IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (324コメント)

  • 第二のアマゾン、グーグル、アップルになり得る企業の一つとして、日経クロステックは、その有力候補を紹介してくれています。

    電源システムの48V化によるエネルギー効率向上、バッテリー制御システム(BMS)の革新、パワートレインの制御の集積化

    の3つの技術領域でイノベーションを引き起こす

    TI(米テキサス・インスツルメンツ)

    と言う半導体開発メーカーです。

    https://jp.investing.com/equities/texas-instru

    一方、【特集】人気米国株の激辛診断50アメリカの投資会社が教える
    今投資すべき/投資してはいけない診断

    と言う雑誌の冒頭で紹介のあるのが

    テスラ

    です。その評価は

    C(投資しない方がいい)
    D(リスク)

    この雑誌でも

    テスラ社の利益は、

    ビットコインの売却益や「ガソリン車の販売権利の売却」によるもの

    であり、

    本業である自動車の販売ではまだ黒字化していない

    と斬り捨てられているのです。

    中国政府の横槍で中国での売上が半減のテスラ、半導体不足も相俟って、次回の決算で、ようやく本業で黒字化?好決算?など望めるはずもありません。

    ましてや、テスラ株には

    ビット・コイン

    イーロン・マスクの軽挙妄動な無責任発言

    とトリプル・リスクが顕在化しているのです。そして、近い将来

    アップル・カーやグーグル・カー

    の登場があれば、テスラ株の急落は確定的です。

    未だ本業で儲けもない、大風呂敷の軽挙妄動で鳴らすイーロン・マスク率いるテスラ一強時代は大相場で疾うに越えて終焉を迎えたのです。

    第二のアマゾン、グーグル、アップルを狙う投資家が投資すべきは、世界的な国家プロジェクト化している、半導体の中でも最も需要の見込まれている「車の半導体」を開発する半導体メーカーです。

    電気自動車に必要不可欠な半導体製品を製造する企業に投資すれば、今後どの電気自動車メーカーが圧倒的な売り上げシェアを上げていようとも、ハイリータンが望めるのです。

    第二のアマゾン、グーグル、アップルを狙う投資家であれば、急落が約束されているテスラにどうして貴重な資産を投じるのでしょうか?

    つい最近まで500ドルを割り込んでいたNVDAは昨晩史上最高値700ドルを突破しました。しかし、NVDAの半導体はゲームや仮想通貨用の半導体なのです。

  • 【高橋ダン氏のテスラ株に対する見識】

    アメリカのウォール街でヘッジ・ファンドを立ち上げた経歴のある投資のプロ、高橋ダン氏の解説は客観的なデータに基づく解説であり、説得力も大いにある。企業案件を一切引き受けずに、日本人の金融リテラシーを上げることに透徹する姿勢も天晴である。なお、高橋ダン氏は有名投資家として、モーニングサテライトにも出演経験がある。

    テスラ株、絶対に買うな。(4月27日)

    第一四半期決算を受けての見解。

    1.期待が高過ぎる。
    2.テスラ株の空売り比率が高いならば割安と判断できるが空売り比率が低いから危険。
    3.PSR20倍が高過ぎるので、長期的には買うべきではない。
    4.短期的にも売買どちらも推奨できない。

    テスラの販売数の急上昇、買うべきか?(4月6日)

    【結論】

    1.高橋氏はテスラ株を高値で空売り済み。
    2.テスラ株を過大視しているのは誰も知らないような弱小証券界社である。中堅や大手の証券会社はテスラ株に対して懐疑的な見解を抱いている。
    3.テスラがこの2年と同じパフォーマンスを繰り返す可能性はとても低い。他の銘柄を探すのが賢明である。
    4.テスラ株は長期投資には向かないが、短期投資であれば投資してもよい。

  • >>No. 280

    誰もが知っての通りで、世界的に需要が伸びるとの予測があるのが

    車の半導体

    です。10月であろうがなかろうが世界の車の半導体のトップ3に位置していることは重要です。

    半導体の開発はちょっと出の新参メーカーにはちょっとやそっとでは開発できないことがポイントです。

    プライムニュースにてもう手遅れだ」と専門家が甘利氏を斬って落としたのがその象徴です。

    勝ち馬に乗るには、車の半導体を開発する企業に投資することです。

    テスラに投資して毎日のように

    イーロン・マスク氏の傍若無人の無責任発言に振り回されたり、ビット・コイン価格の上下に翻弄されて果たして有意義でしょうか?

  • 2021/06/07 15:17

    >>No. 271

    https://special.nikkeibp.co.jp/atclh/NXT/20/tij1012/p2/

    にある通りです。車の半導体を開発するビッグ3は

    https://www.webcg.net/articles/-/44273

    これとて、どの半導体会社がシャエアを独占するのかは分かりませんが、車の競合メーカー数よりもずっと低いです。

    それに半導体は簡単に他社も物真似して開発製造できるものではありません。

    日本は世界の50%の圧倒的な半導体市場を席捲したにも関わらず、1986年に米国と不平等条約、日米半導体協定を結ぶことで、埋没しました。

    日本政府のみならず世界が車の半導体の主権を握らんと躍起、国家的戦略化しています。

    先日、プライムニュースに出演した自民の甘利氏は専門家に遅すぎるとの批判を受けながらも、政府支援で「兆億単位」で支援することを表明しています。

    なお、私が情報の参照URLの提示を控えたのは、あなたの著作侵害との助言があったからです。

  • >>No. 267

    なお、TXN株のホルダーでもありません。

  • >>No. 267

    大変な曲解解釈のほどご苦労様です。

    残念ながらあなたの想像は誤っております。

    私は兼ねてからテスラの株価が800ドルを突破しているころからテスラ批判を展開しています。

  • 第二のアマゾン、グーグル、アップルになり得る企業の一つとして、日経クロステックは、その有力候補を紹介してくれています。

    電源システムの48V化によるエネルギー効率向上、バッテリー制御システム(BMS)の革新、パワートレインの制御の集積化

    の3つの技術領域でイノベーションを引き起こす

    TI(米テキサス・インスツルメンツ)

    と言う半導体開発メーカーです。

    https://jp.investing.com/equities/texas-instru

    一方、【特集】人気米国株の激辛診断50アメリカの投資会社が教える
    今投資すべき/投資してはいけない診断

    と言う雑誌の冒頭で紹介のあるのが

    テスラ

    です。その評価は

    C(投資しない方がいい)
    D(リスク)

    この雑誌でも

    テスラ社の利益は、

    ビットコインの売却益や「ガソリン車の販売権利の売却」によるもの

    であり、

    本業である自動車の販売ではまだ黒字化していない

    と斬り捨てられているのです。

    中国政府の横槍で中国での売上が半減のテスラ、半導体不足も相俟って、次回の決算で、ようやく本業で黒字化?好決算?など望めるはずもありません。

    ましてや、テスラ株には

    ビット・コイン

    イーロン・マスクの軽挙妄動な無責任発言

    とトリプル・リスクが顕在化しているのです。そして、近い将来

    アップル・カーやグーグル・カー

    の登場があれば、テスラ株の急落は確定的です。

    未だ本業で儲けもない、大風呂敷の軽挙妄動で鳴らすイーロン・マスク率いるテスラ一強時代は大相場で疾うに越えて終焉を迎えたのです。

    第二のアマゾン、グーグル、アップルを狙う投資家が投資すべきは、世界的な国家プロジェクト化している、半導体の中でも最も需要の見込まれている「車の半導体」を開発する半導体メーカーです。

    電気自動車に必要不可欠な半導体製品を製造する企業に投資すれば、今後どの電気自動車メーカーが圧倒的な売り上げシェアを上げていようとも、ハイリータンが望めるのです。

    第二のアマゾン、グーグル、アップルを狙う投資家であれば、急落が約束されているテスラにどうして貴重な資産を投じるのでしょうか?

    つい最近まで500ドルを割り込んでいたNVDAは今宵史上最高値700ドルを突破しました。しかし、NVDAの半導体はゲームや仮想通貨用の半導体なのです。

  • 第二のアマゾン、グーグル、アップルになり得る企業の一つとして、日経クロステックは、その有力候補を紹介してくれています。

    電源システムの48V化によるエネルギー効率向上、バッテリー制御システム(BMS)の革新、パワートレインの制御の集積化

    の3つの技術領域でイノベーションを引き起こす

    TI(米テキサス・インスツルメンツ)

    と言う半導体開発メーカーです。

    https://jp.investing.com/equities/texas-instru

    一方、【特集】人気米国株の激辛診断50アメリカの投資会社が教える
    今投資すべき/投資してはいけない診断

    と言う雑誌の冒頭で紹介のあるのが

    テスラ

    です。その評価は

    C(投資しない方がいい)
    D(リスク)

    この雑誌でも

    テスラ社の利益は、

    ビットコインの売却益や「ガソリン車の販売権利の売却」によるもの

    であり、

    本業である自動車の販売ではまだ黒字化していない

    と斬り捨てられているのです。

    中国政府の横槍で中国での売上が半減のテスラ、半導体不足も相俟って、次回の決算で、ようやく本業で黒字化?好決算?など望めるはずもありません。

    ましてや、テスラ株には

    ビット・コイン

    イーロン・マスクの軽挙妄動な無責任発言

    とトリプル・リスクが顕在化しているのです。そして、近い将来

    アップル・カーやグーグル・カー

    の登場があれば、テスラ株の急落は確定的です。

    未だ本業で儲けもない、大風呂敷の軽挙妄動で鳴らすイーロン・マスク率いるテスラ一強時代は大相場を終えてとうに終焉を迎えたのです。

    第二のアマゾン、グーグル、アップルを狙う投資家が投資すべきは、世界的な国家プロジェクト化している、半導体の中でも最も需要の見込まれている「車の半導体」を開発する半導体メーカーです。

    電気自動車に必要不可欠な半導体製品を製造する企業に投資すれば、今後どの電気自動車メーカーが圧倒的な売り上げシェアを上げていようとも、ハイリータンが望めるのです。

    第二のアマゾン、グーグル、アップルを狙う投資家であれば、急落が約束されているテスラにどうして貴重な資産を投じるのでしょうか?

    つい最近まで500ドルを割り込んでいたNVDAは今宵史上最高値700ドルを突破しました。しかし、NVDAの半導体はゲームや仮想通貨用の半導体なのです。

  • 第二のアマゾン、グーグル、アップルになり得る企業の一つとして、日経クロステックは、その有力候補を紹介してくれています。

    電源システムの48V化によるエネルギー効率向上、バッテリー制御システム(BMS)の革新、パワートレインの制御の集積化

    の3つの技術領域でイノベーションを引き起こす

    TI(米テキサス・インスツルメンツ)

    と言う半導体開発メーカーです。

    https://jp.investing.com/equities/texas-instru

    一方、【特集】人気米国株の激辛診断50アメリカの投資会社が教える
    今投資すべき/投資してはいけない診断

    と言う雑誌の冒頭で紹介のあるのが

    テスラ

    です。その評価は

    C(投資しない方がいい)
    D(リスク)

    この雑誌でも

    テスラ社の利益は、

    ビットコインの売却益や「ガソリン車の販売権利の売却」によるもの

    であり、

    本業である自動車の販売ではまだ黒字化していない

    と斬り捨てられているのです。

    中国政府の横槍で中国での売上が半減のテスラ、半導体不足も相俟って、次回の決算で、ようやく本業で黒字化?好決算?など望めるはずもありません。

    ましてや、テスラ株には

    ビット・コイン

    イーロン・マスクの軽挙妄動な無責任発言

    とトリプル・リスクが顕在化しているのです。そして、近い将来

    アップル・カーやグーグル・カー

    の登場があれば、テスラ株の急落は確定的です。

    未だ本業で儲けもない、大風呂敷の軽挙妄動で鳴らすイーロン・マスク率いるテスラ一強時代は大相場を終えてとうに終焉を迎えたのです。

    第二のアマゾン、グーグル、アップルを狙う投資家が投資すべきは、世界的な国家プロジェクト化している、半導体の中でも最も需要の見込まれている「車の半導体」を開発する半導体メーカーです。

    電気自動車に必要不可欠な半導体製品を製造する企業に投資すれば、今後どの電気自動車メーカーが圧倒的な売り上げシェアを上げていようとも、ハイリータンが望めるのです。

    第二のアマゾン、グーグル、アップルを狙う投資家であれば、急落が約束されているテスラにどうして貴重な資産を投じるのでしょうか?

    つい最近まで500ドルを割り込んでいたNVDAは今宵史上最高値700ドルを突破しました。しかし、NVDAの半導体はゲームや仮想通貨用の半導体なのです。

  • 第二のアマゾン、グーグル、アップルになり得る企業の一つとして、日経クロステックは、その有力候補を紹介してくれています。

    電源システムの48V化によるエネルギー効率向上、バッテリー制御システム(BMS)の革新、パワートレインの制御の集積化

    の3つの技術領域でイノベーションを引き起こす

    TI(米テキサス・インスツルメンツ)

    と言う半導体開発メーカーです。

    https://jp.investing.com/equities/texas-instru

    一方、【特集】人気米国株の激辛診断50アメリカの投資会社が教える
    今投資すべき/投資してはいけない診断

    と言う雑誌の冒頭で紹介のあるのが

    テスラ

    です。その評価は

    C(投資しない方がいい)
    D(リスク)

    この雑誌でも

    テスラ社の利益は、

    ビットコインの売却益や「ガソリン車の販売権利の売却」によるもの

    であり、

    本業である自動車の販売ではまだ黒字化していない

    と斬り捨てられているのです。

    中国政府の横槍で中国での売上が半減のテスラ、半導体不足も相俟って、次回の決算で、ようやく本業で黒字化?好決算?など望めるはずもありません。

    ましてや、テスラ株には

    ビット・コイン

    イーロン・マスクの軽挙妄動な無責任発言

    とトリプル・リスクが顕在化しているのです。そして、近い将来

    アップル・カーやグーグル・カー

    の登場があれば、テスラ株の急落は確定的です。

    未だ本業で儲けもない、大風呂敷の軽挙妄動で鳴らすイーロン・マスク率いるテスラ一強時代は大相場を終えてとうに終焉を迎えたのです。

    第二のアマゾン、グーグル、アップルを狙う投資家が投資すべきは、世界的な国家プロジェクト化している、半導体の中でも最も需要の見込まれている「車の半導体」を開発する半導体メーカーです。

    電気自動車に必要不可欠な半導体製品を製造する企業に投資すれば、今後どの電気自動車メーカーが圧倒的な売り上げシェアを上げていようとも、ハイリータンが望めるのです。

    第二のアマゾン、グーグル、アップルを狙う投資家であれば、急落が約束されているテスラにどうして貴重な資産を投じるのでしょうか?

    つい最近まで500ドルを割り込んでいたNVDAは今宵史上最高値700ドルを突破しました。しかし、NVDAの半導体はゲームや仮想通貨用の半導体なのです。

  • お断りします。Masakoと言う人物にそれを伝えて下さい。

  • あなたは私を訴えると証言したはずだがどうした?

    あなたは親告罪と言う言葉の意味が理解できるのかい?

  • 第二のアマゾン、グーグル、アップルになり得る企業の一つとして、日経クロステックは、その有力候補を紹介してくれています。

    電源システムの48V化によるエネルギー効率向上、バッテリー制御システム(BMS)の革新、パワートレインの制御の集積化

    の3つの技術領域でイノベーションを引き起こす

    TI(米テキサス・インスツルメンツ)

    と言う半導体開発メーカーです。

    https://jp.investing.com/equities/texas-instru

    一方、【特集】人気米国株の激辛診断50アメリカの投資会社が教える
    今投資すべき/投資してはいけない診断

    と言う雑誌の冒頭で紹介のあるのが

    テスラ

    です。その評価は

    C(投資しない方がいい)
    D(リスク)

    この雑誌でも

    テスラ社の利益は、

    ビットコインの売却益や「ガソリン車の販売権利の売却」によるもの

    であり、

    本業である自動車の販売ではまだ黒字化していない

    と斬り捨てられているのです。

    中国政府の横槍で中国での売上が半減のテスラ、半導体不足も相俟って、次回の決算で、ようやく本業で黒字化?好決算?など望めるはずもありません。

    ましてや、テスラ株には

    ビット・コイン

    イーロン・マスクの軽挙妄動な無責任発言

    とトリプル・リスクが顕在化しているのです。そして、近い将来

    アップル・カーやグーグル・カー

    の登場があれば、テスラ株の急落は確定的です。

    未だ本業で儲けもない、大風呂敷の軽挙妄動で鳴らすイーロン・マスク率いるテスラ一強時代は大相場を終えてとうに終焉を迎えたのです。

    第二のアマゾン、グーグル、アップルを狙う投資家が投資すべきは、世界的な国家プロジェクト化している、半導体の中でも最も需要の見込まれている「車の半導体」を開発する半導体メーカーです。

    電気自動車に必要不可欠な半導体製品を製造する企業に投資すれば、今後どの電気自動車メーカーが圧倒的な売り上げシェアを上げていようとも、ハイリータンが望めるのです。

    第二のアマゾン、グーグル、アップルを狙う投資家であれば、急落が約束されているテスラにどうして貴重な資産を投じるのでしょうか?

    つい最近まで500ドルを割り込んでいたNVDAは今宵史上最高値700ドルを突破しました。しかし、NVDAの半導体はゲームや仮想通貨用の半導体なのです。

  • 第二のアマゾン、グーグル、アップルになり得る企業の一つとして、日経クロステックは、ヒントを与えてくれているかもしれません。

    電源システムの48V化によるエネルギー効率向上、バッテリー制御システム(BMS)の革新、パワートレインの制御の集積化

    の3つの技術領域でイノベーションを引き起こす

    TI(米テキサス・インスツルメンツ)

    と言う半導体開発メーカーです。株価は既に鰻登り

    https://jp.investing.com/search/?q=ti

    一方、【特集】人気米国株の激辛診断50アメリカの投資会社が教える
    今投資すべき/投資してはいけない診断

    と言う雑誌の冒頭で紹介のあるのが

    テスラ

    です。その評価は

    C(投資しない方がいい)
    D(リスク)

    この雑誌でも

    テスラ社の利益は、

    ビットコインの売却益や「ガソリン車の販売権利の売却」によるもの

    であり、

    本業である自動車の販売ではまだ黒字化していない

    と斬り捨てられているのです。

    中国政府の横槍で中国での売上が半減のテスラ、半導体不足も相俟って、次回の決算からは、ようやく本業で黒字化?好決算?が望めるはずもありません。

    ましてや、テスラ株には

    ビット・コイン

    イーロン・マスクの軽挙妄動な無責任発言

    とトリプル・リスクが顕在化しているのです。そして、近い将来に登場する

    アップル・カーやグーグル・カー

    の発売があれば、テスラ株が急落するのも目に見えているのです。

    未だ本業で儲けもない、大風呂敷の軽挙妄動で鳴らすイーロン・マスク率いるテスラ一強時代はとうに終焉を迎えたのです。

    第二のアマゾン、グーグル、アップルを狙う投資家が投資すべきは、世界的な半導体不足の中にあって将来も需要の見込みが最も高いとの予想のある車の半導体を開発する半導体メーカーです。

    電気自動車に必要不可欠な半導体製品を製造する企業に投資すれば、今後どのメーカーの電気自動車メーカーが支配的な地位を築いたとしても、ハイリータンが望めるのです。

    第二のアマゾン、グーグル、アップルを狙う投資家であれば、ハイリスクなテスラにどうして貴重な資産を投じるのでしょうか?

    つい最近まで500ドルを割り込んでいたNVDAは今宵史上最高値700ドルを突破しました。しかし、NVDAの半導体はゲームや仮想通貨用の半導体なのです。

  • 第二のアマゾン、グーグル、アップルになり得る企業の一つとして、日経クロステックは、ヒントを与えてくれているかもしれません。

    電源システムの48V化によるエネルギー効率向上、バッテリー制御システム(BMS)の革新、パワートレインの制御の集積化

    の3つの技術領域でイノベーションを引き起こす

    TI(米テキサス・インスツルメンツ)

    と言う半導体開発メーカーです。株価は既に鰻登り

    https://jp.investing.com/search/?q=ti

    一方、【特集】人気米国株の激辛診断50アメリカの投資会社が教える
    今投資すべき/投資してはいけない診断

    と言う雑誌の冒頭で紹介のあるのが

    テスラ

    です。その評価は

    C(投資しない方がいい)
    D(リスク)

    この雑誌でも

    テスラ社の利益は、

    ビットコインの売却益や「ガソリン車の販売権利の売却」によるもの

    であり、

    本業である自動車の販売ではまだ黒字化していない

    と斬り捨てられているのです。

    中国政府の横槍で中国での売上が半減のテスラ、半導体不足も相俟って、次回の決算からは、ようやく本業で黒字化?好決算?が望めるはずもありません。

    ましてや、テスラ株には

    ビット・コイン

    イーロン・マスクの軽挙妄動な無責任発言

    とトリプル・リスクが顕在化しているのです。そして、近い将来に登場する

    アップル・カーやグーグル・カー

    の発売があれば、テスラ株が急落するのも目に見えているのです。

    未だ本業で儲けもない、大風呂敷の軽挙妄動で鳴らすイーロン・マスク率いるテスラ一強時代はとうに終焉を迎えたのです。

    第二のアマゾン、グーグル、アップルを狙う投資家が投資すべきは、世界的な半導体不足の中にあって将来も需要の見込みが最も高いとの予想のある車の半導体を開発する半導体メーカーです。

    電気自動車に必要不可欠な半導体製品を製造する企業に投資すれば、今後どのメーカーの電気自動車メーカーが支配的な地位を築いたとしても、ハイリータンが望めるのです。

    第二のアマゾン、グーグル、アップルを狙う投資家であれば、ハイリスクなテスラにどうして貴重な資産を投じるのでしょうか?

    つい最近まで500ドルを割り込んでいたNVDAは、史上最高値690ドルを突破しています。しかし、NVDAの半導体はゲームや仮想通貨用の半導体なのです。

  • ご愁傷様、今日もテスラCEOイーロン・マスクの無責任な軽挙妄動からビット・コインが下落しています。

  • TXN(テキサス・インスツルメンツ)(TI)の掲示板はとても平和なようです。

    https://finance.yahoo.co.jp/cm/message/1160009530/33a2c41cdd00b07efaad67681e5e579c

  • 第二のアマゾン、グーグル、アップルになり得る企業の一つとして、日経クロステックは、ヒントを与えてくれているかもしれません。

    電源システムの48V化によるエネルギー効率向上、バッテリー制御システム(BMS)の革新、パワートレインの制御の集積化

    の3つの技術領域でイノベーションを引き起こす

    TI(米テキサス・インスツルメンツ)

    と言う半導体開発メーカーです。株価は既に鰻登り

    https://jp.investing.com/search/?q=ti

    一方、【特集】人気米国株の激辛診断50アメリカの投資会社が教える
    今投資すべき/投資してはいけない診断

    と言う雑誌の冒頭で紹介のあるのが

    テスラ

    です。その評価は

    C(投資しない方がいい)
    D(リスク)

    この雑誌でも

    テスラ社の利益は、

    ビットコインの売却益や「ガソリン車の販売権利の売却」によるもの

    であり、

    本業である自動車の販売ではまだ黒字化していない

    と斬り捨てられているのです。

    中国政府の横槍で中国での売上が半減のテスラ、半導体不足も相俟って、次回の決算からは、ようやく本業で黒字化?好決算?が望めるはずもありません。

    ましてや、テスラ株には

    ビット・コイン

    イーロン・マスクの軽挙妄動な無責任発言

    とトリプル・リスクが顕在化しているのです。そして、近い将来に登場する

    アップル・カーやグーグル・カー

    の発売があれば、テスラ株が急落するのも目に見えているのです。

    未だ本業で儲けもない、大風呂敷の軽挙妄動で鳴らすイーロン・マスク率いるテスラ一強時代はとうに終焉を迎えたのです。

    第二のアマゾン、グーグル、アップルを狙う投資家が投資すべきは、世界的な半導体不足の中にあって将来も需要の見込みが最も高いとの予想のある車の半導体を開発する半導体メーカーです。

    電気自動車に必要不可欠な半導体製品を製造する企業に投資すれば、今後どのメーカーの電気自動車メーカーが支配的な地位を築いたとしても、ハイリータンが望めるのです。

    第二のアマゾン、グーグル、アップルを狙う投資家であれば、ハイリスクなテスラにどうして貴重な資産を投じるのでしょうか?

    つい最近まで500ドルを割り込んでいたNVDAは、史上最高値690ドルを突破しています。しかし、NVDAの半導体はゲームや仮想通貨用の半導体なのです。

  • 【5月の中国での受注数が半減】

    【テスラ、リコール相次ぐ】

    (モーニング・サテライト6月4日報道)

    頼みの綱の中国でも、中国政府が関与していると疑われるテスラ不買運動も泣き面に蜂。

    決定打は、テスラの第一四半期決算の内容。

    クレジットの収入増と税支払額の減少、ビットコインの売却額が業績を押し上げた

    だけ。これを除けば、テスラの第一四半期決算は、

    大幅に予想を下回った。

    テスラ株に関与すれば、テスラのリスクと同時に

    ビット・コイン

    イーロン・マスクの妄言

    の被害を被るトリプル・リスクに見舞われるリスクは低くないのです。テスラの技術者によるテスラを越えた走行距離を誇る高級EV車を製造する

    ルーシッド

    も競合会社であり、ほど遠くない日に

    アップル・カー、グーグル・カー

    の登場があれば、テスラ株の近い将来の急落は

    目に見えています。

    このスレでは、トヨタ自動車をテスラの格下と見做す多くの投稿を目にしましたが、今や

    トヨタ自動車の株価は上場来高値を毎日のように更新中

    が紛れもない現実なのです。

    【米証券取引委員会(SEC)が裁判所命令違反とイーロンマスク氏に通告】

    大風呂敷の大法螺吹きのイーロン・マスク氏を信ずるのはリスクが高過ぎます。ハイリスク・ノーリターン。

    第二、第三のアップル、グーグル、アマゾンを夢見るテスラ株の投資家よ。

    テスラに投資する代わりに、電気自動車に必要不可欠な

    半導体製品を開発、あるいは製造

    している企業に投資すれば、今後、どの電気自動車メーカーが市場で支配的な地位を築いたとしても、大きなリターンを狙えることに着眼しましょう。

    あなたが投資すべきはテスラ株ではなく半導体株です。

    国家的なプロジェクトを為す半導体。

    例えば、つい最近まで株価500ドルを下回っていたNVDAは今朝は上場来高値690ドルを突破しています。ただし、NVDAの半導体はゲーム用と仮想通貨用の半導体を製造しています。

  • 【テスラ、リコール相次ぐ】

    SECに事前承認義務違反と不謹慎な発言に終始するCEOイーロン・マスク氏。

    トヨタは日々上場来高値を更新と相反するテスラの不甲斐なさ。

    トヨタとテスラの実力さは歴然。

    テスラなどトヨタを始めとして電気自動車を製造する競合他社に負けて然るべき。それがCEOイーロン・マスク氏の運命。

    テスラなどに執着せずに、第二のアマゾン、グーグル、テスラを探す投資家は半導体開発もしくは半導体製造会社を探すべし。

    これから始まる電気自動車を巡る熾烈なシェア争いを余所眼にどの電気自動車販売会社がその戦いに勝とうが半導体製造、半導体開発会社の利益は将来に渡って潤沢。

    つい最近まで株価500ドルを下回っていたNVDAは上場来高値を更新して今朝は690ドルを突破する場面もあった。NVDAの半導体はゲーム用の半導体。

    テスラに関与すれば、テスラのリスクと同時に

    ビット・コイン

    イーロン・マスクの妄言

    の被害を被るトリプル・リスクに見舞われるリスクは少なくないです。競合他社も少なくないのです。

    泣き面に蜂、頼みの綱の中国でも、中国政府が関与していると疑われるテスラ不買運動も勃発しています。

    もう、テスラ株は将来の期待高だけで上昇するには上昇し過ぎました。もう終わったのです。

    テスラに投資する代わりに、電気自動車に必要不可欠な半導体製品を製造している企業に投資することで、今後、どの電気自動車メーカーが市場で支配的な地位を築いたとしても、大きなリターンを狙える大化け株を模索する方がよっぽど賢明です。

    大体、イーロン・マスクの狂言は、何に付けても大風呂敷の法螺吹き、信ずるあなたはどうかしています。

本文はここまでです このページの先頭へ