IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (564コメント)

  • >>No. 784

    > こういう銘柄は知名度が無いだけで
    > 注目浴びると吹っ飛ぶ価格になる

    多くの投資家に注目して頂きたい。

  • >>No. 765

    陽はまた昇るさん、こちらこそ。
    1Qですばらいい数字を残してくれました。
    大方の予想に反して最終増益だった2年前の1Qを思い出します。

  • 全セグメント、黒字を確保。
    J-MAXセグメント(日本)、子会社からの配当金収入がなかったとしても黒字。

  • 1Q
    売上高 22%増収。
    営業、経常、最終利益が上期予想を超過。
    経常、最終利益は前年同期比で増益を確保。
    自己資本比率が40%を突破。

  • ホンダでいうと、4-6月国内生産は前年同期比で15%くらい減少したし、軽自動車販売は20%減少しだった。
    一方、中国ホンダの1-3月生産は前年同期比で10.7%のプラスだったし、
    タイの自動車生産(ホンダでなはなくタイ工業連盟公表値)は1-3月で前年同期比プラスだった。

    先行して発表になった自動車部品会社の決算が軒並み良くなくて、株価を下げている会社が多いけど、今日発表のここはどういう数字がでるかね。

  • >>No. 755

    5ヶ年の現中計も残り8ヶ月。
    経営陣は先月の総会で、次期中計開始直前の来春(3月)には「配当性向や株主資本配当率等、確固たる数値を示したい」と言っているので、「株主に利益還元する気まったくなし」という訳ではないと思うよ。

    気はあるけど、現中計期間中は、今後の成長と持続可能性のために内部留保させて欲しいというスタンスだった。
    従業員還元にも言及していたけど、給与・賞与等が極端に上がることはないだろうと予想している。あの発言はおそらく、経営者としてのアピールが過分に含まれていると思っている。

    とはいえ、自分も今期からの株主還元増加を希望している。
    現在の株価だったら、配当より自社株買いかな。
    少ない金額で、自社の株価が市場で低く評価されているとアピールできるし、消却すれば発行済株式数を減らせる。

  • 次期中長期の配当政策について

    「低配当はダメだと認識」しているなら、低い配当性向を目標に据えては当然ダメだよね。
    上場会社の配当性向は平均30%程度と言われているので、できればそこは意識して欲しい。

    一方で、株主資本配当率だが、前期末ベースの株主資本はまだ182億円しかないので、例えば支払配当金総額を5億円にしただけで、上場会社としては上位に位置してしまう。

    後者に重点を置かれると、株主としては厳しい。

  • 次期中長期の株主還元について

    質疑応答①
    社長「低配当はダメだと認識。」「配当性向や株主資本配当率等、確固たる数値を示したい。」

    質疑応答④
    社長「当社の配当性向は低いと認識」「(25%の配当性向について)今は約束できない。(質問にあった)配当性向25%を目指すことについて貴重な意見を賜った。」「自己資本比率を現在よりも極端に高めようという意志は無い」

    株主総会において「貴重な意見を賜った」は逃げ口上に用いられる場合が多いけど、質疑応答全体を通した印象は悪くなかったかな。
    25%は出してきそうな気がする。

  • 711でさくらさんが言っている通り、当初は妖精さん自身が起こした誤発注と言わず、“私レベルには見える”みたいな、ちょっと胡散臭いことを言ってたよね。

    当初から今回のように「(妖精さん自身が)変な値をつけちゃったから原因をご報告しようと思った」のスタンス、しかもキャプチャ画像付きで投稿してくれたのならまだしも、匿名掲示板であの書き込みではねぇ。。。信憑性が。。。

  • 有価証券報告書が提出されていないからハッキリしたことはわからないけど、短信に「米拠点閉鎖に伴う繰延税金資産計上」とあるから、画像の「子会社株式」が「税務上の繰越欠損金」に移行したってことだろうと思う。
    そうすると、単体は来期も法人税を支払わずに済みそう。

    もっと言えば、「税務上の繰越欠損金」が無くなるタイミングを待って米拠点を閉鎖したフシがある。

  • >>No. 684

    いいね!

    > 後3年ガチホしてやる‼

  • そういえば、EKクロスEVの骨格部品も丸順なのかな。

  • >>No. 671

    サクラの受注は、過半が日産ユーザー以外のようなので、スズキやダイハツからの乗り換えだと理想的ですね。

  • 日産サクラ、受注好調

  • 5/11に↓以下のように投稿したけど、その後、会社が公開した説明会資料「2-13.中長期的な資本政策」は、同様の考え方に基づき立案されていると思っている。

    『DCF法による企業価値という面で資本構成を考えてみても、これ以上大きく自己資本の割合を増やさない、有利子負債の割合を減らさない方が得策。WACCを下げることが肝心。自己資本比率40%前後であれば財務規律は維持されるが、それ以上の自己資本積み上げは資本効率の低下に繋がりかねない。ROE10%以上は維持して欲しい。』

  • 有利子負債の活用や最適資本、資本効率性に言及した上で提示されるROE目標値は、最低でも10%以上を期待している。
    今期末や前期末を大きく下回る数値を目標にされても困るし。

  • 決算説明動画、質疑応答資料にみる資金の回し方

    進行中の中計期間中
    当初からの計画通り財務体質強化に力点をおく。株主還元は「少しずつでも毎年増配」。

    次期中計
    有利子負債を積極活用した成長に「舵を切る」。「有利子負債と株主資本の最適な構成」を図る。自己資本比率は更なる良化を目指さず「2023年3月末の水準を維持する方向」。株主還元については「配当性向などの数値目標」を掲げる。

  • “しかし、今後更なる成長を目指すためには当社のファンになっていただく株主様や投資家様を増やすことが重要であり、そのような観点からも 次期中期には配当性向などの数値目標を掲げていきたいと考えております。詳細は現在整合中であり、2023 年春先に公表を予定している次期中期計画に反映したいと考えております。”

    来春か。着工前に公表して欲しいね。

  • >>No. 650

    そうだろうと思っていましたが、会計的な視点を持つと景色がガラリと変化するので、簿価切り上げに関する投稿をしてみました。
    上場企業の経営者が行う投資判断を理解しようとするには、会計的視点が必要不可欠ですし。

  • >>No. 652

    こうやってみていくと、現経営陣は、持続可能性の視点にたち、安全に舵を切ってきたと思う。
    今中計が開始する前年度の単体財務は、悲惨そのものだった。
    ところが最終年度の現在では、総投資額約40億円の新工場建設計画を発表し、今後のトップライン拡大に先鞭をつけ、数年前に株主総会で回答していた通り、次期中計では配当性向を示して株主還元を強化できるような財務を手に入れている。

本文はここまでです このページの先頭へ