IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (316コメント)

  • 否決です。
    残念です。
    今回の総会自体は必要なことだと思います。
    しかし、今回のことに懲りて社長の性格が治ることを祈るばかりですがね。
    二心、利益相反、如何に第三者に担保とか言っていても最初からそのつもりならばそうですから。
    再上場するまでは手心を加えるべきではない。
    口先で何を言おうが全部合法と言いながら低廉な価格で買い取ったり株主を飼い殺しにするシナリオは二心あれば余裕で出来ますし。
    人の心なんて最後までわからないものです。
    コロっと変わったり、心裡留保なんて単純にあり得ますから。

  • 財団が昨年総会で配当に反対したのは決算の帳簿上利益が上がっていない状態での配当を嫌ったからです。配当がおくれているだけではあったものの、まだ入っていないものを認めるわけにはいかなかったか、社長に反対したかったのか。なので、きっちり利益が出たら出してくれる、と思う。
    再上場についてはどちらに転んでも再上場を目指すとしているしまま良いのでは。ただ、信頼度としては再上場は無理なのではないかについては、どこかの会社の話であって明確な指針があるわけではない。社長の過去の慶應の悪事も7年経過すれば訴えられはしないのでどっちもどっちだが、社長の2015年の悪事がなければ再上場が成っているかいないかはハッキリしているので私の中では社長が悪です。

    社長になってからもボロがでてますからね。創業者のイトコでありながら創業家との確執、創業社長信奉者の退社、資金不明朗、薬物不明朗、信じてきた者をことごとく裏切ってる状態なのですが、さすがに今日で終わりだと思いたいです。
    はてさて、どうなるか。

    もとに戻ったところで、もう5年くらいは未上場が続くことは覚悟の上。

  • あすか製薬とのコンサルティング、
    なぜ前期ではなくて4月7日の発表なのか。
    来期をお楽しみと期待させておいてまた年額2百万円じゃないでしょうね。
    それでも売上は北京のを合わせて2倍か。すごいですね。
    (※低廉なTOB価格に対しスルーを行った現社長を全く信用してません)

    今まで起きたことを無視して
    まだ起きてないことを重視するのは
    どうかしてる。

  • >>No. 35584

    だから何?
    ってお話ではなく、
    そうできるようにしたことが
    問題です。

    もう一度やれって、株式の価値を損ないますので、その意味でもこの委任状は非常に悪質です。

  • 委任状に書いてある(ⅰ)(ⅱ)および(ⅲ)とある、
    「および」

    「(ⅰ)(ⅱ)もしくは(ⅲ)」
    「(ⅰ)(ⅱ)または(ⅲ)」
    となるならば、
    その場で全てが白紙委任に切り替わるため、
    (ⅲ)の動議は誰でも主張することができるのですが、
    出されるとたしかに総会の運営自体はスムーズに進むでしょうからその点において委任状の意味はあるかもしれないけど
    議案の賛否もその場で白紙委任者が決められてしまうため、むしろそっちを狙ったものだと考えます。
    ひどいです。

  • もし今回のTOBが自社株買いであったとするならば、
    残された株主の価値は2割は膨らんだはず、
    現状は現在の株主の逸失損失なのですよ。
    それを自己の関連する他社に渡した、
    この点は大いに残された株主は怒っていいと思うし、
    これだけで社長解任は当然です。
    社長が株主の財産を収奪したと言っても過言ではないでしょう。。
    こんな人信用できますか?
    単純に社長は変えないと会社自身に明日はない。

    今までの実績において、
    学生、学校が
    株主、会社に置き換わったのみ。
    これからも同じ事が続くと思うと。

    あらためまして
    解任に賛成でお願いいたします。

  • 有能で北京泰徳からの信認が厚い水島社長はLTTバイオから出て北京泰徳の副董事長専任になったほうがより大活躍出来ると思う。
    配当金が出ない論もあるけど、12%の株主への例えばいわゆる制裁のために残りの88%の株主をないがしろにするとはとても考えにくい。
    都合が悪いことは話していないだけで、少しでも認めると総崩れになるから全部認められないだけに思える。
    水島財団は対案がないのではなくて、単純に水島社長にやめて欲しいだけ。その後は臨時株主総会で社長は決められる。
    会社は社長のものでなく株主のものであるのでその辺はなんとでもなる。社長は個人株主にまとまって欲しくないだけ。それが全て。奴隷の鎖を刃に変えるのです、と言う表現があるが今がその時期です。

  • とりあえず、毎年総会に出ている立場の者からすれば
    売上が200万円で業務提携代金のみとか、
    過去の事実を基に応援してとか、今がダメだから議案出されてることをすり替えてたり、
    特定の株主の便宜を図って低廉な価格のTOBを自らの利益のために中立としてスルーしたりしたように見えたり(株主公平の観点から最低でも純資産と数年分の利益未満であれば自社株買いすべきであったろうに)、
    会社側の主張には理解できない部分が多すぎる。

    問題提起自体が問題のようなことを書いているが、それは自らが招いたことでしょうに。加害者が被害者のふりしてるように見えるのです。

  • >>No. 35244

    そうですね。
    平気で犯罪を犯す指摘のものについて財団の指摘のものは株主総会で聞いた限りだと社長の指示による薬事法違反と使途不明なカネの流れです。
    怒りでペンが止まってしまい詳細を書いてはいないですが、これでは再上場出来ないのは誰のせいだと思いましたよ。
    残る一人についての指摘も当たりです。

    会社を追われると何も保護してくれる者はいないので
    単純に告発されたら終わるでしょう。

    むしろ、北京泰徳とかSinoとかもこんな人社長にしたくないでしょうけど、
    現社長に賛成ならば49%取って社長追い出して、
    ゆっくり会社運営とか十分にあり得て、
    と言うか財団側は創業者なんだから、Sinoや北京泰徳が
    まことの人に寄り添うイメージの製薬会社であるならば、
    今回のTOBの結果はどうであれ不良社長は解任して欲しいものです。

    2015年の水島会長の謝罪から始まった総会で謝罪の後に静まり返り誰も拍手が飛ばない中、私の拍手を皮切りに拍手が何とか飛び許された感が何とか出来上がったことなど、覚えてはいまい。ただの恩知らずです。

  • >>No. 35237

    株主総会に出席願えない場合は議決権行使書に賛否を表示して前日の営業時間までに会社に到達すればそれはカウントされるようになっています。
    当日に否を付けて入場した場合、仮に拍手による採決になった場合明らかに賛成多数で疑う余地もない場合、後に争いにならないと思われる場合はカウントしません。なお、まれに否を付けて入場すれば反対したことになるとか書いている人もいますが議決権行使書のお願い欄にはそういった記載はないです。


    掲示板閲覧の方に前以てお願いします。
    無投票の場合は会社側提案に賛成、株主側提案には反対することになりますので、今度来るLTTバイオファーマの議決権行使書はきちんと記載して出すようにしましょう。

  • 2013年から2020年まで毎年総会で質問していますが、元社長の大塚氏の言動は一貫しましたし、現在も一貫しています。
    水島財団からは過去の訴訟が片付いた後に「迷惑をかけた」と、2億円の裁判による損失をLTTのために補填している誠実な過去が存在する。
    大塚元社長は2015年水島会長が慶応大を追われた際、あるいは株仲間の会より水島会長退任、5000円の自社株買い、役員選任、と突き付けられた際、たまたま北京泰徳から配当金が多額に出るようになったため2000円の配当を行った。その後も続けて2018年に合計6000円配当できたと話した総会の時の大塚元社長のドヤ顔は忘れられない。しかし、あれは当時の水島会長を守り円滑に総会を乗り切りたいものとも取れたのですが、そうであるならば恩知らずともとれる。真実はわからないが。

    おそらく金銭面と現社長の今までの言動と今後信用できるかについてが今一番問われていることですので書きますが、
    まっとうな発言は
    ・株主様のために~
    と言い続けて、実のところ、

    不審な行動について
    ・株主総会招集通知における財団側に対する過剰なフォント遣いによる反対(私は所有株式数が400社は超えてたり一時700社超えてましたがあれは見たことがないレベル)
    ・昨年の株主総会での元社長大塚氏の質問にまともに答えていない。まともに答えていたら現社長のせいで再上場出来ないことは明白。そりゃ退任せよと言いたくもなる。書けない。
    ・総会で私が最後の質問で、きちんとこの場(総会の場)で反対票を確認してくださいと話していなければ出席者の全ての票はたとえ入り口で受付に否で出しても賛成票になってしまうのがルール(議決権行使書は当日には入場券に変わってしまうので賛否に記載する意味はない)だが、それを渋っていた。
    おそらく質問者単独で臨時株主総会を起こすことが出来る状態だったので認めてくれたものと思われる。
    ・それでも、総会が終わった後に総会前の賛成票としての議決権行使書の結果を公表した。事情を知らない株主のミスリードを誘っている。
    ・現金残高が換金性の高いものも含めてざっくり36億円程度あるにもかかわらず自社で株式購入を行わずにSino社に任せて中立を保っていること。残る株主の株式価値増大を考えないどころか実質的にサポートしている。
    ・来期の配当金約9億円部分も存在するし、北京泰徳の株式を担保に借りることも出来るのだから資金は潤沢なので自社で高く買うことは出来る。研究開発費に現金はそんなに要らないはず。

    社長のは完全なおためごかしで、今後のシナリオとしては、
    換金できないからと何度も同じ価格で買付を繰り返し、株主にはおためごかしで場合によっては配当も出ませんと話し、TOBに応じるしかなくなると言う、先が詰まってしまい退出させられるシナリオしかない。
    なので、現時点で出来ることは会社側の作り出している「今売らないと今後売れなくなるよ」と話している構図である『囚人のジレンマ』の状態を冷静に考え、まず間違いなく行われる臨時株主総会において議決権争奪戦にて会社側反対、水島財団側賛成とすることが必要である。

    と、私は思うのだ。


    去っていった研究者もきっと戻ってきてくれる、とも。

  • 財団は単純に赤字だから配当を否定しただけであり、会社のためを考えての議案の賛否だと思います。
    何者かが誰のために、何のために動いているのか、当然に金が欲しいから先の総会の議案では会社側に賛成しただろうし今回のTOBにより馬脚を現した現経営陣に対してはこれから反対に動くであろうとは思う。
    先の総会では社長以外の経営陣が意気込みを話されましたが、水島裕氏を信奉していると話していたのにもかかわらず辞められたのには、本人はそうした方が良いからそうしたのであって、会社に残ると何かに染まってしまうと考えたと悟らざるを得ない。

    以前、株主総会で5000円での自社株買いがあり、それに会社側としては反対を行い、すぐさま配当金を出し、大塚社長は3回目の配当金で以前の自社株買いするよりはたくさん出せたと総会で話した。株主のことを考えてないわけがない。
    それに対して、いままで蓄えられてきたものから自らの欲のために全力で財団の議案を強調文章を用いてつぶそうとして配当金を出したた社長、どちらが正しいか言うまでもない。

    本当に銭にならない奴は誰かはもうわかると思うけど、株式会社は議決権での上での多数決。
    現株主の方には出来る限り会社に株主に残っていただいて、次回のおそらく臨時株主総会で財団に対しての賛成、会社側に対しての反対票を出して欲しいです。

    価値があるのもそうですがそれ以前の問題です。

  • >>No. 34684

    自社株買いでないので、株主の利益ではなく中国側の利益を取っていると言えます。
    寝かしてあるお金があるならまず自社株買いが筋であると思いますが、自分の意向が通じる株主に引き取ってもらうことが自らの利益と考えているならば利己的であるとしか言えない。
    寝ているお金があるならば今からでも4万円とかで自社株買いを行うのが当然ではあります。

  • ウィ○ソン・○ーニングは年末の急騰より仕手筋がいたとするならば、大量保有報告書の変更待ちだったのだろうけど出ないから面食らってるだろうな。
    どうにもならないし、小さい相場を作って逃げるしかない、
    などと勝手な想像します。
    想定されるシナリオがあるとするならば完全に崩れてるんですよ。。。
    間違いなく手放すであろう相手が売っていないとか撤退理由に十分かとは。

  • この時期までに来てないとなると、配当は出ないほうが正しいのか。
    しかしなぜ今までとは違う数字が中間期に出ていたのだか。
    加えて、株主総会招集通知でものものしく変化をアピールしていたから出すのかと思った。
    出るのか(?)とのとまどいはありましたが、まあ出ないのが良識的な考えだと思います。
    おさわがせしました。

  • >>No. 34624

    今までの中間期を全部見てもらえたらわかるのですが、中間期の欄の一株あたり配当額に2000円と書かれたことは今までなかったはず。
    いつも期末のには2000円と出ています。
    なので、配当は出す決議が通っているものと考えてます。

  • >>No. 34621

    100万円は北京泰徳への売上だけど、コロナのせいか、なにかカンに触るところがあってはぶられたか。
    配当金が出る(?)のはいいんだけど、わざわざ中間期に出さなくても。

  • 適当なこと言いますけど。
    オリエンタルランドとかサンリオとかムーミンバレーパークあたりが買収して遊園地だけでも改修すれば全力で知名度上がりそうな予感はしますね。
    1200億円のシナジーって、真面目に土地開発するだけじゃないかと。

  • >>No. 34613

    IRジャパンの株主名簿管理人
    サンキャピタル、メディネット、デジタルHLD、ぐるなび、出前館、JPHLD、ゴルフドゥ、ジェイグループ、OAKキャピタル、こーせーRE、オークファン、ターボリナックス、エコミック、アクロディア、パス、細谷火工、PBシステムズ、メドレックス、キャリアバンク、リプロセル、IRJ(自社)、日本ギア、ソウルドアウト、みらいワークス、武蔵精密、フジコーポ、セルシード、フューチャーVC、アルデプロ、エーアイティー

    →LTTバイオファーマ(New)
    クセが強すぎる銘柄群の仲間入り

  • やらざるを得ないからしぶしぶやるのはもはや経営じゃないよ。
    総会の社長の追及度合いからすればもはや、、、なんですけどね。
    あと5年はさらに再上場が伸びる可能性すらあるのです。

本文はここまでです このページの先頭へ