IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (768コメント)

  • ちょっとセンセイショナル過ぎますか?

    「上場廃止」に追い込んだのは、たった1人の反社関係者
    【東洋経済メール】2022/7/2号

  • >>No. 277

    > 「西村あさひ」「FACTA 」の「高橋篤史」、反社の「アクセス山岡」の
    > トライアングルがはっきりした。
    > 「アクセス」の反社がハッキリして、「西村あさひ」はどうする?
    > ただで済む訳がない。
    > 反社嫌いの「東証」は、どう反応する?

  • >>No. 303

    > 株主総会は、一件落着。
    > 「西村あさひ」と「893」との付き合いは、一件落着とは行かない。
    「西村あさひ」は、どう決着を着ける?

  • O氏の立場に立ったとして、
    四流大学出の四流雑誌に、しかも「反社」に、記事を書かれただけでも
    気持ち悪い!
    それを利用した「西村あさひ」、どう釈明するつもり?

  • >>No. 249

    > > 「アクセスジャーナル」の山岡は、「反社」そのもの。


    > >
    > >  山岡が上司のような関係で付き合いをしていた事件屋の大塚万吉(本件恐喝未遂罪で1年8月の実刑。現在服役中)を紹介。中川は信用して大塚に全書類を渡す。ところが大塚から色んなルートに書類が出回る。その一部の親子が恐喝未遂で逮捕され、大塚も中川も共犯として逮捕された。
 しかし仲介者の山岡だけが逮捕されなかった。警察は当然、真っ黒容疑者として山岡逮捕寸前まで行ったのだが、中川が持ち出した資料の中に、山岡宅に武富士が仕掛けた盗聴の証拠書類があったことが判明したことで一転、山岡は被疑者から被害者になった。

 
    > > 今となっては一事不再理だからこの件で山岡を逮捕できるかどうかわからないが、いざとなったら仲間を裏切る真に汚い男である。

  • 株主総会は、一件落着。
    「西村あさひ」と「893」との付き合いは、そうは行かない。「西村あさひ」は、どう決着を着けるの?

  • 「西村あさひ」「FACTA 」の「高橋篤史」、反社の「アクセス山岡」の
    トライアングルがはっきりした。
    「アクセス」の反社がハッキリして、「西村あさひ」はどうする?
    ただで済む訳がない。
    反社嫌いの「東証」は、どう反応する?

  • どうも、「西村あさひ」は、「アクセス」を反社と知らないで使ってたフシがある。
    「FACTA」の「高橋篤史」、反社の「アクセスジャーナル」、「西村あさひ」の
    トライアングルが見えて来る。「東京機械」の時も。「讀賣新聞」他の新聞社も反社との付き合いがあったことになる。
    さて、どうする?
    「西村あさひ」は、反社との付き合いに対して、何らかの処分が必要なことに。
    東証がどう動くのかという問題も有る。

  • >>No. 249

    いずれにしても、「西村あさひ」は、「アクセスの山岡」の身体検査もしなかった。
    他のことでは、「反社」「反社」と声高に叫ぶくせに自ら「反社」と接触してしまった。東証がほっとく訳ないでしょう。
    ファイナンスの時の反社チェックは、厳しいものです。

    > > 「アクセスジャーナル」の山岡は、「反社」そのもの。


    > >
    > >  山岡が上司のような関係で付き合いをしていた事件屋の大塚万吉(本件恐喝未遂罪で1年8月の実刑。現在服役中)を紹介。中川は信用して大塚に全書類を渡す。ところが大塚から色んなルートに書類が出回る。その一部の親子が恐喝未遂で逮捕され、大塚も中川も共犯として逮捕された。
 しかし仲介者の山岡だけが逮捕されなかった。警察は当然、真っ黒容疑者として山岡逮捕寸前まで行ったのだが、中川が持ち出した資料の中に、山岡宅に武富士が仕掛けた盗聴の証拠書類があったことが判明したことで一転、山岡は被疑者から被害者になった。

 
    > > 今となっては一事不再理だからこの件で山岡を逮捕できるかどうかわからないが、いざとなったら仲間を裏切る真に汚い男である。

  • >>No. 226

    > 「アクセスジャーナル」の山岡は、「反社」そのもの。


    >
    >  山岡が上司のような関係で付き合いをしていた事件屋の大塚万吉(本件恐喝未遂罪で1年8月の実刑。現在服役中)を紹介。中川は信用して大塚に全書類を渡す。ところが大塚から色んなルートに書類が出回る。その一部の親子が恐喝未遂で逮捕され、大塚も中川も共犯として逮捕された。
 しかし仲介者の山岡だけが逮捕されなかった。警察は当然、真っ黒容疑者として山岡逮捕寸前まで行ったのだが、中川が持ち出した資料の中に、山岡宅に武富士が仕掛けた盗聴の証拠書類があったことが判明したことで一転、山岡は被疑者から被害者になった。

 
    > 今となっては一事不再理だからこの件で山岡を逮捕できるかどうかわからないが、いざとなったら仲間を裏切る真に汚い男である。

  • >>No. 243

    このヤクザとは、「アクセスの山岡」のこと。
    「西村あさひ」から、どのくらいの顧問先が離れて行くのか?

    > ヤクザと手を組んだんのは、まずかった。
    > 上手の手から水が漏れる。
    > とは、正にこの事。
    > どのくらいの顧問先が離れて行くのか?

  • >>No. 242

    ヤクザと手を組んだんのは、まずかった。
    上手の手から水が漏れる。
    とは、正にこの事。
    どのくらいの顧問先が離れて行くのか?

  • 「アクセスジャーナル」の山岡は、「反社」そのもの。



     山岡が上司のような関係で付き合いをしていた事件屋の大塚万吉(本件恐喝未遂罪で1年8月の実刑。現在服役中)を紹介。中川は信用して大塚に全書類を渡す。ところが大塚から色んなルートに書類が出回る。その一部の親子が恐喝未遂で逮捕され、大塚も中川も共犯として逮捕された。
 しかし仲介者の山岡だけが逮捕されなかった。警察は当然、真っ黒容疑者として山岡逮捕寸前まで行ったのだが、中川が持ち出した資料の中に、山岡宅に武富士が仕掛けた盗聴の証拠書類があったことが判明したことで一転、山岡は被疑者から被害者になった。

 
    今となっては一事不再理だからこの件で山岡を逮捕できるかどうかわからないが、いざとなったら仲間を裏切る真に汚い男である。

  • >>No. 519

    SNS上の誹謗中傷に厳しい姿勢 池袋事故の遺族を侮辱…22歳男性を“異例の”在宅起訴 東京地検
    6/15(水) 19:02配信

    > 法律が成立!
    > 面白くなって来た!
    >
    > 侮辱罪厳罰化、改正法が成立 ネット中傷対策で懲役導入
    > 6/13(月) 5:06配信 KYODO

  • 法律が成立!
    面白くなって来た!

    侮辱罪厳罰化、改正法が成立 ネット中傷対策で懲役導入
    6/13(月) 5:06配信 KYODO

  • EMAというファンド、初顔だなと見ていたら、この結末。
    ちょっと酷すぎる。
    紹介した人間の顔を見てみたい。

  • また、監査法人は、「新日本」。
    よく、監査法人としてやってられる?

  • オンコセラピー(4564)は、下限価格を突き破って権利行使が出来ない状況。

  • このMS方式というやつで、オンキョーは破産に。
    MS方式で株価が下がらなかった銘柄があったら、教えて欲しい。
    MS方式自体に下がる要素が組み込まれているんです。
    しかも、希釈化率64%。
    普通、株主総会の決議が必要な水準なのです。
    何で、こんな増資方法を会社は選択したの?
    普通に@387円まで一直線。

  • >>No. 225

    > ファイト! 闘う君の唄を
    > 闘わない奴等が笑うだろう
    > ファイト! 冷たい水の中を
    > ふるえながらのぼっていけ

    拓郎さんは、イイね!
    気持ちが伝わってくる。

本文はここまでです このページの先頭へ