IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (775コメント)

  • これもダメなサラリーマン経営者の経営判断の間違いの結果!


    2021年03月20日
    サンデンが、売上げ2,000億円の会社が、中国企業に買収された。

    日本の「車載用空調大手」を中国家電大手が買収。
    海信家電集団が214億円投じサンデンの再建支援。

  • 「高橋篤史」、「アクセス」の神奈川大出!
    時代は、大きく動いてます。
    刑事告発も簡単な時代に!

    「泣き寝入りするしかないと諦めてしまっていた」
    犯罪被害者週間に合わせて12月1日に東京都内で開かれたイベント。
    そこにタレントの中川翔子さんの姿がありました。

  • 「高橋 篤史」刑事告発の準備が整いました!

    世の中、そんな甘いもんやおまへんで!
    「高橋 篤史」が二度と筆を持てないように、何年も準備して来ました!

    「ダイヤモンド社」「東洋経済新報社」も同じ罪に問えるか検討中です。
    告訴するにも先立つものが必要で、それにイチパン苦労しました。

  • もうある程度の着地点は、見えて来ますよ。
    ADCは、株価一桁で再生の道筋をつけました。
    TKSの再生も簡単です。
    これは、再生を手掛けた者にしか解らない。

  • 色々なことが!

    【速報】関西スーパー経営統合 最高裁が許可抗告を棄却 統合を認める判断
    12/14(火) 15:20配信 MBSNEWS

  • 驚きました。「高橋篤史」の手口! いつもと同じ。
    「FACTA」は、知ってて、知らんフリ!
    スケサン、カクサン懲らしめて上げなさいではないですが、
    刑事告訴以外、この連中をやっつける方法は有りません。
    民事訴訟なんて甘い、甘い!

    当社は、ファクタ出版に対し、2021 年 9 月 16 日付けで送付した抗議書(同日付けで当社ホームページに掲載)により、本件記事に先行して本件雑誌に掲載された記事によ る虚偽の事実の適示が当社の名誉・信用を毀損することを抗議しその是正等を求めて いたところ、ファクタ出版は、同年 11 月 20 日発行の本件雑誌において本件記事を掲載 し、同様の内容の虚偽の事実(当社が行った株式会社東京機械製作所株式の取得の取引 に不審な点があって違法の疑いがあり、かつ、当社そのものにも不審な点があるという 事情を裁判所が認めたかのような虚偽の事実。裏で当社の運営や進行に大きな影響を 及ぼしている人物がいるかのような虚偽の事実。当社が資金難により株式会社東京機 器製作所株式の売却を迫られているかのような虚偽の事実。)の適示を繰り返して当社の名誉・信用を毀損したことから、本日、損害賠償金 1000 万円及びその遅延損害金の
    支払並びに本件記事のインターネット上からの削除を求めて本提訴をしました。

  • 預保トップ 「新生銀の買収防衛策に疑義」 SBIのTOBめぐり
    12/13(月) 21:00配信 朝日新聞DIGITAL

     ネット金融大手のSBIホールディングス(HD)の傘下に入ることになった新生銀行の主要株主である預金保険機構の三井秀範理事長が13日、報道各社の取材に応じた。SBIの株式公開買い付け(TOB)に対抗し、新生銀が検討していた買収防衛策については「どれほど正当と言えるのか疑義が残った」と述べ、疑問を呈した。

     関係者によると、預保は防衛策の賛否を問う11月の新生銀の株主総会で反対する方針だったとされる。実際には、新生銀が防衛策を総会前日に取り下げ、総会は中止になった。

     三井氏は13日、総会があった場合の賛否については口を濁したが、防衛策は株主みんなの利益を侵害する場合などに限って認められることを強調。そのうえで、「株主のTOBに応募する権利を奪う」「買収者(SBI)は経済的損失を大きく受ける可能性があった」などと、新生銀の防衛策の課題を次々と挙げた。

  • 「弁護士報酬等の浪費について」

    これ、本当に「特別背任」にならないの??

    本件弁護士費用等の支出は、自己保身目的でなされたことが強く疑われる。

  • 「金融庁や公安当局がマーク」とある。

    これも「高橋篤史」の大嘘?

  • 渋沢栄一が説く「経営力」が欠けている会社重役の3つのパターン〈dot.〉
    12/12(日) 17:00配信 AERAdot より抜粋

    これに👎18も、何を考えてる?

  • 当方の書き込みにムキになって👎をやってる人、何が目的?

    「高橋篤史」が、嘘を書いてることは、紛れもない事実。
    こういうクズを「東洋経済新報社」は、よく雇っていたなと!
    「FACTA」のような三流誌が提携してるのは、しょうが無いとしても!

  • > 下記、凡そ162百万円でも、大きな問題に!
    >
    > 弁理士報酬等の浪費について
    >
    > 代表取締役と して行った161,638,400円もの本件経営支配権争いに関する弁護士報酬等(以下「本件弁護 士報酬等」という。)の支出が、重要な財産の処分について必要な取締役会決議を欠いてい る違法(会社法 362 条 4 項 1 号違反)、内規に違反して取締役会決議を欠いている違法、間 接取引について必要な取締役会決議等の手続を欠いている違法(同法 365 条、356 条 1 項、 369 条 2 項違反)又は著しく不合理な経営判断であるという違法があることから、被告に善 管注意義務違反が認められるので、会社法 42 1 項に基づいて同額の損害賠償責任を負 うというものである。
    >
    > ちなみに、本件弁護士報酬等として支出された 161,638,400 円という額は、原告の令和 3 年 3 月期上期(令和 2 年 4 月 1 日~9 月 30 日)の純利益(64百万円)の約 253%にも相当す る巨額なものであり、これが、令和 2 年 7 月から 11 月 6 日までという僅か約 4 か月の間に 浪費されたことになる。
    >
    > 本件弁護士費用等の支出は、被告の 自己保身目的でなされたことが強く疑われる。

  • > もし、5億円使ってなければ、会社側は否定コメントを出すべきでしょう。
    > 👎で、否定するのではなく。

  • 渋沢栄一が説く「経営力」が欠けている会社重役の3つのパターン〈dot.〉
    12/12(日) 17:00配信 AERAdot より抜粋

     渋沢栄一は学者ではなく、実業家でした。その実業家の観点から見える世界において経営者の責任、そして、成功とは「幸せ」(ウェルビーング)の実現であると考えたのではないでしょうか。それは、社会の幸せ、個客の幸せ、従業員の幸せ、取引先の幸せ、株主の幸せ、そして、もちろん自分自身と家族の幸せです。これらステークホルダーの幸せを追求することが経営の本質であり、手段をきちんと選んだ正当な成功の本来の意義であると栄一は考えていたと思います。

     ただ、その責任を果たしていない経営者が少なくないと栄一は嘆いていました。

    「総て重役が其の地位を保ち其の職責を尽くしているのは、必ず多数株主の希望に依るものであるから、若し多数人の信任が無くなった際は、何時でも其の職を去るのが当然のことである。」【『青淵百話』事業経営に対する理想】

  • 当方の書き込みにムキになって👎をやってる人、何が目的です?

    「高橋篤史」が、嘘を書いてることは、紛れもない事実です。

  • 今回の新生銀行のケースで「国がSBIに賛同した」ことを考えると、
    「金融庁と公安当局がマーク」というのは、おかしな話になる。
    こういう風に金融庁とか公安当局の名前を使うのは、犯罪になるんでは?

    2021年9月号 BUSINESS 「FACTA」に
    「金融庁や公安当局がマーク」とある。

    これ、本当の話?

    SBIと平安グループ「危ない蜜月」
    ジャスダック上場企業を拠点に不動産侵攻。提携地銀の動向を注視する
    金融庁や公安当局がマーク。
    2021年9月号 BUSINESS 「FACTA」

  • 2021年9月号 BUSINESS 「FACTA」に
    「金融庁や公安当局がマーク」とある。
    これ、本当の話?

    SBIと平安グループ「危ない蜜月」
    ジャスダック上場企業を拠点に不動産侵攻。提携地銀の動向を注視する金融庁や公安当局がマーク。
    2021年9月号 BUSINESS 「FACTA」

  • 取り敢えず、ADCは民事訴訟を起こしました。

    さて、「FACTA」は記事の真実性を自ら証明しなければなりません。

    何の取材もせず、証券ブローカーのヨタ話だけで出鱈目な記事を書いた
    「高橋篤史」!
    いつもの「高橋篤史」のやり方ですが。
    刑事告発の準備も着々と進んでます。

    この掲示板を裁判官も目を通しておいて欲しいところです。

  • 取り敢えず、民事訴訟をADCは起こしましたね!
    次は、刑事告訴です。

    > > 刑事告発の準備は、坦々と進んでます。
    > > まさに、野放し状態だった分野です。
    > >
    > > 何の取材もせず、証券ブローカーのヨタ話で
    > > 「FACTA」に出鱈目記事を書いた「高橋篤史」!
    > >
    > > 「偽計業務妨害罪」で、刑事罰を!
    > > もう、ADCが具体的に動き始めてます。
    > >
    > > 偽計業務妨害罪は、業務妨害罪の一種。
    > > 業務妨害罪は親告罪とされていないので、被害者が被害申告や刑事告訴をしなくても、犯罪が発覚した時点で処罰の可能性が発生する。
    > > 被害者が黙っていても逮捕される可能性がある。

  • 今回の新生銀行のケースで「国がSBIに賛同した」ことを考えると、
    「金融庁と公安当局がマーク」というのは、おかしな話になる。
    こういう風に金融庁とか公安当局の名前を使うのは、犯罪になるんでは?


    > 「金融庁や公安当局がマーク」とある。
    > これ、本当の話?
    >
    > SBIと平安グループ「危ない蜜月」
    > ジャスダック上場企業を拠点に不動産侵攻。提携地銀の動向を注視する金融庁や公安当局がマーク。
    > 2021年9月号 BUSINESS 「FACTA」

本文はここまでです このページの先頭へ