IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (12コメント)

  • >>No. 2223

    会社の業績から見て400円以下の株価は安過ぎ。
    人気や需給にも影響されるだろうが、株価は徐々に水準を訂正していくと思われる。

  • 2014/11/17 17:51

    株価500円以下は安すぎ。
    これでは半値八掛け、バナナのたたき売り状態。
    この5年 本業で毎期毎期利益を大幅に伸ばしている会社で かつ今期は一株利益が100円を超える見込みの会社の株が500円以下は安すぎ。
    おそらく一部上場企業の中で、最も割安では。
    昨年から今年にかけて300円台で買って長期保有を決め込んでいますが、
    円安、中間決算の結果等から割安度が増してきましたので、
    500円を割った今日からまた買い増しを始めました。
    よかったら皆さんも買われたらどうでしょうか。

  • 205円は下げすぎでしょう?
    しかし、ここまでくれば200円割れは必至でしょうかね。
    もしうまく200円を割ってくれば、そこから買い下がる予定です。
    今は様子見。楽しみです。

  • 泣かぬなら 下げるまで待とう ホトトギス

    買い注文 今月末まで出しておきます。
    199円 5000株
    195円 10000株

  • 82円とは !
    今期の見通しは、数字だけ一見するとかなりの減益のようですが、
    そう悪い内容ではないと思っています。
    昨年の数字は、カプロラクタム他の予定外の原料安で、おまけがついて良かっただけ。
    今年の見通しは、それらおまけの数字を外した結果。
    中身は決して後戻りしていない。
    実質は再建が着実に進んでいると考えていますが、いかに?

  • 79円で30000株ゲット。
    買い増しを検討している者にはありがたい下げでした。

  • 今期、会社側が増収減益を見込む最も大きな理由が、原料の石油製品の値上がりだと思うのですが、
    実際はどうなるんでしょうかね。

    昨年末から、石油製品価格が急騰したため、3月に製品値上げを発表、4月より値上げ。
    ところが、石油製品のカプロラクタム等は、3月から下がり始め、4月の宇部興産出荷品などは18%
    も下落。
    これって 製品値上げに原料安で 収益に対してダブルでプラスに効いてくるようにも思うのですが?

  • gen***さん。こちらこそよろしく。
    いつも分析結果を楽しく読ませてもらっています

  • gen さん。残念ながら、カプロラクタムの価格推移の確認はしておりません。
    しているのは、日経新聞の商品市況欄で石油やガソリン価格の記事を漫然と読んでいるだけです。
    今回は、その中でたまたまカプロラクタムの記事を見つけたので、紹介しました。

  • 1円、2円にこだわらず、昨年の60円台から買いを継続しています。
    ユニチカがボロ会社だったのは数年前までであり、今は優良会社に変わろうとしている、その可能性が極めて高いと感じているからです。
    80円の株価はタダ同然。 
    70円、80円、90円、このレベルであれば、値段はあまり気にせず、資金に余裕があればその時に買って保有すべきと思っています。
    本業で稼ぐ力が強い(営業利益率10%)、シェアー1位で価格競争力のある高分子事業の拡大、財務改善が進み豊富なキャッシュを持つetc
    営業利益として100~130億円稼ぐ会社が、時価総額450億円は安すぎだと思っています。(確かに今時点では、無配、優先株、借金etc.マイナス点は多々ありますが)

  • ユニチカの10%に近い営業利益率には、非常に魅力を感じています。
    これだけ本業で稼げる会社は、株価100円、200円クラスの会社ではそうないように思います。参考までに他社と比較してみました。(概算)
    倉敷紡績 株価260円、 売上1600、営利60億 営利率4%以下
    日清紡  株価1077円、売上5200億、営利130億 営利3%以下
    ユニチカ 株価80円   売上1300億 営利100~130億
    特にユニチカの売り上げの半分近くを占め、営業利益率14~20%の高分子事業は魅力十分です

  • 出来高、株価のさえない今が買い時では。

    良い会社と思います。
    微力ですが少しずつ買い集めています。

本文はここまでです このページの先頭へ