IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (30コメント)

  • 83500株??誰??
    SBI証券 (10月15日報告義務)
    9878 セキドの株式を10万8032株保有 (0.00%→5.32%)
    関係ある??

  • SMエンターテインメントのイ・スマン会長は、20年にオンライン開催された「第1回世界文化産業フォーラム」で、それぞれの所属アーティストの世界観がつながりを持ち、リアルと仮想の境界なく全世界に文化が接続できるメタバース
    「SM CultureUniverse(SMCU)」の構想を語った。「最終的にはファンもアイドルとアバターになってコミュニケーションが取れたり、メタバース空間でのライブでも何かメンションしたら反応が返ってくるような相互性のある場を目指していると思われます」

  • SMCUは音楽だけでなく、映画やドラマ、小説、
    コミックなどへの展開も含まれている。
    イ・スマン会長が「プロシューマー」に言及したことだ。プロシューマーとは2次・3次創作したものを拡散する力のあるインフルエンサーのこと。「SM側から多くのIPを提供し、新しいコンテンツを制作し、世界観を拡張する。そんな狙いも見て取れます」

  • SMから昨年デビューした4人組ガールズグループ「aespa(エスパ)」には「ae(アイ)」と呼ばれる各メンバーのアバターがいて
    仮想世界「FLAT(フラット)」に存在している設定だ。SMCUの構想はまだコンセプトしか見えていないが、“テクノロジーとカルチャーの融合”はSMが長年追い求めているテーマ。続報を待ちたい。

  • CJ ENMはSMエンターテイメントの経営権持分を、約6300億ウォンで買収することに合意した。映画『寄生虫(邦題『パラサイト』)』の成功に支えられ、米国市場内での地位が大きく高まった
    CJ ENMはK-POPまでを含む総合コンテンツポートフォリオで海外市場を攻略する計画を立てた

  • 19日の投資銀行(IB)業界によると、両社は一両日のあいだにCJ ENMが李秀満(イ・スマン)SMエンターテインメント総括プロデューサーの持分を、約6300億ウォンで買い入れる内容の了解覚書(MOU)を締結する。売買の対象はイ・スマン総括プロデューサーの持分の全量だ。 9月30日の時点で、イ・スマン総括プロデューサーは同社の株式の18.53%を保有している。 CJ ENMはSMエンターの持分100%の価値を約3兆4000億ウォンと評価したと伝えられた。これは19日におけるSMエンター株の時価総額1兆8316億ウォンの1.8倍水準だ。

  • SMエンターの買収後CJ ENMは海外市場で確固たるKコンテンツ優位を確保すると見られる。映画・ドラマなどストーリーテリングとKポップを中心とした音楽市場を共に攻略できる独歩的企業として浮上する

  • 岸田文雄政権下で「外国人労働者拡大の動き」が急浮上した。外国人の在留資格「特定技能」のうち、長期在留や家族の帯同が可能な「2号」について、受け入れ拡大を検討しているというのだ。日経新聞は、人材不足が深刻な業種14分野すべてで「在留期限をなくす方向で調整している」と報じた。

  • 株式会社リニアスタッフは 2020年5月に株式会社セキドと新幹線教育グループが設立した合弁会社です。
    当初は新幹線教育グループの外国人労働者の獲得ノウハウとセキドが運営するGINZALoveLoveで働く外国人労働者の教育ノウハウを基に近年、小売業を中心に構造的人材不足となっている社会問題を解決することを目的としておりました。 ところが新型コロナウイルスの影響によって状況が変わり、 多くの優秀な日本人労働者、 日本国内にいる外国人労働者や留学生が仕事をできない、 あるいは本来やりたい仕事に就けないという新たな社会問題があることがわかり、 どちらの問題も解決できるように準備を進めています。

  • セキドここから奇跡の大逆転はよ
    3000超えいけえー

本文はここまでです このページの先頭へ