IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (50コメント)

  • この程度の値幅が出たところで商いが伴っていなければ意味なし。11月や12月にもこんな形は何度も出てるしね・・・。
    重要なのは出来高・売買代金でしょ。最低でも売買代金5億円くらいが2日連続で来ないと買う人は増えてこないのではないかな。500円相場の期日は通過したけれど、このまま低空飛行の可能性の方が高そうな感じ。これだけ経営陣の姿勢がひどければ市場にそっぽを向かれても仕方なしか?

  • 場中に増配IRってあたりが何か小手先に走ってる気がしないでもないけど、これで流れが変わってくれるといいがどうなるか。
    しかし、今期EPSは50円以上が濃厚という点から見れば配当性向は低いね・・・。
    将来的に自社株買いなどと合わせて還元性向3割を目指すくらいの姿勢は打ち出さないと、投資家は前向きになれないと思うな。

  • 増配情報が漏れて上がりだしたから慌てて13時に発表したのかな?
    今までこんな時間に配当や業績絡みの開示なんてしたことなかったよねぇ。
    この件で内部統制不備企業なんて烙印を押されないように祈るけど、ダメ経営陣が交代になるならむしろ嬉しいかも。

  • さっと調べただけだが、昨年1月以降、内容を問わずすべての開示が15時30分に発表されてるのに、なんで今日だけ13時にしたんだろう。今までどおり引け後に出せば良かったと思う。
    引け後だとインサイダー言われるから? この会社じゃ何時に出しても言われるよ。これまで自ら培ってきた株主との「信頼関係」の賜物だもの。
    わざわざ株価の後追いみたいなタイミングで出すから余計に不信を招くというね・・・。

    まーでも、権利日前に出したのはわずかに前進ですかね。
    とにかくここの経営陣の姿勢を正すには外圧あるのみって感じがします。

  • 株式上場で調達した資金で退職金って斬新な発想だな。
    社長も応募するんじゃないの

  • 発行株式の10%しか買わないって言ってるんだから当たり前でしょ。
    理論的に麻生の持分や自社株など除いた他の株式が全部応募されたとしたら、590円で引き取ってもらえるのは7分の1しかないということを知っておきましょう。
    実際にはもう少し率はいいが、買い付け期間が終わったらハズレ分の株が一気に処分されてかなり下げることや、その頃には16年3月期の業績予想(どうせ大幅減益のクソ予想)が出てることを考えたらってことですね。

    こんな内容でもTOBだから買い付け価格まで上がると勘違いしている人、結構いるのかな

  • 590円はTOBへの応募を促すためのプレミアム込みの値段なので、実態はもっと低く見られているということ。麻生グループは最初に400円で1000万株を取得しているからこそ、590円で追加買いするだけの余裕がある。本当に高く評価しているなら、最低でも過半数の株式取得を目指すでしょうね。

    自分も株式併合前から保有しているけど、今回の期間中にこの会社とは縁を切ります。麻生さんが過半数取って現経営陣をクビにしてくれるなら絶対手放さないんだけどね。
    震災復興があって安倍政権ができて国策の追い風があって、それでも株価としては見せ場すらなかったのだから、今の経営陣のもとでは企業価値の成長を期待できないということです。

  • >>No. 27625

    ここで聞かずとも株価が教えてくれていますね。
    この掲示板を読み書きしている人の何倍もの人数の相場観で形成されているのが今の株価。

    そもそもTOBの場合、証券会社の制約や期間の長さを嫌って個人は市場で売ろうとする。全株取得のケースでもそうなのだから、今回のように一部買い付けだとなおさら市場で売るしかないのが個人の弱み。一方、スケールメリットを利用できる機関投資家は損益分岐点も個人より有利であり、TOBへの応募で儲ける計算が十分にできる。
    今の株価は機関投資家同士による安値仕入れ合戦ということでしょう。

    1年先、2年先はどうなるかは知らないが、いずれにしても経営陣に何の期待も持てないのが致命的だと思うな。買い付け期間中に決算発表があることに望みをかけている人もいるんだろうけど、期間中だからこそ余計なことはしないという可能性が高そう。
    その場合、16年3月期の業績予想は公表済みの中期計画にある営業益24億円ベースで出してくるかもしれないね。

  • TOB終わってたんですね。最終倍率は約2倍だったようで、期間中の平均株価は530円といったところでしょうか。安値で集めた大口さんは十分儲かったんじゃないかな。
    リサーチで最終倍率をある程度読めれば、自分で買い集めた分に大株主から借りた株を合わせて応募し、ハズレで戻ってきた株に過不足分を手当てして大株主に返却。といった低リスクな裏技も大口投資家なら法に触れないようにできるのでしょうし、野村の保有報告もそんな手口の絡みかもね。割を食ったのは一般投資家だけだとしても、経営陣はそんなものどこ吹く風かな。

    今期予想も自分が書いたように、中期計画の数字に申し訳程度のお化粧しただけの数字を平然と出してきてましたし、日経2万で市場が賑わう中、この株に50日間も資金を拘束された人は気の毒。
    TOBハズレの400万株のうち何割かは今後も五月雨式に処分される可能性が高そう。

  • 100万株・3億円の自社株買いと来たけど、粉飾まがいの業績予想と自社株買いの合わせ技はここの十八番ですね。
    2012年か13年頃、正確には覚えてないがまだ100円になったり二桁に戻ったりしてた時代の話だけど、いつものひどい見通しを出して株価が低迷しきった後に、当時200万株くらい持っていた大株主から1株75円程度で買い取ったりしてた記憶がある。その大株主は今でもここの経営陣に対して怒りと恨みしかないんじゃなかろうか。

    ここの役員が株主や社員や取引先に対して報いることができるとしたら、今までの報酬を全部返上してゼニスから消え去ることただ一つじゃないでしょうかね。

  • 上方修正の理由にあるとおりに4月出荷の状況が分かっていながら、5月に詐欺まがいの今期業績予想を出したわけだね。
    「このままいけば今期も上方修正連発で株主から拍手喝采だなぁ」なんて、ここの経営陣は内心ニヤついているんでしょうかね。
    ”あとで上方修正するため”の大減益予想→株価大幅下落を確認して自社株買い→1Q以降の実績でインチキ予想がごまかせなくなるので上方修正
    上場以来ほとんど毎年これをやってきてるわけだが、責任ある企業統治や適正な情報開示を求める世の中の流れと真反対を行く会社ですね、ホント。

  • 遅きに失したという感じだなぁ。
    残念ながら今となってはビッグニュースでもサプライズでもない。四季報では1年前から「中国認証取得へ」と書かれ、会社でも今年1月に認証まで秒読み段階かのようなリリースしといてこれだし。

    本当に今年の3月くらいに認証取れてれば株価1000円もあったんだろうけど、PM2.5自体が耳慣れて陳腐化してしまった今ではどうだろうね。ただ、これから飛散シーズンに入るし、業績に直結する材料ではあるので年末ラリーに乗じた仕掛けを期待半分で待つってくらいかな。
    噴いたら売るのが正解でしょう

  • 主力株が振るわない中で「北京で赤色警報」という材料が出たわけだが、マスクや空気清浄機関連に波及もなく、PM2.5相場とは呼べない動きだったね。
    値動きの軽い環境管理や100円台の神栄に短期資金が集まり、実態としてはPM2.5は後付けの嵌め込み上げに近いものだったと思う。(北京に反応したのなら朝からもっと強かったはず)

    自分は元から「噴いたら売り」の姿勢だったので瞬間最大風速だけで良かったんですが、600円にもタッチできない弱さだったので売れませんでした。ここまで相場のスケールが小さいとはがっかり。

    あと、過大評価している人の中には勘違いしている人もいそうですが、「今まで当局の認証がなかったために1台も販売できなかったのが、これで解禁されてバンバン売れる」って話ではなく、ここの測定器は前から中国で使用されてますからね。好材料には違いないけど、そのニュースを知った人が慌てて株を買うようなインパクトじゃないことは相場が示すとおり。
    地味な銘柄だからとか中国認証のリリースは適時開示の方に載らなかったからというのも、情報がすぐ伝わる今では言い訳にならんでしょう。(東証一部銘柄ですしね)

  • ここはそんなに難しい話でもない。平成22年からずっと市場で買い進めてきたNDCが売りに転じ、ちょうど本日も今年に入って3度目の5%ルール(処分)報告が出ている。
    25%もの株を集めた以上、NDCの出口戦略としては、会社に引き取らせる、第三者に転売、実質的な金主が表に出てきて経営権を取得といった方法しかないが、いずれも不調に終わったんじゃないかな。
    今年の1月に保有株減少報告が出されているが、その一つ前の報告書は一昨年(※昨年ではなく)の12月。つまり去年1年間は1%以上の変動がなかったということ。そしてその間の株価はほぼ固定。
    株価を維持しつつ会社や第三者と譲渡交渉を続けたが、その間も世界同時株安があったりで結局は手を引くしかなくなったというのが一番ありそう。

    で、今年の1月を皮切りに3ヶ月連続で「1%以上の減少」報告が出され、合わせるかのように株価固定も崩壊となりました。
    会社側が一部でも株を引き取るとしても、BPS以下の200円台だろうね。第三者から見た場合でも、「経営権が付いてるわけでもない、市場で捌けない大量の株」に食指が動くかというと怪しい。
    直近の値動きだけ見て飛びついちゃった人は、もうちょっと背景を調べておいた方が良かったかもしれないね

  • 日米首脳会談に同行するとでも勘違いして買った人が結構いそう(笑)

  • 定期的にこういう値動きを演じてくれるのはこの銘柄と長い付き合いを続けてるホルダーへのご褒美みたいなもの。いつもの往って来いと分かってれば噴いたら売り(落ちてくるのを買い戻し)で、今日みたいな日なら50円は簡単に抜けたはず。1株50円の臨時配当が出たようなもので、長期の値上がり目的で保有しててもこういうお小遣いがたまにあるのは嬉しい。

    逆に今日初めてこの会社を知ったような人は高値で掴んでしまったかもしれない。銘柄のクセを知っているということはやはり大事。

  • 今日の上げはM&Aが漏れてたのか

    まぁ何より、ゼニスパイプ・ハネックス時代のツートップが退任のニュースの方が嬉しい。
    相談役やら顧問で残るみたいだけど、余計なことして会社の足を引っ張らないでほしいもんだ。
    ここもやっと長いトンネルを抜けられそうだね

  • 持ち越して失敗してしまったなぁ。
    やはり建設銘柄の決算は持たずにやり過ごさないといけないね・・・

    5%程度の増益を織り込んでの1000円台評価ということなら、2割減で800円か

  • 毎年恒例の粉飾まがい業績予想の時期になりました。
    子会社のほうは4月にトップが交代済みだが、ホールディングスは総会までダメツートップのままなので、今回が最後と、気合いの入った株主への置き土産を用意してくれるのだろう。
    退任に花を添える意味でも、昨年よりも減益幅メガ盛りで5割減益の大サービス業績予想か。

    明日か総会の後かは分からないが、金額÷株数=250円くらいの自社株買い(するふり)もおまけにつきそうだ。

  • 日経平均2万円回復しそうだね。
    2万円台定着なら総理が電撃解散に打って出るか

    実際するかしないかはともかく、そういう風を吹かせる向きは必ず出るだろうからここもそろそろ仕込んだほうがいいかも?

本文はここまでです このページの先頭へ