IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (19コメント)

  • 会社HPがわかりやすく株主、株価意識
    が伝わりますね。会社四季報見ても外国人と投信が仕込んでるのがわかります。
    2022年有人地帯目視飛行が可能予定との事。
    2025年売上100億営業利益13億
    2030年売上1000億営業利益100億
    陸から空の産業革命のパイオニアになりそうですね。
    最近のマザーズ特有の1本釣りがされたら3200円抜けたら年初来高値4150円まで一気に行きそうな感じ。
    外国人と投信が仕込んでいるのが理解出来ますわ。

  • 今は出遅れバリュー株見直し局面。
    インターアクションは出遅れグロースバリュー株、年初来高値3220円ですから
    まだまだ序の口ですよ。週明けの決算で材料出尽くしがスタートラインとなるんじゃないですか?
    5G本格化も序の口で膨大な潜在需要がありますから。

  • 再度イン!
    今は小型株優位の値幅取り相場だから週明けには年初来高値更新から4桁奪回して欲しいですね。業績上振れ候補との事、買い増します。

  • デジタル化に必須のセキュリティの大本命でしょう!
    まだJQですからこれから東証2部、東証1部へと時価総額を膨らませていく可能性を感じます。何倍になるんだろう❗️

  • 再度インしました。
    煮詰まってきましたね!
    抵抗帯雲抜けました㊗️
    先ずは2200-2400円でしょうか?
    年内に大口受注2-3本出れば上値トライ!まあ可能性のある会社です!
    さらに買い増します。

  • この強さは何なん!
    まあ上場来高値更新はないでしょうけど
    ^_^…期待すると裏切る株だから。

  • 強っ!
    今までとは明らかに違う。
    売られすぎの修正がスタートした。
    決算は材料出尽くしで爆上げしそう。

  • 地味ながらいい会社ですね。
    開発能力を評価する国際標準CMMIで最高位レベル5を達成しておりプロジェクトマネジメントの国際的資格PMPの取得率高く組織と人材の両面からプロジェクト管理力に強い会社。
    だから官公庁に認められて官公庁に強い実績があるんでしょう。
    デジタル庁創設は政府主導の国策なので
    この会社か本命と言われるのがわかります。以上から上場来高値更新は意外に早いんじゃないですか。
    高値1738円から安値1173円までの下げ幅の倍返しだと2300円になります。
    デジタル化本命となればこの会社の株価の爆発的な上昇継続性から考えれば可能性あるんじゃないですか。

  • スガノミクスのデジタルトランスフォーメーションの鍵は確かにセキュリティでしょう。デジタル化の進捗と共にセキュリティ需要は増加するのでセキュリティ関連会社は過去最高のセキュリティ需要を謳歌する可能性があり業績も拡大する可能性が高いでしょうね。そんな中、日本最大級のセキュリティ監視センターを有するリーディングカンパニーのラックの優位性は高まると思います。
    業績が過去最高となれば株価も上場来高値更新の可能性は充分。月足チャート📈の鋭角的で強烈なゴールデンクロス示現からそれをイメージさせられます。
    上場来高値は2018/10月の2211円、ここから70%上、過去最高のセキュリティ需要が発生すれば可能性は考えられます。
    年初来高値1378円抜けたら早そう
    まだまだ初動です。

  • 先週は直近上昇のテクニカル的な過熱感解消の修正でした。
    安いところは拾われており上昇トレンドは継続中。
    7、8、9月に続いて大口受注が入れば株価のレンジは変わっていくでしょう!
    スガノミクスによるデジタルトランスフォーメーションの前倒し、5G本格化、セキュリティ強化による監視カメラ需要増加などなど、イメージセンサー需要のビックフォローの風は加速化するでしょう。時価総額200億から何倍になるかの可能性を秘めた銘柄だと思います。
    引き続き買い継続中!

  • 日経平均やNY休など外部環境が悪くても下げなくなってきたのは底打ちの証拠
    グロース株が買われすぎて調整する中、プラズマの様に決算もそこそこでバリエーションが割安なグロースバリュー株が見直しされてくるでしょう。
    引き続き安いところは仕込んでいきます。割安修正だけでも1500円前後はあるでしょう。

  • 先週の調整局面で買い損ないましたが安値からの切り返しで改めて強さを確認出来ました。明日こそはNY休で調整すれば買い増しますよ。
    IOT関連、コロナ後の自動化と省力化の加速、監視カメラ設置需要、自動運転、
    を背景に大口受注のトレンド好転、受注金額も今まで以上に大きくなると思います。いつまでも時価総額200億に放置されてはいないでしょう!

  • 会社のHP見たけどもの凄く成長性ありポテンシャルの高い会社ですね。
    昨今のセキュリティの必要性が増す時代背景もこの会社にビックフォロー!
    日本初の国際的資格認定機関ISTQBのグローバルパートナーに認定、年間1800プロジェクトの検定実績、10期連続増収増益、IT関係者が選ぶソフトウェアテスト検証会社3年連続日本1、同リピートしたいセキュリティ診断会社第1位、
    同業のSHIFTと比較しても超割安。
    大化けしそうな予感がします。

  • コロナ禍の4-6月止まった受注が3ヶ月連続、7、8、9月と戻って来ました!
    コロナ前の昨年12月から今年3月のまで合計5本の様な大口受注ラッシュに期待
    ソニーの自動運転レベル4視野の記事も好材料。
    コロナ禍抑えられたのでこれから年末に向けて大口受注が連発する可能性を感じます。一転トレンドが変わるとこの株は上がり続けますから。

  • 会社HPを見るとステークホルダーを大事にする会社だとわかります。
    経営理念:顧客ファースト
    成長戦略を重視しながらも配当性向30%
    定期的な機関投資家向け説明会
    そしてIRがリアルタイムで見られます。
    大口受注が直ぐわかるのは投資家にとって嬉しい。
    7月に日経CNBCの企業紹介にも出てる動画も好印象。
    ネット検査したら丸三証券の丸三レポートにも紹介されたと出てました。
    デジタルトランスフォーメーション
    IOT時代を控えて楽しみな会社てす、
    そんな会社が時価総額200億?
    ○倍返しの1000億に期待してます!

  • 今年は5G本格的到来、FA関連による自動化、省力化によるセンサー需要の増加、自動運転による距離把握によるセンサー需要、BIG WAVEが控えてます。
    大口受注をHPで調べましたが
    1/22 251百万
    2/13 1020百万
    2:18 292百万
    3/18 162百万
    7/6 143百万
    8/17 1015百万
    4-6月コロナ禍は受注が先送りされましたが経済活動再開後には上記イベントを控えて大口受注連発が期待出来るのでは?
    今年高値の半値水準なんてあり得ない。
    モーニンスタースターレポート年商100億想定の目標株価3500-4000円突破で買い貯めてホールドします。

  • イメージセンサー検査装置世界シェア60%超、売上高利益率50%は驚異的数字てあり5バーガー、10バーガーのポテンシャルを感じる。
    スマホのセンサー市場はスマホ1台あたりのカメラ搭載数は増えるし片面に4個、反対側は3個使う様になる。またカメラの性能を高める為にイメージセンサーの面積が大きくなる。5Gを控えてこれから爆発的に伸びる可能性があります。
    さらに今後はインダストリアルと自動運転の領域はさらに大きな市場であり、この会社のポテンシャルは大きい。
    実体価値が評価されら今年高値3220円か上場来高値であり年内に更新する可能性が高い。
    高値3220円から安値1613円の半値戻し2410円前後が目先の目処。

  • 決算は良かったけどサプライズ無し
    上場来高値更新する前後の3500-3600円で出来高が急増してたからかなりシコった感じ。個別材料か半導体関連のさらなる大相場がない限り厳しそう。

  • 上場来高値更新し続けた後の日足、週足、月足全てが大陰線、これ以上の大材料出ない限り上がるのは無理でしょ!
    チャートは語る📉 
    撤退しまーす!

本文はここまでです このページの先頭へ