ここから本文です

投稿コメント一覧 (489コメント)

  • ホルダーさん、今晩は。

    いよいよ世界の半導体メーカーTSMCが本格的な稼働開始ですが、
    開所式も、もう直ぐでございます。

    以前に投稿させて頂いた「農家・畜産農家」が、半導体バブルに
    直面しております。土地の評価額も2~3倍ですし、それに伴う
    新規労働者の方々の時給も、約2000円弱を向かえてる水準です。

    のどかな熊本県菊陽町が一変するのは良い事なのか、それとも?
    半導体製造には、大量の水(地下水)が必要不可欠でしょう!

    土地買収で、喜んでいる方々もいらっしいますが、細々と農家を
    営む方々に取っては、地下水の渇水は死活問題でございます。

    今後、どの様な影響が訪れるのか?注視しなければ成りませんね。

  • >>67
    極僅かな方々なのですが、一定の人には何らかの症状が出るかも
    知れないと言う事で、動物実験(マウスの赤ちゃん)で大量のL-グ
    ルタミン酸ナトリウムを皮下注射すると網膜・脳視床下部の一部
    に病変が起こると報告させました。酷い話なのですが。

    何で「皮下注射するのだ!食わせろ?」って言う事ですよね。
    食べ物として摂られたグルタミン酸は、多くは腸管でエネルギー
    や保護材として使用され、グルタミン酸は多少多く摂取しても体
    内には残らないのです。

    国連の国際食糧農業機構(FAO)と世界保健機構(WHO)の基準では
    「1日の摂取許容量を制限する必要がない」との判断です。

    ただ、グルタミン酸は脳では神経伝達物質として使用されますの
    で、片頭痛や何らかの影響で頭痛持ちの方は、摂取制限をされた
    方が良いのかも知れませんね。

    100% 安心安全な食べ物は、この世には存在しません。
    「過ぎたるは及ばざるが如し」です。適量が一番です!

    脳に必要な糖分やタンパク質は、我々人間に取っては美味しく感じられるのも事実でしょう。 Vol.2 頑張れ、味の素 ♬(^^)      
    方が良いかも知れませんね。

  • 連休の最中、今日は利益確定売りになりましたね。残念ですが。

    さて、お約束通りに「味の素は身体に悪いのか?」における報告
    なのですが、少し長くなりそうなので二回に分けますね。

    薬剤師さんからの見解・解説でございますが、味の素は サトウキ
    ビを発酵させて製造される旨味を感じるアミノ酸の結晶です。

    何故「化学」なのかと言うと、自然ではなくて人工的に製造され
    ているからです。仮に化学と言うのなら、味噌・醤油・チーズも
    同じ分類になりますね。
    味の素は、グルタミン酸ナトリウム(昆布の旨味成分・アミノ酸)
    が 97.5%、イノシン酸ナトリウム(鰹節の旨味成分・核酸)が 1.25%、グアニル酸ナトリウム(椎茸の旨味成分・核酸)が1.25%
    で、日常的に食品から摂る成分で安全性は非常に高いですね。

    「中華料理症候群」とは、中華料理を食べた後に頭痛や顔面紅潮
    ・発汗などの症状が現われたことで、当時はそれが原因だと思われていましたが、大量投与試験を行っても、再現することは出来ませんでした。悪い印象だけが残ったという事です。(Vol.1)

  • タブレットも持たずに、親族との五日間の家族旅行でした。
    勿論、株価も見て居りませんが、何時ものことです。苦笑い

    マジで凄いですね。機関投資家の空売りにも屈しない銘柄です。
    出来高も半端ないが、味の素への期待は特別なのでしょう!

    次期決算発表(11日)は、度肝を抜く超絶決算内容だと思いますね。
    買いチャンスをのがせば、この逸材銘柄と向き合えないでしょう!

    頑張れ、味の素! ♬

  • さて、お約束通り、味の素の絶縁体材料(ABF)について、お伝えしますね。
    高性能機器であるパソコン・スマホ等の製造には欠かせませんが。

    特徴としては、高い絶縁性能を持ち、高温・高湿度下でも安定し
    た性能をするとされるポリアミド系樹脂材料です。
    この材料は、電気回路の配線板などの電子部品や自動車や航空機
    の部品など、幅広い分野で使用されております。

    従来の絶縁体材料であるエポキシ樹脂に比べ、高い耐熱性・耐湿
    性・耐薬品性・低誘電率・低誘電損失などの特徴があり高周波・
    高速回路や高温・高湿度境下での使用を通し、また自己消失性能
    にも優れているために、安全性も高いですね。

    味の素のABFは、車載電子部品やスマホ・タブレットは勿論の事、
    通信機器・ディスプイ・LEDなどにも使用されており、今後の
    重要が益々増加する事が予想されますね。非常に楽しみです。

    頑張れ、味の素 ! ♬

  • 貴殿が仰る通りです!過度のご心配は無用なのかも知れませんね。

    機関投資家の空売りの騙し上げからの 揺さ振りだと思います!
    シッカリとホールドして行きましょう。ABFも健在です。(^^)

  • ホルダーの皆さん、嬉しい上げですね。見事なチャートです!

    味の素と言う銘柄を信じて、良く我慢して耐えられましたね。
    僕は感無量でございます。来週も楽しみに致しております!

    良い週末をお過ごし下さいませ。(^^)

  • 御返信に、感謝申し上げます。(^^)

    何も貴殿を蔑ろにしている訳でもございません。
    寧ろご発想としては、大いに評価も出来ますし、賛同致しますが。

    商社株と味の素(単体)を同様に捉える事に無理がございます。
    僕は、味の素の飛躍的な急成長を望んではおりません。

    味の素には、2030年を見据えての成長戦略を目指しております。
    「味の素グループWay」とは、
    新しい価値の創造・開拓者精神・社会への貢献・人を大切にする。
    「ESG」とは、
    Environment 環境への配慮
    Social 社会貢献
    Governance 企業統治 でございます。

    「急がば回れ」です。「Grow, Step by Step」ですね。
    一歩ずつ前進して、目の前の階段を登って行くことが重要です!

    共に歩んで行きましょう! (^^)

  • >>895 捕捉です。

    先日、4月11日のヤフーニュースに出ておりましたね。

    米大手投資会社バークシャー・ハサウェイより、投資の神様と呼
    ばれるバフェット氏(92歳)の談話ですが「100年生き延びる企業
    に投資」と。
    日本の5大商社の三菱商事・三井物産・伊藤忠商事・丸紅・住友
    商事への投資について 持ち株比率をそれぞれ7.4%まで高めたと。
    商社は「規模が巨大で、理解しやすく、実績もある」としている。

    弱小ホルダーとして、一度は言ってみたい御言葉ですね!苦笑い

    味の素には、是非とも頑張って欲しいです。僕は、株価5000円は
    一つの通過点だと思っております。 頑張れ、味の素 ♬

  • >>893 初めまして。(^^)

    貴殿が仰りたい事は理解出来ますし、調味料業界のシェアー状況
    も間違ってはいませんが、2021年の資料ですね。Googleで検索
    すれば、掲載されております。

    一代で築き上げたバフェット氏も、今は財団が運営・管理をして
    おります。アルバイトで貯めた僅かな資金で最初に購入されたの
    が、ケンタッキーフライドチキンとコカ・コーラの株です。

    何故、この二銘柄だったのか? その当時に競合他社が存在しなか
    ったからです。所謂、唯一無二の銘柄であったからです。

    クラフトハインツの筆頭株主なら、同業他社の株式取得などは考えないと思います。味の素にしても、同業種との協業やある程度
    の資本提携はするだろうが、自己株式譲渡などはあり得ません!

    味の素は、130国以上の食卓に関わる商品の販売です。
    世界の拠点数は、アジア 82、ヨーロッパ・アフリカ 15、北米・
    南米 25 ですね。

  • ホルダーの皆さん、確かに今日の下げはキツイですね。
    でもねぇ~、過度のご心配はご無用です。大丈夫です!

    僕からの一言ですが、中長期(現物)で臨んで欲しいと思います。
    「うま味調味料」からヘルスケア商品・化成品の伸びしろが凄く
    大きいですね。
    絶縁体材料のABF(Ajinomoto Build-up Film)ですが、今後更なる
    進化を成し遂げて行きます。次世代の6Gに向かっておりますね。

    現時点の取引先は、TSMC・intel・AMD・Qualcomm・NVIDIA・
    アップル、ゲーム機である PS5・X Boxなども然りですが。
    高性能機器であるパソコン・ノートP・スマホ・タブレットの製造には欠かせないフィルムである事は絶対に間違いは無いです!

    詳細に関しましては、味の素の成長戦略等を投稿させて下さい。

    良い押し目なのか? 迷いの世界に沈むのか? お気持ち次第です!
    頑張れ、味の素!♬ (^^)

  • > ここはもはやグルタミン銘柄ではありませんよ。
    > 何が主力か知ってんの?

    「2030年、味の素グループのありたい姿」は、IR情報欄に全てが
    記載されて居りますが、主力が何なのかが分りません!

    アミノサイエンスですか?Well-being ですか? ASV指数ですか?

    是非とも教えて頂きたいと存じます。お願い致します! 苦笑

  • 今日 4月3日に、味の素からプレスリリースが出ております。

    「レシピ動画メディアの運営やリテールDX支援サービスの提供を
    を行う(株)エブリーに出資」と。

    お手すきの際に、ご覧なさって下さいませ。でも良い事ですね。

    日々の献立を迷ったり、スーパー等で余分な食材を購入する事が
    軽減されるかも知れません。(^^)

  • こんにちは。返信が遅くなり申し訳ありません。御許しを!

    貴殿が仰る通り、連結子会社から3月22日に476億円の配当金
    受領のお知らせが出て居りましたね。(3/24に受領予定と)

    直近では、2021年11月22日にタイ味の素より、59バーツ・
    約204億円を受領しております。(1バーツ=3.42円計算にて)

    味の素のIRを検索して「IR 二ュース一覧」をご覧下さいませ。
    2012年から約10年間の記事が掲載されております。(^^)

    通期の決算には計上されませんが、実に有難い事だと思います。

    僕は二年間のホルダーですので、詳細は分りません。
    現物を握りしめて、株価5000円まで保有いたします。ではでは。

  • ホルダーさん、今は我慢比べかも知れませんね。

    3/22日には、タイの連結子会社からの営業外収益 約476億円と!
    昨年と同様です。何れは配当・自己株式取得の資金となります。

    昨日、23日には二つのIRが出ております。女性活躍推進企業とし
    て、令和4年の「なでしこ」銘柄に選定と。お手すきの際にでも、検索なさって下さいませ。

    この味の素と言う企業を「信じ抜く力」、同業他社と比べること
    事態に無理がある様に思います。信用倍率も、ほぼ互角ですね。

    機関投資家が空売りを買い戻せば、株価は一気に急騰致します。
    ジックリと現物保持で待ちましょう!(^^)

  • ホルダー様、僕は四季報を当てにするな!って言い切りました。

    株式投資を始めた当時(13年前)は 2社の購入を致しておりました。
    でもねぇ~、当たり障りのない無難な掲載でしか無かったですね。
    大きく外すと、次の購入に結び付かないからです。残念ながら!

    ホルダーの皆様方は 毎日の株価やチャート、PERや信用倍率等の
    変化や地政学リスク・企業からIRも参照なさって居られます。
    それが一番重要なのかも知れませんね。

    味の素は、海外に120ヶ所の工場を保有しており、大半が現地で
    の原材料の調達です。しかも、為替に左右されない銘柄です。

    一番の強みは、マーケティング戦略であり、少数精鋭のグループ
    活動で有りながら、互いに競い合う優秀なプロ集団です!

    僕の憶測なのかも知れませんが 年内には5000円突破が目標です!
    期待致しております。(^^)

  • 過度の心配はせずに、逸材の銘柄と現物で向き合うことです。
    四季報などは、何の役にも立たない!(^^)

  • 良い銘柄です。実にお見事!(^^)

  • 凄い銘柄ですね! 何の懸念も無いです。
    機関投資家さえも売り崩せない様ですね。

    ホールドするのみです。(^^)

  • ゆうた 様。おいおい、そうなのか?(^^)
    > 味の素の製品は買わない
    > コオロギは気持ち悪い

    僕ねぇ~、味の素の広報部に☎を入れて確認致しました!
    御担当者様の方曰く「味の素は、コオロギの研究などはいたして
    居りませんし、ましてやコオロギパウダーなどの製造予定は全く
    御座いません!」とキッパリと仰いましたよ。苦笑い

    一体誰が、この様な愚かなデマや誹謗中傷の投稿為さったのか?
    マジで最低で悪質なホルダーさんですね! 本当に情けないです!

    でもまあァ、昨日の今日なのですが、最低限の下落で踏ん張った
    味の素は、実に有難い事だと思っております! 感無量ですね。

    次期 第四四半期(4Q)の決算発表を楽しみに致しております。
    共に歩んで行きましょう。株価5000円が目標ですので!
                      頑張れ! 味の素 ♬

本文はここまでです このページの先頭へ