IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (256コメント)

  • >>No. 3558

    別に買い煽るわけではありませんが。。
    シンバイオは黒字化を達成できたらそれで終わりというワケでなく、来年以降さらに株価が上がることが想定されるのが良いですね。
    トレアキシンだけでも今後10年の安定成長が見込める企業となれば、株主の母数は必然的に増えていくでしょう。
    スタンダード市場に入ることで、単に知名度が上がるだけでなく商品に組み込まれる銘柄にもなるでしょうね。早く来年にならないかなぁ。

  • ホルダーの皆様お疲れ様です。
    明日の四季報でシンバイオの知名度がもっと上がるといいですね~。
    ・2Q単月黒字化(まだ微赤の可能性あり)
    ・3Q四半期黒字化(見込み)
    ・当年度通期黒字化(見込み)
    既に中計から上方修正されそうな材料がいくつか出ていますし、
    バイオベンチャーの黒字化に立ち会うのは初めてだから楽しみです。
    今の株価、まだ黒字化の前ですからね。

  • 週の後半まではヨコヨコか少し下げるかと思っていたんですが、強いですね~。
    四季報発売の前に増し担で下げたら買おうと狙っていた人達が、
    増し担であまり下がらなかったし、そろそろ買っておかないとマズイかも…。
    となっているのかな?

  • 今週もお疲れ様でした。
    来週の四季報発売
     ⇒2Q決算発表(単月黒字化見込み)
      ⇒3Q決算発表(四半期黒字化見込み)
       ⇒2021年度決算発表(通期黒字化見込み)
    下半期が楽しみですね~。
    上記では見込みと書きましたが、1Q決算を見た限りでは問題なく達成しそうだし。
    今はまだ赤字ベンチャーの状態だけど、黒字化して知名度が上がっていけば、購入層の母数がどんどん増えていくんじゃないかな~。

  • シンバイオは四季報などで知名度が上がれば、普段ベンチャーに投資しない人達も現物買いで入ってくるでしょうから、増し担が続いても心配いらないんじゃないかな。
    (短期の人は別として)
    これから年内は良いニュースしか出ないでしょうからね~。

  • 増し担で下がった時は、現物買いするのに良いタイミングと思います。
    現物の割合が増えると安定感が増すし、いいですね~。
    四季報ももう来週だし、楽しみですね。

  • 今日もお疲れ様でした。
    大きく上げた後に調整が入るのは普通ですし、中長期の人は心配いらないと思いますよ~。
    シンバイオはやっと長い助走の終わりが見えてきたなって所で、実際にジャンプ(黒字化)するのはこれからですからね。
    来週末発売の四季報の影響でどうなるか、気になりますね~。

  • シンバイオはBCV経口剤の開発も行っていく方針ですし、天然痘向け経口剤の承認は凄く価値があるんですよね~。
    シンバイオはBCVの天然痘以外全てに対するライセンスを貰っていますし、株主総会資料P22の「BCVが持つ高活性/広域スペクトラム」を見る限り、抗マルチウイルス感染薬として凄く期待できそう。
    経口剤開発に強い所と協力すれば、下痢などの副作用も解決できるかもしれませんし、楽しみですね。

  • ホルダーの皆さん、今日もお疲れ様でした。
    天然痘向けBCV経口剤が7/7を待たずに承認されて、良い1日になりました。
    BCV注射剤は既にⅠ相試験で目立った副作用が無いことが確認できていたかと思います。(経口剤のように下痢など胃腸への副作用が無く、またシドフォビルのような腎毒性も無い。さらに経口剤の1/10量で目標の血漿濃度を達成。)
    Ⅱ相(2a)試験で良い結果が得られれば、いよいよ開発成功の期待が高まりますね~。
    トレアキシンで黒字化を達成したら今後10年は財務状況の心配もいらなくなるし、ますます楽しみ。楽しみしかない状態です。

  • なんだか貼れと言われた気がしたので…。(長文すみません)
    【6/1のアナリストレポートP27抜粋】
    そして 2021 年、主力品であるトレアキシン®の r/rDLBCL への適応拡大と剤型変更が実現し、2021 年の黒字化が確固たるものとなった。
    今後のシンバイオは、このトレアキシン®からの利益を源泉として、一定程度の利益率(営業利益率 10%台後半)を維持しながら、パイプラインの事業価値最大化を目指して、トレアキシン®やリゴセルチブの新規機序に着目した療法の開発、ブリンシドフォビル(BCV)の造血幹細胞移植後のウイルス感染症分野でのグローバルな開発を推進していく好循環に入りつつある。
    パイプラインの事業価値は、トレアキシン®のパイプライン価値(税前)だけでも 628 億円程度、他のパイプラインの価値も加えると 1,000 億円以上になると推察される。
    また、黒字化を背景に、エクイティファイナンスのみに依存しないで運転資金を資金調達することが可能な体制が整ってきた。
    2021 年のシンバイオは、将に血液専門のグローバル・スペシャリティ・ファーマとして離陸するところにある。

  • PTSが面白い事になっているみたいですね~。
    PTSについてあまり詳しくないんですけど、出来高わずか500株で1800円に下がったっていう事は、他に1800円より上の売り注文が皆無という意味ですかね??
    そうであれば、シンバイオの強さが凄いな~。

  • 短期間で大きく上げたから利確である程度戻すのは仕方がないですけど
    下げた後はまた買われているし、いい感じに調整できているみたいですね。
    四季報、キメリックスのBCV経口剤、2Q決算と、毎月良いニュースが続いていくハズだし、株価が本格的に上がっていくのはまだまだこれからだと思っています。
    次の四季報までは新たなニュースは予定されていない状況かと思いますから、買っておくならその前が良いと思いますけどね~。

  • おや。連投コメントが消えていますね。
    なんとかして"強く売りたい"の青バーを伸ばしたかったのかな?涙ぐましい事です。
    四季報まであと2週間ちょっとだし、買うなら今のうちが良いと思いますけどね~。

  • 強い…。
    これまだ黒字"見込み"での上げですからね。
    実績で黒字化しちゃったらどうなっちゃうんだろう…?
    知名度が上がって中計の内容が知れ渡ってきたら、普段ベンチャーに手を出さない層も参加してくるでしょうし、楽しみすぎますね。

  • ホルダーの皆さん、今日もお疲れ様でした。6月も楽しみですね~。
    IRの予定は無いけれど6/18には四季報が出るし、キメリックスのBCV経口剤の承認も7/7までかからない可能性があるんですよね?
    利確売りはあるとしても、ここから大きな売り崩しは無いんじゃないかな~。
    黒字化がもう目前という状況ですから、みんな欲しいでしょ。

  • 様々な理論や一般論はありますが、それで常に勝てるならみんなお金持ちですよね。
    上がっても下がっても理由はいくらでも後付けできますし。
    私は、レアキシンだけでも業績が右肩上がりになる見込みなんだから、持っておけば良いと思います。
    1Qではまだ黒字化していないとはいえ、現時点で黒字化を疑う要因が何もないですからね~。

  • 今のシンバイオで新規の空売りはリスク高すぎますし、利確の調整でしょうね。
    空売りならもっと露骨に仕掛けてきそうなものですし…。
    7/7までにはキメリックスBCV経口剤の承認がある(ハズ)だから、買っておくなら今のうちが良いと思いますけどね~。

  • ちょっと目を離した間に凄い上がり方してますね~。
    新規の大口さんが入ってきたんでしょうか?
    シンバイオの有望さが周知されて、こういう動きが増えると嬉しいですね。

  • 最近すごく強い動きをしていますが、これまだ現状赤字での助走期間なんですよね…。
    これから
    ・キメリックスのBCV経口剤承認
     (シンバイオの売り上げには直接関係ないけど、注射剤開発の成功を占う一つの試金石になる)
    ・2Q決算での単月黒字化
    ・3Q決算での四半期黒字化
    ・年度末の通期黒字化
    と、計画通りに行けば、いずれも急騰しておかしくないイベントが続きますから、とても楽しみ。
    もちろん過程で下げる事もあるかもしれませんが、買うなら今のうちがいいと思いますけどね~。

  • 私は長期ホルダーなので株価が上がる事は嬉しいんですが、今日の特許取得のIRで株価が急上昇するんだとしたら不思議…。(明日になってみないと分かりませんが)
    新薬開発にあたって特許は当然取得しておくものでしょうし、BCV開発が成功するかどうかの可能性には影響の無い話なのでは…??
    ちゃんとBCVのフェーズを進めていますよ。というニュースとしては好ましいですけども。

本文はここまでです このページの先頭へ