IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (336コメント)

  • 「AIはすべての産業や企業、国に影響を与える。
    スマートフォン(スマホ)、自動車、ロボット、医療などあらゆる機器がAIを搭載する。
    AI産業はいずれは世界最大の産業になる」

  • 米エヌビディア―「AI、最大産業に」、創業者、孫氏と連携。
    2017/06/02 日本経済新聞 朝刊 15ページ
    米エヌビディア創業者のジェンスン・フアン最高経営責任者(CEO)が、台北市内で日本経済新聞などのインタビューに応じた。
    同社のGPUは人工知能(AI)発展の鍵を握るとされる。
    今後の戦略やソフトバンクグループとの関係などについて聞いた。

     ――ソフトバンクが立ち上げた10兆円ファンドが約4千億円相当の株式を購入しました。
     「マサ(孫正義社長)は私が知る限り、コンピューター分野のあらゆる革命を事前に予期した唯一の人物。ファンドの立ち上げもAIが過去最大の革命を起こすと認識しているからこそだろう。エヌビディアの潜在能力を重視してくれたのは素晴らしい」
     ――特定領域での協業につながりますか。
     「ソフトバンクは日本での素晴らしいパートナーだ。マサは友人で付き合いは長い。クラウドや自動運転など多くの分野でいつも協力している」
     ――米アップルや米グーグルなども自ら半導体の開発に力を入れています。
     「AIはすべての産業や企業、国に影響を与える。
    スマートフォン(スマホ)、自動車、ロボット、医療などあらゆる機器がAIを搭載する。
    AI産業はいずれは世界最大の産業になる」

  • さっ、そろそろ縮んだ分 伸びますか
    しゃがんだ分ジャンプしてもいいですけど

  • >>No. 319

    h ttp://www.nvidia.co.jp/page/home.html
    を見れば進化のスピードが解りますかね

  • >>No. 292

    Kabutan
    注目を集めているのが、「シンギュラリティ」という未来予測の考え方だ。シンギュラリティは、アメリカの発明家で人工知能研究の世界的権威、レイ・カーツワイル氏らが提唱した未来予測の概念で、一つの仮説として想定され得る“AIが人間の能力を超える時点”を意味する言葉で、日本語では「技術的特異点」と訳されている。

     シンギュラリティの仮説によると、テクノロジーの加速度的な進化の結果として、コンピューターは人間の知能を超える“超知能”を獲得するようになる。人間には“超知能”がどのように振る舞うか予測も制御もできず、その甚大な影響によって社会や人々の生活に決定的な変化が起こると考えられている。その変化のポイントをカーツワイル氏は「シンギュラリティ」と名づけ、45年頃に到来すると予測している。その時点以降は、AIがほとんどの生産活動を支配し、人間から仕事を奪うのではないかとの見方も出ている。

    ●ソフトバンクはシンギュラリティに向け着々と布石
    関連銘柄としては、まずソフトバンクグループ <9984> を挙げたい。同社は16年に英半導体設計大手のARMホールディングスを、日本企業として過去最大の3兆3000億円で買収した。さらに、ソフトバンクグループがサウジアラビアなどと共同で発足させた「10兆円ファンド」が、米画像処理半導体メーカーのエヌビディアの株式40億ドル(約4500億円)分を保有することになったと報じられている。エヌビディアは、自動運転などの基盤となる技術を提供する有力半導体メーカーとして注目を集めている企業だ。

     こうした出資は、ソフトバンクグループの孫正義社長が、今後の情報通信技術の発達に伴い30年後にはシンギュラリティにより人類を超える超知性が現れるとの認識を深めていることが背景となっている。そのうえで、シンギュラリティが人類を破滅させるのではなく、不治の病をなくし、事故の起きない社会インフラを作り、大災害から人々を守るようにするために、同社が情報革命でパラダイムシフトに挑戦するとしている。そのための中核技術となるAI、スマートロボット、IoTの3分野の成長を支えるために、大量のデータを低消費電力で処理する半導体の中核技術を持つARMホールディングスや、画像処理のためのチップを設計開発しているエヌビディアは欠かせない存在というわけだ。

    NVIDIA

  • Kabutanに出てますよ。
    h ttps://s.kabutan.jp/news/n201705310541/
    米グーグル傘下の人工知能(AI)開発ベンチャー「ディープマインド」(英国)の囲碁ソフト「アルファ碁」は27日、中国浙江省烏鎮で行われた「世界最強」とされる中国人棋士、柯潔九段との3番勝負の最終局に勝利し、3局全勝と圧倒した。知的な盤上ゲームで最難関とされる囲碁で、AIは人間を凌駕したことになる。

     グーグルはこれに伴い、囲碁AIの開発は終了し、今後はこれによって培った技術を生かし医療やエネルギー分野での応用を目指すという。アルファ碁は膨大な情報からAIが自ら学習し、判断能力を高める「ディープラーニング(深層学習)」と呼ばれる技術を採用、過去の対局データを学習するほか、自己対局を重ねて圧倒的な力をつけたことが背景となっている。

     一方、野村総合研究所が15年12月に発表した推計によると、601種類の職業ごとに人工知能やロボットなどで代替される確率を試算したところ、今後10~20年の間に、日本の労働人口の実に49%が技術的には代替可能になると予測している。

  •  こうしたなか注目を集めているのが、「シンギュラリティ」という未来予測の考え方だ。シンギュラリティは、アメリカの発明家で人工知能研究の世界的権威、レイ・カーツワイル氏らが提唱した未来予測の概念で、一つの仮説として想定され得る“AIが人間の能力を超える時点”を意味する言葉で、日本語では「技術的特異点」と訳されている。

     シンギュラリティの仮説によると、テクノロジーの加速度的な進化の結果として、コンピューターは人間の知能を超える“超知能”を獲得するようになる。人間には“超知能”がどのように振る舞うか予測も制御もできず、その甚大な影響によって社会や人々の生活に決定的な変化が起こると考えられている。その変化のポイントをカーツワイル氏は「シンギュラリティ」と名づけ、45年頃に到来すると予測している。その時点以降は、AIがほとんどの生産活動を支配し、人間から仕事を奪うのではないかとの見方も出ている。

    ●ソフトバンクはシンギュラリティに向け着々と布石

     関連銘柄としては、まずソフトバンクグループ <9984> を挙げたい。同社は16年に英半導体設計大手のARMホールディングスを、日本企業として過去最大の3兆3000億円で買収した。さらに、ソフトバンクグループがサウジアラビアなどと共同で発足させた「10兆円ファンド」が、米画像処理半導体メーカーのエヌビディアの株式40億ドル(約4500億円)分を保有することになったと報じられている。エヌビディアは、自動運転などの基盤となる技術を提供する有力半導体メーカーとして注目を集めている企業だ。

     こうした出資は、ソフトバンクグループの孫正義社長が、今後の情報通信技術の発達に伴い30年後にはシンギュラリティにより人類を超える超知性が現れるとの認識を深めていることが背景となっている。そのうえで、シンギュラリティが人類を破滅させるのではなく、不治の病をなくし、事故の起きない社会インフラを作り、大災害から人々を守るようにするために、同社が情報革命でパラダイムシフトに挑戦するとしている。そのための中核技術となるAI、スマートロボット、IoTの3分野の成長を支えるために、大量のデータを低消費電力で処理する半導体の中核技術を持つARMホールディングスや、画像処理のためのチップを設計開発しているエヌビディアは欠かせない存在というわけだ。

  • 17年1月、エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ(avex)と新規事業「AR performers」に関する業務委託契約を行うと発表した。
    「AR performers」は拡張現実「AR」を駆使した最新テクノロジーによって仮想世界のキャラクター(performers)を現実世界で表現するという新たな手法でコンテンツを提供。
    avexから「AR performers」のアーティスト達をメジャーデビューさせることで合意したんですよね。プロレスゲームで培った人体の筋肉の動きや髪の毛の動きまでもリアルに再現した得意分野で次はアイドルをヒットさせてほしい。

  • >>No. 82

    お疲れ様でした。
    デル社とマスターリレーションシップ契約やNVIDIA社との総括サポート契約を締結などビッグデータ、AI、IoT、ブロックチェーンといった事業領域に精通し、ICTメーカなど顧客の課題解決に応えていく取り組みには中・長期で期待が持てると思います。
    業界で注目のNVIDIAディープ・ラーニング・スーパーコンピュータシステム「NVIDIA DGX-1」の保守サポート開始などと勢いが出てきました。
    デル社との包括的な業務提携の開始など今後に期待しましょう。
    また、JTPは今年度より、新規事業の柱の一つとして「ロボティクス・AI」を掲げています。今後さらなる需要が高まる注目のディープ・ラーニング分野においても、この分野で先行するNVIDIA社とのパートナー関係を推進し、サービスの強化に取り組んでまいりますとあるように応援にも力が入ります。
    h ttps://www.jtp.co.jp/aboutus/pr/2016-11-21_001/

    しかしNVIDIAの株価は鰻登りですね。

  • 触れるのにも順番待ち

    h ttp://gigazine.net/news/20170601-nvidia-max-q-ct2017/

  • 注目されだしてきましたね。
    h ttps://home.yukes.co.jp/arp/movie/

    avex公式チャンネル:
    h ttp://ch.nicovideo.jp/ch7

    最先端の技術と多彩なクリエイターの才能が融合し、「仮想現実」を越えて「存在」するアーティストを作り出し、全く新しいエンタテインメントとして今年3月29日にエイベックスより衝撃的なデビューを果たしたAR performers!!(アーティスト名:ARP)

    AR performersは、『ときめきメモリアルGirl’s side』『ラブプラス』シリーズをプロデュースした内田明理プロデューサーが手掛けるAR(拡張現実)のパフォーマー集団であり、最先端のAR技術とボイスアクター、ダンサーがパフォーマンスを連動させてステージ上でリアルタイムにライブを行い、キャラクターと観客との自由なやり取りや、コミュニケーションをとりながらライブを盛り上げるといった、今までの2次元キャラクターのARライブとは全く異なり、そこに人格を持ったアーティストが存在しパフォーマンスしている事が最大の魅力です!!

  • 私はあるネタで買ってます。
    独り言です。気にしないで下さい。

  • NVIDIAとの関係
    https://www.jtp.co.jp/aboutus/pr/2016-11-21_001/


    NVIDIA最新ニュース 

    NVIDIA、18mm厚でGeForce GTX 1080搭載ゲーミングノートを実現する「Max-Q」
    ttp://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1062653.html

  • 2017/05/31 23:50

    注目は『値幅』

  • 600円台から推してたのですが動き出すまで長かったですね。徐々にARperformarsの人気が高まってまいりしたね。この取組み広がりそう。
    https://home.yukes.co.jp/arp/

  • 2017/05/31 23:36

    Googleと双璧のNVIDIAとの関係知らなかった。
    ソフトバンクばかりだと思ってた。
    こんな感じだったんですね。
    https://www.jtp.co.jp/aboutus/pr/2016-11-21_001/


    NVIDIA最新ニュース 

    NVIDIA、18mm厚でGeForce GTX 1080搭載ゲーミングノートを実現する「Max-Q」
    ttp://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1062653.html

  • これキテます。

    NVIDIA、18mm厚でGeForce GTX 1080搭載ゲーミングノートを実現する「Max-Q」
    ttp://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1062653.html

  • ドバイでの展示会はナイスだな。
    大金持ちウケするよAIPは。

本文はここまでです このページの先頭へ