. 251

    croさん初めてです。
    私の説明が…でしょうか?

  • >>No. 248

    fuさんへ
    毎月分配金の投資信託が怪しい頃、タコ足だとか言って、気を付けなさい、などのネット記事が、そんな解釈になってしまったようです。
    もちろん、よい成績を出していない投資信託は、そう言われても正解なんだけどね。

  • >>No. 247

    FUさんへ
    原資が口数のことであるならば、特別分配金になっても原資は変わりません。
    じゃ、毎月特別分配金を受け続けたとします。
    実際、収入と入っているわけで、それが1年で1000万円だとします。その額が資産価値から減っている計算になりますよ。
    実際、私に関して、年末に通知のある計算書では、特別分配金という表示はありますが、計算には入っていませんよ。

    特別分配金って、非課税になって取りはぐれた税金を、償還時などで、利益から払って頂こうとするためのものです。

  • ネット証券って、源泉徴収は基本しないんですか?
    ネットでないので分かりません。
    それとも、源泉徴収の選択をしていないだけですか?

  • >>No. 244

    手取りが増えるということです。
    解約時に利益があれば、源泉で所得税は引かれます

本文はここまでです このページの先頭へ