IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (3コメント)

  • まさか落ちるナイフ🔪掴みに行く奴はいないよな!
    まだまだ掘るで~

  • (ブルームバーグ): 北海ブレント原油は2022年に1バレル=125ドル、23年には同150ドルに達すると、クリスチャン・マレク氏らJPモルガンの株式アナリストがリポートで予想した。石油輸出国機構(OPEC)と非OPEC主要産油国で構成する「OPECプラス」の余剰生産能力が特に不足していることが理由だとしている。

    リポートでは、来年のOPECプラスの「真」の余剰生産能力は日量200万バレルになるとし、「コンセンサス予想の日量480万バレルを下回る」と指摘。

    OPECプラスは必要に応じて、日量40万バレルの生産引き上げを中断するとも予想。「市場の均衡を保つため、毎月日量40万バレルとしている生産引き上げを22年上期に3カ月間停止することが必要だとわれわれは考える(さらに、新型コロナウイルスの新たな変異株の影響次第で生産が減らされる可能性もある)。一方、その後再開された際にOPECプラスが毎月日量25万バレル超の生産引き上げを実施するのは厳しいだろう」と記した。

    その上で、OPECプラスの価格コントロール能力は「余剰生産能力の有効性に左右される」と指摘。余剰生産能力は総生産能力の4%と、25年ぶり低水準に落ち込む見通しとしている(平均は総生産能力の14%)。

  • (ブルームバーグ): 北海ブレント原油は2022年に1バレル=125ドル、23年には同150ドルに達すると、クリスチャン・マレク氏らJPモルガンの株式アナリストがリポートで予想した。石油輸出国機構(OPEC)と非OPEC主要産油国で構成する「OPECプラス」の余剰生産能力が特に不足していることが理由だとしている。

    リポートでは、来年のOPECプラスの「真」の余剰生産能力は日量200万バレルになるとし、「コンセンサス予想の日量480万バレルを下回る」と指摘。

    OPECプラスは必要に応じて、日量40万バレルの生産引き上げを中断するとも予想。「市場の均衡を保つため、毎月日量40万バレルとしている生産引き上げを22年上期に3カ月間停止することが必要だとわれわれは考える(さらに、新型コロナウイルスの新たな変異株の影響次第で生産が減らされる可能性もある)。一方、その後再開された際にOPECプラスが毎月日量25万バレル超の生産引き上げを実施するのは厳しいだろう」と記した。

    その上で、OPECプラスの価格コントロール能力は「余剰生産能力の有効性に左右される」と指摘。余剰生産能力は総生産能力の4%と、25年ぶり低水準に落ち込む見通しとしている(平均は総生産能力の14%)。

本文はここまでです このページの先頭へ